トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコ観光・ツアーブログ:イスタンブールの野良猫達と人々との暖かい交流を描いた映画:『猫が教えてくれたもの』

JATA
観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員
♣ ♥ ♣  トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記  ♣ ♥ ♣

トルコ観光・ツアーブログ:イスタンブールの野良猫達と人々との暖かい交流を描いた映画:『猫が教えてくれたもの』


今、日本は猫ブーム。テレビや雑誌やインターネットでもよく猫の話題を目にします。そこで猫好きの私も猫の映画を見に行きました。世界遺産が数多くあるトルコの大都市イスタンブールが舞台となった『猫が教えてくれたもの』という映画です。7匹のそれぞれ環境の違う場所で生きている野良猫達と人々との関係を描いたドキュメンタリー映画。

イスタンブールの街で生活をしていると、野良猫との共存が欠かせない。この街から猫がいなくなったらイスタンブールの特徴がなくなってしまう、と言われるほど、街には猫が多い。人間と猫たちが上手に生活しているのがわかる。又トルコの野良猫は、とにかく人懐こい。すぐに寄ってきては、足にまとわりつき、人間に心を許し、ゴロゴロと甘えてくる。勝手気ままに生活しているように見える猫たち、実は大都市の生活で疲れている人々に、共通の言葉はなくとも、心の繋がりで癒してくれる。人間と猫がそれぞれ邪魔にならない関係で、生活しているのがわかる。人間も猫も、それぞれがお互いを必要としている関係で、見ていて心が和む。また撮影の仕方も猫目線の高さで撮られていて、まるで自分が猫になったように感じる。イスタンブールのエキゾチックな雰囲気や、小道に入ると下町風情が見えたり、観光場所とは違ったイスタンブールを発見できるのも、この映画の楽しみの一つ。
映画を見た後は、猫たちに会いに、トルコへ行きたくなってしまいます。
そんな個性ある7匹の猫についても紹介をしましょう。



サル(メス)

名前の意味:黄色
子供を産む前は気ままにブティックの椅子の上で寝て過ごしていた猫だが、子供を産んでからは、子供の為に食料確保に精を出す。隙を見れば盗んだり、カフェやレストランのお客さんに『ちょっと分けて!』とおねだりしたり、食料を確保するためには手段を選ばず、歩き回る。食料を銜えながら子猫の待つもとへ運ぶ、あっぱれ母ちゃん猫。



ベンギュ(メス)

名前の意味:永遠
この猫は愛してもらう方法を心得ている猫で、甘えん坊の猫。工場地帯に住んでいて、そこで働いている男の人たちの心を虜にしてしまう。長年一緒にいると、働いている人たちも、彼女の姿が見えないと心配になって捜してしまう程溶けこんでいる。抱っこされたり、ブラッシングされるときの幸せそうな姿は、人間たちの疲れた心を癒してくれる。働いている男たちの生活の一部になっている。



アスラン・パーチャス(オス)

名前の意味:ライオン、王者
ボスポラス海峡沿いのレストランの近くでネズミ捕りのハンターとして名を上げている、義理堅い猫。レストランが隣接する場所では、ネズミ捕りは地元の人にも大変助かる存在だ。必ず捕獲できる技は持ち合わせてはいないが、そこもまた愛嬌である。昼間はのんびり海を眺め、夜レストランが賑わってくると、ここぞとばかりに活動する。勿論、魚のご褒美もいただく。



サイコパス(メス)

名前の意味:サイコパス
とにかく気性が激しく、よくケンカをし、嫉妬深い猫。自分の旦那に近づくものがいるようであれば、容赦なく攻撃に出る。そこに住む人間も、犬までもが彼女の存在の大きさを認めている。歩く姿もりりしく、メスにしておくのがもったいない猫である。



デニズ(オス)

名前の意味:海
小さいときは人間に近づけず、なかなか人間になつけなかった猫。徐々に人間と触れ合いながら、今では人間の多いオープン市場で生活している。市場で商品が並んでいる台の上で遊んだり、屋根で日向ぼっこしたり、買い物客を眺めたり、周りにいる猫と喧嘩したり、遊んだりと自由に生きている下町猫。


ガムスズ(オス)

名前の意味:楽天家
見た目に似合わず賢い猫。どこへでもよじ登ぼっていく。木から屋根へ、屋根からバルコニーへと。行けないところはない。気ままで、遊び好きの猫。容姿は優しそうな顔をしている。食料は誰から何をもらえるか知り尽くしていて、人生をうまく渡れるタイプの猫。



ドゥマン(オス)

名前の意味:煙、灰色
イスタンブールの高級エリアで生きている品のある猫。レストラン『デリカテッセン』の前で生活している。お店の経営者も彼の存在を認めているほどの関係を持っている。そのためレストランで出すチーズや燻製肉など与えられる特権も確保している、美食派猫。店に入ることは無く、礼儀はわきまえている。おなかがすくと窓をたたき、おねだりは忘れない。窓をたたく姿を見に、レストランに来るお客さんもいるほど。レストランのマスコットとなっている。



ジェイダ・トルン

ジェイダ・トルン


この映画の監督/製作はジェイダ・トルンが務める。彼女はイスタンブールで生まれ、11歳でトルコを離れる。11年間過ごしたイスタンブールで、彼女にとって野良猫の存在は大変大きく、猫達がいたから楽しい生活を送れたという程、彼女の幼児時代に一緒に過ごした猫たちの存在が大きく影響したようです。
2016年にアメリカで公開されてから、最初は1館での上映が、今では130館で上映されるまでになり、ついには日本上陸。日本でも今後60館以上で上映が予定されています。


ページの先頭へ トップページへ