トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコ観光・ツアーブログ:トルコの人懐こい野良猫達。動物愛好家が多いトルコのいつもと違った旅の楽しみ方。

JATA
観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員
♣ ♥ ♣  トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記  ♣ ♥ ♣

トルコ観光・ツアーブログ:トルコの人懐こい野良猫達。動物愛好家が多いトルコのいつもと違った旅の楽しみ方。


トルコではどこの街にいっても、通りに猫がいます。いわゆる日本で言う野良猫。野良猫というとなぜか野暮ったい感じがしますが、トルコの野良猫は、人々と共存して生きていて、当たり前の存在です。動物愛好家が多いトルコでは街のあらゆるところにエサや、お水が置かれています。親猫のいない子猫を見つけると、誰かが、必ず面倒を見て、病気の猫を見れば、薬を上げたり、軟膏を塗ったりと、トルコ人は放っておけないのです。

気ままな猫は、お腹がいっぱいになれば、車の上や、屋根で日向ぼっこしながら、ウトウトしたり、木登りで遊んだり、自由そのものです。私も車でパンを買いに行ったとき、ちょっと駐車して戻ると、エンジンで温まった車のボンネットに親子の猫が眠りにつく姿を見て、思わず暫く寝かせてあげようと、車に戻らず、カフェで時間を潰したこともあります。

通りすがりに、猫を撫で、猫に話しかけ、お互いがお互いを必要としている関係にあるように思えます。どちらとも邪魔をするわけでなく、無理のない関係を築いているからこそ、共存出来て、自然に溶け込めるのだと思います。とにかくトルコの野良猫たちは、人間に非常に慣れていて、すぐ、すり寄ってきます。トルコの人々もそんな愛くるしい猫達を、いたり尽くせりで世話をします。それぞれの地区に定着している猫たちがいます。地域で面倒を見ているから定着するわけで、野良猫といえど、食料確保にはあまり苦労しなくてもいいのです。

誰が面倒を見るといった決まりはなく、動物好きの面倒見のいいトルコ人が、たくさんいます。魚屋の周りにいる猫たちには、毎日漁師が、捕獲してきた新鮮な小魚のおこぼれを、もらえる特権さえあります。なんとも羨ましい限りです。冬になれば、毛布が敷かれたり、簡易小屋みたいなものを作ってもらったり、本当にトルコ人の動物好きには頭が下がります。

外でご飯を食べていると、目の前にちょこんと座り、じっとこちらを見る。目があえば思わず食べ物を上げてしまう。トルコの猫は愛され方を熟知しています。猫達も誰が自分たちの面倒を見ているかはわかっています。その人が来れば、足元にすり寄り、身体全体で甘える仕草をし、まるでお礼でも言っているかのように、会話が始まります。トルコ人は猫や犬によく話しかけます。ペットとしている動物には、どこの家庭でもあり得ることですが、ここトルコでは街で猫達を見つけると、立ち止まり、可愛がり、話しかけます。『ここら辺は車が来るから、あっちで遊んだほうがいいよ』『暑いからお水飲む?』『ほらほら喧嘩なんかしないの!』『いいね~、昼間っからお昼寝か!のんきなもんだ!』まるで子供に話しかけているように。なんだか心温まる光景です。


トルコではもちろん、日本でも話題になった、ベンチに肘をついて座る猫『トンビリ』。国民的存在でしたが、2016年8月に天国へと旅立ちましたが、その後、猫好きの国トルコでは、画像で有名になった場所に、なんと銅像を作ってしまいました。トンビリは、偶然そのような形で座ったわけではなく、座るときは、いつも背もたれに寄りかかり、肘をついて座っていたようです。トンビリとは小太り、ぽっちゃりといった意味です。お腹をドーンと出して人間のように座るポーズは、あっという間にトルコの話題の猫に。一時は銅像が盗まれ、大きくニュースでも取り上げられました。猫好きのトルコ人には許しがたい事件だったのでしょう。2日後に無事銅像は戻ってきましたが。トルコを旅していると、いろんな猫に出会えます。日本ではあまり外で猫との触れ合いの場が持てませんが、トルコではいろんな場所でいろんな性格の猫達と触れ合えます。人懐こい野良猫達と触れ合うことで、心が癒され、なんだか暖かい気持ちになれます。是非、皆さんもトルコをご旅行されるとき、猫と触れ合ってみてはいかがでしょうか?また違った旅の楽しみ方が出来るかと思います。
ページの先頭へ トップページへ