トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコ観光・ツアーブログ:古代アナトリアの歴史において重要な位置を占めたリディア王国。リディア人は経済の分野に秀でていたことでも有名である

♣ ♥ ♣  トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記  ♣ ♥ ♣

トルコ観光・ツアーブログ:古代アナトリアの歴史において重要な位置を占めたリディア王国。リディア人は経済の分野に秀でていたことでも有名である


古代アナトリアの歴史において重要な位置を占めたリディア王国、その半ば神話的な王ギュゲスやクロエソスについてはヘロドトスも詳しく語っている。サルディスはそのリディアの都だった。リディア人は経済の分野に秀でていたことでも有名である。 

クロエソスがキュロスに敗れた結果、サルディスはペルシァの州都とされたが、前4世紀にアレクサンダーが西から東へとペルシァを駆逐していき、サルディスもヘレニズム色の濃い町として繁栄した。


前2世紀にはペルガモン王国下に入りやがてローマに組み込まれた。ビザンティン時代にはキリスト教も栄えたが14世紀にはトルコ領土とされている。 

アクロポリス跡からは前7世紀の陶片なども発見されている。いわゆるアンティオコス三世の城と呼ばれる塔はヘレニズム期のものとされている。

二階建てのファサードがついた体育館には211年完工という記録と皇帝カラカラ、弟のゲタ、そして兄弟の母ジュリア・ドンナの名の入った銘が刻まれていた。シナゴーグは4世紀の建物で、美しいフレスゴ画やモザイク舗装が注目に値する。
前3世紀の浴場や劇場、ヘレニズム期の墓地などの他、ブロンズの家(6世紀)ではビザンティン期のブロンズの品々がたくさん発見されている。

アルテミス神殿のオリジナルはリディア王国時代でヘレニズム期に再建された。ローマ時代は皇帝崇拝の風潮を反映して皇帝A・ピウスに捧げられた。

ページの先頭へ トップページへ