トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコ観光・ツアーブログ:桜が咲いてきましたね。ところでトルコの黒海沿いの街がサクランボの発祥地であることご存知ですか?

JATA
観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員
♣ ♥ ♣  トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記  ♣ ♥ ♣

トルコ観光・ツアーブログ:桜が咲いてきましたね。ところでトルコの黒海沿いの街がサクランボの発祥地であることご存知ですか?



 サクランボを見ると19世紀パリ・コミューンの頃に作られ、コラ・ボケールが歌って有名になったシャンソン「サクランボの実る頃(ころ)」を思い出します。「サクランボの花咲く季節はあまりに短い」と歌うように、サクランボは、季節感のくっきりした果物ですね。
 
 さてサクランボはトルコの黒海沿いの街ギレスンが発祥の地です。ギレスンは古代名でケラシオン又はケラススと呼ばれていました。サクランボ市を意味しています。


 サクランボがヨーロッパに伝わるのは紀元前2世紀のローマ帝国の時代です。そのころローマ帝国支配化にあったトルコからローマ軍の将軍レクルスが持って帰ったといわれています。

 トルコは植物の固有種の宝庫として知られています。ヨーロッパには約6万種の植物がありますが、トルコにはそれより多く約8万種が生育しています。

 その理由はトルコが古代からずっと陸地だったことと関係しています。中近東の国々は石油の産出国が多いのですが、そこは大昔海だったことを示しています。ところが産油国に囲まれたトルコには油田がありません。植物は豊かだが、石油は自給ができない。そのことはトルコの資源外交を難しくしています。

 話をサクランボに戻しますと、サクランボの取り持つ縁で、日本の産地の山形県寒河江市とギレスンは姉妹都市提携をしています。ギレスンの街は季節になると淡い桜色に彩られます。

ページの先頭へ トップページへ