トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコ観光・ツアーブログ:約1000軒の家に5000人から1万人が暮らした世界最古のまち、ピラミッドより4000年以上も古いチャタルホユック。

♣ ♥ ♣  トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記  ♣ ♥ ♣

トルコ観光・ツアーブログ:約1000軒の家に5000人から1万人が暮らした世界最古のまち、ピラミッドより4000年以上も古いチャタルホユック。


新石器時代に5000-1万人が暮らす

約1000軒の家に5000人から1万人が暮らした世界最古のまちが、中部アナトリア高原で発掘されました。考古学者の研究によると、まちができたのは紀元前7世紀、いまから9000年前の新石器時代です。チャタルホユック。それがこのまちの名です。

発掘はイギリス人考古学者の手で1958年に始まりました。発掘された家々はまるでハチの巣のように仕切りが分かれていました。家の材料は日干しれんが。土の中にわらや動物の毛を入れて強度を高めたれんがを用いました。屋根は木で覆い、上に土を塗って固めました。道路はなく家の屋根に当たるところを人々は行き来したと考えられています。


家々の間にはどころどころに広場を設け、牛や羊、シカなどの家畜を飼育しました。小麦やレンズ豆なども見つかり、農耕が行われていたと考えられています。

遺跡はサッカー場30面ほどの面積を持っていますが、発掘が終わったのはまだ30分の1程度。発見された中で、女神像がたくさん出土したことが学者の注目を集めています。豊穣(ほうじょう)の女神の発祥の地はこのまちではないかとフェミニズムの研究対象にもなっています。さらに印章が初めて使われたことも特筆すべきことです。各家庭がそれぞれの印章を入り口に当たるところに押印していました。現代なら表札でしょうか。統治機構はまだなく、全員が平等な関係で協力しあって暮らしていたと考えられます。


さて、まちでは黒曜石がさまざまな道具の素材として利用されました。黒曜石のナイフや鏡が見つかっています。また、食料や水を蓄えるつぼ類などの陶器も作られました。それらの出土品はアナトリア文明博物館に展示されています。
ピラミッドより4000年以上も古いチャタルホユックは、人類の貴重な遺産です。通常の観光コースには入っていませんが、考古学に関心のある方にはお勧めです。

チャタルホユック遺跡
現在までのところ世界最古とされる新石器時代(6500~5500B.C.)の集落跡がコンヤの南約45km、チュムラ村近郊のチャタルホユックで発見された。1961年発掘され、泥のブロックで造られた多くの家が見付かっている。扉も窓も無く、テラス式の屋根から出入りする仕組である。多数の土器、石像、壁画が発見された他、装飾された60軒程の祭り用の建物、1000軒の民家のあるかなり大きな集落を支えるだけの農耕文明が生まれていた事がうかがえる。出土品は現荏アンカラのアナトリア文明博物館に展示されている。チャタルホユックを旅行者が単独で旅する事は難しい。

ページの先頭へ トップページへ