トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | イスタンブール、グレートパレス

トルコ旅行ガイド

イスタンブール、グレートパレス


皇帝宮殿,又は神聖帝国宮殿とも呼ばれていたグレートパレス(大宮殿)は,ビザンティン帝国lの都コンスタンティノープルで最大の規模を誇る宮殿であった。グレートパレスのモザイクは,その品質,技術,テーマにおいてシシリー島のピアザ・アルメリナの別荘のものと肩をならべるほどの稀有な例である。
グレートパレス旅行・ツアー

歴史的背景 
皇帝宮殿,又は神聖帝国宮殿とも呼ばれていたグレートパレス(大宮殿)は,ビザンティン帝国lの都コンスタンティノープルで最大の規模を誇る宮殿であったが,残念ながら,かつての偉容をしのばせるものはほとんど残されていない。 
もともと,330年にコンスタンティン大帝(324~337)がこの町を都と定めて最初の宮殿を建てたのだったが,当初はヒポドローム(競馬場)につらなる小高い丘の上の,比較的小さな宮殿だった。皇帝達にとっては,馬車競技を見物しにヒポドロームの皇帝席(kathisma)へ赴くためにも,又,群衆の間で暴動が始まった時に,いち早く宮殿へ逃げ帰るためにも何かと便利な位置にあった。しかし,時代と共に宮殿はしだいに大がかりなものになっていった。海に面した丘陵地帯には,林の中に裕福な市民の住宅が散在していたが,しだいに宮殿に吸収されて,ついには宮殿敷地はマルマラ海にまで達した。409年にテオドシウスⅡ世が,宮殿敷地内に個人の住宅を建てることを禁止したという記録がある。海岸にはポウコレオンと呼ばれた建物があり,その一部が今も残っている。イスタンブールを訪れる人々の注目を浴びることもなく忘れ去られているが,これがグレートパレスの唯一の遺構である。かつてボウコレオンの波止場には,皇室のヨットやはしけがつながれているのがしばしば見られたことだろう。 
ビザンティン初期の歴史書は,グレートパレスについてはごくわずかしか語ってくれない。今日,知ることのできる大部分は,皇帝コンスタンティンⅦ世ポーフィロゲニトウス(915~954)の「儀式の書」によるものである。皇室の子供たちは,宮殿内の特別な一室で生まれた。それは,斑岩大理石の紫色の壁にかこまれた部屋で,それゆえに彼らは後になってポーフィロゲニトウス,つまり,-紫の中に生まれし者-という称号を受けることになったのである。紫色は,一種の貝から採られていたが、皇室におけるこの色に対する人気は大変なもので、皇帝は紫色の靴をはいたばかりか、公文書にサインする時にも紫いろのインクを用いたという。ポーフィロゲニトゥスという称号は,公的なものではなかったがかなりの威信を与えるものであったらしい。皇帝アレクシウスⅠ世(1081~1118)の皇女アンナ・コムネナは、その著書「アレクシアド」の中でこの紫の部屋について詳しく述べている。―この紫色の部屋と申しますのは,正方形の上にピラミッド形が乗ったような形の独立した建物でした。窓から海と港を見わたすことができました。港には.ライオンと雄牛の石像が建っていました。部屋の壁も床も大理石でできていましたが.それはどこにもあるような大理石ではなく,又,高価でも手に入れられるようなものでもなく,いにしえの皇帝たちがはるばるローマから運ばせたものでした。この特別な大理石が,簡単に申しますと紫色なのですが,白い砂のような細かな点が一面にまき散らされたような独特の紫色なのです。ですから.先祖代々,この部屋は「紫の間」と呼ばれてきたのでしょう。―もう一つの重要な部屋,つまりコンスタティンⅦ世の玉座の間については,10世紀にイタリア王ベレンガルの公使としてこの都を訪れた,クレモナのリウトブランドが書き残している。一皇帝の玉座の前には.ブロンズで作られた1本の木があり全体に金箔がはられていた。枝には数種類の小鳥がとまっていたがこれもみな金めっきの小鳥だった。一羽一羽がそれぞれの歌をうたい,いっしょになるとコーラスになるしくみである。玉座には特殊な細工がなされ,ある時は地上に,又ある時には空中に高々と持ち上げられるように工夫されていた。巨大なライオンのような動物性が玉座を護るように控えていた。ブロンズ製か木製かはよくわからなかったが.これも又全体に金めっきしてあった。このライオン達は,大きくロをあけて舌を動かしたり,吼えてみせたり,尾を動かして地面をたたいてみせたりするのだった。二人の宦官の肩にもたれかかるような姿で.私はこの部屋の皇帝の前まで連れて行かれた。私が入って行くと,ライオンは吼え,小鳥はそれぞれの持ち歌をうたった。私は,三度,床に平伏して恭頼の意を表し.それからようやく頭をあげてみた。見よ,ついさきほど.私が入って来た時床面の玉座におわした皇帝は,何と今や,別の礼服を身にまとい,宮殿の天井にも届かんばかりに高々ともち上げられた玉座から,我々を見下ろしておられるのではないか!いったい、どのようにして事が運ばれたのか想像もできなかった。―城壁に囲まれたグレートパレスの敷地は,約10万平方メートルもあったらしい。正門は,列柱に囲まれた庭に向いた記念門だったが,この庭はコンスタンティン大帝の母,アウグスタ・ヘレンにちなんでアウグスティウムと呼ばれていた。正門は屋根も扉も金めっきでおおわれていたので、チャルケ,つまり真鍮の門と呼ばれていた。門を入ると,高台の木立ちの中にいろいろな宮殿の建物が散在していた。ポロ競技場,屋内乗馬練習場、うまや、プールから個人用競技場まであった。台所や、召使い部屋、皇帝の護衛の詰め所、土牢まで備えた建物もあった。
しかし、10世紀以降になるとこの宮殿はほとんど使われなくなった。後世のビザンティン皇帝達は,マンガナ宮殿やブラケルナイ宮殿のような,もっと小さい宮殿を好んで住んだし,そうすることによって,広大なグレートパレスを維持する経費も節約できたのだった。宮殿跡から出土した陶器などから,1150年代にはすでに荒廃していた建物もあったと推測される。その上,第4回十字軍という名目のラテン人占領軍によって,グレートパレスも又徹底的に略奪されたばかりか,しばらくの間はこの新しい支配者の居城として使われていた。帝国末期になると,グレートパレスは完全に忘れ去られた存在となり,新規工事のための建美資材置き場として利用されたりしていた。オスマントルコに征服されてからは,残っていた建物もすべて新しい建物の中に組みこまれてしまった。もし,17世紀まで生き残った建物があるとしたら,それは今のアラスタバザール,つまりブルーモスクに付属した商店街の地下に埋まっているのかもしれない。


発掘 
グレートパレスの遺跡についてのサイリル・マンゴ(Cyril Mango)のコメントは,科学的見解と示唆に満ちている。“何度か提案されてはそのたびに延期されてきた。宮殿全域の発掘計画が実現するとは思えない。たとえオスマントルコの史跡がグレートパレスの跡地を占拠していないとしても,グレートパレスの全体を発掘することなど使われなくなった。後世のビザンティン皇帝達は,マンガナ宮殿やブラケルナイ宮殿のような,もっと小さい宮殿を好んで住んだし,そうすることによって,広大なグレートパレスを維持する経費も節約できたのだった。宮殿跡から出土した陶器などから,1150年代にはすでに荒廃していた建物もあったと推測される。その上,第4回十字軍という名目のラテン人占領軍によって,グレートパレスも又徹底的に略奪されたばかりか,しばらくの間はこの新しい支配者の居城として使われていた。帝国末期になると,.グレートパレスは完全に忘れ去られた存在となり,新規工事のための建美章材置き場として利用されたりしていた。オスマントルコに征服されてからは,残っていた建物もすべて新しい建物の中に組みこまれてしまった。もL,17世紀まで生き残った建物があるとしたら,それは今のアラスタバザール,つまりブルーモスタに付属した商店街の地下に埋まっているのかもLれない。発掘 グレートパレスの遺跡についてのサイリル・マンゴ(CyrilMango)のコメントは,科・と示唆に満ちている。"何度か提案されてびに延期されてきた,宮殿全域の発掘計するとは思えない。たとえオスマントルがグレートパレスの跡地を占拠していなも,グレートパレスの全体を発掘することなど、とてもできそうにないように思える。仮に、万が一にも我々が生きているうちに宮殿の遺跡を目にする幸運に恵まれたとしても,それですべての問題が自動的に解決するなどと考えるわけにはいかないだろう。いつの日か発見されるべき遺跡は、私自身も含めて,学者の考えている構図とは似ても似つかぬものだろうと確信している。そして、ウンゲルやリヒテルのハンドブックのような便利なものだけに頼らず,もう一度原点に立ち返る必要を感じさせる事だろう。"
最初の発掘は,エディンバラのセントアンドリュース大学の考古学者や美術史学者によって行われ,第二次世界大戦が始まるまでポツポツと続けられていた。大戦後,1951年から1955年まで、D.T.ライスがこのあたりの組織的な発掘にとりくんだ。さまざまな困難を排しつつ,列柱に囲まれた約3,700平方メートルの庭園がまず発掘された。現在,モザイク博物館に展示されているモザイクのほとんどは,ここで発見されたものである。250平方メートルほどのモザイク舗道が見つかったが,これはこの庭にあったモザイクの約6分の1程度にすぎないと思われる。一部を除いては,それぞれの描かれた場面は独立した構成になっている。とりわけ重要なのは,巾5メートル,長さが45-トルほどの舗道のモザイクであり,その部分をそのまま保存した上に現在のモザイク博物館が建てられた。この部分のモザイクは,他とは比較できないほどすぐれている。おそらく,宮殿の工房の腕利きのモザイク師の仕事だったのだろう。

ページの先頭へ トップページへ