トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | サルディス

トルコ旅行ガイド

サルディス


古代リディアの都であったサルディスは遺跡の他にも自然の美しい町である。神話や考古学に興味のある方であれば必ず御存知の数々の名称、有名なパクトロス川、史上初めて貨幣を鋳造した為“裕福”の意味にあたるクロイソス王等、この地に由来するものが多い。

サルデス旅行・ツアー

 古代リディアの都であったサルデスは遺跡の他にも自然の美しい町である。
神話や考古学に興味のある方であれば必ず御存知の数々の名称、有名なパクトロス川、史上初めて貨幣を鋳造した為“裕福”の意味にあたるクロイソス王等、この地に由来するものが多い。

◆歴史◆
 イズミルへ72km、サーリヒリ郡近郊に位置し、ゲディス川(パクトロス)の支流周辺に広がるサルデスには、B.C.2000年頃に集落が形成され始めた。
 B.C.7世紀にリディアの都がおかれて以来、都市の栄華はB.C.6世紀のクロイソス王の治世下で最高潮に達し、その富みは膨大なものとなった。
王は領地の文化を高め、隣国との親交を深めようと尽くしたが、世界七不思議の一つ、エフェスのアルテミス神殿建設の為にも多額の出資をしている。
しかし、同世紀半ば、この地はペルシアのキロスの手に落ち、彼は王の財宝を自国に持ち帰ったのであった。
 イランと西アナトリア間をはしる“王の道”の終点に位置する為に、ペルシア襲来の際にもサルデスは国家監視を務める中心地の一つとして重要な役割を担った。
B.C.4世紀の後半(334年)、アレキサンダー大王のアナトリア進出に伴う支配者交替で、この地はセレウコスの、次にベルガマの、そしてローマの支配下にしかれた。キリスト教が広まると、アナトリアに設けられた七つの教会の一つがサルデスにおかれている。

◆古代都市遺跡◆
 国道によって二分され、北手には両側に商店の置かれた記念道路、そしてそのすぐ後方に体育館、ユダヤ人集落に残るシナゴグが見られる。

体育館の横には、ローマ浴場、少し離れてヘレニズム時代の劇場と客席の遺跡がある。南手には、B.C.3世紀に遡り、アナトリアに建てられたイオニア様式の神殿の中で最も麗美なアルテミス神殿がある。このすぐ横に、大供物壇の大きな石の塊、アンティオコス三世の時代(B.C.3世紀~B.C.2世紀)から残る大理石の塔、ビザンチン期の遺跡を見ることができる。
十分な時間のある方には、サーリヒリ平野の西端に位置するギョルマルマラのすぐ側のネクロポリス(死者の町)と、二人の名高いリディア王の墳墓の見学をおすすめしたい。

ページの先頭へ トップページへ