トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコのオペラ・バレエ

トルコ旅行・トルコ観光基本情報

トルコのオペラ・バレエ


トルコ旅行・トルコ観光・トルコツアー・トルコの「オペラ・バレエ」

トルコでは共和国宣言以降、ポリフォニー音楽の普及活動が始まった。オペラは音楽の最高形式として認められ、トルコのオペラの設立に向けて活動に力が入れられた。1930年、イスタンブールでオペラ協会が設立され、1934年には「大オペラ団」によって、ヴェルディの「ラ・トラヴィアタ」が上演された。同年、アタチュルクとイラン国王シャー・ルザー・ペフレヴィーの御前で大成功を収めたアフメット・アドナン・サイグン作のオペラ「オズソイ」は、トルコのオペラ史上重要な作品となった。1936年、国立アンカラ音楽学校の創設と、最上級生のための音楽学校実演舞台の設立により、本格的なオペラ教育活動が始まった。ドイツから招かれた著名作曲家ポール・ヒンデミットとオペラ監督カール・エバートは、トルコのオペラ芸術の発展に多大な貢献をした。この時期に教育を受け、後のトルコ・オペラ界で指導的役割を担うことになる若い学生たちは、1940年にアンカラ民衆の家ホールで初公演を行った。
この初公演で、モーツァルトの「バスティエンとバスティエンヌ」とプッチーニのオペラ「マダム・バタフライ」第 2幕がトルコ語で上演された。その後、1941年にプッチーニのオペラ「トスカ」第2幕と「マダム・バタフライ」全幕、およびベートーベンの「フィデリオ」の上演が続いた。

公的かつアカデミックな性質をもつ最初のバレエ学校は、1948年にイスタンブールで開校し、1950年にアンカラに移転して国立アンカラ音楽学校付属となった。国立バレエ学校の設立準備を開始するため1947年にトルコに招待された英国ロイヤル・バレエの創設者ニネット・ド・ヴァロワの、トルコのバレエ発展における貢献は大きい。国立アンカラ音楽学校バレエ科の初公演は1950年に実現し、公演内容はウルヴィ・ジェマル・エルキンの曲にジョイ・ニュートンが振付をした「田園組曲」と「ケローラン」であった。

さらに1幕構成の「エル・アモール・ブルージョ/魅惑の愛」、全幕公演された「コッペリア」、フェリット・テュズンの曲にヴァロワのトルコ民俗舞踊とバレエの技法を組み合わせて作り上げた独創的なバレエ「泉のほとり」が続いた。

1949年6月16日、国立劇場設立規約が施行され、この枠内で活動を続けていた国立オペラ・バレエ団は1968年、文化監督局によって整備された議定書により正式に分割され、1970年、別々の組織として活動を開始した。

オペラとバレエを全国に広めることを目的とした国立オペラ・バレエ総局はアンカラに本部を置き、イスタンブール、イズミール、メルシンおよびアンタルヤ支局からなる地方組織とともに活動を続けている。

またトルコには、国立オペラ・バレエ団の一組織として設立され、今年で創立15周年を迎えたモダンダンスグループなどの新組織により、舞台芸術の普遍性を全ての分野で取り入れる努力が加速した。国立オペラ・バレエ団は将来の芸術家と愛好者を育てるために、児童合唱や児童バレエ活動も行っている。



演劇

中央アジアからこの土地にいたるまでに起きた出来事を語るトルコ人の伝統がイスラム文化と結びついて発展し成立した「メッダフ」(漫談)は、16世紀に完成した。ルネサンス期イタリア大衆演劇「コメディア・デラルテ」と非常に似通った点を持つ、伝統的なトルコ演劇の最も発展した形式であるオルタオユヌ(一種の即興野外劇)は、カラギョズ(影絵芝居)、ククラ(人形劇)、メッダフ(漫談)といった民俗芸能のすべての要素を含んでおり、19世紀末から20世紀初めにかけて黄金期を迎えた。オルタオユヌは1839年に始まるタンジマート改革期における西洋化過程においてトルコに流入した西洋モデルの演劇と長い間しのぎを削った。

タンジマート改革期とともに演劇では台本の作成が開始され、外国作品の翻訳やアレンジだけでなく、トルコ人作家も劇を創作しはじめた。シナーシの全一幕の喜劇「詩人の結婚」は、トルコで初めて書かれた戯曲といえる。イスタンブールの様々な地区をはじめ、チュラ-ン宮殿、ユルドゥズ宮殿、ドルマバフチェ宮殿や、イズミール、ブルサ、アダナ、アンカラなどで劇場が建設され、民間劇団が結成された。

イスタンブールにおいて「ダルルベダイイ・オスマニエ」という名で1914年に設立された芸術学校は、トルコの演劇の発展に多大な影響を与えた。共和国期において演劇を近代的な芸術分野へと変換する試みは、1927年に芸術学校の主任となった著名な演劇家ムフシン・エルトゥールルによって行われた。1931年にイスタンブール市の一組織となった芸術学校は 1934年、「イスタンブール市立劇団」と改名された。トルコ初の児童劇団も、やはりムフシン・エルトゥールルによって1935年にイスタンブール市立劇団内で結成された。

国立音楽学校の基礎を作ったのはアタチュルクである。アタチュルクは、トルコの若者の能力と創造力を引き出して育てる国立音楽学校の設立を真剣に考えた。こうして、1936年に国立アンカラ音楽学校が創設され、初の卒業生が輩出された 1941年、実践舞台が結成された。また1949年には国立劇団・オペラの創設に関する法律が発布された。1970年以降現在まで、文化観光省に所属し法人団体として活動を行っている国立劇団は、多くの県に支局を持ちトルコ全国の演劇ファンのニーズにこたえている。

国立劇団は2006-2007年演劇シーズンに、12の地方劇団事務局とともに、ガジアンテップ、チョルム、アイドゥンの各県で地方巡業を行った。この地方巡業では、39劇場で134作品(国内75作品、海外59作品)の公演が行われた。これらの公演は、「冬季シーズン」(2006年10月~2007年9月)に4,840回行われ、137万6,271人の観客が集まった。

国立劇団は「夏季シーズン」に国内の巡業で110回公演を行い、観客4万1,501人を動員した。「冬季シーズン」(2006年10 月~2007年9月)には全国81県の郡中心地や村を巡業し、計 833回の公演で29万2,948人の観客を集めた。

トルコでは、毎年さまざまな国内および国際演劇フェスティバルが開催されている。

民間劇団 1951年、国立劇団を辞職したムフシン・エルトゥールルによって設立された「小劇場」は、トルコ演劇界において長期間活動を繰り広げた多数の芸術家を輩出した。チュール・サフネ、ジェプ劇団、ムアンメル・カラジャ劇団、イスタンブール・オペレッタは、この時期最も注目された劇団である。

1960年代、アマチュア劇団の数も増加し演劇活動が広まった。1955年設立されたドルメン劇団は、作品の選択、活動内容、演劇指導の点で60年代の優れた劇団のひとつとなっている。1961年結成されたオラルオール劇団と、1962年に結成されたギュルリズ・スルーリ-エンギン・ジェッザル団は、近年まで芸術価値のある演劇活動を続けた劇団である。1963年に創設され現在まで演劇活動を続けているアンカラ芸術劇団は、演劇指導と演劇の芸術的価値の面で重要な劇団といえる。1960~70年に結成された民間劇団の多くは、同時に児童劇団も設立した。またこの時期、これとは別に民間の児童劇団が結成されている。

イスタンブールで1982年にその幕を開いたハーディ・チャマン・イェディテペ劇団、エニス・フォスフォロール劇団、ホドゥリ・メイダン文化センター、フェルハン・シェンソイ・オルタオユンジュラルなどは、近年注目されている民間劇団である。

アンカラのアンカラ芸術劇団、イスタンブールのケント・オユンジュラル、ドルメン劇団、ドストゥラル劇団、アリ・ポイラズオール劇団、ネジャット・ウイグル劇団、レヴェント・クルジャ-オヤ・バシャル劇団は、60~70年代から現在まで活動を続けている代表的な劇団である。

劇作家 トルコの劇作家分野は共和国建国以来今日まで、社会に対し批評的かつ現実主義的な方向で発展してきた。1960年以降、精力的でダイナミックな作家世代が台頭してきた。この時期、トルコの劇作家たちは現代的な意味で西洋のレベルに到達した優秀な作品を創作した。トルコの劇作家分野の本質かつ形式面におけるアイデンティティーの獲得に多大な貢献をしたハルドゥン・タネルは、この時期にトルコ伝統演劇の特性を存分に生かした風刺主体の政治的なキャバレー演劇を創作した。また1964年には叙事詩ミュージカル『ケシャンル・アリ叙事詩』を創作、上演した。同時期、ギュンギョル・ディルメン、オルハン・アセナ、トゥーラン・オフラゾール、ネジャーティ・ジュマールら劇作家たちは、オスマン帝国史や民衆の英雄の人生、神話などから題材を得、詩的文章を使った作品を執筆した。

1980年代に質、量とも停滞期に入った劇作家分野は、近年国家の文化政策によって再び活気を取り戻した。1980年代以降、特にムラトハン・ムンガンとオゼン・ユラはこの分野の代表的作家となっている。アイラ・クトゥルの『おまえも行くな、トリヤンダフィリス』、ハルドゥン・タネルの『目を閉じて義務を果たそう』、エルハン・ギョクギュジュの『ラマザンとジュリデ』、レフィック・エルドゥランの『私の庭の熊』、ウストゥン・ドクメンの『隣村の狂人』、サヴァシュ・ディンチェルの『凧のしっぽ』、トイグン・オルバイの『21時15分の列車』、オルハン・アセナの『居候』、ナーズム・ヒクメットの『フェルハットとシリン』などの作品は、近年注目されている。

ページの先頭へ トップページへ