トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコ経済

トルコ旅行・トルコ観光基本情報

トルコ経済


トルコ経済
トルコ経済と対外開放経済政策
トルコは1980年まで輸入代替政策を進めてきた。経済の抜本的な改革を目的とした大規模な安定化プログラムは、1980年1月24日に施行された。こうして輸入代替工業化政策から輸出重視かつ優先の工業化モデルに移行した。

改革の実現において、公共関与から市場メカニズムへ徐々に移行していくことが前提とされた。

金融資本市場 資本市場が再構築され発展した結果、1981年に資本市場法が施行された。翌年、トルコ市場における管理・監督機関となる資本市場評議会が組織された。
1985年12月26日、トルコ経済の発展に重要な役割を果たすイスタンブール証券取引所(IMKB)が設立された。IMKBは、さまざまな機関と銀行から構成されている。投資信託の急成長と外国投資家の資本市場参入の自由化は、IMKBの急速な発展を促す諸要因となった。IMKBは現在3つの市場活動(株式市場・公社債市場・外国証券市場)を行っている。

トルコは今日、世界でもリベラルな外貨管理体制を持つ国の一つとなっている。トルコ・リラは自由に外貨に両替できる。また、1989年以来、外国人の個人及び機関投資家のIMKBにおける証券売買を自由化した政策を継続している。1989年8月に承認された第32号の決議により、IMKBにおける上場証券の取引を希望する外国人の個人および機関投資家に対する全ての制限が排除された。これによりトルコの株式および公債市場は、資本と利益の国外流出に対し、いかなる境界も設けられることなく外国人投資家に開放された。

2007年、IMKB証券市場では1日当たり319社分の株に加え、8つの「指数連動型上場投資信託」の取引が行われた。証券市場での2007年における1日平均取引額は、12億ドルだった。また、IMKB公社債売買取引市場での1日平均取引額は11億ドル、債券レポ・債券現先市場では79億ドルであった。

IMKBは成長する株式取引所と市場において、2007年には取引額で7位、市場価値では9位となっている。IMKB公社債売買取引市場の公社債取引は、年間の全株式取引の全取引額において5位となっている。

欧州アジア株式取引連盟(FEAS)の創設メンバーであるIMKBは、国際証券取引所連合(WFE)、国際証券サービス協会

2007年、IMKB証券市場では1日当たり319社分の株に加え、8つの「指数連動型上場投資信託」の取引が行われた。証券市場での2007年における1日平均取引額は、12億ドルだった。また、IMKB公社債売買取引市場での1日平均取引額は11億ドル、債券レポ・債券現先市場では79億ドルであった。

IMKBは成長する株式取引所と市場において、2007年には取引額で7位、市場価値では9位となっている。IMKB公社債売買取引市場の公社債取引は、年間の全株式取引の全取引額において5位となっている。

欧州アジア株式取引連盟(FEAS)の創設メンバーであるIMKBは、国際証券取引所連合(WFE)、国際証券サービス協会(ISSA)、国際証券市場協会(ISMA)、欧州資本市場研究所(ECMI)の正会員である。証券監督者国際機構(IOSCO)の協力会員にもなっている。
1981年5月以降、国内外の価格変動と国際収支及び外国為替市場の動向が考慮されつつ、中央銀行によって日毎調整されていた為替レートは、1988年8月から外国為替市場において提示されるようになった。また1987年には、中央銀行はオープン市場を開始し、1989年4月には金市場も開設した。


1984年以降、外国為替体制は大幅に自由化された。トルコ通貨の価値の保護に関して採択された決定とこれに関する通達により外貨管理体制は大幅に自由化され、こうしてトルコ・リラを兌換可能な通貨とするための必要な法的整備の大部分が、1989年8月11日に施行された「トルコ通貨価値の保護に関する決議(第32号法)」によって整備された。

経済成長と雇用 トルコ経済は、国民総生産(GNP)の年平均が1980~90年に5.3%、1990~98年に4.5%と、世界平均以上の成長を実現させた。1999~2001年の経済危機の結果GNPが3.1%まで落ち込んだトルコ経済は、2002年以降著しい成長を遂げ年平均7.4%成長した。

2005年のGDP成長率は7.4%であった。この高成長は2004年同様個人消費と民間部門の安定した資本投資に支えられている。

国内総生産(GDP)は、2006年に6%の増加を記録した。2006年は、個人消費及び投資が前年に比べて減り、純輸出が5年ぶりに増加して0.3ポイントとなった。GDPは2007年の第4期には前年の同時期に比べ3.4%増加した。

2007年の分野別のGDPにおける割合は、1998年の固定価格で2006年に対し農業-6.8%、工業5.5%、サービス業-1.5%となっている。付加価値は農業が3%、工業が5.5%減少した。サービス分野の付加価値は6.2%増加した。建設部門の付加価値は6.3%の増加が見られ、GDP成長に0.5%貢献している。
購買力平価による一人当りの実質国内総生産(GDP)は、2001年に経済危機の影響により6,151ドルに減少したものの、2007年には9,333ドルになった。

ページの先頭へ トップページへ