トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコの交通事情

JATA
観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員
トルコ旅行・トルコ観光基本情報

トルコの交通事情


広い国土のトルコのでの移動は、旅の日程や目的に合わせて交通手段を選ぶのがポイントとなります。

高速鉄道

トルコ国有鉄道(TCDD)が主要都市間を結んでいます。
ゆったりと長距離を移動するにお勧めです。
ただ、バスと比べてきわめて便数が少なく、駅が不便な場所にあるはも考慮する必要があります。
現在下記、都市間を運行しております。
・イスタンブール(アジア側ペンディック)~アンカラ間 :所要時間 約3時間半
・イスタンブール(アジア側ペンディック)~コンヤ間   :所要時間 約4時間15分
・アンカラ~コンヤ間                :所要時間 約1時間45分


国内線

料金はバスより割高ですが、旅程に飛行機を上手に取り入れて、移動時間を短縮するため、移動疲れを考慮して余裕あるスケジュールを組むのに最適です。
TURKISH AIRLINES、PEGASUS AIRLINES、ANADOLUJET、ONUR AIR等の航空会社が各都市間を運行しております。

バス

トルコは国内長距離バス網が発達しておりますので、遠近関係なく都市間の移動にご利用頂けます。
長距離を移動するのに、日中に時間を使用したくない方は夜行バスで移動するのがお勧めです。

基本的に男女が隣同士になることはありませんので、女性単独でのご乗車でも安全です。
スーツケースなどの大きな荷物がある場合、乗車前にトランクに預けることができます。
バスの中は安全ですが、貴重品は必ず車内に持ち込み、トイレ休憩の際は貴重品を持って座席を離れてください。

マルマラ海では、イスタンブール~ブルサ、イズニック、プリンセス諸島など近郊へ連絡船が運航。
陸路よりも所要時間が短く、アクセスも簡単です。
エーゲ海・地中海では、ギリシャの各都市や島を含んだクルーズのほか、ボドルムやダッチャへの定期航路も運行しております。

イスタンブール市内の交通機関

市内公共交通機関を利用する際は、プリペイド式の「ISTANBUl KARTI「イスタンブールカード)」又は、1回乗車券「ELEKTRONIK BILET(電子チケット)」を購入しなくてはなりません。
プリペイド式ISTANBUL KARTIの本体は6TLで、お好きな分だけ料金を振り込んでください。
このカード利用時の一回乗車料金は2.3TL、乗り換え料金1.65TLです。
一回乗車券の料金は、4TLとなります。


【地下鉄】
(メトロ/METRO)
主要ラインとしては下記が走っております。
ヨーロッパ側
①旧市街:YENIKAPIイエニカプ~(OTOGARオトガル)~ATATURK HAVALIMANIアタチュルク空港、
②新市街方面:YENIKAPIイエニカプ~(TAKSIMタクシム)~HACIOSMANハジュオスマン
アジア側
KADIKOYカドゥキョイ~TAVSANTEPEタヴシャンテペ

【トゥネル】
(TÜNEL)
1875年製造で世界最短の地下鉄(所要約3分)。
テュネルは19世紀に建設された地下鉄。
新市街ガラタ橋近くのカラキョイからテュネル広場までを2分で結び、7時〜21時まで5〜15分間隔で運行しています。
【バス】
(オトビュス/OTOBÜS)
市内の移動は路線網が隈なく行きかうバス(トルコ語でオトビュスOTOBÜS)が便利。
車体には路線番号や行き先が表示されており、エミノニュ等の大きなバスステーションでは行き先別に乗り場が並んでおります。
現金での乗車は出来ませんので、予め必ず乗車カードをご購入ください。
【路面電車トラム】
(トラムバイ/TRAMVAY)
新市街と旧市街を結ぶほか、アジア側のカドゥキョイを巡回する路線などが現在運行されております。
運行時間は路線によって異なりますが、新市街~旧市街は6:00~0:00頃の時間帯に運行してます。
イスティックラル通りをではアンティーク調の車体が走り、ノスタルジックな雰囲気が楽しめます。

【メトロバス】
(メトロビュス/METROBÜS)
ヨーロッパ側のベイリクドゥズ(BEYLIKUDUZU)~アジア側ソウトゥジュチェシメ(SOGUTCUCESME)間を運行する。
専用車道を走るため、渋滞の心配なく移動可能。

【タクシー】
(TAKSİ)
黄色い車体で、料金はメーター制。深夜は割増料金になります。
乗車する際は、路上に止まっているタクシーではなく、流しのタクシー或いはホテルやタクシー停留所のタクシーに乗ることをお勧めいたします。
また、乗車後はメーターがちゃんと動いているかどうか確認ください。
【航路】イスタンブールはヨーロッパ側とアジア側の間を海で隔てられているため、ヨーロッパ側~アジア側を往来するには、定期船を利用するのが便利です。
旧市街のエミノニュをはじめ、新市街のカラキョイ、ベシクタシュ、カバタシュなどに船乗り場があります。
シーバスやワプル(連絡船)、モトル(海上ドルムシュ)などが運航しているほか、ボスポラス海峡航路も運行しております。
ページの先頭へ トップページへ