トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記

16世紀後半には料理人は1200人もいたトプカプ宮殿。年間に3万羽の鶏、22500頭の羊が消費された。毎日の夕食には132種類のメインディッシュが準備された。


トルコ語のトプは「大砲」を、カプは「門」を意味する。かつて、宮殿の正門のひとつに2台の巨大な大砲が据えられていた。門そのものは残ってないが「大砲門の宮殿」トプカプサライという名前だけが残ったのである。 
トプカプ宮殿を見学する前に、およそ500年の間ここが世界に冠たる大帝国の中心となっていた事を心に留めてほしい。帝国の領土は西は全バルカンを含んでウィーンに迫り、北は黒海クリミア・コーカサス地方、カスピ海、東はペルシア湾からアラビア半島へ、南はいわゆるヘラクレスの柱を越えて全地中海から、チャド湖に至る北アフリカまで広がる広大なものだった。世界の七不思議といわれた地点のすべてがこの帝国領内に含まれていた。18の宗教が信仰され、20の言語が使われていたというこの大帝国の絶対権力者は、トプカプ宮殿に住む「アラーの影」-スルタン-だった。 1299年の初代オスマンから、1922年に最後のスルタンがイギリスの砲艦にのって逃げ出すまで、36人のスルタンが帝国を支配し、その半数以上がこのトプカプ宮殿に住んでいた。 

トプカプ宮殿
宮殿には常時約6000人が住んでいたという。スルタンの権力を物語るエピソードとして、小姓たちが御殿医に歯を抜いてもらう時には、まずその歯の位置を詳しく描いてスルタンの許しを得てから出かけたという。もし、御殿医がヤブ医者でとなりの歯を抜いてしまったら、自分自身の歯も1本抜かなければならなかった。なぜならこのような誤ちはスルタンの財産を損傷したと考えられたから。
ただし、オスマンのスルタンについて語られているほとんどは、当時の「歴史家」の手になるものだという事を忘れてはならない。当時の歴史家にとって歴史も小説もたいしたちがいはなかったらしい。もうひとつの情報源である外国人使者たちの手紙も又然りであって、想像力ゆたかな報告書を国元に送るのはふつうだったらしい。しかし、近年の科学的歴史研究によって、オスマントルコ史も公平な視点からみてただされていくものと信じている。 
トプカプ宮殿は1467年から1840年までのものと言ってよいだろう。メフメットⅡ世(征服王)のあと、歴代のスルタンたちが改築したり、壊したり…それぞれの好みに応じて手を加えられたので、さまざまな時代の建物がまとまりなく並んでいるような印象を受ける。 
トプカプ宮殿 第一の中庭
さて、実際の宮殿内に入るためには、当時の習慣にしたがって第二の門、つまり送迎門でバスやらくだ、かご、タクシーを降りていただく。この門を乗物にのって通れるのはスルタンだけである。門をくぐる前に、右側のスズカケの木に隠れている簡素な泉の前でしばし足を止めてほしい。「死刑執行人の泉」である。大臣など高官がスルタンのごきげんを損ねるとただちに首を切られ(文字通りに)、この泉で洗われた首は中央に設けられたさらし台にのせられたという。新任の大臣が任命されて宮殿にはせ参じた時、前任者の生首が門前で出迎え、教訓を与えるのだった。19世紀後半、ドイツのウイルヘルム・カイセルII世が来訪した時、当時のスルタンは悪印象を恐れて、泉を壁から離したが、1924年に博物館になってから再び元の場所に戻された。 
第二の中庭 
この中庭には糸杉、スズカケ、クルミの木や花々…がさりげなく植えられ庭園らしい印象を与える。古い記録によるとかつてここには18種の梨の木、14種の梅、そして7種類のマルメロの木があったとか。しかし実際は果樹といえるものは1本しか残っていない。それはガイドに言わせると世界で1本しかない「松いちじく」。中央通路の中ほどにある糸杉にいちじくをつぎ木してできたもので、宮殿の数あるコレクションよりも注目に値する! 

トプカプ宮殿
台所
第二の中庭の右手の二棟の長い建物はかつて台所であった。手前の建物は、ブリキ工場と料理人の宿舎で、奥の建物は大きな煙突からみて実際の調理場だったにちがいない。16世紀後半には料理人は1200人もいたという。年間に3万羽の鶏、22500頭の羊が消費された。毎日の夕食には132種類のメインディッシュが準備された。コックはそれぞれパン焼、チキン、おかし…というような専門に分けられていた。スルタンとその家族には専属のコックがいて時には専用の台所も与えられた。スルタンの「4人の妻」には、毎日5kgの肉、2kgのバター、夏場になるとろばの背にのるだけの雪、一皿のクリームに最上の小麦で焼いたパン4片、はちみつ0.5kg、果物1 kg、4羽の鶏に卵が2個それに季節の野菜が支給された。4人の御婦人にとって十分なものと思うが…。 
台所の大部分には今日、宮殿の陶磁器コレクションが展示されている。スルタン達の陶磁器好みと振子式時計マニアは有名である。トプカプの陶磁器コレクションは10512点といわれるが、見学者にとって幸いな事にスペースの関係でその一部だけしか展示されていない。コレクションの大部分はスルタンが買い求めたものだが、プレゼントや戦利品として運ばれたものも多い。 
青磁は、毒入りの料理をもると変色すると信じられていたので、いつも毒殺を恐れていたスルタンたちには人気があった。19世紀後半のスルタン、アブドゥルハミットはタバコの毒味まで宦官にさせていたという。最後の部屋には伊万里として知られた日本の陶磁器も展示されている。 

幸福の門  
この門の前でしばしたたずみ、金箔に954の電鉱石をちりばめた儀武用の玉座-(この玉座は今、宝物館第三の部屋にある)-にすわるスルタンを偲ぶのがガイドたちの慣わしとなっている。スルタンは「神の使い」であって臣民に幸福をもらすもの-という意味で、スルタンの住居の入口となるこの門を「幸福の門」と呼んでいた。スルタンの即位式が行われ、高官たちはここで新スルタンに忠誠を誓った。ドイツの皇妃がスルタンの黒人宦官長にむかって、「そなたの父親(・・)も宦官(・・)を勤めていたのですか?」とナイーブな質問を下されたというのも多分ここでのでき事だろう。天井から下げられた飾りは地球をあらわし、ちりばめられた宝石はスルタンの支配力を象徴していた。重要な儀式の際には、一枚岩でできた床にイスラム聖旗が立てられたものだった。

第三の中庭 スルタンの衣裳
第三の中庭に入って右手の建物はスルタンの遠征にお供する小姓たちの宿舎だった。現在はスルタンの衣裳の一部や、最高級の礼拝用絨毯が納められている。征服王メフメットII世の死後、習慣としてスルタンの衣裳は特別に包装さて保存されるようになった。約2500着の衣裳が当時のままの美しさを保存して残されている。

トプカプ宮殿
宝物館
オスマントルコの都となって以来イスタンブールは一度も敵の襲撃を受けた事がないので、スルタンは世界有数の宝物を貯える事ができた。今日、宝物館として公開されている4つの部屋は、もとはオスマン帝国はじまって以来ののんべえスルタンとして知られるセリムⅡ世の浴室だった。スレイマン大帝とロクセレーナの息子である彼は、キプロスの赤ワインにおぼれる毎日で、赤ワインほしさにキプロス攻略を考えたのだといわれている。突然の死が彼を見舞ったのは、現在の宝物館第一の部屋であった。いつものように息をもつかず、ワイン1本飲み干したスルタンは千鳥足で浴室へ、そして大理石の床ですべって頭をしたたかに打ちつけてあっけなくこの世を去ったのだった…。
宝物館の4つの部屋のすべてに玉座が展示してある。第一の部屋の玉座は象牙と真珠母をちりばめた黒檀からできている。同じ部屋にある宝石をちりばめたよろいと共に、バグダット征服王ムラトIV世のものである。オスマン帝国のスルタンの中でも最も恐れられたスルタンの1人だったムラトIV世が、もしあの世から舞い戻ってこの部屋に陳列されているおびただしい数の水ギセルを見たらどんなに怒り狂うことだろうか。彼自身はヘビースモーカーだったが、イスタンブールで大火があってから禁煙令を出し、喫煙者を見つけ次第自らの手で殺したといわれている。陳列だなの中には器に盛られた、琥珀の水ギセルの吸い口も並んでいる。金銀、翡翠、さんごでできている中国風の庭園模型は中国の皇帝からのプレゼントであった。 
トプカプ宮殿 二番めの部屋は、世界一のエメラルドコレクションから「エメラルドの問」と呼ばれている。イスラム教では緑が神聖な色だったから、スルタンもエメラルド、金鉱石、かんらん石、翡翠など緑色の石を特に好んだらしい。映画「トプカピ」でおなじみの宝剣も見られる。注意して見るとつかの上に時計がついているのがわかるだろう。
この部屋の玉座はブルーモスクを建てた建築家メフメット・アーの手になるものである。この人は象眼の名人でもあった。三番めの部屋で何よりも人目を引くものは、「希望のダイヤモンド」の二倍の大きさの「スプーン屋のダイヤモンド」である。このダイヤモンドはある漁師がごみ捨て場から見つけ出し、グランドバザールで2本のスプーンと交換したというエピソードがつけられている。すべて貴重なものはそうなるように、このダイヤも最終的にはスルタンの財宝に加えられた。もっとも、その出所については、宮殿の古文書などからもっとはっきりした事がわかってくるものと期待される。 
この部屋にはトプカプで最も価値ある金製品、2本の大きな燭台も展示されている。6666個のダイヤをあしらったもので1本の重さ48kgもあるという。 


四番めの部屋の玉座は、もとはモンゴルの王のものであったらしいが、ペルシア王からのプレゼントとしてトプカプに贈られてきた。 
この部屋には140kgの巨漢として知られたスルタン・アブドゥルアジズのかわいらしいコレクション-スプーンと数珠-も並べられている。敬虔なクリスチャンの方にとってこの部屋の一番興味深いものは何といってい洗礼者ヨハネの手であろう。これはかわいそうな聖ヨハネの3本めか4本めの手にちがいない!!!というのも同じ聖人の両手を所蔵していると主張する博物館が他にもあるから…。

ハレム
 トプカプ宮殿の一部にはちがいないが、ハレムは公開時間も規則も別個の博物館となっている。修復工事のため長い間閉鎖されており、現在ごく一部だけ公開されているにすぎない。ここではハレムのご案内より、ハレムにまつわるお話を述べあとは皆様の想像力におまかせしたいと思う。
「ハレム」とはアラビア語で「禁断の」を意味する。スルタンと、出入りを許された二グループの男たち以外は「男子禁制」の場だった。二つのグループとは、宦官だちと、「束ね髪の雑兵たち」と呼ばれた男達だった。後者は、毎月1回ハレムの暖炉にたき木を運ぶのが仕事だった。深くかぶった帽子から長い髪をほほまでたらし、固いえりをピンと立てて、まわりの様子が目に入らないようにしてハレムに入ってくるのだった。しかしそれでもまだ不十分だったと見えて、いつも黒人宦官が彼らに付き添って歩き女性たちの姿が目に入らないように警戒を怠らなかった。

ハレム
もうひとつのグループはその黒人宦官たちである。彼らはハレム内の家事雑事すべてを受け持ち、宦官長はスルタンの私生活上、最も重要な人間だった。スルタンにふさわしいと思う女性を選ぶのはスルタンの母と宦官長の力だった。どんなに美しい娘でも、この二人の助けなしにスルタンの注意を引くことなどできなかった。たいていの場合、スルタンの母と宦官長は自分達の勢力を守るために、美しいがおろかな娘を選んだ。 16世紀後半、ムラトⅢ世はハレムのイタリア美人に魅かれたが、母と宦官長はスルタンの恋心をそらすため、金曜の夜ごとに二人のコーカサスの処女をはべらせたとか。長いブロンドの髪、透き通るような肌、なよやかな柳ごしのコーカサスの乙女たちは「最高級品」とみなされていた。当時流行していた天然痘への予防接種は、まずコーカサス地方で始められたのだった。ムラトⅢ世の治世が終わる頃までに、母親と宦官長の骨折りの結果として、スルタンには103人の子供がいたという。57才でスルタンが亡くなった時、ハレムの7人の女性が妊娠中であったとか。
 スルタンたちが短命であったことは事実である。ほとんどが50才になる前に死を迎えている。しかし、大臣たちはそうではない。肩の上に首がのっかっている限り長生きし、次のスルタンにも仕えていた。一例をあげると、16世紀後期の総理大臣クルチ・アリ.パシャは92才まで生きて彼のハレムで16才の少女の腕の中で息を引きとったという。

ハレム
 スルタンは法律上の妻は持たなかった。最初に子供を生んだ4人の女性が「妻」と見なされハレムの中で白分たちの住まいや召使いを与えられた。妻としての順番も…つまり、スルタンは一回こっきりではなく、周期的に彼女だちとベッドを共にする義務があった。 スルタンがハレムのすべての女性と褥を共にしたと思うのはまちがいである。大勢の女は並の男にとって能力の限界を越えるものだから。ハレムで使われていた媚薬は今もイスタンブールのエジプトバザールで手に入るとか。寂しい女たちと黒人宦官のロマンティックな恋物語もあったにちがいない。まちがいがおこらないように医者は定期的に宦官たちを診察して、去勢手術(注)が完全だったかどうかチェックした。宦官にはカーネーション、バラ、水仙、ヒヤシンスなど優美な女性の名前がつけられていた。ベネチア使節の話によると、ハレムに届けられたキュウリでさえも「みだらな行い」を防ぐために小さく輪切りにされていた…。これは少々できすぎたお話のようだが、若い女性10人の中に必ず1人の老女が寝ていてやっかいなでき事が起こらないよう目をひからせていたという話は信用してもよさそうだ。
 スルタンがなくなると長男が跡を継いだ。新しいスルタンは自分のハレムをトプカプの中に移し、前スルタンのハレムの女性たちは高官などと結婚させた。彼女たちはおさがりとはいえ美しく、行儀作法もしつけられ、宮殿とのつながりもあったから引く手あまただった。
(注)ある者はペニスと睾丸を、ある者はペニスのみ、またある者は睾丸のみ去勢された。イスラム教は去勢を許していないので、彼らは宮殿に売られる前に去勢されたものである。

トプカプ
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.