トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ旅行・ツアーブログ・トルコツアー旅行記

魅力満載なトルコのベリーダンス|歴史や特徴などを徹底解説!


トルコを旅行するにあたって“本場のベリーダンスも観たい!”と思う人は多いです。
ベリーダンスと聞くと、セクシーな女性のイメージが最初にくると思います。
セクシーさも兼ね備えていますが、実はベリーダンスはしっかりと意味を持った民族舞踊なんです。

ベリーダンスは世界で最も古い踊りと言われています。
そんな歴史ある踊り「ベリーダンス」について、徹底解説していきます。

ベリーダンスの歴史は紀元前にさかのぼる!

ベリーダンス
ベリーダンスは古代エジプト発祥、世界最古の踊りと言われ、口承に基づき伝授されてきました。
紀元前5世紀のものと言われる古代エジプトの壁画にはベリーダンスを踊る半裸の女性ダンサー達が描かれていたものもあり歴史の深さがうかがえます。

イスラム教が広がる以前から、女神崇拝のための儀式として巫女たちにより踊られていたものが起源とされていますが諸説あります。
そして、豊穣祈願の踊りとして脈々とアラブの女性たちに受け継がれていきました。

この踊りを世界に広めたのは、インド北部にいたジプシーたちと言われています。
ジプシーたちは、7~8世紀頃にインドから西へと移動を始め中東からヨーロッパの方にまで移動していきます。現在のショースタイルはこのジプシーたちが作り上げたとも言われており、各地の踊りと自分たちの踊りを融合しながら世界へ広めていきます。ジプシーたちはアラブの民族舞踊を自分たちの踊りに取り入れ、ストリートパフォーマンスを行って生計を立てていました。
こうしたジプシーたちはトルコでは「ロマ、ロマン」、エジプトでは「ガワージ、ガガル」と呼ばれています。

12世紀~13世紀にかけてのペルシアの細密画の中にもベリーダンスの描写が見られます。
そして、13世紀末に建国されたオスマン帝国では、スルタンのために世界中から集められた女性がハレムにおける教育の一環としてダンスも学んでいたとされており、スルタンのために踊る姿が描かれた絵画も多く残されています。

中東以外の地域に一般的に知られるようになったのは18世紀から19世紀にかけて。勃興したロマン主義運動の高まりの中、王宮でのハレムの生活風景をオリエンタリズムの芸術家たちが絵画の中にベリーダンサーが用いられた事によって広まりました。そこから、中東諸国のダンサー達が様々な世界の博覧会にてダンスを公開し披露し始める様になり徐々に市民権を得る様になりました。

エジプトでは結婚式の時には必ずダンサーを招き、花嫁は子孫繁栄のためにダンサーのお腹に手をかざして祈願します。また、ベドウィン(砂漠に住む遊牧民族)は出産している女性の周りでダンスを踊るという風習が伝統的にあります。

因みに、中東・アラブ圏内の人々はベリーダンスとは呼びません。エジプトでは「バラディ(Baladi:自然の)」、アラブ語では「ラクス・シャルキー(Raqs Sharqi:東方の踊り)」または「ラクス・バラディ(Raqs Baladi:民族舞踊)」、トルコ語では「オリエンタルダンス(Oryantal dansı:東方舞踊)」と呼びます。さらに言うと、ヨーロッパでは「オリエンタルダンス」の他に、「エキゾチック・オリエンタルダンス」や「オリエンタル・ベリーダンス」などの呼び名で知られています。

「ベリーダンス」と英語で呼ばれるようになったのは?

ベリーダンス
中東・アラブ圏で誕生した民族舞踊ですが、「ベリーダンス(Belly dance)」と名付けられたのは1893年。アメリカのシカゴで開催された万国博覧会の時と言われています。博覧会の中に「Street in Cairo」という展示も行われており、この展示のステージで踊られたダンスが【Belly dance】と命名されました。
「Belly」は英語で腹部を指し、ベリーダンスを直訳すると「腹おどり」となります。腹部の動きが特徴的だったことからこの様の名が付けられました。

しかしながら公演は、当時のアメリカ人、特に厳格なキリスト教徒の人々には受け入れられず凄まじいほどの悪評でした。ヴィクトリア朝の感覚が支配していた時代に素早いお尻の動きやコルセットを着けないダンサーは衝撃的で、この事は男女隔離・性的自由への抑圧は決してイスラム社会に限定されるものではなく、キリスト教社会にも同様に存在していることを示しています。

ただ、意外なことにベリーダンスが古くから盛んなのはアメリカで、その後の1960~70年代にイラン、アルメニア、トルコなどから移民したダンサーやミュージシャンが立役者となり、魂を解放する踊りとしてアメリカで爆発的な人気を博しました。さらには、ジャズやヨガ、ヒップホップなどの様々なダンスジャンルを融合させた「トライバルフュージョン」も盛んです。

ベリーダンスは女性らしさが魅力|衣装も特徴的!

ベリーダンス
ベリーダンスの魅力はその独特な踊りだけでなく、ダンサーが身にまとっている煌びやかな衣装も魅力のひとつです。ベリーダンスの衣装と言ったら、ブラジャー風のトップスにお腹を出して露出度が高いのですが、その露出度の高い派手な衣装がよりダンスに華やかさを演出しているのです。

衣装にはビーズやコインが飾り付けられているのですが、コインが縫い付けられているのには全財産をアクセサリとして身に纏っていたジプシーたちの名残と言われています。
長い年月をかけて広まったベリーダンスは、その土地の文化などに大きく影響されており様々なスタイルが生まれています。それにより、衣装も各地それぞれの特徴があります。

例えば、発祥の地エジプトのエジプシャンスタイルの衣装は、ベルベッドなどの光る素材やジョーゼットなどの透ける素材にスパンコールやビーズをたくさん使用するといったエレガントなものが多く、肌の露出は決して多くありません。そして、裸足で踊るのが一般的です。
対して、ターキッシュスタイルの衣装は、エジプシャンスタイルよりも肌の露出は多めで、スカートに深いスリットが入っていて足を大胆に魅せる衣装が多くあります。また、ダイナミックさを演出するためにブラからビーズなどの装飾が垂れ下がっている衣装もよく見られ、高いヒールを履く事も多いです。

イスラム文化圏では女性は肌の露出を最小限にしなければならないとされていますが、それは親族以外の異性での前に限られます。スルタンやカリフのハレム内や女性同士の集まりの場では問題がないので、昔からこの様な衣装を着て盛んにベリーダンスは踊られていました。

ベリーダンスの衣装は露出度が高いので、体形に自信がないと思われている方にとっては抵抗があるかもしれません。ストリートのようなダンスではすらっとした体形の人が踊るとかっこよく見える場合が多いですが、ベリーダンスは違います。ある程度腰回りに筋肉と脂肪がついていた方が魅力的に見えます。というのも、ベリーダンスの発祥地エジプトではふくよかな女性が美人とされており、子供を産む性である女性の力強さや神秘性を感じさせるしっかりとした下半身に魅力があるとされているからです。
ベリーダンスは豊穣祈願や子孫繁栄を願って踊られてきているという歴史から、母性を感じられる女性らしさがとても大切なのです。

ターキッシュ・ベリーダンスの特徴は?

ベリーダンスショー
日本各地にも盆踊りや阿波踊りといった地域伝統の踊りがあるように、ベリーダンスにもアラブの国々、地域ごとに踊りや衣装に特色を持っています。
その中のひとつ、“ターキッシュ・ベリーダンス”はジプシー(ロマ)の踊りに影響を受けているとも言われています。

ターキッシュ・ベリーダンスの特徴は、大きな動きが多くダイナミック。そして、華やかでスピード感もたっぷり。
膝をついたり、寝転がったりなどのフロアーダンスが多く、ベールの使い方もダイナミックで、流行を取り入れるなど柔軟に踊り方変化させるのもターキッシュスタイルの特徴です。

音楽は、バイオリンなどの弦楽器の音が強く高音域が広く感じます。クラリネットが多く使われていたり、ジル(フィンガーシンバル)の音が高めだということも、高音を特徴づけています。
ターキッシュススタイルのダンサーはジルを使いながら踊りますが、「ジルが使えないダンサーは一流ではない」と言われたほどジルはとても重要です。
ジプシーの影響を受けていることから、ジプシー独特のリズムである8分の9拍子の音楽も多いです。

因みにエジプシャンスタイルの踊りの特徴は、手先や腰、足にいたるまで動きが細かく、上下に大きく動いたりベールを激しく振るといった大きな動作はあまりありません。動きだけでなく顔の表情などでたっぷり情感を表すのもエジプシャンスタイルの特徴です。
音楽は、ダラブッカやレクなどといった打楽器が主役で大音量の生演奏が好まれています。

ジプシー音楽&ダンス「ロマン・ハヴァス」で陽気な雰囲気に♪

トルコには西暦1,000年頃から多くのロマ(ジプシー)が住んでおり、現在でも彼らは音楽とダンスに長けた存在です。ベリーダンスにも欠かすことのできないジプシーの音楽ですが、ジプシーの音楽はバイオリン、クラリネット、サックス、ダヴル(太鼓)、カーヌーン(弦楽器)、ダラブッカ(小太鼓)等の楽器で奏でられるエスニックでどこか懐かしい感じで陽気で軽快な8/9拍子の旋律です。

ロマの人たちは子供の時から日常的に独自の音楽にどっぷりつかって生活しているので、子供でも奏者としてプロ並みの人も沢山います。ロマが住んでいる地域毎に小さなロマオーケストラが組まれていたり、テレビで歌謡曲歌手のバック演奏をしているロマも多くいます。

ベリーダンスとはまた違いますが、ロマの音楽が鳴るとロマの人が音楽に合わせて腰を振ったり、腕や指先まで全身を使い音楽を表現するダンスはロマの本能的な物なのでしょう。ロマで踊れない人など多分いないと思われ、皆さんプロ顔負けに踊ります。

このロマのテンポ良く乗りやすい音楽とダンスのことを「ロマン・ハヴァス」と言い、“ロマの雰囲気”とでも訳しましょうか、「ロマン・ハヴァス」は誰もが陽気に楽しくなれること必須です。
因みに、腰を振って踊ることをトルコ語ではギョベッキ=お腹、アトマック=投げるで「ギョベッキ・アトマック(Göbek atmak)」と言います。ベリーダンスのことをオリエンタルダンスと言いますが、「ギョベッキ・ダンス」とも言います。
ロマの人たちはもちろん、トルコ人も老若男女踊るのが大好きで、音楽が鳴ると踊りたくて体がムズムズしてくるくらい。

ベリーダンスの音楽もそうですが、このロマン・ハヴァスを味わったら日本人である私たちも自然と体が動き出すこと間違いありません。トルコでそんな機会がありましたら、恥ずかしがらずに是非一緒に踊ってみて下さい♪

トルコでベリーダンスの衣装を買うならココがオススメ!

ベリーダンスの衣装
ベリーダンスに興味がある方、ベリーダンスをやっている方、またはトルコ旅行の記念にと言う方・・・現地のお店で自分にあった物を選びながらお買い物をするのも楽しみのひとつですよね♪
そこで、イスタンブールにあるおすすめのお店をひとつご紹介します。

[KAFTAN(カフタン)]
結婚式等のコスチュームとして数回着る用の初級、ベリーダンス生徒用の中級、プロのベリーダンサー用の高級と3つのカテゴリーで色やデザインが違う数百種類の衣装を保有しています。
住所:Mercan Mah. Mercan cd. Caferiye han. 1. kat no : 22/110 Fatih Beyazıt – İSTANBUL
   (トラムヴァイ「ベヤズット駅」から約600m、徒歩7分。グランドバザールの裏道)
Web:https://kaftan.web.tr/urun-kategori/dansoz-kiyafetleri/

本場のトルコでベリーダンスショーも楽しんで!

ベリーダンス
トルコはショーとしてのベリーダンスもとても盛んです。ディナーやドリンクも付いてベリーダンスのショーが楽しめます。ショーではベリーダンスだけでなくトルコ各地方の民族ダンスも行われており、中にはセマー(イスラム神秘主義の旋回舞踊)やメフテル(オスマントルコ帝国時代の軍楽隊)をやるところもあります。

トルコに行った際は、是非トルコのダンスや音楽を直接肌で感じてみてください。
ターキッシュエア&トラベルのトルコツアーでは、オプショナルツアー (別料金) になりがちなベリーダンスショーもツアーに含まれていますよ♪

洞窟レストランにてトルコ民俗舞踊とベリーダンス観賞! | トルコオプショナルツアー

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.