トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ旅行・ツアーブログ|トルコツアー旅行記

モヘアカーディガンやモヘアニットでよく聞くモヘア(モヘヤ)とは?


冬には欠かせないモヘア(モヘヤ)の毛糸。何の被毛をつかっているの?原産国は?その秘密を解説します!

「モヘア」という毛織物をご存知でしょうか?一部では「モヘヤ」と呼ぶ方もいるようですが、いずも同じものを指します。ちなみに、家庭用品品質表示法では「モヘア」が正しい表記とされています。
夏場のスーツや、冬はふわふわのセーターに使われるイメージのモヘア(モヘヤ)ですが、どこで生まれたどんな織物なのでしょう?

モヘア(モヘヤ)は何から出来ているの?モヘアを使った製品にはどんなものがあるの?

モヘア
毛織物を含めて繊維には、羊毛や絹などの動物や、面や麻などの植物、石綿などの鉱物由来の、天然に繊維として存在しているものを取り出した「天然繊維」と、人間が人工的・化学的に作り出した「科学繊維」の2種類が大きく存在しています。日頃よりなじみのある天然繊維は、動物や動物由来のものが多いかもしれません。モヘヤは、その動物由来の天然繊維の一種となります。

取り出された天然繊維はそれだけでは長さが短いため、撚り合わせて一本の長い糸にするという「紡績」を行います。原材料の繊維の長さや太さ、色のニュアンスなどが1本1本異なるため、紡績後の繊維も必ずしも均一な仕上がりとはなりません。これが天然繊維の大きな特徴であり、味でもあります。化学繊維に比べて天然繊維は手間がかかり、大量生産が出来ないために、化学繊維と比較すると価格が高い傾向にあります。

モヘアは天然織物であることは上の記述でお伝えしましたが、さて、何の被毛を使っているかご存知でしょうか?実は「アンゴラヤギ」の毛を使っています!生糸のような独特の光沢をもっており、毛足が長くて通気性が良いことが特徴の、美しい被毛です。非常になめらかで、吸湿性に優れているという特徴もあります。毛足が長い為に静電気が起きやすいという欠点もありますが、混紡することで解消できたりもします。

こうした特徴を活かし、夏場はスーツ素材としてよく見られます。光沢があり熱伝導率が低くサラッとしており、また断熱性・吸湿性も兼ね備えた素材感は、夏のスーツにピッタリなのですね。
冬場はニットやマフラー、コートなどによく使われます。一般には、こちらの使われ方の方がよく知られているかもしれません。ふわふわした見た目の毛足の長い繊維は、空気を多く含むことが出来ます。そのため高い保温力を発揮することが可能であり、外の空気を遮断してくれるのです。モヘアのカーディガンは女性を中心に大人気です!

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

モヘア(モヘヤ)の原産地はどこ?そして現在の主な生産地は?

アンゴラヤギ
先ほど、モヘアはアンゴラヤギの被毛でできているとお伝えしましたが、アンゴラヤギはどこから来た種だかご存知でしょうか?
アンゴラという名前から、アンゴラ共和国固有の種ではないかと想像してしまいますが、アンゴラヤギは“Angora”、アンゴラ共和国は“Angola”で、実は全く関係がありません。実はアンゴラヤギは、数千年前に遊牧民によりトルコのアンゴラ(現在の首都アンカラ)へ運ばれたと考えられています。実はモヘヤという単語は、トルコ語で「最高の毛」を意味するそうなのです。

トルコ語を話しましょう!日本語と同じ言語グループに属したトルコ語の勉強は簡単です。

ちなみに、トルコの首都アンカラ原産で「アンゴラ」が名前につく動物は、あと2種類存在しています。

1つ目はターキッシュアンゴラという猫です。毛足が長く、ペルシャ猫の祖先であるともいわれています。毛や目の色は色々と存在していますが、白い、オッドアイを持つ種類がとても美しく、モデルとしてよく見かけます。

ターキッシュアンゴラとは?トルコは猫の楽園! | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

2つ目はアンゴラウサギです。こちらも長毛種です。被毛はアンゴラと呼ばれて、やはりセーターやマフラーなどふわふわとした感触の素材であることが特徴です。被毛はとても多くもふもふと丸いので、定期的なカットをしないと目の周りに覆いかぶさってしまうほどだとか。今では世界に広がり、色々な毛色の種類が存在しますが、中でも白くて赤い目をした種類が特徴的に描かれることが多いです。

そこから18世紀中頃まで、オスマントルコ帝国が独占してアンゴラヤギの飼育と改良を進めて、商用として発展をさせてきました。他の場所にアンゴラヤギが広まり独占状態が崩れることを恐れて、輸出の際には、オスは必ず虚勢をしたと言われています。

オスマン帝国623年の歩みを全解説!世界を揺るがせた大帝国の繁栄と滅亡 | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

ところが、対策をしたにもかかわらず南アフリカがアンゴラヤギの繁殖に成功します。どうやら輸入したヤギの中に、1頭だけ妊娠したメスがいたのではないかと言われています。そしてその後、開拓者達によってアメリカにも運ばれ、炭鉱に食料や機材などを運ぶ役目を果たしていました。こうしてトルコから世界へアンゴラヤギとモヘアは広がりを見せていくのです。

現在、モヘアは主にトルコ、南アフリカ、アメリカで生産されています。

半分くらいのシェアを誇るのが南アフリカ産のモヘアです。細く柔らかい質感が特徴で、シェアおよそ50%の生産量を誇ります。
生産国の中で一番の品質を誇るのがトルコ産です。通常毛刈りは年2回行われますが、トルコは年1回のため、毛足が長く柔らかさや光沢など、いずれをとってもずば抜けた品質を誇っています。店頭でもトルコ産と言えば高級品として扱われています。
アメリカのモヘヤはほぼテキサス州で生産されていることもあり、「テキサスモヘヤ」と呼ばれています。上品な光沢と柔らかさが特徴です。

モヘア(モヘヤ)誕生の地、アンカラ

アンカラ
トルコの首都アンカラがアンゴラと呼ばれていたのは遥か昔、ローマ帝国占領時代のことです。もともとはイスタンブールが政治、経済、文化の中心として栄えていました。しかし、トルコ共和国が誕生した際に、地方都市であったアンカラを首都とすることにしたのです。何故アンカラとしたかという理由は明確になっていませんが、これにより政治の中枢はアンカラに移ることとなりました。

アンカラはトルコ共和国の初代大統領で、近代化の父と呼ばれるムスタファ・ケマル・アタテュルクととても縁の深い場所です。死後には「アタテュルク廟」が建てられ、アタテュルクはそこで眠っています。現代トルコ建築物の傑作と言われており、ぜひ見ておきたい建物です。

【トルコ建国の父】ムスタファ・ケマル・アタテュルクの歴史と偉業

もう一か所外せない見どころと言えば、「アナトリア文明博物館」でしょう。ヒッタイト時代の貴重な遺物が残されており、とても見ごたえがあります。オスマントルコ帝国時代を思い起こさせる10のドーム屋根に覆われた建物も魅力的です。

アンカラの気候は、夏は最高気温が40℃以上で、冬の最低気温は-20℃以下であるというかなり過酷な環境です。その中を生き抜くために、もこもこした毛が必要となったと言われています。こうした気候が特有の品種を生み出すのですね。

【トルコの首都】アンカラ旅行のおすすめ観光名所7選!治安や気候も解説

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

一口にモヘア(モヘア)と言っても、実は種類がある

モヘア
夏のスーツから冬のふわふわのニットまで幅広く使われるモヘヤですが、実はアンゴラヤギの月齢・年齢によって毛質が変化していきます。モヘアと一概に呼ばれますが、その毛質によって様々な呼び名がついています。

生後1年未満のアンゴラヤギから刈り取った毛を「キッドモヘヤ」、もっと細かく言えば、生後3か月~6か月くらいのものは特に「スーパーキッドモヘヤ」と呼びます。生まれて初めて刈り取る子ヤギの毛は、とても柔らかく繊細な毛質で人気がありますが、収穫量はモヘヤ全体の収穫量の1/6程度しかなく、非常に高価に取引されています。

対して、生後一年を超したアンゴラヤギの被毛からできたモヘアは、「アダルトモヘヤ」と呼ばれます。また、「アダルトモヘヤ」の中でも少し若いモヘア被毛は「ヤングゴート」と特に呼ばれるそうです。

モヘア(モヘヤ)と、他のニット素材との違いは?

モヘア
温かさが重宝される冬の素材はモヘアだけではありません!良く比較される4種類の天然ニット素材の特徴を比べてみましょう。

アルパカ

アルパカは動物の一種で、標高4000m以上のアンデス山脈に暮らしている古代から生息する種類です。朝晩の気温差が大きい、過酷な環境であるペルーやボリビアで暮らしています。もふもふとした毛を備え、とてもかわいらしい笑顔にも見える表情で、見ているだけで癒されてしまいます。

アルパカの被毛も「アルパカ」と呼ばれ、この過酷な地の環境に堪えることができるような毛の作りをしています。耐久性に優れており、毛玉になりにくいのが特徴です。他の動物と比較すると毛が少々太く、柔らかくて、しっとりとした滑らかさがあります。また、繊維の中に小さな空洞があるのですが、そこに暖かい空気をため込むため、保温性にも大変優れています。

カシミア(カシミヤ)

高級素材のイメージがあるカシミア(カシミヤ)は、カシミヤヤギの被毛を使った素材です。広く言えばウールの一種ですが、カシミヤヤギの剛毛の下に、冬の寒さに耐えるために生える産毛のみを使ってカシミヤ(カシミヤ)として利用します。採れる量が少ない為希少価値が高く、高値で取引されています。

アルパカやウールよりも細く、軽くて繊細な柔らかさがあることが特徴です。表面は油脂で覆われているため独特の風合いがあり、とても滑らかな触り心地です。艶と光沢感がより高級感を高めてくれています。

現在は主に中国北西部、モンゴル、イランなどが原産地となっており、インドのカシミール地方が名前の由来であると言われています。

アンゴラ

アンゴラ
先ほど、アンゴラヤギと同じくトルコの首都アンカラを産地とする動物としてアンゴラウサギをご紹介しましたが、このアンゴラウサギの被毛から獲れるのがアンゴラです。アンゴラウサギは長毛種で、年3~4回毛を採ることが出来ます。現在は中国産が90%以上を占めています。

とても細長い毛を使用しており、ふわふわしたニットに使われることが多いのですが、取扱いがデリケートで難しい為、ウールなどと混紡して使われることが多い素材です。ふわふわした特徴はモヘアと少し似たところがあります。

アンゴラウサギとは?愛くるしい魅力やそのルーツをたどります!

ウール

羊(主にメリノ種)の被毛から採られる素材です。オーストラリア、ニュージーランド、フランスのメリノ種が有名で、全体の約50%程度を占めていますが、他にもさまざまな種類が存在します。ウール全体での主な原産国はオーストラリア、中国、ニュージーランドとなっています。1頭からは平均5キロ程度の羊毛が採れ、生産量がとても多い為、私達も一番身近に感じられる素材ではないでしょうか?

羊毛は縮れているのが特徴で、毛が絡み合っているためとても保温効果が高いです。水をよくはじきつつ、湿気はよく吸収します。型崩れもしにくく、皺にもなりにくいという大変扱いやすい特徴を持っているため、セーターやスーツ、コートなど、とても幅広く用いられています。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

モヘア(モヘヤ)のお手入れ方法

モヘア
モヘアはデリケートで、毛抜けに注意が必要です。もともと持つ柔らかさを活かすために、弱い力で撚って紡績することがおおいのです。お陰でふわふわとした触り心地が実現しているのですが、とても繊細に扱う必要があります。
 
着用時にはなるべく摩擦を避けましょう。摩擦で毛が引っかかるとどんどん抜けて行ってしまうこととなります。

着用後は、基本的には早めに毛流れに沿って、タオルでなでるようにブラッシングをすることが大切です。1度着たら湿気を取って、少なくとも2,3日は休ませましょう。艶が回復してきます。基本的にはシーズン終わりにクリーニングに出し、ホームクリーニングはあまりお勧めが出来ません。

モヘア(モヘヤ)は使用NG!?搾取の裏に潜む動物愛護問題

アンゴラヤギ
多くの人気を博してきた「モヘア(モヘヤ)」ですが、もう見られなくなるかもしれないのではないかという噂が囁かれています。
 
2018年5月に、モヘア世界第1位の生産量を誇る南アフリカで起こっている、アンゴラヤギの虐待の報告書と、牧場作業員がアンゴラヤギを実際に虐待する映像が出回り、世界に大きな衝撃を与えました。

映像の中では、牧場作業員がアンゴラヤギを引きずり回したり、乱暴に扱ったりする様子が映っていました。スピードを重視するあまり作業は手荒くなり、ケガも発生し、弱ったヤギは意識がまだあるにもかかわらず、喉を切られて殺されてしまう様子も公開されました。

2013年に同じく虐待が問題視されたアンゴラウサギと共に、世界のアパレルメーカーはこの問題を大きく捉え強い提言を行いました。H&M、ZARA、GAPグループ、ユニクロ、高級ブランドのフルラなどのアパレル大手は、モヘヤ(モヘア)とアンゴラ両素材の使用中止に踏み切る旨を発表したのです。これにより、大手に追随してモヘアやアンゴラを中止するメーカーが増えると予想され、モヘアはやがて、姿を消してしまうのではないかと言われています。

これに対してモヘヤ南アフリカ協会は調査を開始しています。これまで持続可能な生産システム構築を目指し、第三者機関の監査なども交えてきた協会にとっては大変ショックな出来事となりました。厳格な調査と、モヘア(モヘヤ)業界の一部の作業員に対する意識
の改革が求められています。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.