トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

世界三大料理のトルコ料理を徹底解説!ケバブからスイーツまでトルコで食べた絶品グルメ、厳選100品

代表的なトルコ料理①

トルコから世界に広がったケバブ(Kebab)

ドネルケバブ
トルコの料理といえばケバブを連想する人も多いでしょう。日本でもケバブの屋台を見かけることは多いです。

ケバブは中東とその周辺地域で主に食べられている、肉・魚・野菜などをローストして調理する料理の総称です。ケバブというとお肉がどっさりと出てくるイメージがあるかもしれませんが、トルコでは沢山のお野菜やピラウ(ピラフ)と一緒に提供されるのが一般的です。

日本ではお馴染みのドネルケバブをはじめ、多種多様なトルコのケバブ料理と歴史を紹介します。

目次
『ドネルケバブ』『イスケンデルケバブ』『シシケバブ』『チョップシシ』『パトゥルジャンケバブ』『アダナケバブ』『テスティケバブ』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理②

トルコ風ミニハンバーグ「キョフテ(Köfte)」

キョフテ
キョフテとは、ケバブに並ぶトルコの代表的な肉料理の一つで、ハンバーグのようなひき肉料理のことを指します。

キョフテは具材や調理法によって名前が変わるのが特徴です。トルコには200種類以上ものキョフテが存在します。

目次
『ウズガラ・キョフテ』『クル・キョフテ』『イチリ・キョフテ』『イズミール・キョフテ』

詳しくはこちら



イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週火・木・土曜発

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

代表的なトルコ料理③

お酒にピッタリトルコの前菜「メゼ(Meze)」

フムス
メゼと総称されるトルコ風前菜には、冷菜・温菜と数え切れない程の種類があります。特にトルコ人にとっては、トルコの地酒ラクのおつまみとして欠かせないものです。

お酒にはもちろん、トルコのパン・エキメッキとも相性抜群。十数種類の異なる料理が複数の小皿あるいは大皿に少しずつ盛り付けて供されます。

メゼでお腹いっぱいになりメインディッシュが食べられなくなる事も…
ここで多種多様なメゼの一部をご紹介します。

目次
『フムス』『アジュル・エズメ』『パトゥルジャン・サラタス』『ハヴチ・タラマ』『ウスパナック・タラマ』 『ジャジュク』『クスル』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理④

ドルマ(Dolma)

ミディエ・ドルマス
代表的なトルコ観光のひとつ「ドルマ(Dolma)」はお米を使った料理です。ドルマは詰め物料理を意味し、野菜の中身をくり抜き具を詰めた料理全般を指します。詰める具材はお米やお肉に玉ねぎです。

ドルマには、お肉を主体とする具をバターで調理して詰める温かいドルマと、お肉は使わないでお米を主体とする具をオリーヴオイルで調理して詰める冷たいドルマがあります。いずれもお米は必需品です。

詰めるのに使う野菜は主にピーマン、トマト、ナス、キャベツにズッキーニ、そしてブドウの葉です。包むものによって名前が変わるのも特徴です。なお、ぶどうの葉や野菜の葉で巻いたドルマは「サルマ」と呼んで区別することもあります。種類も豊富でボリュームもあるので、前菜だけでなくメインとして食べられることも。

目次
『ミディエ・ドルマ』『ヤプラック・ドルマ』『ビベル・ドルマ』『ドマテス・ドルマ』『ラハナ・ドルマ』『パトゥルジャン・ドルマ』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理⑤

世界三大米料理の一つ「ピラフ(Pilav)」

ブルグル・ピラウ
日本でよくエビピラフやカレーピラフなど、○○ピラフと耳にする事があると思いますが、実は「ピラフ」はトルコ料理なんです。トルコ語ではピラフの事を「ピラウ(Pilav)」と言い、ピラフの語源と言われています。

「トルコ人がアナトリアに到着する前から食べられてきた古い歴史を持ち、オスマン帝国時代、スルタンの慶事の祝祭の招宴で重臣たちにピラフが供せられた様子を描く絵画も残されています。トルコのピラフは付け合わせとして出てくる事がほとんどです。

目次
『ピラフはトルコ料理?!』『サーデ・ピラウ』『ブルグル・ピラウ』『イチュ・ピラウ』『ぺルデ・ピラウ』『ハムシ・ピラウ』『ケシケキ』

詳しくはこちら



イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週火・木・土曜発

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

代表的なトルコ料理⑥

トルコ風ピザ「ピデ(Pide)」

ピデ
ピデとはトルコのピザとして親しまれている料理で、船に似た細長い形をしています。もちもちとした弾力がある厚手の生地に、様々なトッピングを乗せて焼き上げるのが特徴です。ピデの生地には砂糖が使われており、ほのかに甘く懐かしい味がします。

特に人気が高い具材はひき肉や卵で、ほうれん草もよく使われています。また、サラミや角切りにした肉、羊などの乳から作ったチーズもポピュラーな具材です。チキンのピデやチーズのピデなど、シンプルな味わいのものもあれば、ひき肉と卵のピデや、トマトやピーマンなどの野菜をトッピングしたピデや一度に様々な味を楽しめるピデなど、バリエーションが豊富です。

目次
『ピザの起源?ピデの歴史』『ピデの種類』『エトリ・エキメッキ』『サフランボル・ピデ』『ラフマジュン』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理⑦

魚料理

魚料理
トルコは肉料理がメインだと思っていませんか!?黒海、地中海、エーゲ海に囲まれたトルコは、実はシーフードも豊富に獲れ、非常に美味しいのです!日本と緯度が近いため、馴染みのある食材を多く目にすることが出来るでしょう。

塩コショウで味をつけて、グリルしたりフライするのが主流の食べ方となっており、レモンやオリーブオイルをかけるのが好まれています。また、それ以外にもサラダ、おつまみ、グリルや煮込み、B級グルメのストリートフードにまで幅広いメニューが広がっており、地域で獲れる食材を余すところなく楽しむことが出来ます。

目次
『エーゲ海・地中海周辺で出会えるシーフード』『黒海周辺で出会えるシーフード』『イスタンブールで出会えるシーフード』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理⑧

トルコパン「Ekmek」&ベーカリー

ユフカ
小麦粉の名産地でもあるトルコでは古くからパン(トルコ語ではエキメッキ)が主食で、パンやパンを使った料理、小麦粉を使った料理が豊富にあります。

政府がパンの質を守る法律を作るほどにトルコの食生活においてパンはかかせません。小麦粉の名産地でもあるトルコには、パンやパンを使った料理、小麦粉を使った料理が豊富にあります。
ここではバリエーション豊かなトルコパン&ベーカリーをご紹介します。

目次
『世界で一番パンを食べる国!』『エキメッキ』『ギョズレメ』『シミット』『ボレキ』『シガラ・ボレイ』『ポアチャ』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理⑨

スープとサラダ

ドマテス・チョルバス
トルコの食卓になくてはならない定番料理のスープ。スープはトルコ語で「çorba(チョルバ)」といいます。家庭料理でも、レストランでもスープは欠かせない存在で、メイン料理が出てくるまで食べて待ちます。

レストランでは、テーブルに様々な香辛料や調味料が置いてあり、自分好みの味付けが出来ます。少しずつ加えて、お好みの味を探ってみても楽しいですね!

トルコサラダはメインの料理を待つ間に食べたり、メインとともに付いてくることも。シンプルに塩とレモンで味付けをするだけでもとてもおいしいです。定番サラダ以外にも、マヨネーズやシシトウなどを使って味付けされたサラダなど、種類が多いのも特徴です。ぜひ、トルコ野菜の美味しさをご堪能下さい!

ここで種類豊富なトルコのスープとサラダを紹介します。

詳しくはこちら



イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週火・木・土曜発

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

代表的なトルコ料理⑩

スイーツ(Tatlılar)

ドンドゥルマ
美食大国のトルコはスイーツも美味しいんです。
フルーツコンポート、ミルク入りのデザート、甘いペーストリーやアイス、そしてチョコレートまで・・・。バラエティー豊かで、1回の旅行では食べきれないほど種類も豊富。

トルコのスイーツはとにかく種類が豊富です。伝統的でとても手の込んだ繊細なスイーツも多く、ヨーロッパや中東などに囲まれているため近隣国の影響を受けたスイーツもあります。激甘スイーツも多いですが、最初は甘すぎても一度食べるとクセになるから不思議です。

ここでは有名なものから変わったものまで、是非食べて頂きたいスイーツをご紹介します!現地で食べて頂く事が一番ですが、お土産として持ち帰れるスイーツもありますので是非参考にしてみてください♪

目次
『ドンドゥルマ(伸びるアイス)』『バクラヴァ』『ロクム』『カダイフ・タトゥルス』『キュネフェ』『トゥルンバ』『フルン・スュトラッチ』『カザンディビ』『アシュレ』『レヴァニ』『イルミック・ヘルワス』『ピシマーニエ』『ギュラッチ』『トルコチョコレート』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理⑪

トルコのお酒やソフトドリンク

ラク
トルコで飲みたい!おすすめドリンク。

トルコ料理を楽しむなら、ドリンクも欠かせません。現地の人々に親しまれている飲み物なら、トルコ料理との相性も抜群です。そこで、トルコのポピュラーなお酒やソフトドリンクについて紹介します。

目次
『トルコワイン』『ラク(RAKI)』『トルコビール』『トルココーヒー』『トルコ紅茶』『アイラン・トルコ風ヨーグルトドリンク』『サーレップ(Salep)』


詳しくはこちら


代表的なトルコ料理⑫

ロカンタ(ローカルフードが揃うトルコの大衆食堂)

ロカンタ
トルコにはロカンタと呼ばれる家庭料理メニューが豊富に揃う地元客に人気の大衆食堂があります。ローカル感満載の雰囲気の中で、絶品のトルコ料理が格安で食べられます。

ショーケースに前菜からメインまで沢山の料理が並び、好きなものを選んで注文するスタイルが多いので、トルコ語が話せなくても指差しで注文出来ます。グリル料理や揚げ物もありますが、時間をかけて煮込んだ料理が主体となっています。ちなみにパンは無料でついてくる嬉しいシステムです。
ロカンタ料理の代表的な一部分紹介します。

目次
『マントゥ』『サジュ・カブルマ』『クル・ファスリエ』『エトリ・ノフット』『メネメン』『ムサカ』『イマーム・バユルドゥ』『カルヌヤルク』

詳しくはこちら


代表的なトルコ料理⑬

イスタンブールのB級グルメ(ストリートフード)

タントゥーニ
旅の楽しみと言えば観光はもちろん、やっぱりその土地ならではの食べ物も楽しみのひとつです。

イスタンブールの街角には軽食スタンドや屋台が多く、現地の人も旅行者も気軽に安くて美味しい食べ物を楽しむ事が出来ます。

世界三大料理のひとつであるトルコ料理のB級グルメも気になりませんか?ここでは、美食の国トルコのストリートフードを解説します。

目次
『ココレチ』『ミディエ・タヴァ』『タントゥーニ』『クンピル』『トースト』『ウスラック・バーガー』『ケスターネ』

詳しくはこちら



イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週火・木・土曜発

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トルコ料理に使われる主なスパイスとハーブ

トルコ料理では、特に肉やピラフの風味を増すために、さまざま香辛料が使われます。イスタンブールの有名なバザールの一つ、エジプトバザールは別名、スパイスバザールと呼ばれ、独特の香りが漂っています。
ここばかりでなく、各地の市場には色とりどりのスパイスが並び、料理好きを喜ばせでくれます。
ここで、トルコ料理に欠かせないスパイスとハーブをいくつか御紹介します。
トルコスパイス

ディル DEREOTU
オリーブオイルを使うドルマなどに入れる。ヨーグルト料理やサラダの飾りにも使います。

ミント NANE
新鮮なものと乾燥させたものがあります。野菜料理やサラダによく使われます。
トルコでは風邪気味の時などにお湯にレモンを絞り、ミントを入れて飲みます。

パセリ MAYDANOZ
肉、魚、野菜料理、サラダ、スープにと幅広く活躍するトルコのパセリは、日本のパセリと違い、葉が広がった種類のものです。(イタリアンパセリと同じ)

パプリカ KIRMlZI BiBER
肉、野菜料理やソースに広く使われる。辛いものと、フレーク状のマイルドな辛さのものがあります。

シナモン TARCIN
米の詰め物やケーキ、特にミルクを使ったデザートに欠かせません。

キョフテスパイス KÖFTE BAHARI
キョフテ(ミートボール)用に各種のスパイスを特別にミックスしたもので、市販されています。

スマク SUMAK
焼き肉に振りかけると、肉の風味が一段と引き立ちます。
タマネギのスライスにまぶしても美味しいです。

月桂樹の葉 DEFNE
肉料理、スープ、特に焼き魚に使います。

オールスパイス YENi BAHAR
ドルマの詰め物など、米の料理に使います。

チョウジ KARANFİL
フルーツコンポートやジャムに入れます。

こしょう KARA BİBER
肉、野菜料理に最も一般的に使われています。

バザール

タイム KEKİK
焼肉やシチューに使われる。

クミン KİMYON
肉料理、特にキョフテ(ミートボール)を作る時には欠かせません。

サフラン SAFRAN
ピラフやスープ、デザートなどに使います。

 

トルコの食べ物を楽しめる場所は?

トルコ料理を楽しめる場所は、レストランだけとは限りません。トルコにはレストランの他にもさまざまな業態の飲食店があります。たとえば、レストランよりも価格を抑えたいのであれば、「ロカンタ」という大衆食堂を利用するのも一つの方法です。「メイハネ」は日本の居酒屋のような飲食店で、「メゼ」と呼ばれる前菜を気軽に楽しめます。

また、街中の屋台やスーパーマーケットで食べ物を買えば、店頭で食べるよりもより安く現地の料理を味わえるでしょう。なお、1日あたりの食費は、利用するお店や注文する料理によって異なりますが、アルコールを飲まない人なら1日あたり3,000~5,000円、アルコールを飲む人なら1日あたり7,000~10,000円程度は最低限の食費として用意しておいたほうが安心です。

レストラン

トルコの食べ物を満喫するためには?

トルコにはさまざまな料理がありますが、できるだけ多くの種類の料理を楽しみたいのであれば、ツアーの利用を検討してみましょう。旅行会社のツアーには、現地の名物料理を楽しむことを目的としたプランもあります。ツアーなら効率よくトルコ料理を楽しめるうえ、お店選びに迷うこともありません。現地で有名なお店や隠れた名店を巡ることができます。

トルコ旅行ではトルコの食べ物を楽しもう!

トルコには味わうべき食べ物や飲み物が多く、現地でなければ味わえない味覚もあります。そこで、便利なのがトルコ旅行専門会社のターキッシュエア&トラベルです。食費込みのツアーに申し込めば、観光の合間に街のレストランでトルコ料理を楽しめます。トルコ旅行を検討している人は、メールフォームから気軽に相談してみましょう。


イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週火・木・土曜発

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.