トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコ観光名所ガイド

イスタンブール、ドルマバフチェ宮殿


もとは、オスマン帝国初期に於いて海軍が錨をおろした小さな入り江に、1611~1614年、スルタン・アフメットⅠ世が海を埋め立てた広大な庭園に木造の離宮ベシクタシ宮殿を建設した。現在の宮殿の名も、"埋め立てられた庭" の意に由来している。父帝マフムットⅡ世の始めた近代化事業を継承したアブドゥルメジットⅠ世は、16歳で帝位につくと当時の住まいであったトプカプ宮殿の一部を、数年前の火災で使用不可能となったベシクタシ宮殿の土地に建てる新宮殿へと移すことにした。

Dolmabahce Palace
オスマン帝国の第31代スルタンであり、1839年に戴冠したアブドゥルメジットⅠ世は、アルメニア出身の建築家カラベト・バルヤンに建設を委託し、1843年に着工した工事は、13年の後1856年に完成をみた。現実には火の車であった帝国財政からして、宮殿工事は無駄遣いも甚だしいもので、帝国崩壊まで合計して32年空き家状態であったこの宮殿には、最後の6人のスルタンとカリフ・アブドゥルメジットが住んだ。宮殿で15年暮らしたアブドゥルメジット以降の皇帝達は、ほとんどが自らボスフォラスの岸辺に造らせた小宮殿を日常の住まいとした為に、ドルマバフチェは公式行事の行われる迎賓館の役割を担うことになった。

1910年の手入れでは、セントラルヒーティングの設備も採り入れられている。1923年の共和国宣言以降は、建国の父であり初代大統領であるアタテュルクがイスタンブールを訪れた際に使用する官邸となり、1938年11月10日に長い闘病生活の後に彼がここで息を引き取ってからは修改築されて博物館となった。

ドルマバフチェ宮殿 外国の大使や要人を迎えるにあたり、ヨーロッパの一員であることを強調する為に、パリのルーヴルやロンドンのバッキンガム宮殿を模倣し、使用された大理石はマルマラ海から、御影石はベルガモンから搬入された。天井画や油絵にはイタリア、フランス画家達の作品が購入され、特にロシアのアイワゾウスキーの絵は好まれたようである。内装の為に14トンの金と40トンの銀が使用されたと言われている。家具類はパリから、壷はセーブル、絹の布や敷物はヘレケやリヨン、クリスタルはバカラ、燭台はロンドンから特注のものが取り寄せられた。大判131点、小ぶりの物99点におよぶ手織り絨毯のほとんどは絹使用で、ヘレケの皇室御用達ドルマバフチェ宮殿.帝国の門の工房で織られた‘芸術品”である。これらの全てで宮殿の床4,500㎡が覆われていることになる。

海側から見ると、宮殿が大きく三部-左手のセラームルック(政治機能の場)、中央の大広間、右手のハレム-から構成されていることがわかる。セラームルックはトプカプ宮殿第二内庭に置かれていた機能とはぼ同様で、ここに従事する使用人や役人が皇帝一家の住まいであるハレムへ出入りすることも、当然その逆も厳禁であった。250,000m2の敷地を有し、単独の建物で14,600m2、敷地内に点在する全ての設備で使用可能な64,000m2の広さをかかえている。海側、山側に12の門がおかれ、特に、今日の博物館入り口として使用されている(財宝の門〉と、大通りに面する正門〈帝国の門〉は内部の絢爛豪華さをうかがわせるに十分な壮麗さである。285の部屋、43の広間、6つのバルコニーと6ケ所の浴室、窓の枚数は1,427枚、装飾品としては大概が対称に置かれた156ケの時計、280ケの壷、58ケの燭台などがあげられる。

マベイニ・フマユンと呼ばれる門から始まるセラームルックの見学は、まずクリスタルの階段から〈赤の間〉と呼ばれた会見前の控室に入る。入り口の象牙の燭台、ニコラスⅡ世から贈られた熊の敷物に注目したい。パノラマの広間に出ると、両手にそれぞれ海と森の景色が広がり、金箔使用の天井装飾、星形のフローリングが美しい。エジプトからの雪花石膏を使用したスルタンの浴室は優雅そのものである。セラームルック見学は最後の大広間(40×45m)で終了する。英国女王ヴィクトリアⅡ世贈呈による電球750ケ、重量4,5トンの巨大なシャンデリアが中央ドームから下がり、太い円柱の足元には集中暖房用の吹き出し口がみられる。124m2の手織りへレケの絨毯はトルコで二番目の大きさである。

建国の父として現在も人々の心の中に生き続けるアタテュルクの亡くなった部屋は、宮殿全体に漂う豪華さとは裏腹に、非常にシンプルで質素でさえある。国民に生涯を捧げたこの偉人の、人格の一端を偲ばせる部屋である。
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る