トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコ観光名所ガイド

グランド・バザール


グランドバザール無しのイスタンブール観光は片手落ちである。
何千もの店で売られる品々は、特に西洋からの旅行者達には非常にエキゾチックで珍しい物であるに違いない。
時代とともにグランドバザールも、今から100年前のオリエンタル風な雰囲気から少しずつ遠ざかりつつあるとはいえ、やはり外すことのできない観光スポットである。

グランド・バザール ビザンチン時代に市がたった空き地の上にオスマン民族の征服後まもなく征服王メフメットがたてさせたサンダルの商館とジェヴァヒルの商館が現在のバザールの核である。今でもこれらは正面口からバザールに入って間もなく右手、階段を降りた場所にあり、当時を偲ばせるドームやアーチの下で、商いを営んでいる。

オスマン帝国時代の地震や火災の後、修改築される毎に少しずつ拡大されたグランドバザールが現在の規模と外観を得たのは前世紀のことである。合計30ヘクタールに広がるバザールの中には、80の通りや横道が走り、3,500の店が犇めく様に軒を並べ、これらで働く人口、約15,000人、とある。18ケ所に設けられた入り口の中で、最も重要なヌールオスマーニエ門(正門)の破風上には、本と銃、旗をモチーフにしたプレートがはめ込まれている。また、アブドゥルハミットⅡ世の花押と〈アラーは商人を愛したもうたり〉と記されたベヤズイット門も利用者が多い。バザールには7ケ所の泉と1ケ所の井戸、モスクと12ケ所の礼拝場も設置されている。

オスマン帝国時代、バザールはただ単に買い物や商取引の行われる場でなく、加えて、都市の経済を支えて、これを組織立てする中心的役割をも担っていた。所謂、現在の証券取引所や銀行に類した事業を担当していたわけであるが、東洋のバザールの先駆者として模範を成していたといえる。

職種毎に区域を形成している為に、内部の通りにはそこに集まる店の商品によって、香辛料、布、革、木材の匂いが漂っている。

因に、19世紀半ばまで、バザールでは奴隷の売買も行われており、また、ロシア革命を逃れてトルコにやって来た人々が、その際に持ち出した王朝に属する貴重な骨董品もここで売りにだされていた。その当時、まだ貴重品であったヨーロッパからの輪入物のベッドリネンやレースに目をつけて、これを売り出したのも、ここグランドバザールの商人達であった。

グランドバザールでの買い物におすすめのお土産

せっかくトルコ旅行に行くなら、トルコ文化の独自性が感じられるお土産を手に入れたいですよね?ここからは、トルコでおすすめのお土産を5つご紹介します。

ロクム

ロクム
「ロクム」はトルコでは定番のお菓子のひとつ。日本では英語の「ターキッシュディライト」という名前でも知られています。砂糖とデンプンを混ぜ、ナッツ類を加えた甘いお菓子です。とても弾力があり、日本のゆべしや求肥(ぎゅうひ)などに似ています。

チョコレートをかけたものやフレーバー付きなど、味や種類も様々なので、選ぶだけで楽しくなってしまうはず。特に、エミノニュ地区に店を構えている老舗の「ハジュベキル(Hacibekir)」は種類がとても豊富で、箱や缶の大きさも選べるのでお土産に最適。ぜひ覗いてみてください。

トルコランプ

トルコランプ
「トルコランプ」は、一度見れば忘れられない繊細な色彩を持つ、トルコならではの工芸品です。その美しさは、職人が手作業で作ったモザイクガラスによって生まれます。散らばる光の加減や多彩な色合いにより、異国情緒を存分に感じることができる見事な芸術品といえるでしょう。

電球ではなく、キャンドルを灯して使う「モザイクキャンドル」もあり、こちらも観光客には人気のお土産となっています。

先にご紹介したグランドバザールとエジプシャンバザールのどちらにも、卓上タイプや天井から吊るすタイプなど、様々な種類のトルコランプを取り扱っている店があります。特にグランドバザールにある「レガロス (Regalos)」は世界中から注文を受ける有名店ですので、見逃さないようにしてください。

キリム

キリム
「キリム」は、毛足のない平織りのラグ(小さめの敷物)のこと。古くからトルコをはじめとした西アジアで暮らす遊牧民によって作られてきましたが、今では民芸品としても広く知られています。自然を象徴した特徴的な幾何学模様が、他にはない独特の魅力を放つアイテムです。

伝統的な嫁入り道具のひとつでもあるキリムの模様には、母から娘へと代々伝えられる特別な意味が込められています。数百年前に伝統的な製法で作られた歴史的価値があるキリムも存在しています。サイズは小さいものから大きいものまで幅広くあり、クッションカバーやスリッパの生地としても使われていますので、ぜひお気に入りの一品を見つけてみてください。

ナザールボンジュウ

ナザールボンジュウ
「ナザールボンジュウ」は目玉の形をしたガラス製のトルコのお守りです。トルコの家庭では、魔除けとして玄関の上に飾られることもあります。他人からの嫉妬や羨望の眼差し、すなわち「邪視」から身を守ってくれるといわれ、目玉が割れたときは「自分が受けるはずだった邪視を代わりに受けてくれた」と考えられているのです。

ナザールボンジュウはストラップやキーホルダーなどの小型のものから、壁に掛けられる大型のものまで様々な種類があります。トルコ国内のお土産店では必ずといっていいほど取り扱われており、種類が豊富なことや、小さいものは値段も手ごろなことから友達や同僚へのお土産として最適です。珍しさもあるため、きっと喜ばれることでしょう。

陶器

トルコ 陶器の皿
トルコではタイルや絵皿、マグカップなどの陶器製品も有名です。なかでも代表的なのが「キュタフヤ陶器」。職人が丁寧に色を入れていく繊細な幾何学模様や花柄模様の美しさは見ているだけで楽しめます。

また、日本でも知名度の高い世界遺産であるカッパドキア近くにあるアヴァノスという街も陶器の名産地。黒海に注ぐクズルウルマク川の赤土で陶器が作られており、また一味違った美しさがあります。キュタフヤ陶器と併せて買い求め、その違いを比べてみるのもおすすめです。

定番の品を押さえてトルコ旅行の買い物を楽しもう

グランドバザール
トルコは世界遺産やアクティビティだけでなく、魅力的なお土産も豊富にあります。ロクムやキリム、ナザールボンジュウなど、トルコらしさや異国情緒を味わうことができる一品は見逃さずチェックしましょう。

「ターキッシュエア&トラベル」のパッケージツアーでは、今回ご紹介したグランドバザールとエジプシャンバザール観光が含まれるプランもしっかりご用意。カッパドキアやパムッカレなどの主要な世界遺産や観光地を巡りつつ、ショッピングのお時間も確保しております。広大なトルコの魅力を余すことなく堪能したい方は、ぜひご相談ください。
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る