人気トルコ旅行 トルコツアー専門の旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』 | ★ 成田発『カタール航空で行くトルコ大周遊10日間プライベート旅行』⋘アレンジ自由自在・1名様から毎日催行⋙

JATA
観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員
✽ 人気トルコツアー  ✽ おすすめトルコ旅行

★ 成田発『カタール航空で行くトルコ大周遊10日間プライベート旅行』⋘アレンジ自由自在・1名様から毎日催行⋙


旅行代金 旅行代金目安240,000円 + 航空券代70,000円~(全観光・全食事付!燃油サーチャージ込)
コース番号:TQ104NW

1組に1台の専用車と専属日本語ガイドだからご旅行中でも日程のアレンジ可

♪ 3名様以上のご参加は旅行代金がお安くなります!ご相談下さい


国内線追加プラン! 日本各都市から片道追加7,500円〜

一人旅追加料金 95,000円
ホテルのお部屋はお一人様でもシングル部屋でなくツイン部屋をご利用

ビジネスクラス利用で快適な空の旅!ワンランク上のトルコ旅行もアレンジ可能! (☆往復追加代金 240,000円〜)

大人気のカッパドキア気球ツアー:お申込み1名様 20,500円16,000円


VISA CARDMASTERCARDロゴVISAカードとMasterCardのみご利用いただけます


弊社ツアー全体は2016年お客様アンケートで97%の方にご満足いただいています


ツアーマップ

◊ ご出発前・ご旅行中も日程のアレンジ自由自在なプライベートツアー!

◊トルコが誇る6つの世界遺産へご案内
 トロイ/パムッカレ/エフェソス/
 カッパドキア/イスタンブール/
 ペルガモン

◆ イスタンブールはは2連泊で、たっぷり観光
◆ カッパドキアは2連泊の充実な滞在!!

◆ チップのご心配無用!ガイドやドライバー、ホテルのチップは旅行代金に含まれています
◆ 安心の日本語ガイド付き(トルコご到着~ご出発まで)
◆ 現地においてもツアーデスクに日本人スタッフが常駐し、ダブルサポートでさらに安心
◆ トルコご到着~ご出発まで快適な専用車利用でゆったり移動!


トルコ人専属ガイドだからできること:

日本語ガイド
思いつきで行きたい場所、予定されていたけど、いきたくなくなった場所など、その場で臨機応変に対応が可能です。また、体調の変化などで、お食事の内容を変更したいなど、ガイドは現地でのプロのコンセルジュです。お気軽にご相談ください。
そしてトルコ人専属ガイドだからこそ、現地の人と触れ合い、フレンドリーに接することができ、現地での出会いが増え、旅そのものの楽しさも増します。ご満足いただける旅の思い出を一緒に作らせていただければ幸甚です


 ◊ 世界3大料理の一つ、トルコ名物料理が堪能できる

 ◊ お食事もお好みに合わせてアレンジ可能



◆ トルコから世界に広がった名物料理シシケバブをご用意!
◆ 名物トルコ風舟形ピザ(ピデ)をご用意!
◆ イスタンブールの名物料理サバサンドをご用意!

◆ カッパドキアの昼食は洞窟レストランで名物テスティケバブをご用意!
◆ 洞窟住居の一般家庭を訪ねてティータイム

☆ シシケバブ
シシケバブ トルコから世界中に広がった名物料理・シシケバブをご用意。
ヨーグルトやスパイスに漬けて一晩ねかせた牛肉を串に刺し、炭火でグリルしたお肉は香ばしくてジューシーです。
☆ ピデ(トルコ風舟形ピザ)
ピで 名物料理・ピデとよばれるトルコ風舟形ピザをご用意。
ひき肉や玉ねぎ・ピーマンがたっぷり、薄くてサクサクなクリスピー生地が特徴。その上にさらに、サラダをのせて食べるのもおススメです。


 ◊ 全都市5つ星ホテルをご用意

 ◊ お客様のご希望のホテルにアレンジ可能




☆ イスタンブール:旧市街ホテル旧市街ホテル
☆ カッパドキア:ヒルトン系ホテルヒルトン系ホテル

◆ パムッカレ、チャナッカレ、クシャダスのホテルは限られたホテルの中から一番いいホテルを厳選しております。イスタンブールとカッパドキアは立地条件や使いやすさなどを考慮して選んでおります

◆ 全都市5星ホテル利用ですが、さらに特別なこだわりをお持ちのお客様には、ご予算に合わせてアレンジ致します。お気軽にご連絡ください
✽ 2016年お客様アンケートの専用車に関して93%の方にご満足いただいています ✽
◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊

専用車にメルセデス・ベンツ ゆとりミニバス使用!

立って移動可能な車内高で圧迫感もなく快適な旅行を存分にお楽しみください

  • ドイツのプレミアムブランド、メルセデス・ベンツを使用
  • 1台あたり13席のゆったりタイプ
  • ハイエンド仕様革張りのシート, 全席シートベルト装備

車両点検リスト 車両点検リスト

徹底した安全確認
ドライバーが毎朝、点検リストに沿い
車両点検を実施

左記リストは、運転席横上部に掲示してありますのでお客様ご自身でご確認いただけます










車社会を担う一員として, 交通安全への取り組みを究めることを目指しております
社員教育や運転士心得として「安全」こそが最も重要で基本となるサービスであると考え
安心してターキッシュエア&トラベルのトルコツアーにご参加いただけるよう社員一丸となって交通安全への取り組みを日々行っております

◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊
 
ミニバス
ミニバス


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆e-TBTマーク
弊社は日本旅行業協会がインターネット電子旅行取引で一定の要件を満たす当該者のホームページに対し認定するe-TBTマークを取得しています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


  ☎ プライベートコンシェルジュ・ホットライン  

ツアー内容や観光場所、ホテル、お食事等のご説明や日程のアレンジ、その他各種ご要望やご相談を24時間365日承っております!
お仕事でお忙しい方が、曜日や時間に縛られず、いつでもご利用いただけるサービスです
日にちやお時間をご指定くだされば、プライベートコンシェルジュよりお電話させて頂きます
弊社のプライべートコンシェルジュはトルコ滞在歴が長く現地に詳しい専任スタッフです
 是非、お気軽にお問合せ下さい
お問合せ

旅行代金旅行代金目安240,000円 + 航空券代70,000円~(全観光・全食事付!燃油サーチャージ込)
出発日・旅行代金表カレンダー をクリック
お電話でのお申し込みお問い合わせは 03-5784-3844
営業時間:月~金曜日10:00-12:30, 13:30-18:30(土・日・祝・年末年始はお休み)


♣♥♣ お客様の声・口コミ ♣♥♣
3月10日ご出発 T.O.様 男性 50代



♣♥♣ お客様の声・口コミ ♣♥♣
3月31日ご出発 K.T.様 女性 50代



♣♥♣ お客様の声・口コミ ♣♥♣
4月7日ご出発 M.U.様 女性 70代



ツアー早見日程表
1画面で見れて、プリント・保存可能

アイコン


ツアー日程・スケジュール

1
  22:20 QR807 成田発

 空路、ドーハ経由にてアジアとヨーロッパの懸け橋イスタンブールへ


 快適な空の旅をお楽しみください!


ターキッシュエア&トラベル のここが違う!
全部のツアーが日本語ガイド同行,また日本人ツアーデスクのダブルサポートで絶対安心


ツアーデスク
「トルコを訪問される皆様」
弊社ではトルコを訪問されているお客様をサポートするツアーデスクをイスタンブールに備えており、日本人スタッフが24時間常駐し、日本語ガイドと一緒にダブルでサポートしております。
フリータイムを有効に活用するために、現地に詳しい日本人スタッフにご相談されたい時や、現地でお困りになったことがございましたら、日本人スタッフがその場ですべて対応いたします。
お客様からの様々なご要望にお応えしますので、どうぞお気軽にご利用ください。
イスタンブールに向け出発
イスタンブールオフィスイスタンブール オフィス
トルコ旅行のスペシャリスト、ターキッシュエア&トラベルだからこそ設立した安心のイスタンブールオフィス、在籍の日本人スタッフからご挨拶!トルコを旅行すると何度も声をかけてくれます。トルコはとても親日国なので、コミュニケーションを取りやすいように日本語を勉強している方も多いのです。しかも、おもてなしが好きなので、どこへ行ってもまずはトルコチャイを出してくれます。そんな日本が大好きなトルコ人スタッフと共に、トルコで皆様のことをお待ちしております。 ぜひ、トルコへ一度足をお運びください!スタッフ一同ベストを尽くします。
2  12:20 QR239 イスタンブール国際空港着

 日本語ガイドが空港でお出迎え

 専用車 にてイスタンブール旧市街観光へ


 イスタンブール旧市街観光 

 金色のモザイクが見事なアヤソフィア寺院(入場)

アヤソフィア寺院

アヤソフィア寺院
「神の知恵」を意味するアヤソフィアは、ローマ帝国時代にキリスト教の聖堂として建てられた巨大ドームが目を引く大聖堂。完成時には世界一大きな教会であった。オスマントルコに征服後、装飾のモザイクなど石膏で隠されモスクに改められました。20世紀前半に博物館に代えられたあと石膏が削り取られ美しいモザイクが見られるようになりました。


 イスタンブール最大のモスク、スレイマニエ・モスク(入場)

 イスタンブールの”シャンゼリゼ”、イスティクラール通りにて、一世紀以上変わらない「トラム」に
  乗車、まるでタイムスリップ! ノスタルジックな雰囲気をお楽しみください


  市内レストランにて夕食

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 21:30 ★★★★★5つ星ホテルにご宿泊
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ≈≈≈ ゆったり2泊 ≈≈≈ 


イスタンブールは嬉しい5つ星ホテル2連泊です!


ウインダム イスタンブール オールド シティー
Wyndham Istanbul Old City
★★★★★

● 旧市街中心部に位置し19世紀の建物を
ホテルに改装した5つ星ホテル
● アメリカの高級インターナショナルホテル
チェーン、Wyndhamグループ
● ロケーションはグランドバザールまで400mと大変便利であり、館内にはスパ・屋内プール・スポーツジム・サウナ完備
ウインダム イスタンブール オールド シティー
食事 (朝:機内 昼:機内 夜:市内レストラン)
宿泊:イスタンブール 
ホテル:ウインダム イスタンブール オールド シティー宿泊
イスタンブール旧市街観光
アヤソフィアアヤソフィア
ビザンチン時代の建物の中で最大で、最も神聖な場所とされたアヤソフィアは今日、建築学上の最高傑作品として訪れる人々のため息をさそっている。完成後からビザンチン帝国の滅亡までの約800年間に多くの新しい建築技術が編み出されたにも拘わらず、アヤソフィアと比肩できるものは言うに及ばず、これに近い作品さえも建てることは不可能で、537年の建設以来、1453年にオスマン民族がこの都を征服するまでの916年間は教会として、1934年までの481年はモスクとしてそれぞれの信者達が祈りを捧げてきた。偶像崇拝を禁じるイスラムの教えに従って1750年には教会時代に建物を飾ってきたモザイクは漆喰で塗り固められた。1935年に大規模な調査により、漆喰が丁寧に剥がされてかつての美しいモザイクが再び姿をあらわすと博物館として一般に解放され始めた。

 

スレイマニエ・モスクスレイマニエ・モスク
イスタンブール最大で最も見事なモスクがスレイマニエ・モスクである。内部と外観の美しさ、壮大で完璧なプロポーションは見る者を魅了する。オスマン帝国第十代スルタン・スレイマンが、希代の天才建築家スィナンに命じて1550~1557年に造らせたこの最も荘厳なモスクに自らの名を冠することとなったのである。

 

イスティクラル通りイスティクラル通り
イスティクラル通りをのぼりきると、イスタンブールで最も賑わいをみせるタクシム広場に出る。毎日人々で溢れる広場は、ショッピングとビジネス街の丁度真ん中にあり、その名は、イスティクラル通りの口元にあって、都市各地に水を送っていた分水器マクセム(1733年)に由来する。
3  ホテルにて朝食
 09:00 専用車 にて一日イスタンブール観光へ


 圧倒される神秘の空間・地下宮殿(入場)

地下宮殿には、ローマ帝国の各地の神殿から運び込んだ336本の柱が林立している。1985年修復の結果、柱の土台に使われている二体の大理石のメドゥサの頭が発見され注目をあびている。ボンドシリーズ「ロシアより愛をこめて」の1シーンに華々しく登場したのと近年話題になったトム・ハンクス主演ミステリー映画インフェルノのファイナルシーンの舞台になってるのを覚えてる方も多いかもしれない。
 アジアとヨーロッパの狭間のボスポラス海峡クルーズ 

ボスポラス海峡クルーズ

ボスポラス海峡クルーズ

ボスポラス海峡は、立地条件といい、景観の美しさといい、まさに自然の奇跡である。海岸には、典型的なトルコ風民家、宮殿、モスク、城砦、大使館の夏の公邸、モダンな住宅が立ち並び、緑豊かな森がひろがっている。海峡クルーズに加われば、このすばらしい景色が、忘れ難い思い出となるにちがいない。 

 金角湾に架かるガラタ橋(下車)

 市内レストランにて昼食 


昼食は名物 ” サバサンド ”
イスタンブール名物は色々あれど, これほど旅行者の胃袋を虜にしてしまう食べ物は他にはないかも!
サバサンド


 引き続きイスタンブール旧市街観光

ヨーロッパとアジア、両方の魅力を併せ持つオスマントルコ帝国の首都であり、ビザンチン帝国の首都でもあった古都。様々な時代の建築物が見られます。

 ブルータイルが幻想的な雰囲気を醸し出すブルーモスク(入場)

¶ オスマントルコ帝国の栄華の象徴トプカプ宮殿(入場)


トプカプ宮殿


トプカプ宮殿
15世紀中頃から19世紀中頃までオスマントルコ帝国の君主が居住した宮殿。イスタンブール旧市街のある半島の先端で三方に金角湾,マルマラ海, ボスポラス海峡が見渡せる丘の上に位置し絶好の眺望です。

トプカプ宮殿旅行・観光の案内ビデオ

詳しくは右側のトプカプ宮殿旅行・観光の案内ビデオをご覧になってください。 → →
 
2分26秒  (日本語字幕版)
 ローマ時代の競馬場跡(下車)

 グランドバザールまたはエジプシャンバザール(散策)

 市内レストランにて夕食

海岸沿いの有名なシーフードレストランでフィッシュスープや炭火焼の魚などのシーフードメニュー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 21:30 ★★★★★5つ星ホテルにご宿泊
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ≈≈≈ ゆったり2泊 ≈≈≈ 



ウインダム イスタンブール オールド シティー
Wyndham Istanbul Old City
★★★★★

● 旧市街中心部に位置し19世紀の建物を
ホテルに改装した5つ星ホテル
● アメリカの高級インターナショナルホテル
チェーン、Wyndhamグループ
● ロケーションはグランドバザールまで400mと大変便利であり、館内にはスパ・屋内プール・スポーツジム・サウナ完備
ウインダム イスタンブール オールド シティー
食事 (朝:ホテル 昼:サバサンド 夜:市内レストラン)
宿泊:イスタンブール 
ホテル:ウインダム イスタンブール オールド シティー宿泊
イスタンブール旧市街観光
地下宮殿地下宮殿
入口から地下に下りると、アーチ型の屋根を支える円柱の林が広がっている。イェレバタンサライ、つまり「地下宮殿」と一般に呼ばれているこの地下貯水池は、その規模の大きさからまさに宮殿の名に恥じないものである。最初コンスタンティヌス大帝の時代につくられ、ユスティニアヌス帝の治世(527-565年)に改修され拡大された。 各列28本の円柱が12列、合計で336本あり、縦は140メートル、横は70メートルである。

 

 

ボスポラス海峡ボスポラス海峡
国内のみならず、世界で最も美しい景観の一つボスポラス海峡は、都市をアジアとヨーロッパ大陸に二分し、マルマラ海と黒海を結ぶ31.5kmに亙る海峡である。 トルコ人、外国人、全ての人々を魅了せずにはおかないこの海峡は、カーブするごとに新たな美しい景色が目の前に現れる、他に例のない海峡である。 岸辺に古い宮殿、モスク、ヤル(海岸の邸宅)、レストラン、ビーチが並んだ広い川のように今に見える海峡は、森に包まれた丘と家々で、両側を縁どられている。季節を問わず雄大な美しさを誇るボスポラス海峡は、春には桃色のハナズオウの花でいっそう引き立つ。

 

 

ブルーモスクブルーモスク
オスマントルコ帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。世界唯一の優雅な6つの尖塔とイズニク製の青い装飾タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさからブルーモスクの名で広く知られ世界一美しいモスクと謳われた 。

 

 

グランドバザールグランドバザール
トルコ語で“Kapali Carsi(カパル・チャルシュ)”、「屋内市場」という意味をもつグランドバザール。オスマントルコ時代から続く歴史的建造物で、時代と共に増築され、迷路のように果てしなく続く通り。64のストリート、22もある出入り口に加え、3600を超える店舗を有している世界最古で最大規模のデパートの一つとも言われます。歴史的なポイントもあり、雰囲気だけでテンションがあがってしまうこと間違いなし!

 

4  ホテルにて朝食

 07:00 ホテル発

 専用車にてトロイへ(330km/約5.5時間)

 途中、ローカルレストランにて昼食

 途中、アジアとヨーロッパを分けるダーダネルス海峡をフェリーで渡ります(約30分)
 トロイ観光 

 トロイ遺跡(入場)

 再構築された木馬にて記念撮影タイム


エーゲ海を遠くに望む丘に広がるトロイの町には、紀元前3000年頃~紀元前 400年頃まで、9層になる都市の遺跡が発見されています。トロイ神話の舞台に身を置き、歴所ロマンにひたってみるのも考え深いです。


詳しくは右側のトロイ旅行・観光の案内ビデオをご覧になってください。 → → →
 
1分50秒
 専用車にてチャナッカレへ(15km/約20分)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 18:30 ★★★★★5つ星・コリン ホテル指定で宿泊
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ホテルにて夕食



コリン ホテル★★★★★

● チャナッカレ郊外に位置し、V字にデザインされた近代的な建物の5つ星ホテル
●客室も設備が整っており、屋内外プール、ジャグジー、トルコ風呂(ハマム)などの施設も充実

コリン ホテル
食事 朝:朝:ホテル 昼:ローカルレストラン 夜:ホテル
宿泊:チャナッカレ  
ホテル:コリン ホテル宿泊
イスタンブール→トロイ→
チャナッカレ
トロイトロイの木馬伝説
ギリシャ神話に描かれたトロイ戦争  ”勝敗を分けた木馬” ホメロスの叙事詩「イリアス」に語られたトロイの木馬にまつわる物語。10年間にわたり続いたトロイとギリシャ間の戦争。ギリシャ軍は攻略を諦め、巨大な木馬を残し引き上げるが、トロイ軍が戦勝気分で木馬を城内に引き入れて祝宴にひたっていると、木馬の中に潜んでいたギリシャ兵が出てきて火を放ち城を攻め落としたといわれています。

 


トルコ料理紹介ビデオ 2分19秒
(日本語字幕版)

トルコ料理の特徴は、何よりもまずその多様性にあるといえましょう。広大な領土に君臨したオスマントルコの伝統を受け継ぎ、アナトリアはもとより、コーカサスからアラビア半島、ヨーロッパと様々な土地の料理が伝えられ、発展してきました。
トルコ料理の特徴的なものをあげるとまずメゼ (オードブル) です。肉料理 (ケバブ) もヴァラェティー豊かで、肉団子の料理 (キョフテ) も様々です。海に囲まれたトルコですから魚も食卓を賑やかにしてくれます。主食はパンといっても、ピラフにも様々な工夫を凝らします。そして豊富な野菜をふんだんに使った料理も欠かせません。トルコ人にとって、食後のデザートは重要なもの。食事の後にはゆっくりとトルココーヒーをどうぞ。アーフィエト オルスン (どうぞ 召し上がれ)
詳しくは上のトルコ料理紹介ビデオをご覧になってください。

5  ホテルにて朝食
 08:00 ホテル発
 専用車にてベルガマへ(190km / 約3時間)
 ベルガマ観光
 アクロポリス遺跡(入城)

 ローカルレストランにて昼食

 エーゲ海に隣接するリゾート地であり、坂と海の多い景観が美しいクシャダスへ
 (180km / 約2時間15分)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 18:30 ★★★★★5つ星・レ ブルーホテル 指定で宿泊
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ホテルにて夕食


レ ブルー

レ ブルー★★★★★
2014年にリノベーションした5つ星ホテル
地中海クルーズの寄港地であるクシャダスに位置し、屋外プール、トルコ風呂(ハマム)スパを完備

食事 朝:ホテル 昼:ローカルレストラン 夜:ホテル
宿泊:クシャダス  
ホテル:レ ブルー
チャナッカレ→ベルガマ→
クシャダス

 

ベルガマベルガマ
紀元前3世紀から1世紀にかけてのヘレニズム文化が栄えた都市遺跡で、標高300mの丘の上に南北1km、幅400mの「アクロポリス」の他、様々な遺構があります。遺跡の発掘は19世紀後半から始められアクロポリスの丘の上市が発掘され、現在でも発掘調査は続けられており、壮大な古代都市の姿が明らかになりつつあります。
6  ホテルにて朝食
 09:00 ホテル発
 専用車にてエーゲ海最大の遺跡が残る エフェソスへ(15km / 約15分)

 エフェソス観光
 エフェソス遺跡(入場)


エフェソス
エフェソス
この街はエーゲ海を挟んでギリシャに面しているため、もともとはギリシャ人の殖民都市だったが、その後ローマのアジア州の首都になった。19世紀の末から発掘が進められているが、現時点では全体の10分の1しか発掘されておらず、全て発掘されるまで200年~300年かかると言われている。まだ発掘中ではあるがローマの建造物ならば何でもあり、上下水道、政庁、大劇場、大図書館、大浴場、体育館、競技場、神殿、市場と実に壮観な場所です。



詳しくは右側のエフェソス旅行・観光の案内ビデオをご覧になってください。 → → →
 
2分03秒  (日本語字幕版)


 ローカルレストランにて昼食
トルコから世界中に広がった名物料理・シシケバブをご用意。ヨーグルトやスパイスに漬けて一晩ねかせた牛肉を串に刺し、グリルしたお肉は香ばしくてジューシーです。
 専用車にてパムッカレへ(約185km/約3時間)

バスがトルコの世界遺産の一つであるパムッカレのあるデニズリ県に入ると、遠くに見える山肌が、一部分だけ白く輝いている。初めて目にすると、目の錯覚かな…なんて思いますが、2キロに渡って広がる不思議な風景 、そこが今から目指すパムッカレです。また丘の上に、古代ローマ時代の遺跡ヒエラポリスがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 18:30 ★★★★★5つ星・スパホテル ドーアサーマル ヘルス&スパ 指定で宿泊
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


治療目的の温泉保養地としても有名なパムッカレ、温泉スパ付きホテルをご用意! 
全身浴で心も身体もリラックスして旅の小休止

 ホテルにて夕食

ドーアサーマル ヘルス&スパ
DOGA THERMAL HEALTH & SPA
★★★★★

● 石灰棚から3kmの5つ星スパホテル
● エステ、マッサージやトルコ風呂のメニューが豊富
● 屋内・屋外とも楽しめる温泉プール完備

ドーア サーマル
食事 (朝:ホテル 昼:ローカルレストラン 夜:ホテル)
宿泊地:パムッカレ
ホテル:ドーア サーマル ヘルス&スパ宿泊
クサダシ→エフェソス→
パムッカレ
エフェソス遺跡エフェソス遺跡
比較的遅くまで王政が敷かれていた世界最大級の古代遺跡、大劇場や大理石通り、 ハドリアヌスの神殿がよく知られている。何としても永遠に歴史に名を残したいと考えるヘロストラトスが紀元前356年に放火し一度は焼失したが、再建され、ギザのピラミッド,バビロンの空中庭園などと並んで古代世界の七不思議の一つに数えられたアルテミス神殿の跡! 保存状態がよく、トルコが誇る都市遺跡でエーゲ海地域随一の観光地となっています。

 

パムッカレパムッカレ
トルコ語で「綿の城」という意味である。遠くから望むと綿のように真っ白な棚田が見えます。雨が石灰岩の大地に浸透し地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、温水中から炭酸カルシウム(石灰)が沈殿し、純白の棚田のような景観が、約200mの高さにわたって形成をされています。
7  ホテルにて朝食
 08:00 専用車にてホテル発

 パムッカレ観光

 石灰棚(入場)

 ヒエラポリス遺跡(入場)


パムッカレ観光


パムッカレ
ローマ時代の古代遺跡ヒエラポリス観光後、絶景を眺めながら、石灰棚の温泉に足を浸してみよう!
真っ白な棚田から、キラキラと輝くブルーの温泉が下に静かに流れ落ちる幻想的で不思議な光景です。
なぜかほっとするのは温泉大国、日本人だからかもしれません。


詳しくは右側のパムッカレ旅行・観光の案内ビデオをご覧になってください。 → → →
 
1分52秒
 専用車にてコンヤヘ(410km/約6時間)

広大なアナトリア高原の真ん中、トルコの中央部を横断する古代のシルクロード、日本では見ることのできない大自然の壮大な景色を眺めながら、古の人々が、らくだで往来した道に思いをはせ快適な専用車で東へ!

 途中、ローカルレストランにて昼食
名物料理・ピデとよばれるトルコ風舟形ピザをご用意。ひき肉や玉ねぎ・ピーマンがたっぷり、薄くてサクサクなクリスピー生地が特徴。その上にさらに、サラダをのせて食べるのもおススメです。  コンヤ観光

 メブラーナ博物館見学(入場) 

 インジェ・ミナーレ神学校(下車)


コンヤ

コンヤ
コンヤは古い町で11~13世紀にセルジュク・トルコの首都として栄えセマー(旋回舞踊)で有名なメブラーナ教団発祥の地です。また、イスラム世界の政治・文化・芸術の中心地で、当時100以上のジャミイ(モスク)や神学校が建てられた。美しきイスラム彫刻が残るインジェ・ミナーレ神学校もその一つ。

 専用車にてカッパドキア地方へ(230km/約3時間)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 19:30 洞窟ホテルにご宿泊
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ≈≈≈ ゆったり2泊 ≈≈≈ 


 ホテルにて夕食



ウチヒサール カヤ ホテル ☀洞窟ホテル☀
Uchisar Kaya Hotel
● カッパドキアで一番最初に自然の岩をくり貫いて作られた、カッパドキアの奇岩群・鳩の谷の絶景に臨む洞窟ホテル
● テラスやレストランからの景色は圧巻!
● 朝日に浮かぶ気球と奇岩のコラボレーションが幻想的です
● 屋内外プールやハマムも完備


ウチヒサール カヤ ホテル
食事 (朝:ホテル 昼:ローカルレストラン 夜:ホテル)
宿泊地:カッパドキア 
ホテル:ウチヒサール カヤ ホテル又は同等グレード以上
パムッカレ→コンヤ→
カッパドキア
パムッカレパムッカレ
トルコ語で「綿の城」という意味である。遠くから望むと綿のように真っ白な棚田が見えます。雨が石灰岩の大地に浸透し、地下水が地熱で温められて地表に湧き出て温泉となり、温水中から炭酸カルシウム(石灰)が沈殿し、純白の棚田のような景観が、約200mの高さにわたって形成をされています。

 

 

 

 

メブラーナ博物館メブラーナ博物館
13世紀の神学者「メブラーナ」の尊称を持つジェラレッディン・ルーミーを始祖としたメブラーナ教の博物館。この博物館には当時の神秘教団の聖者が生活し、研鑽を重ねて来た部屋が復元されています。
8

◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊
大人気!早朝熱気球ツアーをオプショナルツアーにてお楽しみください
朝日に照らされて、空から見るカッパドキアも幻想的!
◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊ ◊




 ホテルにて朝食
 09:00 ホテル発
 

 一日カッパドキア観光


 ミニハイキングへご案内 (約45分)


散策へガイドがご案内いたします。
間近に見る奇岩の数々、中でも乱立する摩訶不思議なキノコ岩は圧巻です。
大自然の力に感服。歩いてみて実感、壮大な奇岩群の迫力を感じ、不思議な世界に迷い込んだような感覚!!
未体験の風景をお楽しみください。

カッパドキア-ミニハイキング


カッパドキア旅行・観光の案内ビデオ

詳しくは右側のカッパドキア旅行・観光の案内ビデオをご覧になってください。 → → →
 
2分31秒

 専用車にて 神秘の奇岩群 「多数の絶景スポット」があるカッパドキア 終日観光出発
 なんと約一万人が身を隠せるカイマクルの地下都市(入場)

 美しい壁画が現存するギョレメ野外博物館(入場)


 3姉妹の岩(下車)  

 「キノコ岩」が一面に並ぶパシャバウ(下車)

 奇岩が点在するデルベント(下車)

 ラクダ岩(下車)

 途中、ローカルレストランにて昼食
昼食は洞窟レストランでカッパドキア名物(マスのグリルまたはテスティケバブ)を選べます!
 現地の雰囲気も味わえる! 洞窟住居の一般家庭を訪ねてティータイム

 3つの要塞を意味するウチヒサール(下車)

 ギョレメ谷(下車)

 鳩の谷(下車)

 夕日を浴びると赤く染まるローズバレー(入場)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 17:30 ★★★★★5つ星・ヒルトン カッパドキア ダブルツリー ホテル宿泊
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★ 2泊目 ★ 


カッパドキアは嬉しいヒルトン カッパドキア ダブルツリー ホテル2連泊です!

 ホテルにて夕食


食事 (朝:ホテル 昼:洞窟レストラン 夜:ホテル)
宿泊地:カッパドキア 
ホテル:ヒルトン・カッパドキア・ダブルツリー
カッパドキア終日観光
熱気球ツアー 神秘的なカッパドキアを空から体験!
早朝 熱気球ツアー!!

往復送迎,軽食,フライト後のシャンパン,フライト証明書付! 04:00~05:30 ホテル出発(気球会社の送迎スタッフがお迎えに参ります) 気球離陸ポイントへ向かいます。 離陸地点にて軽食を取りながら、気球の膨らむ様子をご覧ください。 フライト準備が整い次第搭乗・離陸! 着陸後,シャンパンで乾杯,及びフライト証明書の配布。 07:30~08:30 ホテル着(気球会社の送迎サービスバスにてお送りいたします)
*安心のキャンセル規定: お客様のご事情によるキャンセルはフライト出発時間の24時間前までキャンセル料無料にて承ります。また、悪天候により、フライトがキャンセルとなった場合、翌日への振り替え、又は気球代金の全額を返金いたします。

 

カッパドキアカッパドキア
古代の地理において”美しい馬の地”を意味し、標高1000メートルを超えるアナトリア高原中央部に位置し100km²近くにわたって岩石地帯が広がる台地。円錐型、尖頭型、円柱型、キノコ型、帽子をかぶっているように見える形のものまで様々な形の奇岩が林立し、自然が生み出した最も奇抜で不思議な景観を呈しています。

 

カイマクル地下都市 カイマクル地下都市
3世紀半ば、ローマ帝国の弾圧を逃れたキリスト教の修道士が、カッパドキアに移り住み、柔らかい岩をくり抜いて住居や教会を作り、ペルシャやビザンチン勢力の驚異から一時的に身を隠す場所を地下に求めました。部屋やホールがそれぞれ狭い通路でつながっていて, ワイン貯蔵庫や、貯水池、台所や食糧庫、換気口、井戸、教会、外敵からの侵入を防ぐための岩の扉などが備えられています。

 

ギョレメ野外博物館ギョレメ野外博物館
偉大なる聖バジルと彼の兄弟たちによる“キリスト教のあらゆる思想を統合した教育制度”が生まれた場所です。 「ギョレメ=見えない(気づかれない)」を意味し、驚異から逃れ身を隠し、信仰を続けるため作られた岩窟教会が立ち並ぶ。いくつかの教会の一面に描かれた鮮やかなフレスコ画にはいずれも、訪れる人を魅了する力があります。

 

 

9  ホテルにて朝食
 09:00 ホテル発
 専用車にてシルクロードを走りアンカラへ(270km / 約4.5時間)

 途中、かつてのラクダの隊商宿キャラバンサライ、アーズカラハンまたはスルタンハン(下車)に立ち寄ります


シルクロード一口メモ
中国とヨーロッパを結んだ東西交易路である古のシルクロード、遠く中国の長安(現在西安)を出発し、中央アジアに入り何本かに枝分かれしたうちの一本が、アナトリア高原に入り、カッパドキア~コンヤと経由して終点のエーゲ海に面したローマ時代の古代港湾都市エフェソスまでつながっている。

 到着後、ローカルレストランにて昼食


 トルコの首都、アンカラ観光へ

 アンカラ城(下車)

 アタチュルク廟(入場)

 観光後アンカラ空港へ

イスタンブールまで戻らず、らくらくアンカラから日本への出発!
 空港到着後、チェックイン
 21:20 QR258 アンカラ発, カタール航空ドーハ経由にて成田へ



食事 (朝:ホテル 昼:ローカルレストラン 夜:機内)
宿泊:機中泊
カッパドキア→アンカラ→
成田へ
キャラバンサライキャラバンサライ(隊商宿)
隊(キャラバン)を組んで旅をした商人達が利用していた宿泊所、約30~45Km(キャラバンが1日で旅ができる平均距離)間隔で建てられていてトルコに100近く存在しました。カッパドキア地方近郊でシルクロードの中継点の町にある、ほとんどの隊商宿は13世紀にセルジュク・トルコ帝国により建設され、最もきれいな状態で現存しています。

 

 

 

 

アタチュルク廟アタチュルク廟
1953年に完成したこの建造物は、現代のトルコ建築物を代表する傑作。中の博物館には、ムスタファ・ケマル・アタテュルクの銅像、直筆の書、手紙、遺品の他、彼の人生及び共和国の樹立において重要な瞬間を記録する写真も展示されています。
10  18:40 QR806 成田着

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆e-TBTマーク
弊社は日本旅行業協会がインターネット電子旅行取引で一定の要件を満たす当該者のホームページに対し認定するe-TBTマークを取得しています

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

成田着


ツアー早見日程表
1画面で見れて、プリント・保存可能

アイコン


出発日・旅行代金表カレンダー をクリック
お電話でのお申し込みお問い合わせは 03-5784-3844
営業時間:月~金曜日10:00-12:30, 13:30-18:30(土・日・祝・年末年始はお休み)
ページの先頭へ トップページへ