トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

<>トルコ料理|ケバブからピラフまで徹底解説!イスタンブールのお店やレシピもご紹介

トルコ料理は世界三大料理の一つ

トルコ料理はフランス料理や中華料理に並び、世界三大料理と呼ばれています。ヨーロッパとアジアの境目にあるトルコでは豊かな食文化が育まれています。現地の食事を味わうことは旅の醍醐味のひとつですが、トルコではどのような料理がポピュラーなのか、よく知らないという人もいるでしょう。

日本でも有名なケバブ以外にも、トルコ料理にはナスを使った野菜料理やピラフのようなお米料理、ヨーグルトが入っているスイーツなどのさまざまなバリエーションが存在します。現地では親しまれているものの、日本ではあまり知られていない美味しい料理も多いです。ここではトルコの食文化とトルコで一度は味わいたいおすすめトルコ料理を解説します。

必ず食べたいトルコのグルメ一覧

 

ケバブとは?トルコ人が教えるケバブのすべて|おすすめのお店や作り方もご紹介

ドネルケバブ
日本でもお馴染みの「ケバブ」。皆さんも一度は食べたことがあるのではないでしょうか。
やはりケバブと言うとお肉!かと思いますが、実はケバブはローストした料理の総称ですので、お肉だけでなく魚や野菜など本当に多種多様なケバブが存在します。

トルコを始め中東やその周辺地域で食べられているポピュラーな料理が、このケバブ料理なのです。

ここで日本でお馴染みのドネルケバブやシシケバブを始め、トルコの多種多様なケバブと歴史を皆様にご紹介いたします!
 

トルコのケバブ料理一覧

 
ドネルケバブ
 
日本でケバブと言ったらこちら、こんがり焼かれた大きな肉の塊を回しながら切り落とす「ドネルケバブ」ではないでしょうか!
トルコ語で“ドネル”は回る、“ケバブ”は焼く、滴る肉汁がたまらないドネルケバブですが、実は本場トルコでの食べ方はちょっと違います!トルコではお肉にソースをかけず、フレッシュなお肉の旨味とスパイスの風味を楽しみます。
 
イスケンデルケバブ
 
ドネルケバブにトマトソースとヨーグルト、それに熱々の溶かしバターをかけた、美味しさもボリュームもたっぷりなケバブ料理が「イスケンデルケバブ」です。
トルコ人が大好きなイスケンデルケバブは、やみつきになること間違いなしの美味しさです!
 
シシケバブ
 
“シシ”はトルコ語で串を意味し、長い鉄串に角切りのお肉や野菜を刺して炭火で焼いたケバブ料理が「シシケバブ」です。日本ではシシカバブとも言われますよね。
シンプルですがとっても美味しいトルコ版バーベキューとも言える、トルコ料理を代表する料理の一つです。
 
チョップシシ
 
小さな木串に小さく切ったお肉と尾脂を刺して炭火で焼いた串焼きケバブが「チョップシシ」。オニオンスライスなどの野菜と一緒にユフカと言う薄焼き生地で包んで食べるのが通!エフェソス遺跡があるエーゲ海の町セルチュクの名物料理のケバブです。
 
パトゥルジャンケバブ
 
“パトゥルジャン” は茄子の意味。茄子の輪切りとミートボールを交互に鉄串に刺して炭火で焼いたケバブです。オーブンで焼くバージョンも有りますが、どちらもの調理法もおススメで、ミートボールの肉汁が染み込み柔らかくトロトロになった茄子がたまりません!
 
アダナケバブ
 
トルコ南東部の食の町アダナの名物料理で、トルコ人にとってケバブと言ったらこれ!
最もポピュラーなケバブが「アダナケバブ」です。香辛料たっぷりの挽肉を串に刺して炭火で焼いたジューシーな肉汁が美味しいケバブで、挽肉で出来ているので柔らかく食べやすい一品です。
 
テスティケバブ
 
カッパドキア地方の名物郷土料理の“壺焼きケバブ”。赤土でできた素焼きの壺の中にお肉や野菜を入れてじっくり煮込み、旨味を凝縮させた煮込みケバブですが、目の前で壺を割ってサービスしてくれるのも一興で、この料理の楽しみの一つでもあります。

詳しくはこちら


口コミ:ケバブもいろいろあるのがトルコに来て初めてわかりました…


S.M.様 50代 女性 2019.05.29
トルコの料理をめいっぱい堪能できました!ケバブもいろいろあるのがトルコに来て初めてわかりました。また今回トルコに来て、トルコ原産のものがたくさんあることもわかりました。果物もとても甘くてどれも本当においしかったです。▶もっと見る

イスタンブールのお勧めケバブ屋:


名称 Zubeyir Ocakbasi(ズベイル・オジャックバシュ)
住所 İstiklal Caddesi Bekar Sokak No: 28 Beyoğlu / İSTANBUL
電話番号 +90 (212) 293 39 51 ※要予約
ウェブサイト https://zubeyirocakbasi.com.tr/

名称 Ali Ocakbasi(アリ・オジャックバシュ)
住所 İnönü Caddesi No:22/1 Gümüşsuyu Beyoğlu / İSTANBUL
電話番号 +90 (212) 293 67 32 / 60 ※要予約
ウェブサイト https://www.aliocakbasi.com/

▶もっと見る

東京都内のお勧めケバブ屋:


名称 ケバブ家
住所 東京都新宿区新宿3-6-7第6三和ビル別棟1F
電話番号 03-3356-5691
ウェブサイト https://kebabye-tokyo.com/

名称 ケバブカフェ
住所 東京都渋谷区道玄坂2-25-10 ベニー道玄坂ビル1階
電話番号 03-3780-1367
ウェブサイト https://kebabcafe.jimdofree.com/

▶もっと見る

キョフテ「トルコ風ミニハンバーグ」・おすすめのお店や本場風レシピもご紹介

キョフテ
トルコで家庭でもレストランでもどこでも味わえる人気の肉料理が「キョフテ」。
スパイスが効きながらもお肉の旨味がしっかりとした、拳に入るくらいの大きさのミートボールですが、くせもなく老若男女誰にでも食べやすい料理です。

調理法も焼いたり煮込んだり、具材も色々で、トルコには何と200種類以上のキョフテがあると言われています。
その中でもポピュラーなキョフテをここでご紹介いたします。
 

トルコのキョフテ料理一覧

 
ウズガラ・キョフテ
 
単にキョフテと言ったらこのことを指すほどポピュラーなザ・キョフテが、“ウズガラ”=直火焼きのキョフテです。スパイスが効いたキョフテを焼いただけのシンプルなものですが、プリっとジューシーなお肉自身の味が楽しめる一品です!
 
クル・キョフテ
 
家庭で作られるキョフテの代表がこの「クル・キョフテ」です。西洋パセリのみじん切りが入っており、揚げ焼きにするのが特徴で、横には絶対と言って良いほどフライドポテトが添えられます。トルコ人のおふくろの味とも言えるキョフテです。
 
イチリ・キョフテ
 
“イチリ”=中身入りが意味する通り、引き割り小麦「ブルグル」で作った生地の中にひき肉をメインにしたタネを入れて揚げたもので、出来上がりはこぶし大のレモンの形をしたコロッケの様な見た目の一風変わったキョフテです。
東トルコの郷土料理で、メイン料理と言うより軽食やホット・アペタイザーとして食べられています。
 
イズミール・キョフテ
 
フィンガーサイズのキョフテをポテトや青唐辛子などの野菜と一緒にトマトペーストのサルチャソースで煮込んだキョフテ料理です。エーゲ海沿岸の大都市イズミールの郷土料理ですが、トルコ全国ほとんどのロカンタ(大衆食堂)で食べられます。

詳しくはこちら


口コミ:トルコ料理は野菜も果物も沢山使われていて…


B.H.様 50代 女性  2020.03.27
トルコ料理は野菜も果物も沢山使われていて、お肉も食べやすい大きさで、その土地その土地のお料理を楽しませていただきました。トルコはレモンが大好きな国であることを知りました。私も今度から料理の際にレモンを使ってみたいと思います。果物も豊富で驚きました。食べ物も自給自足できる本当に素晴らしい国でした。朝食も最高でした。▶もっと見る

イスタンブールのお勧めキョフテレストラン:


名称 ターリヒ・スルタンアフメット・キョフテジスィ
住所 Alemdar Mh., Divan Yolu Caddesi, No:12 Istanbul
電話番号 +90 (212) 520 05 66 - 513 64 68
ウェブサイト http://www.sultanahmetkoftesi.com/MeatBalls.html

名称 メシュフル・フィリベ・キョフテジスィ
住所 Hocapaşa Lokantaları Sokağı, No:3 Sirkeci / İstanbul
電話番号 +90 (5362) 415 15 00
ウェブサイト https://www.meshurfilibekoftecisi.com/index.html

▶もっと見る

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

お酒にピッタリ!トルコの前菜「メゼ(Meze)」:フムス、アジュル・エズメなど

フムス
トルコ料理は肉料理だけではありません!陸の幸や海の幸をふんだんに使った「メゼ」は、トルコ料理の前菜として、居酒屋のおつまみとして、絶対に欠かせない料理です。小皿料理なので何種類も頼んで色々な味を楽しむこともできます。

見た目も良し、味も良しのメゼは本当に多種多様ですが、ここでトルコで代表的なメゼを幾つかご紹介いたします。
 

トルコの前菜メゼ料理一覧

 
フムス
 
ヒヨコ豆のペーストのメゼ。トルコだけでなく中近東でも伝統的に食べられている一般的な料理です。タンパク質豊富なひよこ豆とゴマペーストやオリーブオイル、レモンにニンニクが使われているのでヘルシーでダイエットに最適な料理でもあります。冷菜としてはもちろろん、温かいバージョンもまた美味です!
 
 
アジュル・エズメ
 
ケバブやパンにつけて食べても美味しい、ピリッと辛い野菜のペーストです。トマトと青唐辛子をベースに玉ねぎや西洋パセリやニンニクが入り、全てペーストとなるくらい細かくみじん切りにされ、野菜の旨味と少し酸味が効いていて辛い物好きの日本人の口に合うトルコで定番中の定番のメゼです。
 
 
パトゥルジャン・サラタス
 
焼きナスのヨーグルト和えである「パトゥルジャン・サラタス」は、ニンニクやレモン、オリーブオイルが加えられていることで、クリーミーですがさっぱりとしていて、茄子とヨーグルトの相性の良さに驚くこと間違いありません。意外と癖になる美味しさです。
 
 
ハヴチ・タラマ
 
人参とヨーグルトのサラダです。水切りヨーグルトの濃厚なクリーミーさと細く千切りにした人参、ニンニクがマッチして、シンプルですがとっても美味しいメゼです。
 
 
ウスパナック・タラマ
 
茹でたホウレン草とヨーグルトのペーストです。ヨーグルトの酸味とニンニクが効いて、それだけで食べるのは勿論、カナッペの様にパンに乗せて食べてもとっても美味しいメゼです。
 
 
ジャジュク
 
トルコの定番中の定番、みじん切りにしたキュウリとヨーグルトの料理。水切りヨーグルトで濃い目に作るとメゼ、ヨーグルトを水で薄めて作ると冷製スープの様に食べられます。ディルやドライミントをトッピングすると香り良くとってもさっぱり。こってりしたお肉料理にもとっても相性抜群なメゼです。
 
 
クスル
 
引き割り小麦ブルグルにトマトや青ネギなどの野菜のみじん切りが入ったとってもヘルシーだけれどもお腹もいっぱいになるメゼです。ザクロソースの甘酸っぱさが効いていてくせになる美味しさです。

詳しくはこちら


口コミ:トルコ料理はもっとスパイシーな食べ物で食べづらいかと思っていましたが、全くその心配もなかったです…


K.K.様 60代 男性  2020.01.31
トルコ料理は野菜が多く、お米も美味しく、土地の特色ある産地の料理が食べられて嬉しかったです。ブュッフェの品数の多さにも大変満足です。昼食、夕食どれもトルコ料理で美味しくいただきました。もっとスパイシーな食べ物で食べづらいかと思っていましたが、全くその心配もなかったです。もちろん嗜好にはそれぞれあるかと思いますが、私はトルコ料理を楽しむことができました!またトルコに来たいと思います。友人にも是非おすすめしたいです。▶もっと見る

ドルマ(Dolma):ミディエ・ドルマ、ドマテス・ドルマなど

ミディエ・ドルマス
トルコ伝統料理の一つが、この“詰め物”を意味する「ドルマ」料理です。
お米を主体とした具を野菜に詰めた料理ですが、詰め物だけでなく、葡萄の葉などの葉物で巻いたものもドルマの一種で、何に詰めるかによって本当に多種多様。調理方法は、オリーブオイルを使った冷製と挽肉が含まれる温製の二つの作り方があります。
因みに野菜のドルマはヨーグルトを添えて食べるのが鉄板です!

簡単に作れて見た目も可愛らしい伝統的なトルコ家庭料理「ドルマ」をここでご紹介いたします!
 

トルコのドルマ料理一覧

 
ミディエ・ドルマ
 
ムール貝“ミディエ”のピラフ詰めです。ムール貝のだしと香辛料が効いたピラフにレモンを絞って一口でパクっと頬張るのが最高で、ついつい何個も食べてしまうほど!ビールのお供にもおススメです。
 
ヤプラック・ドルマ
 
“ヤプラック” は葉っぱの意味で、 “葡萄の葉のピラフ包み”が「ヤプラック・ドルマ」です。 “巻く=サルマ”を使って「ヤプラック・サルマ」とも呼ばれる、冷製でも温製でも美味しいトルコで最もポピュラーなドルマの一つです。
フィンガーサイズの葉巻の様な見た目で、レモンと一緒によく煮込まれるので葉っぱも美味しく、さっぱりと食べやすいドルマです。
 
ビベル・ドルマ
 
“ビベル”=ピーマンのドルマです。ピーマンの肉詰めの様な見た目ですが、中にはピラフが詰められています。コトコト煮込まれますので柔らかくなったピーマンは苦みもなく、子供でも食べやすいドルマです。
 
ドマテス・ドルマ
 
“ドマテス”はトマトのこと。トマトのピラフ詰めが「ドマテス・ドルマ」です。トロッと柔らかく煮込まれたトマトの酸味と甘みが絶妙な美味しさのさっぱりとしたドルマです。
 
ラハナ・ドルマ
 
“ラハナ”はトルコ語でキャベツの事。キャベツのピラフ包みを「ラハナ・ドルマ」と言います。ロールキャベツの元祖?!とも言われ、煮込まれたキャベツの甘みがとっても美味しいドルマです。
 
パトゥルジャン・ドルマ
 
“パトゥルジャン”=茄子のドルマです。茄子の中をくり抜いてひき肉と絡めたお米を詰めてサルチャのソースで炊き上げます。味が染み込んだトロトロの茄子とピラフが絶品です。

詳しくはこちら


口コミ:トルコのお料理は割と日本人好みの味…


Y.M.様 50代 女性 2020.03.11
トルコのお料理は割と日本人好みの味で食べやすく、おいしくて他の外国のお料理より馴染み易かったです。旅行前トルコ料理を食べられるか心配でしたが、食べすぎる位でした。出されたものは、ほぼ完食してしまいました。▶もっと見る

ピラフは世界三大米料理の一つ!歴史やおすすめ料理・レシピを解説

ブルグル・ピラウ
トルコ語でピラフを“ピラヴ(Pilav)”と言います。そう、ピラフはトルコ語のピラヴから来ているのです。トルコでは日本と同様にお米を多く食べる文化があり、なんとデザートにも使う程!

トルコの食卓に無くてはならないピラフは本当に色々な種類があります。
代表的なピラフの紹介と共にトルコのピラフ文化をご紹介いたします!
 

トルコのピラフ料理一覧

 
サーデ・ピラウ
 
トルコでプラフと言ったらこの何も入っていない「“サーデ”=ノーマル」なピラフです。お米をバターで炒めてからお湯やチキンストックで炊き上げたピラフはふっくらピカピカ良い香りで食欲をそそがれます!
 
ブルグル・ピラウ
 
こちらもトルコで定番のピラフです。お米ではなく、引き割り小麦“ブルグル”をみじん切りにした玉ねぎやトマトと炒め、凝縮トマトのサルチャソースで炊き上げるのが一般的です。ケバブ料理の横にはこのブルグル・ピラフが鉄板です!
 
イチ・ピラウ
 
“イチ=中”のピラフ。カラントや松の実、シナモンなど多くの具材とスパイスで味付けされ、名前の“イチ=中”と言う通り、ドルマや七面鳥やチキンの中に詰める為に使われるピラフでお肉やチキンのストックで炊き上げます。
 
ぺルデ・ピラウ
 
チキンをメインに松の実やシナモン、そして沢山のスパイスが効いたピラフを小麦粉の生地を包んで焼き上げたピラフです。名前の“ぺルデ=カーテン”の様に、生地がピラフを包み隠し一見ケーキの様にも見えるアナトリア東部シイルトの郷土料理です。
 
ハムシ・ピラウ
 
“ハムシ”は鰯のことで、美味しい鰯が沢山獲れる黒海地方の名物家庭料理です。開いた鰯を丁寧に耐熱皿に敷き並べて、イチ・ピラウを入れてハムシで包んでオーブンで焼き上げます。正に鰯のケーキの様な見た目のピラフです。
 
ケシケキ
 
ヤルマと言う硬い麦とのヒヨコ豆とお肉を一晩じっくり煮込んで作るお粥の様な料理で、結婚式やバイラムの時に作られる郷土料理です。ユネスコ世界無形文化遺産にも登録されています。

詳しくはこちら


口コミ:“世界三大料理”すごく期待してきました。今回とてもいい!!と思ったことは…


T.N.様 60代 女性  2019.07.28
“世界三大料理”すごく期待してきました。今回とてもいい!!と思ったことは、とにかくトルコのお野菜が豊富で、野菜不足を気にしなくていられたこと!海外で野菜不足になることが多かったですがよかったです。多岐にわたる食材の豊かさ、これはトルコがいかに豊かな国なのか、という事が分かりました。野菜以外もいろいろな食材を食べられたこともよかったです。▶もっと見る

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トルコ風ピザ「ピデ(Pide)」:エトリ・エキメッキ、ラフマジュンなど

ピデ
ふっくらもっちりの舟形の細長い生地に沢山のトルコ産の具材をたっぷりのせた窯焼きのトルコ風ピザが「ピデ」です。卵、挽肉、角切り肉、ほうれん草、スジュック、パストゥラミ、白チーズなどなど上に乗せる具材は多種多様。ソースも無くシンプルなのでどの具材を選んでも素材の味が味わえます。
 

トルコのピデ料理一覧

 
クイマル・ピデ
 
ピデと言ったらまずはこれ!“クイマ”すなわち挽肉のピデです。牛ミンチにトマト、玉ねぎ、青唐辛子、西洋パセリのみじん切りを混ぜて生地に乗せて焼き上げます。挽肉びっしりでボリュームもあり挽肉の旨味が生地に広がりとっても美味しいトルコ風ピザです。
 
パストゥルマル・ピデ
 
トルコ伝統パストラミである香辛料のペーストを塗って天日干しした牛肉の「パストゥルマ」がのったピデです。カリっと焼けたパストゥルマのスパイシーな風味が口の中に広がります。パストゥルマは卵やカシャルチーズと相性抜群ですので一緒にトッピングするのがおススメです。
 
スジュクル・ピデ
 
正にアナトリアの味。微発酵の香辛料が効いた伝統的な牛肉サラミ“スジュック”がのった定番ピデです。スジュック自身の旨味が効いた脂がジューシーで食欲をそそります。カシャルチーズとコンビでトッピングされるのが定番です。
 
ペイネルリ・ピデ
 
“ペイニル”はトルコ語でチーズのこと。フェタチーズに似た白チーズとカッテージチーズの様なロルペイニル、またはカシャルチーズをのせた定番のピデです。チーズですから美味しくないわけがありません!トルコ人が大好きなピデです。
 
クシュバシュル・ピデ
 
“クシュバシュ”は角切り肉のこと。コロコロ肉がたくさんのった肉好きには堪らないピデです。トマトや青唐辛子のみじん切りも一緒にトッピングされるのでボリュームはあっても重くなくペロッと食べられてしまう美味しい一品です。
 
エトリ・エキメッキ
 
“肉付きのパン”を意味する「エトリ・エキメッキ」は、アナトリア中央部、特にコンヤの名物料理です。他のピデとは違い、90㎝程に淵無しで薄く長く伸ばした生地に包丁で荒くミンチにした牛か羊の挽肉を敷き詰めて焼き上げた薄生地ピデです。
 
サフランボル・ピデ
 
黒海地方にあるユネスコ世界文化遺産に登録されている都市サフランボルの郷土料理で、具材を包んで閉じた形のピデです。別名“サフランボル・ブクメスィ”とも言い、ひき肉とホウレンソウとみじん切りの玉ねぎの具が入った、お惣菜ピデです。
 
ラフマジュン
 
これぞトルコの国民食!と言っても過言ではない、トルコ人がこよなく愛してやまないファーストフードです。具は玉ねぎ、トマト、青唐辛子、西洋パセリをみじん切りにして挽肉と混ぜたもの。チーズは無く、食べる時はレタスやトマト、ピクルスを乗せてレモンを絞り、クルクル巻いて頂きます。パリパリの生地にひき肉の旨味がたまりません!

詳しくはこちら


イスタンブール市内中心地のお勧めピデ屋:


名称 ニザム・ピデ・ガラタサライ(Nizam Pide Galatasaray)
住所 Kamer Hatun, Kamer Hatun Cd. No:3, 34435 Beyoğlu/İstanbul
電話番号 +90 (212) 249 55 01
ウェブサイト https://www.nizampide.com/en/

▶もっと見る

東京のお勧めピデ屋:


名称 アンカラ 道玄坂店(ANKARA)
住所 東京都渋谷区道玄坂1-14-9 ソシアル道玄坂 B1F
電話番号 03-3780-1366
ウェブサイト http://ankara.jp/dogenzaka/index.html

▶もっと見る

トルコの魚料理は絶品!タラマ、ハムスィ・タワ、サバサンドなど

魚料理
地中海、エーゲ海、黒海に囲まれているトルコは、美味しい魚介類の宝庫でもあります。アジやイワシ、カツオ、マグロ、スズキ、マダイ、ムール貝、ウニなどなど日本でもお馴染みのシーフードが沢山!焼いたり、揚げたり、またはオリーブオイルで前菜にしたりと食べ方はとってもシンプルです。ぜひぜひトルコで美味しいシーフードを御賞味下さい!

トルコの魚料理一覧

 
タラマ
 
シーフードのメゼと言ったらこれ、「タラマ」と言う、日本で言う“タラモサラダ”です。ボラの卵とパンくずとニンニク、それにレモンとオスとオリーブオイル、塩を混ぜて作ったペーストです。おつまみとしてもパンに塗っても最高です!
 
ラケルダ
 
塩漬けしたカツオを熟成させたシーフードメゼの王様「ラケルダ」は、トルコの白濁酒ラクのお供の定番です。しょっぱいラケルダを少しずつ食べながら、ラクを飲むのが粋!日本酒にも合う魚料理です。
 
カリデス・ギュベチ
 
ホットアペタイザーとして人気の定番がこの「カリデス・ギュベチ」。“カリデス”は海老、“ギュベチ”はキャセロールの意で、陶器製の器でみじん切りにした玉ねぎ、トマト、青ネギ、ニンニクをバターで炒めて、海老を加えてオーブンで焼いた料理です。
 
ハムスィ・タワ
 
“ハムスィ”はカタクチイワシ、“タワ”はフライ。トルコ人の誰もが大好きな魚料理が、このイワシのフライである「ハムスィ・タヴァ」です。イワシをトウモロコシ粉に付けて揚げ焼きにするのみのとってもシンプルな料理ですが、外はサク、中は鰯の旨味がいっぱいでいくらでも食べられます。
 
バルック・エキメッキ(サバサンド)
 
バルックは魚、エキメッキはパンのこと。そう、皆さんご存じの「サバサンド」です。バゲットパンに焼いたサバと玉ねぎのスライス、トマト、レタスを挟んだイスタンブールのストリートフード。食べる際にレモンを絞るとサバの旨味とレモン汁がパンに染み込み最高です!ガブっと頬張ってみて下さい。

サバサンドはイスタンブールの名物グルメ!発祥の歴史や人気レシピを紹介 | トルコ旅行・ツアー・観光なら、安心の『ターキッシュエア&トラベル』におまかせ!

詳しくはこちら


口コミ:私は魚が苦手ですが、トルコのお魚料理もとても美味しくいただくことが出来ました!…


N.Y. 30代 女性  2019.08.21
通常、私は魚が苦手ですが、トルコのお魚料理もとても美味しくいただくことが出来ました!!また他のトルコ料理もとてもおいしかったです。トルコ料理も本場トルコで食べられてよかった。▶もっと見る

トルコパン「Ekmek」:ユフカ、ギョズレメ、シミット、ボレキ、ポアチャなど

ユフカ
トルコで誇れるものの一つがパンの美味しさかもしれません。トルコ人の主食はパンで、世界で最もパンを食べる国とも言われています。小麦粉の自給率は100%で、小麦粉を使った料理が多い中、ダントツに愛されてトルコの食卓に欠かせないのが「エキメッキ」なのです。
豊富な種類のトルコのパンやベーカリーに関して、ここでご紹介いたします。
 

トルコのパン料理一覧

 
エキメッキ
 
“エキメッキ”はパンのこと。トルコで一般的に食べられているバゲット型のパンの事で、外はカリッ中はふっくらもちもちで焼きたてのエキメッキは一本丸ごと食べられるくらいの美味しさです。パンはどこのレストランでも無料で付いてきます。
 
ギョズレメ
 
お惣菜クレープの様な料理が「ギョズレメ」です。薄い小麦粉の生地にホウレン草や白チーズやポテトなどを挟んで丸い大きな鉄板の上で焼きます。手軽に食べられるので朝食や軽食として人気です。
 
シミット
 
トルコのザ・国民食が、このドーナツ型のゴマ付きパン「シミット」です。カリっと焼かれたシミットはゴマの香ばしさがたまりません!赤い屋台で街中どこでも売られていて、小腹が空いたら気軽に食べることができるのが良い所。オリーブペーストやチーズやチョコクリームを塗ってもらうことも可能です。
 
ボレキ
 
ほうれん草、挽肉、白チーズ、ポテトなどの具材をユフカと言う薄い生地で何層にも油を塗りながら重ねて挟み焼いた料理です。朝ごはんやおやつの定番で、専門店も多くまた家庭でも良く作られます。
 
シガラ・ボレイ
 
“シガラ”はタバコのこと。ユフカと言う極薄生地で具を巻いて揚げた葉巻サイズのトルコ風春巻きです。具としては白チーズが定番。朝食やおつまみとして人気の料理です。
 
ポアチャ
 
中に白チーズ、カシャルチーズ、挽肉、ポテトなどの具が入ったロールパンの様なスコーンの様な食感のお総菜パンです。家庭でも良く作られますが、パン屋や町中の屋台でも売っています。手軽に食べられる朝食の定番で出勤や登校の途中に一番多く買われるのがこのポアチャです。

詳しくはこちら


口コミ:パンも美味しく、お肉も美味しくて本当によかったです…


A.H.様 30代 女性  2019.07.30
トルコのローカルフードを食べられて本当によかったです。野菜も豊富で、パンも美味しく、お肉も美味しくて本当によかったです。スパイスが効いて食べられなかったらと心配したけど、全くそういうこともなく、美味しく食べられてよかったです!!▶もっと見る

トルコのスープとサラダ:メルジメッキ・チョルバス、チョバン・サラタスなど

ドマテス・チョルバス
トルコ人が食事の最初に口にするのがスープです。トルコ語でスープは“チョルバ”と言い、トルコの食卓には欠かせず、食欲を沸かす役目も担っています。スープはそのままでも美味しいですが、レモンを絞ったり、塩や粗挽き赤唐辛子などをトッピングしても味が引き締まりとっても美味しくなります。

サラダもスープ同様に冷菜としてトルコの食卓に欠かせません。エーゲ海地方産のオリーブオイルをたっぷりかけてレモンを絞っただけのシンプルな食べ方が定番ですが、甘酸っぱいザクロソースをかけるのも人気の食べ方です。トルコの美味しい野菜をふんだんに使ったサラダを御賞味下さい!
 

トルコのスープ一覧

 
メルジメッキ・チョルバス
 
トルコでスープと言ったらこれ!日本で言ったらみそ汁の地位を占める定番中の定番が、赤レンズ豆のスープ「メルジメッキ・チョルバス」です。ポタージュの様ですが、ミルクもクリームも使われないので、さっぱりとしていて優しい味で栄養も満点のスープです。レモンを絞って頂きます。
 
イシュケンベ・チョルバス
 
お酒を呑んだ後にはこれ!羊の胃袋をじっくり煮込んだスープです。豚骨ラーメンのスープに似ており、香りは強いですが味は最高。食す前にお酢やニンニクをたっぷり入れてスパイスをかけて頂きます。
 
タウック・チョルバス
 
鶏肉をじっくり煮込んで出汁をしっかりとったチキンスープです。全く癖が無く優しい味で風邪をひいた時などにはこれが一番。通常中には割いたチキンや極小パスタが入っているので、お腹も満たされます。
 
ケッレ・パチャ
 
羊の頭と足をコトコトじっくり煮込んだスープです。羊の頭と足のお肉が入っており、滋養強壮にとっても良いと言われ、好きな人は早朝からこのスープを求めて食堂に行くほど!お酢やニンニクや香辛料をたっぷりかけて頂きます。
 
ヤイラ・チョルパス
 
“ヤイラ”=草原のスープと呼ばれるアナトリアの伝統なヨーグルトのスープです。お米またはヤルマと言う麦が入っていて栄養も有り、ミントで香り付けされているのでとってもさっぱりしていて夏でも食べやすく、子供にも人気のスープです。
 
ドマテス・チョルバス
 
裏ごしされたトマトの酸味と旨味が効いた濃厚な味のトマトスープです。食べる際にカシャルチーズを入れてクリーミーさを加えるとまた一層美味しくなります。
 
タルハナ・チョルバス
 
トルコ民族の伝統的なスープであるタルハナスープは、小麦粉、ニンニク、トマト、玉ねぎ、ミント等をみじん切りにして煮込んだ後にヨーグルトと混ぜて干して発酵させた“タルハナ”と言う保存食を溶かして作ります。程よい酸味が美味しく優しい味で健康に良いスープです。
 

トルコのサラダ一覧

 
チョバン・サラタス
 
トルコと言ったらこのサラダ!
トルコで定番!“チョバン”=「羊飼い」のサラダと呼ばれる、賽の目に切ったトマトとキュウリと玉ねぎと青唐辛子のサラダです。オリーブオイルと塩とレモンで味付けされたとってもシンプルなサラダですので、飽きる事無く美味しく食べられます。
 
ルス・サタラス
 
“ルス”=ロシアのサラダと言われるこちらは、ジャガイモ、人参、グリーンピース、キュウリのピクルスを賽の目に切り、マヨネーズ、ヨーグルト、オリーブオイル、塩、胡椒で和えたサラダです。日本のポテトサラダに似ています。
 
ピヤズ
 
白インゲン豆のサラダです。作り方は簡単、茹でた白インゲン豆とオニオンスライス、細かく切ったトマトと西洋パセリを混ぜてオリーブオイルと塩とレモンで味付けするだけです。前菜としては勿論、キョフテやケバブなどの付け合わせとしても定番のサラダです。

詳しくはこちら


口コミ:パンとサラダ、フルーツはどこのレストランでも、豊富に取り揃えてあり、美味しくいただくことができました…


T.N.様 60代 女性  2019.06.26
パンとサラダ、フルーツはどこのレストランでも、豊富に取り揃えてあり、美味しくいただくことができました。海外に行くと野菜不足になりがちだけど、野菜も果物も豊富に揃えてありとてもよかった。サバサンドは、大変美味しかったです。▶もっと見る

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トルコのスイーツ(Tatlılar):トルコアイス、バクラヴァ、カダイフ・タトゥルスなど

ドンドゥルマ
美食大国のトルコはスイーツも美味しいんです。
トルコ人は老若男女誰、何といってもスイーツが大好好き!伝統的なスイーツ文化がしっかりとできている国でもあります。砂糖のシロップを使った甘いスイーツをメインにフルーツやチーズ、鶏肉を使った物まで本当にバラエティー豊かなのがトルコのスイーツです。

見た目も味も多種多様なトルコのスイーツを是非食べ比べてみて下さい。
 

トルコのスイーツ&デザート一覧

 
トルコアイス「伸びるアイス」(ドンドゥルマ)
 
日本でも有名なトルコの名物のびるアイス「ドンドゥルマ」。サーレップと言うラン科の植物の球根の粉を使うことで粘着力がつき、御存じの様に伸びることが出来るのです。アイスの美味しさは勿論、露店のドンドゥルマ売りのパフォーマンスも楽しく見ものです。

トルコアイス・トルコ名物の伸びるアイス | トルコ旅行・ツアー・観光なら、安心の『ターキッシュエア&トラベル』におまかせ!

バクラヴァ
 
定番のトルコ伝統菓子がこの「バクラヴァ」です。極薄のユフカと言う生地とピスタチオや胡桃などのナッツ類を交互に何層にも重ね合わせて、砂糖のシロップと油をかけて焼いたお菓子です。サクッとした食感の後の中から染み出るシロップの甘さがやみつきに!チャイのお供には絶対にバクラヴァが鉄板です。
 
ロクム(ターキッシュデライト)
 
求肥やゆべしに似たもちっとした食感の伝統的な御菓子で、お土産の定番でもありす。中にはピスタチオなどのナッツが入ったものや、バラやレモンなどのエッセンスで香り付けされた色取り取りの物など色々な種類があります。あの「ナルニア国物語」の中でターキッシュデライトの名で登場し一躍有名になったお菓子です。

ロクム(ターキッシュデライト)の紹介ビデオ(1分36秒)


カダイフ・タトゥルス
 
小麦粉と水で作られた素麺よりも極細の麺状の生地“カダユフ”を使って作るトルコ南東部名物の伝統的なスイーツです。中にクルミやピスタチオを入れて焼いてからシロップをたっぷりかけた甘いデザートです。
 
キュネフェ
 
極細の麺状の生地カダユフの中に新鮮な無塩チーズを挟んで焼き上げ、仕上げにシロップをかけ、熱々のまま頂きます。溶けて伸びるチーズとパリパリのカダユフの生地が最高に美味しいスイーツです。ケバブの後の定番デザートでもあります。
 
トゥルンバ
 
気軽に立ち食いができるストリートスイーツがこちらの「トゥルンバ」。小麦粉でできたずんぐりした一口大のチュロスの様な物を揚げてシロップで和えたデザートです。一口噛むとじゅわっとシロップが染み出し、とっても甘いのですがやみつきになる美味しさです。
 
フルン・スュトラッチ
 
オーブンで焼いたライスプティングです。ミルク粥の様ですが、ミルクのクリーミーさと砂糖の程よい甘さがマッチしてとっても優しい美味しさです。焼かない「ストゥラッチ」と言うものもあります。
 
カザンディビ
 
鶏の胸肉が使われた伝統的なスイーツです。牛乳と砂糖と米粉に茹でて叩いて細く繊維状に割いた鶏の胸肉を入れて煮込み、シュガーパウダーを敷いたトレイに入れて焼きます。
鶏肉の味は全くせず、カラメリーゼされたシュガーパウダーの香ばしさとミルクの味がマッチし、もちもちした食感がたまりません。
 
アシュレ
 
ノアの箱舟のプティングとも言われるアシュレは、麦やひよこ豆などの穀物、イチジクや杏子などのドライフルーツ、胡桃やアーモンドなどのナッツ類など多くの具材を砂糖と水で煮込んだスイーツです。古代から作られてきたと言われるトルコで最も古いスイーツでもあります。
 
レヴァニ
 
スポンジケーキをたっぷりのシロップを染み込ませた甘いスイーツです。一見カステラの様に見えますが、フォークで切るとじわっとシロップが出てくるほど。でもその甘さが意外とクセになります。
 
イルミック・ヘルワス
 
セモリナ粉と松の実を炒めて砂糖、バター、水で煮詰めたトルコの伝統的な御菓子です。家庭でも良く作られ、バターの香りと程よい甘さがとっても美味しいスイーツです。温かい内にバニラアイスを添えて一緒に食べるのが最高です!
 
ピシマーニエ
 
小麦粉とバターとレモンサルトとバニラエッセンスで作られた繊維状の生地を一口大に圧縮したミルク味の綿菓子の様な御菓子です。日本人の口にも合う素朴な味で、また軽いのでお土産にも最適です。
 
ギュラッチ
 
イスラム教の断食月ラマダン期間中のみ食べられる、バラの香りとミルクの味が美味しい伝統的なスイーツです。薄く焼いたトウモロコシ粉と小麦粉の生地を何層にも重ね、真ん中に胡桃などのナッツを挟んで、牛乳とローズウォーターを混ぜて温めた物をかけて染み込ませてふやかせた珍しいスイーツです。
 
トルコチョコレート
 
あのゴディバはトルコのチョコレート会社が親会社と言う事は御存じでしょうか。トルコのチョコレートはベルギーに負けず劣らずとっても美味しく種類も豊富です。特にヘーゼルナッツやピスタチオなどトルコ産のナッツをふんだんに使ったチョコレートがおススメです。

詳しくはこちら


トルコのお酒・ドリンク:ワイン、ラク、アイラン、チャイなど

ラク
トルコにはトルコ人が愛する様々な飲み物があるのは御存じでしょうか?皆さんご存じのチャイやトルココーヒー、ヨーグルトドリンクのアイランなど、トルコ料理やスイーツのお供に欠かせない飲み物が沢山あります。

また、トルコはイスラム教徒が多い国ですが、メイハーネと言う居酒屋やバーも沢山あり、男性も女性も同等にビール、ワイン、白濁酒ラクなどのお酒がトルコ全土で広く飲まれています。
そんなトルコを代表するポピュラーな飲み物をここで皆さんにご紹介したいと思います!
 

トルコのお酒&飲み物一覧

 
トルコワイン
 
現在エーゲ海地域を始めトルコ全土でワインが盛んに作られています。固有種の葡萄から作られたトルコワインはフレッシュで飲み易いのが特徴で、近年は海外コンクールで賞を取ることも多くなり、世界で評価が上がってきている注目のワインます。お手頃価格なワインが多いので、是非飲み比べをしてみて下さい。▶ 詳しく見る
 
ラク(RAKI)
 
トルコのお酒と言ったらこちら、“ライオンのミルク”とも言われる水をそそぐと白濁するお酒「ラク」です。ラク自体は無色透明でアニスの香りが特徴的なアルコール度数40度以上の葡萄の蒸留酒で、メゼやケバブなどのトルコ料理にはラクが鉄板です!▶ 詳しく見る
 
トルコビール
 
老若男女広く飲まれているのがやはりビールです。トルコのビールは癖が無くスカッと爽やかでとっても飲み易いのが特徴です。EFESやBOMONTIやTUBORGがメインですが、最近は御当地クラフトビールも続々と作られていて、今後のトルコビールに期待が寄せられています!▶ 詳しく見る
 
トルココーヒー「ターキッシュコーヒー」
 
細かいコーヒーの粉を煮立てて小さなカップに淹れて上澄みだけを飲む伝統的なトルココーヒー「ターキッシュコーヒー」は、UNESCO無形文化遺産に登録されている由緒正しい異国情緒漂うコーヒーです。ゆっくり飲むものですので、食後や大事な友達や家族との団欒のお供に欠かせません。▶ 詳しく見る
 
シャーベット(ソルベ)
 
氷菓のシャーベットは実はトルコ語のシェルベティから派生したという事は御存じでしたでしょうか。シェルベティはジャスミンやバラなどの花、葡萄や杏子などのフルーツと蜂蜜を混ぜた薄いシロップのような程よく甘い冷たい飲み物で、オスマン帝国時代に愛飲されていました。すっきり美味しく、現在でも夏の暑い日に飲まれています。▶ 詳しく見る
 
トルコ紅茶
 
トルコの国民的飲み物「チャイ」。チャイ自体は普通の煮出した紅茶です。煮出したチャイをお湯で好みの濃さに薄め、小さいくびれたガラスのコップで飲みます。そこに角砂糖を入れるのがトルコ式。紅茶だけでなく、ハーブティーなどお茶を総称してチャイと言います。黒海地方リゼが茶葉の名産地です。▶ 詳しく見る
 
アイラン(トルコ風ヨーグルトドリンク)
 
トルコで愛されている飲み物の一つが塩味の飲むヨーグルト「アイラン」です。インドのラッシーの様にスパイスも日本の飲むヨーグルトの様に砂糖もフルーツも入っておらず、塩とヨーグルと水だけで作られています。シンプルでさっぱりした味わいで、お肉料理と相性抜群です。▶ 詳しく見る
 
サーレップ(Salep)
 
トルコの冬に欠かせないのが熱々の「サーレップ」。伸びるアイスにも使われているラン科の根を粉末にしたサーレップ粉とミルクと砂糖で作られたサーレップは、まったりとしており、優しいミルキーの様な香りと味で心も体も温まる飲み物です。シナモンをかけるとより美味しくなります。▶ 詳しく見る

詳しくはこちら


Q. トルコのレストランでアルコールをオーダーすることはできますか?


A. トルコではアルコール飲料の制限はありませんので、昼食や夕食時にビールやワインをお飲み頂く事は可能でございます。アルコール類の金額の目安は1杯20リラ前後になり、お支払いは殆どが現金での対応となります。▶もっと見る

トルコのローカルフード(ロカンタ料理):マントゥ、メネメン、ムサカなど

ロカンタ
トルコ地元民のお腹を満たすのがローカルな大衆食堂の「ロカンタ」です。スープからデザートまで豊富な種類の家庭料理が揃っており、ずらっと並んだ料理から好きな物を指差しして頼みます。
ロカンタによっては、グリルのキョフテやチキン、ドネルケバブなどが置いてあることも。多めや少な目など量を調整することも出来て低価格ですので、いろんな種類の料理を試すのにも最高です。
ここでロカンタの代表的なローカル料理を少しご紹介いたします!
 

トルコのロカンタ料理(ローカルフード)一覧

 
マントゥ
 
トルコ民族の伝統的料理「マントゥ」は、ヨーグルト、サルチャソース、粗挽き赤唐辛子入り溶かしバターをかけた小粒のトルコ風水餃子です。スプーンに乗るくらいの小ささのラビオリに似た水餃子で、中には牛か羊の挽肉が入っています。ヨーグルトにすりおろしにんにくを入れるとより美味しく、つるっと食べやすいので子供にもとっても人気な料理です。
 
サチ・カブルマ
 
お肉、トマト、青唐辛子、玉ねぎ、にんにくをサチと言う中華鍋の様な鉄板鍋で炒めた料理です。ドライタイムや粗びき唐辛子のスパイスが効いています。熱々をピラフやパンと一緒に食ベてみて下さい。
 
クル・ファスリエ
 
トルコの格安国民食がこちら、白インゲン豆のトマトソース煮込み「クル・ファスリエ」です。トルコの家庭料理の代表とも言え、トルコ人はピラフの上にこのクル・ファスリエをたっぷりかけて食べます。トマトソースが染み込んでホクホクした白インゲンが最高の料理です。
 
メネメン
 
温かい軽食の代表が「メネメン」です。トマトをメインにピーマン、玉ねぎを全て小さく刻んで、トマトが柔らかくなるまで炒めてから溶き卵を流し入れます。朝ごはんの定番メニューでパンと一緒に食べるので鉄則です。
 
ムサカ
 
トルコのムサカは、トマトソース味が定番。素揚げした茄子、炒めた挽肉と玉ねぎとピーマンをサルチャソースで煮込んだ料理です。有名なギリシャのムサカの様にホワイトソースは使われてないので、トロトロに煮込まれた茄子はさっぱりと食べやすく、ピラフと一緒に食べると最高です。
 
イマーム・バユルドゥ
 
その名も“イスラムのお坊さんの気絶”と言う、美味しさのあまりにお坊さんが気絶したと言われるナスの冷製料理です。ナスに縦に切れ目を入れてオリーブオイルで焼き、その切れ目にオリーブオイルで炒めた玉ねぎ、トマト、ニンニクなどを詰めてサルチャソースで煮込んだ後に冷やしたベジタリアンの方にも嬉しい料理です。
 
カルヌヤルク
 
トルコ家庭料理でポピュラーなナスの料理です。縦に切り目を入れた茄子のお腹にニンニクとスパイスを混ぜたひき肉を詰めてサルチャソースをかけてオーブンでじっくり焼きます。見た目も良くてボリュームもあり、ピラフに合うメイン料理です。

詳しくはこちら


イスタンブールのB級グルメ(ストリートフード):ココレチ、タントゥーニなど

タントゥーニ
その国に行ったからには現地人御用達のその土地の物を味わいたいですよね!イスタンブールでは、海の幸陸の幸が豊富な美食の国トルコならではのストリートフードを町の所々で気軽に味わうことができます。
そんなイスタンブールのこれぞB級グルメ!をここでご紹介いたします。
 

イスタンブールのB級グルメ(ストリートフード)一覧

 
ココレチ
 
贓物好きには堪らない羊の小腸のホルモン焼です。羊の長をこれでもかと言うくらい毛糸玉の様にクルクル巻いたものを回転させながらじっくりと焼きます。焼けたココレチにトマトと青唐辛子を加えて包丁で細かく刻み、たっぷりのスパイスを加えたら出来上がり。臭みはあまりなく、それだけで食べても、バゲットに挟んでも美味しく、ビールのあてに最高です。
 
ミディエ・タヴァ
 
ムール貝のフライです。サクッとした外の衣とぷりっとした中のムール貝、それに添えて出てくる白いニンニクすりおろし入りヨーグルトソースをつけて食べます。ソースもまた美味しく、貝が苦手な方でも食べやすいので是非お試しください。
 
タントゥーニ
 
細かく刻んだ牛や鶏や羊の肉を丸く半円状に窪んだ鉄板で炒め、細かく刻んだトマトと青唐辛子、それにスパイスを加えた料理。バゲットパンに挟んだり、ラヴァシュと言う薄生地で巻いて食べます。元は、トルコ南部の地中海地方の都市メルシンの名物料理ですが、イスタンブールにも専門店が沢山あります。
 
クンピル
 
オルタキョイを訪れたら是非これを!具沢山のベークドポテトです。巨大な焼きポテトをまずはバターとチーズを混ぜてマッシュし、そこにコーン、オリーブ、ソーセージ、マッシュルーム、ピクルス、辛いペーストなどなど色々な種類のお好みの具材をどっさり乗せてケチャップとマヨネーズをかけたボリュームたっぷりのストリートフードです。
 
トースト
 
小腹が減ったら手軽にこちら!いわゆるホットサンドが「トースト」です。バターをたっぷり塗った2枚のパンにカシャルチーズやスジュックを挟んで、専用の機械でプレスします。カリカリに焼かれたパンと伸びるチーズがたまりません。
 
ケスターネ
 
イスタンブールの冬の風物詩がこの“焼き栗”である「ケスターネ」。寒い季節になると街の至る所で赤い移動式屋台で量り売りをしています。大粒の栗を焼いただけの熱々ホクホクの素朴な味です。

詳しくはこちら


トルコ発祥のヨーグルトは飲み物に料理に大活躍!アイラン、ジャジュクなど

トルコ ヨーグルト
ヨーグルの発祥地がトルコということを御存じでしょうか。ヨーグルトの語源はトルコ語の“Yogurt(ヨーウルトゥ)から来ていることもあまり知られていませんね。トルコでヨーグルトはとっても大事な食材で、なんと年間の一人当たりの消費量は世界1位の約35㎏!
トルコのスーパーでは、バケツの様な容器で2kg、3kgはたまた10㎏とキロで売っていることからも消費量が半端ないことが解るかと思います。

牛乳からだけではなく、羊、山羊、水牛からと色々な種類のヨーグルトがあり、スープからデザート、ドリンクまで様々な料理に使われるまったり濃厚なトルコのヨーグルトをここでご紹介いたします。
 

トルコのヨーグルト料理一覧

  • アイラン
  • ジャジュク
  • ヤイラ・チョルパス
  • イスケンダル・ケバブ
  • マントゥ
  • ヨーグルトソース

詳しくはこちら


 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トルコ料理に使われる主なスパイスとハーブ一覧

トルコ料理では、特に肉やピラフの風味を増すために、さまざま香辛料が使われます。イスタンブールの有名なバザールの一つ、エジプトバザールは別名、スパイスバザールと呼ばれ、独特の香りが漂っています。
ここばかりでなく、各地の市場には色とりどりのスパイスが並び、料理好きを喜ばせでくれます。
ここで、トルコ料理に欠かせないスパイスとハーブをいくつか御紹介します。

トルコスパイス

ディル(DEREOTU)


オリーブオイルを使うドルマなどに入れる。ヨーグルト料理やサラダの飾りにも使います。

ミント(NANE)


新鮮なものと乾燥させたものがあります。野菜料理やサラダによく使われます。トルコでは風邪気味の時などにお湯にレモンを絞り、ミントを入れて飲みます。

パセリ(MAYDANOZ)


肉、魚、野菜料理、サラダ、スープにと幅広く活躍するトルコのパセリは、日本のパセリと違い、葉が広がった種類のものです(イタリアンパセリと同じ)。

パプリカ(KIRMlZI BiBER)


肉、野菜料理やソースに広く使われる。辛いものと、フレーク状のマイルドな辛さのものがあります。

シナモン(TARCIN)


米の詰め物やケーキ、特にミルクを使ったデザートに欠かせません。

キョフテスパイス(KÖFTE BAHARI)


キョフテ(ミートボール)用に各種のスパイスを特別にミックスしたもので、市販されています。

スマク(SUMAK)


焼き肉に振りかけると、肉の風味が一段と引き立ちます。タマネギのスライスにまぶしても美味しいです。

月桂樹の葉(DEFNE)


肉料理、スープ、特に焼き魚に使います。

オールスパイス(YENi BAHAR)


ドルマの詰め物など、米の料理に使います。

チョウジ(KARANFİL)


フルーツコンポートやジャムに入れます。

こしょう(KARA BİBER)


肉、野菜料理に最も一般的に使われています。

バザール

タイム(KEKİK)


焼肉やシチューに使われる。

クミン(KİMYON)


肉料理、特にキョフテ(ミートボール)を作る時には欠かせません。

サフラン(SAFRAN)


ピラフやスープ、デザートなどに使います。

イスタンブールのスパイスバザール「エジプシャンバザール」| トルコ旅行 トルコツアー・観光なら、安心の『ターキッシュエア&トラベル』におまかせ!

トルコの食べ物を楽しめる場所は?

トルコ料理を楽しめる場所は、レストランだけとは限りません。トルコにはレストランの他にもさまざまな業態の飲食店があります。たとえば、レストランよりも価格を抑えたいのであれば、「ロカンタ」という大衆食堂を利用するのも一つの方法です。「メイハネ」は日本の居酒屋のような飲食店で、「メゼ」と呼ばれる前菜を気軽に楽しめます。

トルコ料理の紹介ビデオ(2分19秒)

また、街中の屋台やスーパーマーケットで食べ物を買えば、店頭で食べるよりもより安く現地の料理を味わえるでしょう。なお、1日あたりの食費は、利用するお店や注文する料理によって異なりますが、アルコールを飲まない人なら1日あたり3,000~5,000円、アルコールを飲む人なら1日あたり7,000~10,000円程度は最低限の食費として用意しておいたほうが安心です。

レストラン

トルコの食べ物を満喫するためには?

トルコにはさまざまな料理がありますが、できるだけ多くの種類の料理を楽しみたいのであれば、ツアーの利用を検討してみましょう。旅行会社のツアーには、現地の名物料理を楽しむことを目的としたプランもあります。ツアーなら効率よくトルコ料理を楽しめるうえ、お店選びに迷うこともありません。現地で有名なお店や隠れた名店を巡ることができます。

トルコ旅行ではトルコの食べ物を楽しもう!

トルコには味わうべき食べ物や飲み物が多く、現地でなければ味わえない味覚もあります。そこで、便利なのがトルコ旅行専門会社のターキッシュエア&トラベルです。食費込みのツアーに申し込めば、観光の合間に街のレストランでトルコ料理を楽しめます。トルコ旅行を検討している人は、メールフォームから気軽に相談してみましょう。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン


おすすめのトルコ料理記事一覧
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.