トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコツアーガイド

アンタルヤ、ペルゲ


アンタルアの北18km。B.C.1000年から集落形成の跡が見られる。ギリシアの住民達が現在のアクロポリスの丘の北斜面に住まいを構え始めると、都市は瞬く間に平野部まで拡がりを見せた。この地は険しい丘が防衛上好都合である事、周辺が耕地に適した肥沃な土壌である事、そして海に出る為に航行可能な川が近くにある事と条件が揃い、海岸に沿っての都市造りは海賊の襲撃を考えて、避けねばならない事であった。B.C.7世紀、都市はリディアに、更に後にはペルシア人の手に落ちる。B.C.333年にアレキサンダー大王が現われ、ペルゲ、スィデ、アスベンドスを奪還した。大王の死後ペルゲはセレウコス朝の支配下に入り、いまだ発見されていないがアルテミス神殿はおそらくこの頃建立されたと言われている。133年、この地はローマの手に落ち、例えば列柱廊等、多くの建物が建設された。

ちなみに、80年、ローマの副執政官ベッレスはシシリアを強奪し、「ベッレスへの発言」の中でキケロからの告発を受けている。初期キリスト教時代、ペルゲは小アジアに於ける最古の共同生摘休として重要であり、聖パウロやバルナバスもここで布教活動を実施している。しかし、ビザンチン帝国時代になるとアクス川が土砂で浅くなり、海までの航行が不可能になった事と人口の減少が重なり、次第にさびれていった。

*主要観光地抜粋

〔劇場〕
B.C.1000年に回廊のあるギリシア・ローマ様式にて建築された14,000人収容可能な劇場である。舞台は長さ52mあり、内側の壁は大理石の浮き彫りで覆われていた。演劇と葡萄酒の守護神ディオニソスの誕生と生涯を表現した浮き彫りは、その一例として今も目にできるものである。

〔競技場〕
ペルゲで劇場に次ぐ規模のもので長さ234m、幅34mある。座席は丸天井のある造りで支えられ、これは同時に商店としても機能していた様である。観客収容能力12,000人。

〔ローマの城門〕(南門)
都市には西、東、そして3世紀、ローマ時代に造られた南門がある。正面には2つの塔があったが、片方は完全に破壊されている。アーチを用いた凱旋門様で、何度か改築の手を入れた後は都市の第2主要門として使用されてきた。
アンタルヤ ペルゲ
〔セプティミウス・セベルス広場〕
ヘレニズムとローマの門の間にある広場で様々な重要な行事の執り行なわれた場所であった。

〔泉〕
広場の左手にはかつて二階建ての泉があった。水盤の正面に2つの小さな半円形の水溜まりがあり、市民はここから飲料水を得ていたのである。発掘調査中、ここから多くの浮き彫りや像が発見されており、此れ等は現在アンタリア博物館にて見学できる。 

〔プロフィロンと浴場〕(2世紀) 
プロフィロン、即ち記念門は泉とヘレニズムの門の間に位置している。その後方にあるのが浴場で、広い敷地に造られた 列柱のある中庭(パラエストラ)と沢山の部屋を有していた。

アンタルヤ ペルゲ 〔ヘレニズムの門〕(B.C.3世紀)
都市で最も重要な建物であった。2つの塔と馬蹄形の中庭があり、塔の方は当時のまま、現在に残っている。円錐形の屋根を持ち、中庭の両側に6ケ所造られた壁がんには神々やペルゲ創始者の像が設置されていた。ローマ帝国期になると今までのものの上に更に28ケ所の壁がんが増築されている。発掘調査中にここから発見された、アポロ、アフロディーテ等の像もアンタリア博物館に保管されている。

〔アゴラ〕(2世紀)
ヘレニズムの門の東、アルカディア通りにある。都市の政治、経済の中枢と言え、76×75mの広さの建物の床には対称模様のモザイク装飾が施されていた。周囲には商店が軒を連ねていた様である。

〔アルカディア通り〕
泉の北からアクロポリスの丘の麓までを、都市を東西に二分するかたちで走っている。幅20mの通りの中央には溝が造られている。

〔浮き彫りのある円柱〕
アルカディア通りの東手にはビザンチン帝国期に教会が建立されており、その正面には浮き彫りの施された4本の円柱がある。左手の柱には四頭立ての戦車に乗るアポロ、次のものには右手に松明、左手弓と矢を持ったアルテミスが見られる。3番目の柱には兜を着けた都市の創始者カルカスが、4番目の円柱には幸福の女神ティーチェが表現されている。

〔泉〕
アルカディア通りの突き当たり、アクロポリスの南に造られた記念噴水である。長さ21mで3つの部分から構成されているこ中央の噴水には川の神ケストロスが横たわり、像の下から流れ出して水盤に溜まった水はアルカディア通りの溝を流れて行った。

〔パラエストラ〕
アルカディア通りを横切り20m程した所には、長方形の建物の壁が良い状態で残っている。1世紀、クラウディウス帝の時代に建てられた、ペルゲの中でも古い建造物である。         

〔西の浴場〕(3世紀)
5つの部屋と中庭から構成される西門の近くにある浴場である。

〔聖堂〕(5~6世紀)
ペルゲには2つの聖堂がある。大きな方はアルカディア通りの西に位置し、2つの小部屋のある大きな後陣を有している。小さな聖堂はローマの城門の束にあり後陣の他は何も残っていない。

〔アクロポリス〕
泉の後方。ビザンチン帝国期の貯水槽が残る。

〔アルテミス神殿〕
アナトリアの他の地域同様、ペルゲにも女神アルテミスの神殿が建立された。神殿はいまなお発見されていないが、ストラボやボレモン、キケロ他の歴史家によれば、ペルゲでのアルテミス崇拝には疑いの余地が無いとされる。
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る