トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコツアーガイド

カッパドキア旅行のハイライト観光スポット、ギョレメ


ギョレメには太古の昔から人が住み着いていたが、時代が下り、回教徒の迫害を避けたキリスト教徒がその特殊な地形を利用して隠れ住むようになった。ギョレメに残る最古の岩窟教会は7世紀のものだという。もっともその大半は崩壊してしまっているが。
抽象的な装飾しか認められなかった偶像禁止時代(715~843年)もあったが、宗教芸術はこの地で大変な発達をして「カッパドキア様式」を生み出すに至った。教会の建造は11世紀に盛んになる。四角い平面を平屋根か丸天井で覆い、正面に小さな半円形の後陣部を置く形の教会の建造はこの時代に始まっている。つづいて教会の形はそのままで後陣が3つ置かれるようになり、更に4本か8本の円柱で身廊が3分され、中央部が丸屋根で側廊の屋根が平らな形を取るようになった。
コンスタンティノーポリに9~10世紀に移入された新様式は、カッパドキアに11世紀のはじめ頃登場する。これは、ほぼ四角い会堂の中央に4本の円柱が置かれ、床面が低くなっている形で、中央には(時には側廊にも)ドームが置かれ、正面には3つの壁がん式の後陣が設けられていた。
この最後の形の教会でも、壁の漆喰が剥がれた下から象徴的な絵画が発見されることがよくある。勤物の絵もそれぞれ意味を持っている。たとえば魚はキリストを象徴した(「救いの神の子イエス・キリスト(Iesus Kristos Teou Uios Soter)」の頭文字を集めた「ikutes」がギリシア語で魚を意味したため〉し、鳩は聖霊と平和の象徴だった。
なおギョレメにあるエル・ナザールの谷には「妖精の煙突」側の岸壁に「聖母の教会」がある。また、クルチラルの谷には、壁画はないが4柱式の「クルチラルの教会」が残っている。
カッパドキア旅行・観光の案内ビデオ
詳しくは右側のカッパドキア旅行・観光の案内ビデオをご覧になってください。 → → →

2分31秒
ギョレメの岩窟教会
ギョレメの谷では古い昔、信仰を共にした共同体の生活が営まれていた。今日、野外博物館として管理されているこの谷の一帯には、独特の形の岩山を掘って造られたキリスト教の修道院が残されている。
共同体を提唱したのはカエサリア(カイセリ)司教の聖バシルたった。彼は時代の浮薄な風潮を逃れて、人里離れたところで広域に分散して修行する小さな宗教共同体を提唱したのだった。

ギョレメの谷
凝灰岩の一本岩を掘り抜いて迫られた教会の数は多く、365の教会が迫られたという伝承もあるが、その中で現在も30ほどの教会が公開されている。
むき出しの荒廃した岩山を飾るのは、僅かに換気や採光のための窓や入□の開□部だけである。これは人を避けて信仰生活に専念するためであり、また11世紀頃、ビザンチン帝国領内で熾烈を極めたトルコ人による迫害を逃れるためでもあった。ギョレメに教会が建てられたのはA.D.850年以降で、11世紀頃には内部のフレスコ画が完成した。都のビザンチン芸術の直接の影響を受けているとはいえ極めて素朴な絵である。
地元の後援者の資金提供で、専門の画家が壁画を描いていることもあり、時には肖像画入りで画家や後援者の名が残されていることもある。綿密な学術調査によれば、この後援者は地元の有力者達だったことが判明している。彼らはときどきここに集まって、大切な商談を行ったらしい。これらの絵は8世紀中頃から9世紀にかけてビザンチン一帯で行われた偶像禁止が解かれた直後に描かれたものが大半である。

ギョレメ
壁画は、共同体がその営みをやめた後も、水が浸透し難く温度差も余りない凝灰岩に守られて、何百年にも渡って鮮やかな色調を保ってきた。


トカル・キリセ(ブローチの教会)
ギョレメの岩窟教会の中でも最も豊富な連続壁画が残されているのが、このトカル・キリセ(教会)である。トカルとはブローチを意味し、現存しないアーチに描かれていた装飾からその名が付いている。創建は9~10世紀と推定され、2部屋を備えている。最初の部屋は丸天井のナルテックス(拝廊)で、「旧教会」と呼ばれている。次の部屋は手前に4本、奥に3本の円柱を置き、正面に後陣式壁がんがあり、更に脇に小さな間を備えたもので、「新教会」と呼ばれている。
教会建造の直後に壁画も描かれ、920年頃には「旧教会」に「キリストの生涯」の連続壁画が描かれている。この素晴らしい壁画は29の場面から構成され、当時としては珍しい「受胎告知」の場面から始まって、「長子虐殺」「ヱジプト逃避行」「洗礼」、数々の「奇跡」、「最後の晩餐」「ゴルゴダの丘」「磔刑」「復活」と続いて「キリスト昇天」で終わる。
「新教会」の壁画はそれから300年後に有名なニケポロスという画家によって描かれている。青地の背景に詳しい説明文が加えられたもので、こちらもキリストの生涯から40のエピソードが選ばれている。旧約聖書や、柱頭行者聖シメオンをはじめとする聖人像やギョレメの共同体を指導した聖バシルの生涯も描かれており、一見に値する。

エルマル・キリセ(リンゴの教会)
近くにリンゴの木が植わっていたことを想像させる教会の名だ。廊下の続きに四角いホールがあり、ここから食堂と教会の二手に分かれている。
協会は四角い空間で、小さなドームを縁どるアーチを4本の円柱が支えている。ドームの壁画は黄色や茶色、白、青、赤という鮮やかな色調で「キリストの生涯」や「聖人と大天使たち」が描かれている。中央後陣にはキリスト像が、聖母と洗礼者ヨハネとともに描かれている。

エルマル・キリセ(リンゴの教会)
カランルク・キリセ(暗闇の教会)
ここには修道院が置かれていた。他のギョレメの教会同様、カランルク教会も11世紀に建てられ、建設に貢献したらしい4人の後援者の姿がフレスコ画に残されている。大きな岩山をくり貫いていくつもの部屋を作ったが、その岩山が崩れ落ちたため、現在では玄関の拝廊部分が露出している(本来は階段を上がってこの拝廊へ入っていった)。拝廊の奥に教会本堂があり、修道院は2階部分に設けられていた。中でも食堂は立派な造りである。
拝廊に戻ると、ここは「四角い大きな空間を平屋根が覆うようになっていた。現在は崩れ落ちてしまっているが、脇に小さな明かり窓があったのだろうと想像されている。壁は滑らかで、付柱や長い横帯によって四角く分けられていた。大きさの違う扉が3つ付いており、そのうち最大の扉から奥へ入っていった。扉の上には丸い装飾壁がんが並んでおり、ここにギリシア十字が刻まれている。
入口ロビーの正面には、かなり傷んではいるが「キリスト昇天」と「祝福を与える聖人達」の壁画が残されている。
教会本堂へは階段が付いている。中央にアーチとドームのある十字形の空間で、正面には3つの後陣が置かれている。

カランルク・キリセ(暗闇の教会)
教会の名は、礼拝堂の暗さから来ている。唯一の明かり取りは、拝廊に付いた小さな覗き窓だった。しかしこの明かりを通さない(そして湿度が一定に保たれた)教会構造だったために、芸術性の高いフレスコ画が大変良い状態で保存されてきた。他の近くにある教会に残るフレスコ画と較べてみても、カランルク教会のものは保存状態が大変によい。
壁画に描かれているのは、青金石で背景を青色に仕上げた「イエスの生涯」の中から「キリスト降誕」「洗礼」「最後の晩餐」「ユダの裏切り」「磔刑」などが描かれている。またドーム中央の「全能のキリスト」は見事である。他にも各聖人・使徒像が描かれている。
上階は食堂や僧房となっている。食堂は岩を完全にくり貫いたものて、奥の2つの後陣も、食卓も、長椅子も、長老の席もみな、凝灰岩を彫って造られたものである。
なおこのカランルク教会のそばには、「無名の教会」と呼ばれる5つの円盤で出来た十字架が入口にある教会がある。ここには岩に直接赤い絵の具で幾何学模様を描いた素朴なフレスコ画が残っている。


サンダル・キリセ (サンダルの教会)
岩壁のファサードが崩れ落ちてしまったため、2階建ての部屋が露出しており、本来の姿とは少し様子を異にしている。この教会にも小さな共同体が営まれていた。
1階の玄関ロビーの壁には、ギリシア十字の装飾のある馬蹄形の壁がんがあった。教会の名は、ここの壁の窪みに聖なる足形が残されていることに由来するらしい。玄関ロビーの脇と奥に2部屋ずつ置かれており、そのうち左脇の部屋は食堂だった。

サンダル・キリセ (サンダルの教会)
教会本堂は(現在は鉄の階段がある)四角い空間で、右側の2本の円柱がアーチを支えている。
教会建築費用を出資した後援者の姿が名前と共にフレスコ画に残されている。壁画は「キリストの生涯」からの13の場面で、大きな「全能のキリスト」の周りには聖人や使徒の胸像が丸縁で飾られている。また6人の司教の像(後陣中央)のそばには、殉教者や聖人などが描かれている。

バルバラ・キリセ
11世紀末に造られた教会で、出資者の名が連ねられた碑文の断片も出土している。素朴な教会を飾る壁画は大変簡素なもので、赤い塗料で幾何学模様を描いたものが殆どだ。
これらのモチーフのうちには、鳥のように簡単に見分けの付くものもある。若木のようなものと一緒に描かれた三角形は、自然の生命力への原始崇拝と結びついた形だった。また、右側の後陣にある十字形はキリストとその傷(円で囲まれた十字形)を象徴するもので、2人の泥棒の十字形の間におかれている。他にも漆喰を塗った上に簡単な人物像なども描かれており、教会の名となった聖女バルバラの姿や、玉座のキリスト(後陣)などの姿が見える。

ユランルーキリセ
教会本堂はふたつの空間に分かれている。ひとつは高い丸天井、もうひとつの奥の空間は平屋根で覆われている。
入口右側の天井には聖人像が描かれているが、中でも聖トマスや裸の聖ホノフリウスの姿は変わっている。後者は4~5世紀にエジプトの砂漠の中にこもり、木の葉を身に纏いヤシの実だけを食べて瞑想と祈りの生活を送った隠者だった。この地方には、ホノフリウスは女として生まれたが、神が彼を罪から遠ざけるために男に変えたという俗信もある。

ユランルーキリセ
反対側の壁面には、「龍と戦う聖ジョルジョ」や「蛇に向かう聖テオドシウス」の姿もある。聖テオドシウスは、ローマの神々を信仰することを拒否したため生きながら焼かれたという記録がローマ・レギオン軍誌に残っている。その背後にはコンスタンティヌス帝とその母ヘレナが十字架を握っている。また丸天井を塞ぐようにあるルネッタ(半円状の壁面)にはキリストが描かれており、その左側の小さな人物は教会建造に資金を提供した後援者であることが分かっている。

エル・ナザール・キリセ
11世紀に建造されたと推定される教会で、円錐形の凝灰岩塊の中にある。幾つもの部屋や通路が掘りめぐらされたが、正面部分が崩れ落ちてしまって中の部屋が丸見えになっている。2階に重ねられた部屋(現在では殆ど崩れてしまったが)の上にT字形の教会本堂があり、強固な角柱が何本も屋根を支えていた。丸天井の中央にはドームがある。ここの天井画は芸術性の高いもので、聖書のエピソードや聖人像がパネル状に描かれている。傷み方は激しいが「玉座のキリストと天使達」も残されている。アーチ部分には、イコンを思わせる円縁の聖人胸像が並んでいる。中央のドームには「祝福するキリスト」が描かれており、高度に様式化された大光輪のような顔が見られる。その周りを天使や聖人が囲んでいる。
ところでユランル・キリセとカランルク・キリセの間に、信者の僧房(四角い小部屋)や、食堂付きの共回の部屋などが複雑に入り交じった共同体の跡が残っている。食堂やギリシア十字形の小さな教会もあるいわゆる「女子修道院」はこの共同体と繋がったところにある。
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る