トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコのお酒・飲み物|トルコワイン・トルココーヒー・トルコ紅茶

トルコ紅茶・トルコでは無くてはならない飲み物、それが「チャイ」です。


トルコでは無くてはならない飲み物、それが「チャイ」です。
チャイと言うと甘くてシナモンが入っていて...というイメージかと思いますが、トルコではお茶のことを総称して「チャイ」と言います。一般的に飲まれるチャイはいわゆる紅茶ですが、紅茶葉を煮出して少し休ませ、飲む時にお湯で好きな濃さに薄め、好きな量の砂糖を入れて召し上がります。

トルコ紅茶の飲み方

最近のトルコ人は健康に気を遣い砂糖無しで飲む人も増えてきておりますが、田舎のおばちゃんやおじちゃん達は小さなグラスに砂糖をたっぷり入れて一日に何杯も飲んだりします。中には砂糖をグラスのチャイに入れて溶かしてから飲むのではなく、角砂糖を半分口に入れてからチャイを口に含んで味わうなんて言う強者もいるくらいです。
赤に近い綺麗な茶色に淹れられたチャイは香りがよく、食後の一杯にもピッタリ。是非召し上がってみて下さい。

ティーカップ

一般的にティーカップではなく、すっぽり手に収まるサイズの腰のくびれたグラスで頂きます。淹れ立てのチャイは凄く熱いので火傷なさらない様、グラスのふちを親指と人差し指で持ってゆっくり召し上がってください。
トルコ人は熱々のチャイを飲みますので、熱くて飲めずに冷めるのを待っていると「冷めてしまったから」と飲みかけのチャイを下げられてしまうこともありますので、飲み損ねない様お気を付けくださいね。

トルコの紅茶の作り方・トルコ風ティーポット(チャイダンルック)


トルコの紅茶の作り方も独特です。一般家庭では、2段式のヤカンÇAYDANLIK(チャイダンルック)で一日中チャイを沸かします。下の大きなポットにはお水を入れて、上の小さいポットには、紅茶の葉を入れて火にかけ、沸騰するのを待ちます。その間に上のポットに入っている葉は、蒸気で蒸らされます。下段のポットが沸騰したら、上段の葉が入っているポットにお湯を注ぎます。
その後15-20分くらい弱火の火にかけ、紅茶の色が出てきて香りも出てきたら、小さいグラスに半分ほど紅茶を注ぎ、好みの濃さに合わせて下段のポットからお湯を注ぎます。新鮮な紅茶は香りも良くおいしいです。日本にはありませんのでお土産に小さいチャイダンルックを御購入なされるのも面白いかもしれません。

ウサギの血のチャイ

「ウサギの血のチャイ」と聞くと、えええ!?と興醒めしますが、トルコ人はウサギの血なんて飲みませんので安心してください(ウサギの肉も食しませんし、ジビエ文化も御座いません)。
実は、チャイのあの赤に近い鮮やかで綺麗な茶色をウサギの血“TAVŞAN KANI(タヴシャン・カヌ)”=ウサギの血に例えて称賛しているのです。

ウサギは小動物ですが、血の量が多く、猟師が捕らえて血抜きをするのに1日かかるとのことから、赤くて鮮やかなチャイを“TAVŞAN KANI ÇAY(タヴシャン・カヌ・チャイ)”=ウサギの血のチャイと言います。
 “TAVŞAN KANI ÇAY(タヴシャン・カヌ・チャイ)”色のチャイは、良く煮出されていて味も香りも一番美味しいと言われております。

ミルクティー...!?


トルコでチャイがこれだけ飲まれておりますが、ミルク入りのチャイはありません!見たこともありません。トルコはチャイ文化ですので、ミルクをいれるなんて邪道と言うことです。

トルコでチャイに入れるのは砂糖だけですので、「ミルク入りで…」等仰らないように。ミルク入りのチャイと言ってもトルコ人は「???」なんの事だかわかりませんし、作り方も知りません。

通常、レモンも付けませんが、持病により砂糖を入れられなかったり、風邪気味でビタミンCを取りたいからと敢えてお願いすればレモンを添えてくれないこともないですが、基本チャイは砂糖入り若しくはストレートで飲みます。

チャイじゃないのにチャイと言われているELMA ÇAYI(エルマ・チャイ)

お茶の総称をチャイと言うと前述致しましが、お茶の葉一つも入っていない乾燥させただけのリンゴをお湯で戻して飲むアップルティーもELMA(エルマ=リンゴ)+ÇAY(チャイ)と言います。
この様に茶葉以外の物のフルーツティーやハーブティーも「チャイ」の一種ですので、チャイと言う言葉は本当に幅広い意味で使われております。

因みに、粉末でお湯に溶かして飲む甘いエルマ・チャイもあり、外国人旅行者にとても人気です。
その他にザクロティー“NAR ÇAYI”(ナル・チャイ)等、色々な味のフルーツティーが御座います。グランドバザールやエジプシャンバザールでも購入可能ですので、一度お試し下さい。

お土産に…

チャイの茶葉自体を御購入されたい場合は、お近くのスーパーでお買い求めいただけます。
トルコチャイの産地は黒海地方のRIZE(リゼ)ですので、リゼ産のチャイを選んでみては如何でしょうか。

チャイ屋さん


チャイ屋さんはトルコ語で“ÇAYCI(チャイジュ)”又は“ÇAY OCAĞI(チャイ・オジャーウ)”と言われ、腰掛椅子で数人座れる位の小さな路肩の一角に構えたお店でチャイのみを提供しています。近所周辺のお店等から注文が入るとチャイを届けるとても便利なチャイ屋さん。自身のお店での提供よりもお届けする方で大忙しです。

因みに、どこの職場にもチャイを作り給仕してくれる人がいて、これもチャイジュと呼ばれます。
チャイ屋さんのチャイジュは男性ですが、職場で働くチャイジュは女性が多いですね。どちらともなくてはならないれっきとした職業です。

朝から晩まで一日に何杯もチャイを飲むトルコ人。お店や会社等の大人数が飲む所では、飲む時に作るのでは間に合いません。その為、常に一日中大量にチャイを切らさず作っておくのに使われるのが、“ÇAY OCAĞI(チャイ・オジャーウ)”と言われるチャイ給湯器!そう、チャイ屋さんの意味のチャイ・オジャーウは元々チャイ湯沸かし器/チャイ暖炉から来ています。常にチャイがあるところという感じでしょうか。

チャイ湯沸かし器は、下の給湯器部分でお湯を沸かし続け、その熱気で上段の煮出したチャイが入っているヤカンが常に温められている仕組みです。チャイグラスにチャイを注いだ後、給湯器の蛇口をひねって好きな量のお湯を注ぎます。

こんなチャイの注文の仕方も・・チャイ専用インターホン


バザールや商店街の小さなお店にはもちろん給湯室などありません。それでは一日に何杯もチャイを飲むトルコ人は困りますので、チャイ屋さんにチャイを持って来てもらいます。

そこで活躍するのがチャイを注文する為のチャイ専用インターホン!

飲みたい時やお客様に出すチャイをこのインターホンでさっと注文するとすぐにチャイジュのおじさんがチャイを持ってきてくれる仕組みで、これは本当に便利で画期的。

お店でちょっと迷いながら大事なお買い物をしたり、待たされたりしていると、「Çay içer misiniz!?(チャイ飲みますか!? )」と定員さんに聞かれることがあるかもしれませんので、お時間があれば御馳走になってみて下さい。
飲みたいと言えば定員さんがこのインターホンでチャイを注文するのをみられるかもしれません。

チャイ運び用のトレー

チャイ屋さんにチャイを頼むと、手にトレーを乗せてウエーターの様に持ってくると言うことはありません。金属のトレーを手で吊るしてチャイを運んできます。

その際ですが、熱いチャイの入ったグラスをソーサーに乗せずにグラスとソーサーを別々にトレーにおいて運び、注文したお客様の前でソーサーにチャイグラスと砂糖とティースプーンを置いてサービスします。ですので、運んでいる最中にチャイがこぼれてソーサーが汚れるという事がありません。

また、この吊るして運ぶ形により少し振り回しても遠心力でこぼれませんので、バザール内や商店街の人ごみの中を素早く何件も回ってチャイを配るのにとても便利な道具です。

カフェとは別のチャイ・エヴィ

カフェとは別に男性の社交の場となっているのが“ÇAY EVİ(チャイ・エヴィ)”と言われるチャイの家/茶館です。
日本ではチャイハネと言う言葉で聞いたことがある方もいるかと思いますが、トルコではチャイ・エヴィと言い、男性の社交場で女性はまずいません。昼間はほぼ老人で賑わい、一日中座ってチャイを飲んで時間を過ごしたり、夜は仕事帰りの男性たちで賑わいます。

大抵はバックギャモンやOKEY(オケイ)と言うトルコ式麻雀がおいてありますので、チャイ片手に何時間も遊びに熱中して過ごせます。
写真はトルコ語で「NARGİLE(ナルギレ)」と言われる水たばこ吸いながらチャイを飲み、のんびりと時間を過ごす男性達。アルコール無しで男性同士でチャイだけで何時間も談笑する光景は日本人からすると珍しいですよね。

チャイの一杯当たりのお値段:4TL  70円

夏だけ営業するチャイ・ガーデン

トルコ語で“ÇAY BAHÇESİ(チャイ・バフチェスィ)”と言われるチャイ・庭/ガーデン。即ち野外喫茶店ですが、外で飲食をするのが好きなトルコならではで、天気の良い夏の間だけは開放的な野外喫茶と化します。特に人気なのは夕日や海や景色を臨みながらチャイが飲めるチャイ・バフチェスィです。

暖かい季節は、海沿いや少し高台のチャイ・バフチェスィは地元トルコ人でいっぱいになります。
開放感あふれるチャイバフチェで夕日を見ながら過ごす時間も一興かもしれません。

トルコ紅茶の歴史

トルコはオスマントルコ時代に、紅茶の良さを知ったスルタン・アブドゥラ・ハミット2世は中国から苗を持って来ます。まだこの頃は、トルコに紅茶を広げるほどではありませんでした。第一次世界大戦で、領土を失ったオスマン帝国は、経済的に力が衰え、コーヒーを輸入するのが難しくなり、コーヒーの値段も高昇してしまいます。
トルコ共和国になると、ケマル・アタチュルクがコーヒーよりも紅茶の方が安くできると、1924年に政府が黒海地方のリゼをお茶の生産地にすることを決め、1930年にはグルジアから70トンの種を持ってきて植えたのが始まりです。

まとめ

チャイグラス
現在トルコで紅茶の生産量は世界5位にまでに登りつけました。トルコ人の一年間の一人当たりの消費量は、なんと世界一位です。そのくらいトルコ人はよくチャイを飲みます。朝食から始まり、夕食後に終わりますが、その間の時間にも、よく紅茶を飲みます。
紅茶のグラスは、また可愛い小さいチューリップのような、女性の身体のようなグラスに注がれます。小さいので、冷えないうちに飲み干せるのがうれしいです。トルコ人はマグカップで紅茶を飲むことを好まず、この伝統的グラスで飲みます。家庭には、このグラスが10個以上はありますね。
紅茶をよく飲むし、大型ディッシュウォッシャーを使うので、飲んですぐに洗うということがないため、数が必要になります。ディッシュウォッシャーの上段は、ほとんどこの紅茶のグラスで埋め尽くされるほど。
観光中も町のあちこちでチャイを飲んでいる姿を見ることが出来ますよ。小さなお店に入ると、『チャイを飲むかい?』と声を掛けてくれます。とにかく紅茶を飲む国民です。
トルコのチャイはミルクを入れずにそのままブラックで飲みます。ただし、甘党のトルコ人は、この小さなグラスのチャイに、角砂糖を2-4くらい入れる人が多いです。それを一日に何杯も飲むのですから、糖分の取り過ぎで、最近は健康志向から砂糖なしで飲む人が多くなりました。
トルコの紅茶のカフェインは約1.6%と通常の半分くらいなので、飲みやすいので進むのかもしれませんね。街には銀色の大きなお盆に30個ぐらい紅茶を運んでいる人をよく見かけます。旅行中にも朝食の時や、お食事の後にチャイを飲む機会があると思いますので、是非お試しください。

世界三大料理のトルコ料理!ケバブからスイーツまでトルコで食べた絶品グルメ、厳選100品!おすすめトルコ料理を徹底解説
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.