トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記

トルコの風呂事情とは?旅行者に人気のハマム入浴方法&おすすめグッズ


東西文化の交差点、トルコ。街を歩いてみると、ヨーロッパ風の建築物がある一方でイスラム美術の象徴ともいえるようなアラベスク模様を見かけるなど、さまざまな文化を楽しめる国です。多種多様な体験ができるトルコですが、その中でもトルコならではの文化といえば「ハマム」でしょう。

ハマムとはトルコの公衆浴場のことですが、ただお風呂に入るだけの場所ではありません。この記事では、トルコのお風呂「ハマム」の楽しみ方や現地で人気の店舗など、細かく解説していきます。

トルコの風呂文化「ハマム」について

エフェソス
トルコに行ったらぜひハマムに入りたいと思っている人は少なくないでしょう。日本にも銭湯や温泉といった入浴施設がありますが、日本の入浴文化とは異なる部分があるので注意が必要です。ハマムについて理解を深め、トルコ旅行に備えておきましょう。

旅行者に人気の「ハマム」とは?

ハマムは古くからトルコにある公衆浴場です。全盛期には各街区に必ずひとつはあり、街が大きくなれば複数あるのも珍しくありませんでした。今では各家庭にお風呂があるのが一般的ですので、数は少なくなってきましたが、それでもトルコのガイドブックには必ずといっていいほど載っている人気の観光スポットです。

ハマムの室内は蒸気100%、温度が50度に近いムシムシした空間になっています。その中で温められた大理石の上に寝そべって身体を温めていきます。お風呂というより日本でいうところの岩盤浴といったほうが伝わりやすいかもしれません。ハマムでは、ケセジあるいはナトゥル(男性はテッラック)と呼ばれる垢すり師に身体を洗ってもらいます。ハマムは男女別になっているのが一般的で、客と同性の垢すり師がつきます。

ハマムはイスラム社会における歴史ある文化

ハマムの歴史は非常に古く、その起源はローマ帝国にまでさかのぼります。古代ローマには「テルマエ」もしくは「バルネア」と呼ばれる公衆浴場があり、市民は気軽に利用することができました。そこではただ身体を洗うだけでなく、運動をしたり食事をしたり、あるいは商売をしたりと社会生活の一部として欠かせないものだったようです。

トルコのハマムはこのローマの公衆浴場文化を引き継いでいます。イスラム世界がローマ帝国を征服した際にこの文化に触れ、国内で発展させていったのです。清潔を重んじるオスマン人にとって入浴は非常に重要で、結婚式や割礼式も行われるなど、ローマ帝国同様市民の社交の場として栄えていきました。

イスタンブールにあるハマムの多くはオスマントルコ時代の建造物であり、歴史的価値の高いものでもあります。体験せずとも、見学だけでも訪れる価値があるでしょう。

トルコではハマムは減ってきている

ハマム文化はトルコ以外の中東地域にもありますが、残念ながら全域的に減少傾向にあります。理由として挙げられるのは、各家庭に風呂が完備されるようになったことです。いちいち外に出なくても家で入浴を済ませられるのですから、人々の足が遠のいてしまうのは自然なことでしょう。また、運営コストが高いこと、衛生的な観点からハマムを好まない若者もいることも大きな理由です。

しかし、観光客からの人気は高いため、設備の整ったハマムも登場するなどハマム文化再興のきざしもあります。新しいものは清潔さを重視し、ゴージャスなサービスや内装を追加するなど、より快適に使ってもらえるような工夫がされており、注目を集めています。

トルコの風呂「ハマム」の利用方法

ハマム
公衆浴場といっても、ハマムは日本の温泉や銭湯とは勝手が違います。現地で困らないためにも、利用方法を確認しておきましょう。ここでは、予約の方法や浴場内でのマナーなど細かく解説していきます。

人気の高級ハマムは事前に予約しよう

ハマムは観光客からの人気が高く、混雑していて入れないことがあります。スムーズに旅程を進めたいのなら、予約したほうがベターです。観光客向けの大きなハマムであればオンラインで予約できることが多いので、ネットで検索してみましょう。あるいは、事前に直接お店に行って予約することもできます。

特に高級ハマムの場合は予約必須ですので、あらかじめ確認しておきましょう。高級ハマムの場合、スタッフは英語が通じることが多いです。地元民が通うようなローカルなハマムや、格安のハマムの場合は予約不要の店舗が少なくありません。ただし、スタッフはトルコ語しか通じないことがあるので注意が必要です。また、垢すりができないことも稀にあります。

入浴の流れ・高級ハマム編

  1. 予約時間の30分前を目安に受付を済ませるようにしましょう。
  2. 受付で入浴について説明を受けたら、脱衣所へ行って着替えます。
  3. 中では裸ではなく、ビキニなどを着てその上からペシテマル(トルコ式タオル)を巻いて過ごします。高級ハマムであればこういったアイテムは用意されていることが多いですが、心配な場合は事前に確認しておきましょう。
  4. サンダルをはいて中に入ったら最初に軽くお湯をかぶり、大理石の上に寝そべります。
  5. 20分ほど経ち身体が温まってきたら、スタッフが来てくれるので、泡マッサージや垢すりを受けます。
  6. 施術が終わったらタオルで身体をふいてもらい、休憩室でのんびり休みましょう。休憩室では有料ですが飲み物などのサービスもあるので、心ゆくまでリラックスして過ごせます。
  7. 気の済むまでのんびりしたら、着替えを済ませ受付で会計です。

入浴の流れ・格安ハマム編

格安ハマムの場合、入店後の流れは店舗によって異なります。ここでは一般的な流れをご紹介します。
  1. 挨拶をして店に入りロッカーで着替えを済ませます。格安ハマムの場合は水着などの貸し出しがないことが多いので、用意していきましょう。
  2. 着替えのあとはハマムに移動し、じんわりと身体を温めていきます。
  3. 十分に身体が温まったらケセジ(垢すり師)に声をかけ、垢すりをしてもらいたい旨を伝えます。
  4. 施術が終わったら自分の好きなタイミングで休憩室へ移動、思い思いに過ごします。
  5. 休憩室を出たらロッカーで着替え、会計を済ませて終了です。

トルコ・イスタンブールでおすすめの風呂(ハマム)

トルコ最大の都市、イスタンブール。トルコの経済、文化、そして歴史の中心地であり、トルコに旅行に行ったら訪れたいと思っている人は多いでしょう。そんなイスタンブールで人気のハマムを4つご紹介します。

チェンベルリタシュ・ハマム

イスタンブールの中心、グランド・バザールのすぐ近くにあるのはチェンベルリタシュ・ハマムです。1584年に当時のスルタン、セリム2世の后が設立した由緒あるハマムで、その設計は有名建築家ミマール・シナンが手がけました。随所に彼のこだわりが詰まっており、建物自体にも見どころがたくさんあります。

個人で利用する場合には予約不要ですが、グループで垢すりなどをしたい場合には予約していったほうが確実です。ちなみに、垢すりの他にはアロママッサージやヘッドマッサージ、泥パックといったサービスがあります。浴場内は男女別に分かれており、周りの目を気にせずのんびりとリラックスタイムを過ごせます。
  • 名称:チェンベルリタシュ・ハマム (Cemberlitas Hamami )
  • 住所:Vezirban Cad. No.8, Cemberlitas, Istanbul
  • アクセス:トラブヴァイT1番線のチェンベルリタシュ駅から歩いて1分
  • 営業時間:6:00~24:00
  • 定休日:なし
  • 公式サイト:http://www.cemberlitashamami.com

アヤソフィヤ・ヒュッレム・スルタン・ハマム

アヤソフィアにあるアヤソフィヤ・ヒュッレム・スルタン・ハマムはスイレイマン大帝の后、ヒュッレム・スルタンの命によって1556年に建造されました。設計を手掛けたのはチェンベルリタシュ・ハマムと同じくミマール・シナンです。1910年までは公衆浴場として利用されていたハマムで、ラグジュアリーな雰囲気が観光客の人気を集めています。併設のガーデンカフェでは食事のみの利用も可能です。

料金体系が明瞭で、受けられるサービスによって5段階に分かれています。例えば一番安い55ユーロのプランでは垢すりと泡洗浄だけですが、120ユーロのプランでは、それに加えて泡マッサージや全身泥パックなどのサービスが受けられます。メニューによってはアロマテラピーやフットマッサージといったサービスもあるので、自分好みのリラックスタイムにできるでしょう。
  • 名称:アヤソフィヤ・ヒュッレム・スルタン・ハマム (Ayasofya Hurrem Sultan Hamami)
  • 住所:Cankurtaran Mah. Bab-I Humayun Cad. No.1, Sultanahmet, Istanbul
  • アクセス:トラブヴァイT1番線のスルタンアフメット駅から歩いて3分
  • 営業時間:8:00~22:00
  • 定休日:なし
  • 公式サイト:http://www.ayasofyahamami.com/

ジャーロール・ハマム

ジャーロール・ハマムは旧市街にあるハマムで、1741年にマフムート1世によって設立されました。長い歴史を誇るオスマン帝国時代の最後に設立されたハマムで、当時の面影を色濃く残しています。その豪奢で魅惑的な建物はファッション雑誌の撮影に利用されることもあり、欧米人にも人気の高いハマムです。旧市街の中心地にあることから、トルコ語と英語の他に数か国語のメニューがあるという利便性も人気を後押ししています。

垢すりなどのスタンダードなサービスを受けられるのはもちろんのこと、スタッフからのサービスを受けずにただのんびりと過ごすプランもあります。それでもアメニティが自由に使えたり、自家製のシャーベットやお茶を楽しめたりと、十分にぜいたくな体験ができるでしょう。また、石鹸などのギフトの購入も可能です。
  • 名称:ジャーロール・ハマム (Cagaloglu Hamami)
  • 住所:Prof. Kazim Ismail Gurkan Cad. No.24, Cagaloglu, Istanbul
  • アクセス:トラムヴァイT1番線のスルタンアフメット駅から徒歩10分
  • 公式サイト:http://www.cagalogluhamami.com.tr/

クルチ・アリ・パシャ・ハマム

クルチ・アリ・パシャ・ハマムは16世紀後半、ミマール・シナンの設計によって建てられた歴史あるハマムです。大きなドームがあるのが特徴で、そこから差し込む多量の光が建物内の荘厳な雰囲気を演出しています。2015年にはトルコのハマムBEST10の第7位に選ばれたほど人気の高いハマムで、予約は必須です。

アメニティやスリッパ、ペシテマルといった必要なアイテムはすべて用意されているので、身一つで訪れることができます。中では専任のスタッフが部屋を案内してくれたり、垢すりや泡洗浄を担当してくれたりときめ細かいサービスを受けられます。営業時間が女性は8:15~16:00、男性は16:45~23:30と分かれているので注意が必要です。
  • 名称:クルチ・アリパシャ・ハマム(Kılıç Ali Paşa Hamamı)
  • 住所:Kemankeş Mah. Hamam Sok. No:1 34425 Tophane Karaköy İSTANBUL
  • アクセス:旧市街地地区(スルタンアフメット)からトラムに乗りTophane駅前で下車後、徒歩2分
  • 公式サイト:https://kilicalipasahamami.com/

トルコ旅行でゲットしたい風呂グッズ

トルコの石鹸
日本人と同じくお風呂を愛するトルコ人。トルコでは、そんなお風呂文化を象徴するかのような風呂グッズがいろいろとあります。トルコ旅行に行く前に、ぜひ現地でゲットしたい風呂グッズをチェックしておきましょう。

ペシテマル

ハマムでは必ずといっていいほど使用するトルコ式のタオル、ペシテマル。入浴前に身体に巻いたり、垢すりを受けるときには大理石の上に敷いたりと、使い勝手のよいタオルです。バザールに行けばさまざまな模様のペシテマルが売られています。

サイズが大きく肌触りのよい素材でできているので、子供にも使えます。また、シーツカバーや赤ちゃんのおくるみとしても活用できるので、ぜひ手に入れたい一品です。同じ素材でできているバスローブもあり、こちらも人気です。

石鹸

街のバスグッズ店やバザールに行くと、必ずと言っていいほど売られているのが石鹸です。色や種類が豊富なので、どれにしようと思わず目移りしてしまうことでしょう。アーモンドやヤギのミルクが配合されているものがあるなど、トルコならではの石鹸も多く、お土産に喜ばれるのではないでしょうか。

なかでもおすすめはバラの香りの石鹸です。トルコ中部のウスパルタはバラの名産地であり、トルコでは石鹸などによく使用されます。また、トルコ産のオリーブオイルを使った石鹸は保湿力が高く、肌がしっとりすると人気です。ひとつあたり10トルコリラ程度(約183円)で買えるのもうれしいポイントです。

実はトルコは温泉大国

パムッカレ
トルコには休火山が多く、実は温泉もたくさんあります。とくに有名なのは世界遺産にもなっているパムッカレです。雪のように真っ白な棚田と、そこに反射する空の青は息をのむような美しさで、思わず目を奪われる人は多いでしょう。また、街にはスパもたくさんあります。一定以上のランクのホテルであればスパやハマムがついていることが多いので、わざわざ街に出て探す必要が省けます。

ちなみにターキッシュエア&トラベルのツアーで泊まるホテルはすべてスパとハマムのついた5つ星デラックスホテルです。街にあるハマムでは料金体系がわかりづらかったり、スタッフそれぞれにチップを渡さなければならなかったりと使いづらいこともあります。ホテルならチップもすべて料金に含まれているので安心です。

トルコ旅行で体験したい風呂文化「ハマム」はリサーチ必須

トルコ旅行に行ったら、ぜひとも体験したいハマム。さまざまなハマムがあり、それぞれ料金体系や利用方法が異なるので、事前に確認しておいた方がベター。なかにはペシテマルなどのアイテムを自分で持って行かなければならないところもありますので、事前リサーチは必須です。

トルコ専門の旅行会社であるターキッシュエア&トラベルでは、パッケージツアーだけでなくオーダーメードの旅行にも対応しています。現地の歴史や文化により深く触れたい、という人はぜひトルコ旅行のプロにご相談ください。
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る