トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコ旅行(ツアー)ブログ・トルコ旅行記

トルコ旅行でスカーフは必要?着用事情やメリットと現地での購入方法を解説


雄大な自然や数多くの観光名所など、「トルコ」にはたくさんの魅力があり、旅行先として高い人気を集めています。ただ、トルコ人女性はスカーフを着用しているイメージがあり、観光で着用すべきか気になる人もいるのではないでしょうか。ここでは、トルコ旅行において役立つスカーフの基礎知識や着用事情、さらに着用するメリットや現地での購入方法について紹介します。

1.トルコ旅行前に知っておきたい!スカーフの基礎知識

そもそも、スカーフとはどのようなもので、なぜ多くのトルコ人女性が着用しているのでしょうか。トルコ旅行前に、スカーフの基礎知識についてチェックしておきましょう。


1-1.スカーフの概要

日本において、スカーフはおしゃれを楽しむためのアイテムとして広く浸透しています。しかしイスラムでは、おしゃれのみを目的としてスカーフを使用しているわけではありません。なお、着用するスカーフの色や柄などについて、特別な決まりはないとされています。ただし、基本的な落ち着いた無地のものが多い傾向です。なかには派手な色や柄、またファッション性のあるデザインのスカーフが販売されている国もあります。女性がスカーフを身に付ける根拠は「イスラム法」によるものだとされ、イスラム教の国では程度の差はあるものの、着用する女性が多くみられます。

1-2.スカーフを巻く理由

イスラム教徒がスカーフをかぶる理由には、「イスラム法(シャーリア)」が深く関係しています。イスラム教にはイスラム法があり、「女性は自分の飾りとなる部分を露出していけない」との記述があるのです。これは簡単にいうと、女性の美しい部分はむやみに異性に見せてはいけないというものです。


イスラム教において、人間は誘惑に負けてしまう弱い存在だという前提があります。女性がその飾りを夫以外の異性に見せてしまうと誘惑になり、イスラム教が説く「貞操」から逸脱してしまうと考えられているのです。そこで男性から女性の身を守るために、髪の毛や肌といった「女性の飾り」を隠す目的として、スカーフで覆うようになったのが起源だとされています。

またスカーフが定着し、現代にも受け継がれているもう一つの要因は「日差し」です。イスラム教徒が多い中東地域は、1年中日差しが強い傾向にあります。このような地域で生活する人にとって、スカーフは強い日差しから髪や肌を守るための有効な手段になるのです。

1-3.多様な巻き方

トルコではスカーフの巻き方について厳格なルールは定められていないです。トルコのスカーフの巻き方は、あまりスカーフを首から下に垂らさず、「首周りまでにまとめる」のが大きな特徴です。この巻き方によって頭周りがすっきりとシャープに見せられ、ファッション性の高い着こなしを楽しめます。


なお、スカーフを巻く際には「ピン」を使って留めると、くずれずにまとまりが良くなります。ピンを使わない巻き方とピンを使う巻き方の両方を覚えておくと、シーンに合わせて使い分けができるため便利です。ピンを使わない巻き方は、まずスカーフを頭にかぶります。このとき、「全体の3分の1」くらいのところが、頭のてっぺんにくるように調整するのがポイントです。調整できたら、スカーフの両端を持ち、あごの下でクロスさせます。両端のうち短いほうを下に、長いほうを上にして、あごの下できゅっと結びましょう。その後、長いほうを頭に巻いていきます。長いほうを頭の反対の方向にまわしたら、頬の部分などに余ったスカーフの端を挟み込み、完成です。

ピンを使う巻き方は、まずスカーフを頭にかぶり、両端を手で持って長さを調整し、そのバランスが崩れないようにピンで留めれば完成です。ピンは安全ピンなどでも問題ありませんが、デザイン性の高いものを用いると、おしゃれな印象を高められます。例えば、花のブローチならフェミニンな印象に、蝶がモチーフのクリップならエレガントな印象になります。なりたいイメージや使うスカーフの色・柄などに合わせてピンを選ぶのも楽しいでしょう。

2.トルコ旅行で失敗しない!国内でのスカーフの着用事情とは?

旅行で注意したいのが、知識不足によって、うっかり「マナー違反」をしてしまうことです。無意識のうちにマナー違反をしないよう、トルコ国内でのスカーフ事情について確認していきましょう。

2-1.トルコ国内での着用事情

イスラムの教えでは「女性は髪や肌を隠す」とは記述されているものの、実際は地域や個人によって遵守度合いには差がみられます。例えばイランはスカーフなどの着用が徹底されており、ルールに厳しい国です。一方、トルコは過去にスカーフの着用が禁止されたことがあり、その後の規制は緩和しています。このような経緯もあり、トルコは比較的自由度が高い傾向です。

中東ではスカーフを巻くかどうかについて、論争が起こったこともあります。トルコ人女性が全員喜んでスカーフを着用しているとは限りません。なかには、着用に対する葛藤を抱えている人もいます。このような背景からイスタンブールなどの街中では、スカーフを被らない女性もたくさんみられます。ただし、「礼拝」や「モスク」ではスカーフを着用するのが基本です。


2-2.外国人旅行客の着用事情

トルコに観光に来ている外国人客は、スカーフをどうしているのでしょうか。トルコは国内の女性に対して、スカーフ着用を義務付けているわけではありません。外国人に対しても、「スカーフを必ず着用すべき」というような押し付けはないため、安心です。なかには、半袖やミニスカート、半ズボンなどで街中を歩いている女性の観光客もいます。スカーフを着用しなくても、問題にはならないので心配ないでしょう。

3.スカーフは必要?着用が求められるケースや持参するメリット

トルコの街中で、スカーフは必ずしも着用する必要はありません。しかし、場合によってはスカーフの着用が求められるケースもあるため、注意が必要です。例えば、着用を求められるものには「モスク」が挙げられます。モスクとはイスラム教の礼拝堂であり、トルコ観光において人気の高いスポットです。モスク見学では髪や肌を隠すために、スカーフが必要になる場合があります。手持ちのスカーフがない場合は貸し出しをしてくれるケースもありますが、枚数に限りがあったり衛生状態がわからなかったりするため、自分でスカーフを持参すると安心です。

また、トルコの夏は気温以上に日差しが強烈だといわれています。このようなときにもスカーフを持参すれば、簡単に日差し対策が行えます。さらにスカーフは日差し対策としてだけではなく、「防寒対策」としても役立つのが魅力です。トルコの観光地はカッパドキアなど、夏でも夜から朝方にかけて、気温が下がるケースもみられます。スカーフを巻けば寒さをしのぎやすく、気温の変化にもスムーズに対応できるのです。薄いスカーフであれば、荷物がかさばる心配もありません。バッグに1枚忍ばせておくと、さまざまなシーンで活用できて重宝します。


4.トルコでスカーフを購入する方法と種類の選び方

トルコでスカーフを購入したい場合、どのような種類を選ぶべきか悩んでしまうものです。トルコ国内でのスカーフの買い方や種類、選び方についてチェックしていきましょう。

4-1.スカーフを扱っている店

スカーフは現地人も観光客も購入するものであり、地元の商店街や空港、さらに繁華街やホテルなど、幅広い場所で取り扱いがあります。なかでも、おすすめなのは「地元の店」です。地元の店は現地人向けで、安いスカーフも多くそろっています。たくさんの種類のなかからお気に入りのスカーフを見つけたい場合は、「バザール」に出向くと良いでしょう。バザールはスカーフの種類も数も豊富で、特に「グランドバザール」や「エジプシャンバザール」は非常に品数が多く、じっくりと自分に合うスカーフを探せます。

グランドバザールはイスタンブール歴史地区からほど近い、旧市街に位置します。屋根付き市場という意味があり、市場が屋根に覆われているのが大きな特徴です。エジプシャンバザールはイスタンブールのエミノニュ地区に位置し、日用品や食品などを扱う店が集まっています。異国間を感じさせる、ドーム型の天井が特徴です。


トルコではシルク生地の高品質なスカーフも売られており、日本と比較すると安く手に入れることができます。なお、現地の高級ブランド店でも200トルコリラ台から商品が用意されているのが魅力です。スカーフの種類や店などの選択肢が多いため、予算に合わせて無理のないショッピングを楽しみましょう。

4-2.スカーフの種類

スカーフは色・柄・生地などがさまざまで、伝統的なものからモダンなファッション性が高いものまでと種類が豊富です。トルコではスカーフの色についての決まりがなく、バザールではカラフルなものが多く取りそろえられています。服に合わせてスカーフの色を選ぶと、おしゃれなコーディネートになります。

例えば、淡い色の服であれば、派手な色のスカーフでメリハリをつけるのも一案です。反対に暗く濃い色の服を着るのであれば、パステルカラーのスカーフを選ぶと優しい印象になります。柄は無地・ドット・トルコの伝統的なマーク入りなど、種類が豊富です。好みに合わせて、好きな柄を選ぶと良いでしょう。生地はカシミヤやシルクなどがあり、デザイン性だけではなく機能性の高さも魅力です。

5.トルコ旅行でスカーフや服装を準備するためのコツ

トルコ旅行では、基本的にスカーフはあってもなくても問題はありません。ただし、モスクなどの一部区域では着用が求められることもあります。また、トルコは比較的自由度が高いものの、イスラム教国であり、日本とは違う価値観を持っている人もいます。


万全の状態でトルコ旅行を満喫するためには、マナー・風習・おすすめの店舗などに詳しい旅行会社やガイドをつけるのがおすすめです。なかでも、「ターキッシュエア&トラベル」はトルコ旅行専門の旅行会社で、豊富なサポートを受けられます。旅を楽しむために、重要なのがガイドです。「ターキッシュエア&トラベル」は現地の日本語ガイドをつけられ、旅を盛り上げてくれます。さらに、サポートデスクに問い合わせれば、スタッフによる詳しいアドバイスを受けられるため安心です。ツアーでスカーフの用意が必要かどうかなど、不安や疑問が生じたときにもしっかりと対応してくれます。

服装や買い物の準備を万端にしてトルコ旅行を楽しもう

トルコ旅行では基本的にスカーフがなくても問題はないものの、モスクなどでは着用が求められるケースがあるため、持参すると安心です。また、トルコはイスラム教の国であり、独自の服装文化が根付いています。スカーフの買い物を楽しむためには、現地情報に詳しい旅行会社を選ぶのがポイントです。親身なサポートを受けたい人は、トルコ旅行専門の「ターキッシュエア&トラベル」に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

 
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る