トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコの人気世界遺産

ディヴリーイの大モスク「ウル・ジャーミィ」(文化遺産・1985年)


古代から続く重要な街としてディヴリーイの歴史

ウル・ジャーミィのある現スィヴァス県ディヴリーイ(Divriği)とその周辺への最初の居住は、紀元前2000年頃のヒッタイト時代までさかのぼります。 古代から重要な土地としての役割は続き、紀元前5世紀頃にはアケメネス朝ペルシャのダレイオス1世が作った古代の公道「王の道」やシルクロードもこの地域を通って作られています。

ディヴリーイのウル・ジャミィ
ディヴリーイはユーフラット河の支流チャルト川が流れる渓谷の脇に造られた町で、昔から鉄をメソポタミアに輸出することで富を得ていました。
セルジューク朝時代、この地域がメンギュジュック君侯国(Mengücekoğulları)の支配下にあった1228年から1229年の間に、君主アフメット・シャー(AhmetŞah)の命でウル・ジャーミィ(大モスク)、妻トゥラン・メレッキ(TuranMelek)の命によりモスクの南に隣接する形で病院施設が建てられました。完成は15年後の1243年と言われています。

中世イスラム君侯国時代の傑作 ウル・ジャーミィ(大モスク)

このモスク施設は、ヴァン湖西岸アフラット出身の建築家フュッレムシャー(Hürremşah)が1228年に建設しました。イスラム建築の傑作であり、設計プランと装飾の特徴の点において、他に二つと無い作品となっています。
モスクは隣接する「ダーリュッシファー(Darüşşifa)」と呼ばれる病院施設と2つのドーム型の霊廟で構成されています。モスクは石細工で作られた驚くほど華やかで贅沢な3つの門が見事であり、ジャーミィ内部にある慈善行為を目的として造られた病院施設(ダーリュッシファー)も外観はシンプルですが、中はユニークな工夫が凝らしてあります。

大モスク
モスクの南に隣接して建てられたダーリュッシファーは、2階建てで中庭があり、イーワーン(三方が壁で囲まれた天井がアーチ状となっているホール)が備わった建物です。当時、精神病患者を水の音で治していたと言う独特の特徴を持った病院でした。中央にある池から溢れ出た余分な水は、池の周りの正方形に計画された水路を通り池の周りを円を描きながら一周することによって排出されます。
ウル・ジャーミィとダーリュッシファーの外観はシンプルですが、ダーリュッシファーの正門およびモスクの北門・西門・シャーの高座門においては、其々違った独特の装飾が見事で、驚異の細工技術が駆使されているのが特徴的であり一番の見所です。
建物の全ての門における立体的、非対称的、植物と幾何学のモチーフは、彫刻に近い高度の浮き彫り技術で施されています。この門達の他とは違うユニークな特徴は、遠くから見ると対称である様に見えけれども実際には非対称である装飾です。その装飾細工の何万ものモチーフは其々異なり一つも同じものが無く、石に刻み込むことで万物が素晴らしい調和とバランスの中で存在することを表現しています。
また、レースの様な石細工が施されているウル・ジャーミィとダーリュッシファーのバロック建築スタイルは、トルコとイスラム美術に於いて類似したものが他にありません。正門と同じ様に、モスクの中の柱、柱の礎石、柱頭とドーム内の天井の装飾においても、別のスタイルと装飾の例が見受けられます。
上記の様に建築上の特徴に加えて、この建物はアナトリアの伝統的な石細工の豊富な例を持ってユネスコ世界遺産リストに含まれています。

モスク門に隠されたシルエット

大モスク
通常ではわかりませんが、実は毎年5月から9月の間、午後の礼拝時間の45分前頃に午後の日差しが降り注ぐと、モスクの西門には横から影でできた男性の立ち姿のシルエットが現れます。 このシルエットの前に別の長方形の影もあり、これらの影はコーランを読んで祈りを捧げる人であると信じられています。
なお、このモスクは現在も毎日5回の礼拝時には信者が集う神聖な場として親しみ続けられています。

世界遺産として

大モスク
ディヴリーイのウル・ジャーミィは「ディヴリーイの大モスクと病院」の名で、隣接している病院施設ダーリュッシファー(darüşşifa)と共に1985年に世界文化遺産に登録されました。トルコの建築物として一番最初に登録された施設でもあります。
また同時に、トルコ共和国大統領府によっても保護されています。

ディヴリーイのウル・ジャーミィと病院の観光情報

・場所 :Kemenkeş, Ulu Cami Cd., 58300 Divriği/Sivas
・定休日 :日曜日
・開館時間 :05:00~22:00頃  ※礼拝時間は入場不可
・入場料 :無料

ディヴリーイへのアクセス

イスタンブールから西へ約1,040㎞、トルコ東部内陸部のスィヴァス県の西部に位置します。
日本からの直行便はありませんので、一度イスタンブールに行った後、国内線or長距離バスor鉄道にて向かうことになります。

イスタンブールからスィヴァスまで

・国内線の場合 :イスタンブール⇒スィヴァス 約1時間20分 (1日に1~2本運行)
※スィヴァス空港からディヴリーイまで約180㎞、車で約2時間半
到着後に空港からディヴリーイ行きのミニバスが出ています。(所要時間約3時間)
※マラティア空港、エラズー空港からもほぼ同距離ですので、選択肢としてご検討下さい。
・長距離バスの場合: 約14時間15分
※METRO TURIZM等のバス会社から1日に1本運行。

※スィヴァス~ディヴリーイ間は1日に2本、電車が運行しています。(所要時間2時間43分)
スィヴァス発 08:00、17:30
ディヴリーイ発 06:15、17:00      (2020年12月現在)

アンカラからディヴリーイまで

・鉄道(DOĞU EXPRESİ)の場合:アンカラからディヴリーイまで 約13 時間
※ドウ・エクスプレス(東エクスプレス)はアンカラ発着の為、イスタンブールよりアンカラまで国内線or長距離バスor高速鉄道にて移動後、アンカラ駅よりドウ・エクスプレスに搭乗となります。
※ドウ・エクスプレスはアンカラ~カルスを結ぶ寝台列車で、年間数十万人が利用する現在トルコで大変人気の観光鉄道です。かなりの人気の為、常に満席状態でチケットが取り辛くなっているので、利用をご検討の方はかなり早くからチケットの予約・購入されることをお勧めします。

~ディヴリーイは個人ではかなり行き辛い場所の為、ツアーで行かれることをお勧めします。~

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.