トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコツアーガイド

ガリポリの戦い|ダーダネルス海峡で起きた最大の戦い


ガリポリの戦いとは第一次世界大戦中の1915年4月にイギリスとフランスを中心とした連合軍が、ドイツの司令官が率いるオスマン帝国の守備隊を相手に、トルコのガリポリ半島に上陸作戦を行った戦いの事です。ヨーロッパとアジアを繋ぐ要衝のため、古来より戦いの場となってきたダーダネルス海峡で起きた最大の戦闘がこのガリポリの戦いです。当時のオスマン帝国はドイツとオーストリアと同盟国を形成しており、イギリスとフランスの連合軍はドイツが東地中海で勢力を強めることを懸念していました。


ガリポリ半島上陸までの経緯

ガリポリの戦い
1914年にロシアが英仏の連合国に参戦しましたが、オスマントルコ帝国によってポスポラス海峡とダーダネルス海峡を押さえられているため、英仏軍が地中海を通りロシアと連絡を取ることが出来ず、また、ロシア海軍が黒海から地中海に進軍することが出来ませんでした。

そこでイギリス海軍大臣のウィンストン・チャーチル(のちのイギリス首相)によって、オスマン帝国の首都イスタンブール占領する計画が立案されました。そしてイスタンブール占領の足掛かりとして、ダーダネルス海峡にあるガリポリ要塞の攻撃と占領のための作戦が立てられました。対するオスマン帝国側は、海峡全域に大量の機雷を設置し、海峡の両岸に多数の砲台を建設し、連合軍の進軍に対して備えを行いました。

1915年の2月と3月に英仏の大艦隊が海上からガリポリ要塞に攻撃を行いましたが、両岸からの砲撃や機雷により、3隻の戦艦が大破をしました。海軍力だけではガリポリ要塞の制圧が難しいと実感をした連合軍は陸軍による上陸作戦を決行することになります。

ヨーロッパとアジアの境界ダーダネルス海峡 | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

ガリポリ半島上陸作戦

ガリポリの戦い
悪天候から回復した1915年4月25日に英仏軍とオーストラリア・ニュージーランド連合軍(ANZAC)による上陸作戦が開始されました。戦艦からの砲撃や、航空機からの偵察や爆撃などの支援を受けて、総勢7万8千人の連合軍兵士がガリポリ半島に上陸しました。

主力部隊であるイギリス軍の第29師団は、ダーダネルス海峡入り口のヘレス岬の5箇所のから上陸しガリポリ半島を北上する作戦でした。ANZAC軍はヘレス岬の北にあるカバテペのビーチに上陸し、第29師団をサポートする役割でしたが、上陸地点を間違え、実際はカバテペより1.5kmほど北にある名もないビーチに上陸を行いました。

オスマン帝国軍からの攻撃を受け多くの犠牲者を出しながら、第29師団はヘレス岬の3箇所に上陸し、ANZAC軍もガリポリ半島のビーチに上陸を行いました。連合軍を海に押し戻そうとオスマン帝国軍は猛攻を行いましたが、戦艦からの援護と粘り強い防御によってこの攻撃を防ぎました。

連合軍も陣地を広げるためにガリポリ半島に沿って北に進軍をしますが、オスマン帝国軍に地理的な優位を取られ激しい抵抗を受け、進軍作戦はことごとく失敗に終わってしまいました。前線に塹壕を築いて粘り強く戦う連合軍に対し、オスマン帝国軍も決め手がなくなり、戦争は膠着状況となってしまいます。開戦当初は短期間で決着がつくと考えていたチャーチルや連合国軍ですが、オスマン帝国から予想以上の反撃を受け、その考えは崩れ去ってしまいました。

オスマン帝国623年の歩みを全解説!世界を揺るがせた大帝国の繁栄と滅亡 | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

 
イスタンブール
 
人気ランキング【第1位】
 
特別無料キャンセル補償付きだから安心
 
日本帰国の際に必要なPCR検査付!
 

「ついに!トルコツアー再開」

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

229,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から19名限定・バスは1人2席

クリックボタン

撤退

ガリポリの戦い
ガリポリ上陸後の1915年8月に連合軍による大規模な進撃作戦が行われましたが、これもオスマン帝国守備隊に阻まれうまく行きませんでした。10月になり中立を保っていたブルガリアがドイツ・オーストリア・オスマン帝国同盟国に参加することを表明し、戦局が不利になることを懸念したイギリス政府がガリポリからの撤退を検討するようになりました。

12月に連合国軍のセルビアが同盟国のオーストリアに敗れたことで、ドイツからセルビアとブルガリアを通り陸路でオスマン帝国へ補給を行うことが可能となり、連合国軍はますます不利な状況となりました。そして連合軍はイスタンブール攻略を諦め撤退することを決めました。、12月7日にANZAC軍が撤退を開始し、ヘレス岬に駐留をしていたイギリス軍も1916年1月9日までに撤退をし、連合国軍はガリポリ半島から全て撤退を行いました。

オスマン帝国は18世紀後半以降、露土戦争やバルカン戦争で敗れ領土を大幅に減らし、防戦一方の状態であることから「ヨーロッパの瀕死の病人」と呼ばれていました。しかしガリポリの戦いでは英仏連合軍を撤退させたことで、諸外国に驚きを与えました。

ガリポリの戦いによる影響

ガリポリの戦い
  • 連合国軍の戦死傷者は約14万人となり、加えて11万人~14万人が塹壕の中の劣悪な衛生環境によって病死をしたと言われています。オスマン帝国軍は25万人の死傷者が出ました。
  • ANZAC戦線の防衛隊の司令官であったオスマン帝国のムスタファ・ケマルは、数々の戦闘で上陸軍を阻止しました。弱冠34歳だったケマルはガリポリの英雄としてその名声を高め、トルコ共和国初代大統領になる礎を築きました。

【トルコ建国の父】ムスタファ・ケマル・アタテュルクの歴史と偉業 | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

  • ガリポリの戦いの敗戦により、作戦立案者のイギリスのウィンストン・チャーチルは責任を取り海軍大臣を辞職することになり、一時政治の表舞台から姿を消すことになりました。
  • ガリポリの戦いは近代戦争で初めての海軍、空軍、陸軍による大規模な上陸作戦となり、その後の軍事研究に大きな影響を与えました。
  • ANZAC軍が上陸をしたガリポリ半島の入江は現在ではアンザック湾と呼ばれています。また、上陸作戦決行日の4月25日は、オーストラリアとニュージーランドではアンザックデーと呼ばれる祝日となっています。

 
イスタンブール
 
人気ランキング【第1位】
 
特別無料キャンセル補償付きだから安心
 
日本帰国の際に必要なPCR検査付!
 

「ついに!トルコツアー再開」

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

229,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から19名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー

トルコトキャンペーンツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』, All rights reserved.