トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ基本観光情報

空港でのトランジットとトランスファー


航空機で旅行をされる際によく耳にする言葉の一つに空港での「トランジット」や「トランスファー」があります。日本語ではいずれも乗り継ぎや乗り換えと表記をされますが、それぞれの言葉の意味をご紹介させていただきます。

トランジット

トランジット
トランジットは英語で「transit」と表記をされ、「通過する」と訳されることが多いです。空港でトランジットをする場合は、最終目的地に到達をする前に別の空港を通過するという意味となります。トランジットをする理由としては、長距離のフライトや機材の大きさなどの関係で機内食や飛行機の燃料を途中の空港で補給する必要があるためです。そのためトランジットの場合は、経由空港で飛行機の乗り換えなどの発生は基本的に発生せず、出発地と同じ便名や機材でそのまま最終目的地に行きます。あくまで経由空港は補給のために通過をするという意味になります。日本発着のフライトではヨーロッパ、アフリカや南米など遠い場所に移動をするときにトランジットが発生する場合があります。

トランジットは補給が目的のため経由空港での滞在時間は、一般的には30分~1時間半程度になることが多いです。飛行機の補給を行っている間、乗客は機内で待機をするケースと機内清掃のために一度飛行機から降りるケースがあります。飛行機から降りる場合は、トランジットカードを受け取り、経由空港内のトランジットルームでアナウンスがあるまで待機をする必要があります。トランジットカードは補給と清掃が終了して、再搭乗をする際に必要です。また、貴重品などは機内に置かず必ず一緒にお持ちをいただく必要があります。

トランジット
基本的にはトランジットは短時間で行われることが多いですが、稀に長時間のトランジットがある場合は、航空会社がケータリングなどを提供するケースもあります。トランジットの場合は経由空港でどのように待機したらいいのか、客室乗務員より説明があるため注意深くアナウンスを聞いて行動をする必要があります。

トランジットは同じ飛行機の機材を使用するため、出発時に空港のチェックインカウンターで預けた荷物は最終目的地まで乗客と一緒に行くことになり、ロストバゲージ(荷物紛失)になる可能性は低いです。

トランスファー

トランスファー
トランスファーは英語で「transfer」と表記をされ、「移転する」と訳されることが多いです。空港でトランスファーをする場合は、最終目的地に到達をする前に途中の空港にて24時間未満で飛行機を乗り換えるという意味になります。また、トランスファーは鉄道やバスなどの乗り換えなどでも、利用をされる単語です。トランスファーをする理由としては、航空会社が運航する出発地からの路線に最終目的地が含まれておらず、他の路線に乗り換える必要があるためです。乗換の際、航空機の離発着が多く大規模で、特定の航空会社が拠点として利用をしている空港であれば、乗り換えの待ち時間が短く乗り換えがスムーズに行く可能性が高くなります。

大きな空港になるほど乗り継ぎ時の移動に時間がかかり、到着ゲートから出発ゲートまで別のターミナルにバスや電車などで移動をしなければいけない場合もあります。また、着陸地が最終目的地の乗客はそのまま入国審査に向かいますが、乗り継ぎの乗客は基本的には「transferやflight connection」と書かれた案内に従って、出発ゲートに移動をします。移動の際の導線に注意をし、最終目的地に行く航空機の便名、出発ゲート番号、出発時間などを必ず確認し、乗り遅れがないように注意が必要です。特に出発地と乗換地と最終目的地で時差があり、手持ちの時計が現地時間に合っているかご確認ください。

乗り換え時間が長い場合は、空港内で買い物を楽しむことが出来、空港によってはシャワーなどの施設利用や空港内ホテルで休憩を行うなどの有料サービスが利用できるところもあります。また航空会社によって、長時間の乗り換えを利用して、乗客に対して市内観光ツアーを実施していることもあります。

トランスファーの場合でも、稀に乗換空港で荷物を受け取り一度入国して、航空会社のチェックインカウンターで再度チェックインし荷物を預け、最終目的地までの航空券を受け取り、再度出国をする必要がある場合があります。または出発ゲートに行く前に乗継手続きカウンター(transfer desk)に立ち寄り航空券を受け取る場合もあります。出発地の空港で、最終目的地までの航空券が発券されているか確認をして、乗り換えに間違えがないように移動をしましょう。

トランスファーは乗換地で機材や便名が変わりますが、最終目的地までの航空券が出発空港で発券されている場合は、基本的に出発空港のチェックインカウンターで預けた荷物は最終目的地まで自動的に運ばれます。ただし、乗換空港で空港スタッフが荷物の乗せ換えを行うため、大きな空港になればなるほどヒューマンエラーによるロストバゲージが発生しやすくなってしまいます。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トランジットとトランスファーの区別

トランジット
日本の旅行会社などでは航空機の機材の乗り換えが発生をする・しないに関わらず、最終目的地までの途中に経由や乗換がある場合は一律でトランジットと呼ぶケースが多いです。また、経由地で一時的に入国をするために発行される査証はトランジットビザと呼ばれるため、トランジットとトランスファーの意味を言葉からのみで判断をするのは難しくなっています。そのため航空機利用でご旅行をされる際に、直行便ではない場合、どのように経由地で乗り換えの行動をするのか事前に確認を行うことをおすすめします。例えば1つのフライトで、機内にそのまま残って次の目的地に行くトランジットの乗客と、飛行機を降りた後に入国をする乗客と、降りた後にトランスファーの乗り換えをする乗客の3グループが一緒に搭乗をする場合もあります。乗換空港で言葉の不安もあると思いますので、出発前に事前確認を行うことで、移動の不安が解消をされると思います。

ストップオーバー

ストップオーバー
ストップオーバーは基本的に最終目的地に向かう途中の乗換地で24時間以上滞在をすることを指します。24時間未満でも一度空港の外に出たり、乗り継ぎ中に日付を跨いだりする場合もストップオーバーと規定している場合もあります。
長時間のフライトで身体的な負担が大きい場合に、乗換地のホテルで体の負担を和らげるために滞在をするケースや、スケジュールに余裕がありせっかくなので乗換地で観光などを楽しみたいという方がストップオーバーを利用されています。
航空会社によってはストップオーバーが出来ないチケットや、出来る場合でも追加料金が発生する場合がありますので、旅行計画を立てる際に注意が必要です。

国際線と国内線の乗り換え

トランスファー
例えば日本からトルコのカッパドキアに行く場合、カッパドキアの空港までの直行便はないため、多くの場合はトルコのイスタンブール空港でトランスファーを行います。イスタンブール空港で乗り継ぎの際に、国内線を表す単語の「domestic」が表記をされた、「domestic transfer」の案内がありますので、その案内に沿って進んでいただき、国内線ターミナルに移動をする前に、国内線乗継の乗客用のパスポートコントロールで入国審査を行います。入国審査後に国内線の出発ゲートに向かい、カッパドキア空港まで飛行機での移動となります。

カッパドキアの空港から日本に行く場合は、逆の流れとなり、イスタンブール空港で乗り継ぎの際に、国際線を表す単語の「international」が表記をされた「international transfer」の案内に従って移動をし、パスポートコントロールで出国審査後に、国際線の出発ゲートに向かい日本までのフライト移動となります。

セキュリティーチェック
基本的にはどの空港も使われている英単語や案内の表記は同じとなるため、乗り継ぎの際の英単語を覚えておくとスムーズに空港で乗り継ぎが出来るかと思います。国際線と国内線間の乗り継ぎ時に、航空機に預ける荷物は最終目的地まで運ばれるケースが多いですが、出発空港のチェックインカンターで確認を行うようにしましょう。特に国際線で到着し、国内線で移動の際は、荷物の税関検査のため、荷物を一度受け取り、再び預ける必要がある場合があります。

飛行機の乗り継ぎの際は、ゲート間の移動時間や、セキュリティーチェックにかかる時間などを考慮に入れて、必ず時間に余裕を持って、出発ゲートに到着をするように行動をする必要があります。

乗り換えの失敗

カウンター
機材トラブルなど航空会社の責任で搭乗フライトの到着が遅れ、次のフライトに乗換が出来なかった場合は、基本的に航空会社が振替フライトの手配や、すぐにフライトがない場合は宿泊ホテルなどの手配を行ってくれます。ただし、乗り継ぎフライトが別の航空会社の場合の対応はケースバイケースになるため、必ずしも保証が受けられるわけではありません。

もし乗客の責任で乗換えが出来なかった場合は、チケットの種類によりますが、基本的には新しい航空券の購入が必要になるなど、乗客にとって大きな損失になることがあります。例えば、往路のフライトで乗り継ぎが出来なかった場合、搭乗をしなかったことにより復路のチケットが無効になる場合があります。

万が一乗り換えが出来なかった場合は、どのような解決方法があるか利用した航空会社のカウンターまたは空港のグランドスタッフに相談をお願いします。また、ツアーなどに参加をされている場合は、旅行会社に乗り継ぎが出来なかった旨の連絡を行う必要があります。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.