トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコ基本情報

トルコ人気スポーツ


トルコ共和国憲法第59条に「国家は、あらゆる年齢のトルコ国民の肉体的及び精神的健康を増進する措置を講じ、スポーツの大衆への普及を奨励する。国家は、成功を収めたスポ一ツ選手を保護する。」と制定されている。国家は、肉体的及び精神的に健康な社会をつくるための基本的な要素の1つであるスポーツが多くの人々によって行われること、ひとつの競技分野ではなくオリンピック・スポーツのあらゆる分野に重きを置くことを奨励している。


公共事業としてのスポーツ
トルコの大型スポーツ施設や投資の大部分は政府によって行われている。しかし、近年はスポンサー及びマーケティング方法の進展とともに民間の機関の数も多くなってきている。トルコでは2007年末のデータによると、青少年スポーツ総局管轄のスポーツ施設数は地区の運動場が6,082で、合計9,284に達している。


青少年スポーツ総局
トルコにおけるスポーツ関係の上部組織は、スポーツ組織庁付属の国家機関、青少年スポーツ総局である。1938年に設立された青少年スポーツ総局には81県で業務を行っている県支局がある。青少年スポーツ総局管轄下には、現在57のスポーツ連盟がある。2007年に県立スポーツセンターで1,136人の選手が教育を受けた。2007年は国際試合で金メダル646、銀メダル585、銅メダル690、計1921のメダルを獲得した。

若者たちが民間団体としての青少年クラブに集まる機会が与えられ、活動やイベントが多様化した。若者たちが集まる青少年センターの会員数は2007年の時点で4万7,139人である。

国際基準に合ったハジェテペ大学付属「ドーピング検査所」が完成し、国際オリンピック委員会(IOC)に承認された。こうして、トルコ初の検査所は2006年、世界に34あるドーピング検査所のひとつとなった。2007年、ドーピング検査所では3,321のドーピング検査が行われた。


トルコ人気スポーツ
スポーツクラブ
トルコで現役でスポーツを続けている選手たちは、全国8,593ヶ所のスポーツクラブでスポーツ活動に参加している。また、スポーツクラブに所属せずに、個人的にライセンスをもってスポーツを続けたり、競技会に参加したりする選手もいる。全国のライセンス所有選手は2007年末のデータによると126万2,891人である。以下のスポーツがその代表的なものである。


サッカー
史上初のサッカーの試合は、1875年にオスマン帝国領土内のテッサロニキで行われた。1894年にはイズミールで「イズミール・サッカークラブ」が結成され、サッカーが行われた。1895年にはイスタンブールの青年たちがサッカーに出会った。1903年に「ベシクタシュ体操クラブ」が、1905年に「ガラタサライ・スポーツクラブ」が結成されると、サッカーが普及し始めた。そして1923年に「サッカー連盟」が設立された。

トルコ代表チームは、1954年にワールドカップ、1996年にヨーロッパ選手権に初出場した。2002年の第17回ワールドカップで世界3位になり、地中海競技会では、1994年に優勝、2005年に準優勝に輝いている。トルコ代表チームは2008年ヨーロッパ選手権で準決勝に進出した。そして、その優秀なパフォーマンスにより、UEFAからヨーロッパ第3位を宣言された。

トルコユース代表チームは、1993年、1994年、2005年と3度ヨーロッパチャンピオンになった。バルカンチャンピオンには4度輝いた。また、2005年の世界選手権では4位になった。

国内で活躍しているスポーツクラブは3回バルカンチャンピオンになっている。また、ガラタサライ・スポーツクラブは2000年にUEFAカップとスーパーカップを獲得するという栄光に輝いた。


バレーボール
第一次世界大戦後、チャーオール男子教員養成所の体育教師でもある有名なスポーツ選手セリム・スッル・タルジャンは、アメリカ人から教わったバレーボールを教育に取り入れ、生徒たちに指導した。1920~1924年に教員養成所を卒業した教師たちもまた、短期間でバレーボールをさまざまな学校に広めた。学校間の競技会から始まったバレーボールは、その後スポーツクラブとして結成されたチームによって大きく発展し、1952年からは海外の試合にも参加するようになった。

 1958年まで公認の審判員がいなかったトルコバレーボール界で、1958~1967年に東ヨーロッパバレーボール公認、1968~1975年にアジアバレーボール公認、1976年以降現代バレーボール公認の審判員がいる。

「ネットのスルタン」という愛称で親しまれているトルコ女子バレーボール代表チームは、2005年の地中海競技会と女子春季選手権で優勝した。2007年には初めてグランプリの出場権を獲得した。同年、オールスター大会が始めて行われ、バルカン選手権で男子ユースバレーボール代表チームが金メダル、女子ジュニアバレーボール代表チームと男子ジュニアバレーボール代表チームは銀メダルを獲得した。女子ジュニアバレーボール代表チームは、第1回黒海競技会で金メダル、世界選手権では銀メダルを獲得した。



バスケットボール
公式記録によると、トルコ初のバスケッットボールの試合は、1904年にイスタンブールのガラタサライ高校体育館で行われた。1921年、初のバスケットボール事務局が開設された。1934年にバスケットボール代表チームが結成され、1959年にはバスケットボール連盟が設立された。

エフェス・ピルセン・バスケットボールチームの1995-1996年シーズンのヨーロッパ・ラディヴォジ・コラチュ杯での優勝は、トルコのヨーロッパ大会における初の快挙である。

トルコは2006年に日本で行われた第15回世界バスケットボール選手権で第6位となった。ユース世界選手権とU-21ヨーロッパ選手権では第2位になっている。

トルコのバスケットボールは、2006-2007年シーズンに男女のクラブチームの参加によりヨーロッパ杯で10チームが出場した。



ボクシング
 
トルコ初のボクシングクラブは1919年にイスタンブールで結成された。国際試合には、モスクワとバクーで初めて参加した。1940年にアメリカで開催されたゴールデングローブ・アマチュア・ボクシング選手権において、メリヒ・アジュバが66キロ級で優勝した。

トルコのボクサーたちは、1984年のオリンピックで2人が3位入賞、1996年のアトランタオリンピックで2人が準優勝、2004年のアテネオリンピックでも2人が準優勝した。1999年にアメリカで開催された世界選手権で、シナン・シャミル・サムが91キロ級で優勝した。トルコのボクサーたちは、2007年に行われたトーナメントや選手権などで優勝18回、準優勝20回、3位入賞53回という成績を収めた。



陸上競技
 
トルコ初の本格的な陸上競技大会は1922年に始まった。初のトルコ選手権は、1924年にエスキシェヒルで行われた。ルヒ・サルアルプが1948年のロンドン・オリンピックで三段跳競技で3位、イスマイル・アクチャイが1968年のメキシコ・オリンピックでマラソン競技で4位、メフメット・テルジが1983年の地中海競技会で1位、セムラ・アクスが1987年に地中海競技会で3位になったことは、陸上界における偉大な業績である。1990年代にはセラプ・アクタシュがマラソンの国際大会でトルコ人で初めて金メダルを獲得した。2002年には中距離選手のスレイヤ・アイハンがヨーロッパチャンピオンになった。2004年にはエルヴァン・アベイレゲッセが5000メートルで世界記録を樹立した。アベイレゲッセは、2005年と2007年のヨーロッパ杯1万メートルで優勝した。

2007年、ハリル・アッカシュはヨーロッパ室内選手権の3000メートルで4位になった。



レスリング
トルコ人はレスリングを紀元前2世紀には行っていた、という記録が残っている。しかし、グレコローマンスタイルは、1903年に初めてベシクタシュ・クラブで始められた。トルコの伝統的なオイルレスリングとカラクジャク・レスリングは全国600ヶ所以上で行われているが、そのなかで最も重要なのは、2007年に第646回目の大会が行われた「クルクプナル・ペフリヴァン・オイルレスリング」である。

トルコ代表チームは2007年初め、グレコローマンスタイルのワールドカップで3位となり、国際ヴェフビ・エムレ大会とヤシャル・ドウ大会で団体優勝した。また2007年9月にバクーで開催された成人男子レスリング世界選手権フリースタイルでは、金メダルを獲得、5階級で団体2位となった。トルコレスリング代表チームはは2007年に世界選手権、ヨーロッパ選手権、国際トーナメントで金メダル107、銀メダル83、銅メダル164を獲得し、連盟間で1位となった。また2007年にトルコで開催された世界レスリング・ゲームズでは、サンボ部門とビーチ・レスリング部門においてトルコが団体優勝した。2008年7月、トルコでユース世界選手権が行われた。


トルコ人気スポーツ


重量挙げ
重量挙げがトルコにもたらされたのは1890年代のことであり、1924年のパリオリンピックが初の国際大会出場となった。1959年にベイルートで開催された地中海競技会でメティン・ギュルマンが75キロ級で優勝し、トルコ人で初めて金メダルを獲得した。トルコの重量挙げは1980年代にはヨーロッパランク上位10位内、世界ランク上位20位内に位置していた。

自己の体重の3倍もの重さを挙げる初の重量挙げ選手ナイム・スレイマンオールが1986年に登場したのは、我が国の重量挙げ界における転換期となった。ナイム・スレイマンオールとハリル・ムトゥルは、トルコの重量挙げ界において、世界記録を樹立したりオリンピックで金メダルを獲得したりした最優秀選手である。

1959年から2007年にかけて行われたさまざまな国際大会でトルコは、金メダル495、銀メダル477、銅メダル421、合計1,393のメダルを獲得した。

2008年ヨーロッパ重量挙げ選手権でハリル・ムトゥルはスナッチで金メダル、ジャークとトータルで銀メダルをとった。シベル・オズカンはジャークで金メダル、トータルで銀メダル、ヌルジャン・タイランはトータルで金メダル、ジャークで銀メダルを獲得した。

 

水泳
トルコの水泳競技の歴史はかなり過去までさかのぼることができるが、初めての定期大会は1923年9月15日にブユクアダで行われた。トルコ人水泳選手の初の国際試合への参加は、1934年にソ連で行われた大会だった。ムラト・ギュレルは1954年8月10日、トルコ人で初めてラ・マンシュ海峡を16時間50分という記録で泳いで横断した。
1970年代には屋内外プールが開かれ、子供対象の活動が水泳競技の成功を導いた。2007年、LENオープンウォータースイミング決勝戦が初めてメルシンで開催された。これは、トルコ初の海の競技である。LEN主催で2009年に開催されるヨーロッパ短水路選手権の開催地がイスタンブールに決定した。
また、4月23日世界子供水泳選手権がLENの活動の一環として国際規模で初めて行われた。トルコ水泳代表チームは2007年に行われた第1回黒海競技会で2位になった。


体操
ガラタサライ高校での定期的活動により始まった体操競技の初めての国際大会での成功は1906年のオリンピックでのことであった。1957年、ネジメッティン・エルカンを会長として体育総局付属の体操連盟が設立された。1959年にボーイスカウト連盟から分かれ、体操連盟として始まった活動は、演技体操部門と一般体操部門に分かれた。1961年、国際体操連盟(FIG)、1983年に欧州体操連盟(UEG)、2000年には国際ダンス連盟(IDSF)の会員になった。

体操部門跳馬の「ムラート・ジャンバシュ技」、平行棒の「スアット・チェレン技」、そしてリスボンで開催された第15回新体操競技会での「シュクラン技」は国際体操連盟(FIG)に登録された。体操連盟は2006年5月31日付けで経営及び財政面で独立した。2007年に体操部門で金メダル17、銀メダル12、銅メダル10、合計39のメダルを獲得した。第1回黒海競技会では、トルコ新体操代表チームは団体2位、バルカン新体操選手権で団体3位になった。段違い平行棒で初出場のウミット・シャミルオールはワールドカップで1位と6位、ヨーロッパ体操選手権大会個人7位になっている。


アーチェリー
トルコの先祖伝来のスポーツであるアーチェリーの歴史は、紀元前5000年頃にまでさかのぼることができる。アーチェリー振興を目的として1937年に偉大な指導者であるアタチュルクの命によりアーチェリー連盟が設立された。2007年にイズミールで開かれた第9回世界室内アーチェリー選手権大会ユース女子でビュシュラ・サイグン、オズレム・クルチュアスラン、ギュル・エセン・ジェビが団体で優勝した。ポルトガルで行われた第9回ユースヨーロッパ選手権では、ユース男子個人でギョクハン・アテシュが1位、エネス・ウールルが2位になった。第1回黒海競技会ではユース女子代表チームが3位、ユース男子代表チームが1位となった。個人戦ではブラク・ベイディルリが優勝した。ギリシャで行われた第1回南東ヨーロッパ競技会の個人戦でエニス・ウールルが優勝し、ブーラ・エルバイが2位、ブラク・ベイディルリが3位になった。ユース女子でビュシュラ・サイグンが1位、ス・トゥトゥク・カントールが2位になり、ユース女子代表チームとユース男子代表チームは団体優勝した。


自動車競技
トルコで初のカーレースは、トルコ自動車スポーツ協会(TOSD)の主催により、1927年にヴェリエフェンディで行われた。1937年、ELPAバルカンラリーがトルコ自動車クラブの支援によって開催され、アジゼ・ハヌムが女子の部でバルカンチャンピオンになった。1954年、6,000キロメートルのツール・ド・フランスでイブラヒム・バフチェリが自己カテゴリーで優勝した。

1967年にトルコで初めてエーゲ・ラリーが開催され、1972年のヨーロッパ・ラリー選手権までポイント係数をあげ、チャンピオンシップ・ポイントを与え続けた。

 バルカン諸国に住むアリ・シパヒ、アイハン・トクヤイ、デミル・ビュケイ、レンチ・コチベイ、ファールク・スレンなど20人近くのレーサーが自動車競技界において短期間でトルコの名を広め、国内の自動車競技への関心を高めた。

1972年にギュナイドゥン(FIAT)ラリーが初めて開催された。そして、1999年のラリー・オブ・ターキーは、ヨーロッパ・ラリー選手権にポイント係数20を出した。このようにしてトルコは、ヨーロッパ・ラリー選手権も含めポイント係数20となり10競技中1競技を主催する国となった。

トルコ自動車競技連盟(TOSFED)によって開催されたアナトリア・ラリーは2003年にWRCカレンダーに、2005年にはトルコはフォーミュラ1世界選手権シリーズに組み込まれた。そして、トルコ・フォーミュラ1世界選手権が2005年、イスタンブール・レーシング・サーキットで開催され、国際的成功を収めた。2006年のシーズンには、初のトルコスポンサーによるペトロルオフィシ・トルコグランプリが開催された。ペトロール・オフィシ・トルコGPは2008年5月9~11日、イスタンブール・パークで開催された。

2007年には、トルコが初めてヨーロッパ・ラリー選手権を含む3つの選手権を一本化した。FIAヨーロッパ・ラリー選手権(ERC)、大陸間ラリー選手権(IRC)、アルカス自動車トルコラリー選手権を評価したフィアット・ラリーは大きな反響を呼んだ。選手権以外ではメソポタミア・ラリーが2007年のシーズンで注目を浴びている。



スキー
 
1933年にガラタサライ高校の教師グループが初めてウルダー(ウル山)でスキーをした。1935年に「登山馬術連盟」、その後「登山冬季スポーツ連盟」に名を変えた今日のスキー連盟が設立されると、スキーは急速に発展し、国際大会にも出場するようになった。トルコスキー連盟は2005年4月24日に経営財政面で独立した。2007年3月から2008年1月までに行われた大会で、トルコ人選手は金メダル9個、銀メダル20個、銅メダル72個を獲得した。

トルコ人気スポーツ


柔道とクラシュ
いくつかの記録によると、柔道は中央アジアで生まれたトルコの古いスポーツである。しかしその後日本に伝わり、日本人によって定型化され、規則に基づいたスポーツとなった。トルコに柔道が伝わったのは1964年以降ではあるが、1971年に開催された地中海競技会でトルコ人選手は5つの階級で5個のメダルを獲得し成功を収めた。2007年にマルタで行われたU-21ヨーロッパ柔道選手権で、タンジュ・ソルティとトゥーバ・ゼヒルが金メダル、フェッヤズ・ヤズジュが銀メダルを獲得した。

 クラシュは、トルコ独自の武道である。ルールの多くは柔道と共通であるが、クラシュには寝技がない。技はすべて立った状態で行われる。2007年にトルクメニスタンで行われた成人女子クラシュ世界選手権で、アイヌル・サマトとギュルシャフ・コジャトゥルクが金メダル、キュブラ・テクネジが銀メダルを獲得した。


ビリヤード
19世紀始めに宮殿や大邸宅に置かれていたビリヤード台は、1935年以降若者たちの通う遊技場に設置されるようになった。ビリヤード連盟は1993年に設立され、2006年に独立した。世界中に名の知られているトルコ人チャンピオンのセミフ・サイグネルがアルゼンチン、コロンビア、アメリカ、日本、ヨーロッパのすべての国からショーに招待されたこと、訪れた各国で人々に自分の言葉でショーを行ったことにより、ビリヤード界においてトルコに特別の尊敬の念が与えられた。2003年にセミフ・サイグネルは「今年のスポーツ選手」の称号とともにスーパーカップを獲得した。またスリークッショントルコ代表チームは2003~2004年、2年連続で世界チャンピオンとして歴史に名を残した。2006年に開催された世界選手権でセミフ・サイグネルは2位、タイフン・タシュデミルは3位となった。2007年には、エイリュリュ・キバルオールがポケット・ビリヤードで女子ヨーロッパチャンピオンになり、セルダル・ギュムシュがマラティヤで行われたアーティスティック・ビリヤードヨーロッパ選手権で優勝した。大会数が2つから9つに増え、さまざまな層の選手が出場できるトーナメントが開かれた。

4名から17名限定・バスはお1人様2席利用のグループツアーの他、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』
バーゲンツアー
4名から17名限定・バスはお1人様2席利用のグループツアーの他、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

4名から17名限定・バスはお1人様2席利用のグループツアーの他、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』
トルコツアー人気ツアーランキング TOP10
ターキッシュこだわりの10ポイント
4名から17名限定・バスはお1人様2席利用のグループツアーの他、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』
ターキッシュエア&トラベルについて
4名から17名限定・バスはお1人様2席利用のグループツアーの他、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

4名から17名限定・バスはお1人様2席利用のグループツアーの他、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

4名から17名限定・バスはお1人様2席利用のグループツアーの他、1名催行のアレンジ自由自在プライベートツアーやオーダーメイドツアーもお任せください | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る