トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコ基本情報

トルコ語について


トルコ語でありがとうはどう伝えれば良いの?感謝を伝える方法・場面とは

これからトルコ旅行を検討している人のなかには、トルコ語で「ありがとう」をどう伝えれば良いのかわからない人もいるでしょう。この記事では、トルコ語で感謝を伝える方法や、状況別に適した表現方法などを紹介します。相手に「ありがとう」と伝えられた際の返答方法も説明しますので、楽しいトルコ旅行に向けて役立ててください。

1.トルコ語のありがとうの主な種類

トルコ語の「ありがとう」は、丁寧さや親密さの具合によって、それぞれ適した言い方があります。まず、「Teşekkür ederim(テシェキュル エデリム)」です。これは、日本で一般的に使う「ありがとうございます」に相当し、現地のお店のスタッフ、街中の初対面の人に対しても問題なく感謝の気持ちを伝えられるでしょう。ややカジュアルな言い方をしたいなら、「Teşekkürler(テシェキュレール)」です。現地のガイドさんなど、ある程度親しくした人に対して使うのが向いています。さらに、もっとくだけた言い方「Sağol(サオール)」もありますが、こちらはあまり使う機会がないかもしれません。仲間内で使うような親密さを含んだ言い方なので、特に目上の人には避けたほうが無難です。

現地で使われる機会は多くないかもしれませんが、丁寧に感謝の気持ちを伝えたい際には、「Minnettarım(ミネットリム)」という言い方をする場合もあります。ほかにも、トルコはフランス文化が浸透しているため、フランス語の「ありがとう」にあたる「Merci(メルシー)」も使われます。

2.状況別で使い分けるトルコ語のありがとうのフレーズ

旅行中には、あらゆる状況で「ありがとう」を言いたくなるでしょう。状況別に使い分けを紹介します。

2-1.食事への感謝をしたい時

レストランやホテルで食事が終わった際に、「作ってくれてありがとう」という気持ちを伝えるには、「elinize sağlik(エリニデ サールック)」というのがよいでしょう。これは直訳すると、「あなたの手に健康を」という意味ですが、日本語でいう「ごちそうさま」に似たようなニュアンスがあります。また、おいしい気持ちを表現したいなら、「Harika(ハーリカ)」が便利です。これは、「素晴らしい」という意味のトルコ語で、一般的に何かを褒めたいときに使えるので覚えておくと便利かもしれません。

レストランでは、現地の人とコミュニケーションをとる絶好のチャンスです。ほかにもスタッフを呼び止めるときに「ちょっとすみません」という意味で使える「Bakar mısınız? (バカル ムスヌズ) 」や、「こんにちは」に相当する「 Merhaba (メルハバ)」などを覚えると、簡単な会話に役立てられるでしょう。なお、「召し上がれ」に相当するのが、「Afıyet Olsun (アフェイット オルスン)」で、旅行中にお店の人から呼びかけられることがあるかもしれません。

2-2.見た目を褒められた時

お店や屋台などでは、外見を褒められることがあるかもしれません。トルコでは相手の見た目などを褒める際に「素敵ですね」という意味合いで、「Güzelsin(ギュゼルスン)」、または「Yakışıklısın(ヤクシュクルスン)」という言い方を使います。こう言われたときに返答に便利なのが、「sen de(センデ)」という言い方です。意味としては「あなたもです」というニュアンスで、自然なコミュニケーションをとることができるでしょう。

2-3.親切にしてもらった時

親切にしてくれた人や、会社の上司などに尊敬の気持ちを伝える際には、「尊敬します」という意味の「Saygı var(サイグ バル)」が使えます。また、相手から何かをしてもらったときに感謝を伝えるには、「嬉しかったです」という意味の「Sevindim(セビンディンム)」がおすすめです。セビンディンムというのはほかにも、「幸せです」、「無事でよかった」など気持ちがこもったシーンで使われるので、覚えておくと使い勝手がよいでしょう。

3.観光時に覚えておくと便利なトルコ語のありがとうのフレーズ

まず、「Çok Teşekkür ederim(チョクテシェッキュレデリム)」が挙げられます。これは、「色々とありがとう」という意味で、「Çok(チョク)」が「とても」という意味です。「Teşekkür ederim(テシェッキュレデリム)」と組み合わせて使いましょう。「Teşekkür ederim」を使う言い回しで便利なフレーズは他にもあります。たとえば、親切にしてくれた人に「ご親切を感謝します」と伝えたい場合には、「Nezaketiniz için teşekkür ederim(ネゲーケティニズ イチン テシェッキュレデリム)」と言います。少々長い言い回しですが、「Nezaketiniz」は、英語でいうkindness(親切)に相当します。また、宿泊地などで、色々とお世話になりましたと伝えたい場合には、「Yardımın için teşekkür ederim(ヤルドゥムヌズィチン イチン テシェッキュレデリム)」と伝えます。なお、「Yardımın」は、英語でいうhelp(助け)に相当します。

このように、「Teşekkür ederim」を覚えておくと、非常に応用がきくといえるでしょう。なお、トルコでくしゃみをすると、「Çok yaşa (チョク ヤシャ)」と言われることがあるかもしれません。「長生きしてください」という意味なので、感謝の気持ちをこめて「Sen de gör (セン デ ギョル)」伝えましょう。直訳すると、「あなたも私の長生きをみてください」となります。

4.観光時にトルコ語でありがとうを使うときのポイント

観光の場面で初めて出会った人に使う感謝の言葉としてふさわしいのは、「ありがとう」の意味の「Teşekkürler(テシェキュレール)」です。これは便利で多用しやすい言葉ではありますが、年配の人など目上の人が多い観光地であれば、もう少し丁寧な言い方が好まれるかもしれません。そんなときは、「Teşekkür ederim(テシェキュル エデリム)」と伝えることをおすすめします。また、ムスリムの人が多いトルコでは、「Allah razı olsun(アッラー ラーズ オルスン)」という言葉を聞くことがあるかもしれません。これは、イスラム的な意味の「ありがとう」なので、ムスリムではない観光客が使うとおかしな印象を与える場合があります。あえて自分から使う必要はないでしょう。

トルコ旅行の際、どういったときに「ありがとう」と言うのがよいか、わからない人もいるでしょう。基本的に、日本と同じようなタイミングで問題ありません。マーケットで買い物して商品を受け取るときや、カフェなどで注文した商品が運ばれてきたときに、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。トルコはもともと親日国家であり、日本人に対してやさしく接してくれる人が多いとされています。さらにイスラム文化としても旅人には親切にすべしという考えがあることから、トルコを旅すると、心のこもったやり取りを数多く経験できるかもしれません。おもてなしをうけたら、積極的に「ありがとう」を伝え、コミュニケーションを楽しみましょう。

5.トルコ語でのありがとうに対してどう返事をすれば良いの?

観光をしていると、相手から「ありがとう」と言われることも大いにあるでしょう。せっかくの機会なので、自然なやり取りを楽しみたいものです。まず、「どういたしまして」と伝えたい場合には、「Rica ederim(リジャーエデリム)」が適しています。「こちらこそ」ならば、「Bilmukabele(ビリムカーベレ)」、「いいんですよ」だと、「Bir şey değil.(ビルシェイデイル)」という言い方もあります。この3つのフレーズは意味として似通ってはいますが、最も一般的に使われているのは、「Bir şey değil」でしょう。なお、くだけた言い方では、「kafana takma(カファナタクマ)」と声をかけるケースもあり、これは「気にするな」という意味にあたります。

トルコ旅行の際にはトルコ語でありがとうを伝えよう

トルコ語の「ありがとう」にはさまざまな種類があります。相手や状況によって適切な表現を使うようにすると、より細かいニュアンスを伝えられます。また、相手から「ありがとう」を言われた際に、「どういたしまして」などと言葉を返せると、自然な会話が成り立ちます。ぜひ、トルコ旅行の際には「ありがとう」を多く伝えるようにしてみましょう。

 
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る