トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ基本観光情報

トルコの電圧・プラグ・Wi-Fi環境


トルコの電圧

トルコの電圧
トルコの電圧は220Vで周波数は50Hzです。
240Vまで対応の電化製品であれば、変圧器を使わずにそのままご利用頂けます。
最近のスマートフォンや携帯電話、デジカメ、タブレットの充電器は220Vにも対応しているユニバーサル仕様がほとんどですが、持っていく電化製品については念の為、220Vに対応しているかを必ずご確認ください。
対応可能なV(ボルト)数は、電化製品の説明書か本体の仕様欄に表示されています。
(例:「100-240V」や「100-230VAC」という記載があれば、220Vに対応しています。)

ヘアアイロン(コテ)やドライヤーは?

日本製のヘアアイロン(コテ)やドライヤーは100Vまでしか対応していない製品が多いのでご注意下さい。また、ヘアアイロン(コテ)やドライヤーなど熱を発する家電の場合、安定した電圧を保つ為に高性能かつ重量のある大容量な変圧器でないと壊れてしまう可能性が大いにあります。その為、ヘアアイロン(コテ)やドライヤー持参する場合は、海外でも使用可能な製品を持参する事をおすすめします。
※デラックスクラス以上のホテルの客室には、ドライヤーが必ず備え付けられています。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

電気ポット・電気ケトルは?

先ず、手元の電気ポット・電気ケトルが220Vに対応しているかの確認が必要です。対応していなかった場合、電気ポット・電気ケトルもヘアアイロンやドライヤー同様に、変圧器は大容量の物が必要となります。どうしても必要な場合は、海外でも使用可能な電気ケトルを持参する事をおすすめします。
※デラックスクラス以上のホテルの客室には、電気ポットまたは電気ケトルが設置されている場合もあります。

日本の電圧は世界一低い100Vになっています。日本の電圧と比べるとトルコは高電圧なので、日本の家電製品を使う場合は基本的に変圧器が必要となります。
ただし、持ち運びに便利な小型の変圧器のほとんどは電気容量が少なく、物によっては充電器くらいにしか使用できない変圧器もあります。ドライヤーやポットなど大きな電力を使う場合には、それに対応できる大容量の変圧器が必要となりますが、電気容量が大きい代わりに非常に重くかさばり且つ高価、旅行での持ち運びにもとても不便です。
どうしても日本の製品を使いたいという場合は海外対応の製品を準備される事をおすすめします。

電化製品を使用する際は、バスルームや洗面所内など水の近くでの使用は十分に注意し、電化製品の充電は避け部屋内で行いましょう。

トルコのプラグ(コンセント)

image_plug トルコの電源プラグ(コンセント)の形状は日本のものとは異なります。
日本の電源プラグ(コンセント)の形状はAタイプなのに対して、トルコは2本足のCタイプがメインになります。その為、日本の電化製品を使用する場合には変換プラグ(コンセント)が必要となりますので必ずご持参下さい。

世界各国、様々なプラグ(コンセント)の形状があります。変換プラグの製品の中には、1つで数種類の形状に対応しているマルチ変換プラグもあります。この先、海外旅行を多く計画される方はマルチ変換プラグをひとつ持っていれば便利かもしれません。形状を常に気にして旅行する必要もなくなるのでおすすめです。

USBケーブル

USBケーブル
最近のスマートフォンやタブレットの充電にはUSBケーブル仕様が主流となっていますが、同様にほとんどの航空会社の機内の座席もコンセントよりUSBポートが主流となっています。また、トルコ国内でも移動車両によってはUSBポートが付いている場合もあります。
充電切れなどの万が一に備え、USBケーブルは手荷物として持っていると便利です。
USB電源アダプターも必須ですが、変換プラグもお忘れなく。
尚、移動車両には充電用のプラグ(コンセント)は付いていません。必要な場合は、モバイルバッテリーをご用意ください。

トルコで電化製品を使うときに持っていくべきアイテム ~まとめ~

プラグ ①変換プラグ(コンセント)
これがないと日本の電化製品の充電が出来ませんので必ず持って行きましょう。

②変圧器
持参する電化製品が220Vに対応していない場合には必ず持って行きましょう。

③USBケーブル/アダプター
USBケーブルがあれば、飛行機などでの移動中でも充電が可能になります。USBケーブルだけでは充電出来ない場合にUSBアダプターが必要になるのでセットでお忘れなく。

④延長コード
変換プラグでも十分ですが、延長コードがあると何気に便利です。
例えば、ホテルの部屋のコンセントの場所が不便な場所だった場合、複数人で旅行をする場合みんなで一斉に充電するのにコンセントの数が足りないなど、延長コードが役に立ちますよ。

トルコのWi-Fi環境

トルコでは、イスタンブールやアンカラといった大都市やカッパドキアのような観光地であれば街中の多くの場所にWi-Fiが配備されています。街中のカフェやレストランであればほとんど無料Wi-Fiがあります。イスタンブール空港内でも1時間のみ無料でWi-Fi利用が可能です。

ホテルの場合
 
トルコのホテルは、大都市・地方問わずほとんどのホテルで無料Wi-Fiが提供されています。もちろん、客室内も無料で利用可能です。ホテルによっては通信速度が遅かったり途中で切れたりする事もよくありますが、5つ星のデラックスクラス以上のホテルであればネット環境がより強力になります。

トルコ国内を移動中の場合
 
トルコ国内を移動する際に使用する移動車はWi-Fi付きの保証がありません。付いている場合と付いていない場合があります。Wi-Fiが付いている場合でも故障や電波事情により接続出来ない事もあります。
常にインターネットに接続されたい場合はご自身にてWi-Fiルーターをご用意ください。

トルコでスマートフォンを使う時の注意点

スマートフォン
トルコでスマートフォンを使う場合、キャリア(契約携帯会社)がトルコの電波を借りてきて使えるようにしてくれます。これを「国際ローミング」と言います。この国際ローミング契約をしていれば、特別な設定をせずに海外でもスマートフォンが普通に使えるので便利ではあるのですが高額な料金が発生してしまいます。高額な料金が発生しないようにするには、国際ローミングをしないようにしつつWi-Fiを利用してインターネットに接続します。その為には事前にスマートフォン端末での設定が必要となりますので、簡単ではありますが下記に設定方法を説明します。

モバイルデータ通信をOFFにする
 
日本発の飛行機に乗る前にモバイルデータ通信の設定をOFFにしましょう。

~iPhoneの場合~
「設定」>「モバイルデータ通信」オフ

~Androidの場合~
「設定」>「接続」>「モバイルネットワーク」>「モバイルデータ通信」をオフ設定

※アプリの自動更新やクラウドサービスの同期設定をONにしている場合、通信量制限がかかる可能性もあるのでOFFにするのが無難です。

モバイルデータ通信をOFFにする事で国際ローミングがされなくなります。
通話通信も出来なくなりますのでご注意下さい。(圏外状態)
Wi-Fiを利用してインターネットに接続する際は、お手持ちの端末のWi-Fi設定より利用したいネットワークを選択してください。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.