トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員

電子旅行取引信頼マーク

弊社はJATAがインターネット電子旅行取引で
一定の要件を満たす当該者のHPに対し認定する
e-TBTマークを取得しています

トルコの人気世界遺産

ギョベクリテペ遺跡 (文化遺産:2018年)


世界最古の歴史を覆したギョベクリテペ!トルコ観光に欠かせない世界遺産の魅力とは?

世界最古の遺跡と噂されていた「ギョベクリテペ遺跡」は、2018年に世界遺産に登録され、トルコ全域で歓喜の声が上がりました。そんな「ギョベクリテペ遺跡」には、どのような魅力があるのでしょうか。世界最古の「ギョベクリテペ遺跡」の魅力について、詳しい内容を紹介していくので、参考にしてみてください。

ギョベクリテペはトルコの南東部のシャンルウルファの丘の上に位置し、掘調査は1960年代にアメリカのシカゴ大学チームとトルコチームで発掘を始めていました。でも、その場所は長い間耕作地として使われていて、耕作に邪魔な石などは運び出されたり、破壊されたりして、遺跡としての姿はありませんでした。
その後ドイツの考古学チームが発掘を続けている最中にある農夫が畑を耕しているときに、大きな石が見つかり、どけるために石を掘っていくと石柱であることがわかり、本格的な発掘調査に入りました。掘り続けると巨大なT字型の石柱が見つかりました。また付近に大規模な遺跡群がある事も判明しました。

ギョベクリテペ
地球上で最古の高度な文明であるといわれ、最古の文明といわれていたメソポタミア文明よりも7千年も古い文明の遺跡であることが判明しました。一番古いものは今から1万2000年前のものでに建造された物として認められています。エジプトのピラミッドでさえも7,000年前の建造物であることから、かなり昔に建造された物であることがわかるでしょう。
その後埋められたり、新しい建物が作られたりを繰り返し、最終的には紀元前8000年頃には埋められたままで放棄されていることがわかりました。石柱や石壁には動物が多く掘られています。これは狩りの成功を祈ったものと考えられます。このことから今はこの地は荒地ですが、当時は動物も多く生存する緑豊かな土地であったとも思われます。

ギョベクリテペは神殿遺跡の説が強いですが、これだけの神殿を作るには長い歳月がかかり、ふつうは周りにはこの神殿に携わった者が生活する住居などがあるはずですが、まだここには住居跡が見つかっていません。農耕が始まる前、文明が始まる前にすでに宗教が存在していた!?これまでの定説を覆しています。

イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週水・土日発  全出発日催行決定 ♪

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

159,000円〜

『成田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

また世界最古の頭蓋崇拝が行われていたとみられています。ギョベクリテペで発見された3つの頭蓋骨の破片に死後に加工された痕跡が分かったといわれています。頭蓋崇拝はよくあることですが、この時代から頭蓋崇拝があったという考えは初めてです。またほかにも人の形をしたと思われる石像がいくつも発見されています。頭部や口が無いものがあり、生贄信仰があったものかと言われています。

まだ発掘は全体の5%ほどしか進んでいないため、色々な解釈がされています。
建築され、埋められ、またほかの場所に建築され、これらは一体何を意味しているのか、なぜ住居跡が無いのか、だれが作ったのかなど憶測が飛び回っています。これからさらに発掘、研究が進み、真相がわかってくる大変興味深い遺跡となること間違いないかと思います。


ギョベクリテペ遺跡の謎


gobeklitepe「ギョベクリテペ遺跡」で謎とされているのが、本来神殿を建造したのであれば、移住することを考えて、周辺に村が建設されているはずです。

しかし、「ギョベクリテペ遺跡」の場合は、近くに村落が発見されていないことから、謎が残されています。すぐに移住したにしても、大規模な建造物に村落がないのは不思議です。少なくとも、建造物が完成するまでの間は、生活していた痕跡がないと、おかしいでしょう。

研究の中には、紀元前8,000年前には「ギョベクリテペ遺跡」は放棄されており、建造されて2,000年ほどで野晒しになったことから、周辺には人が住んでいる気配が残っていないのではないかと言われています。


ギョベクリテペ遺跡から出土した石像

「ギョベクリテペ遺跡」からは、日本でいう土偶のような人をモチーフにした石像が発見されています。その中には、頭部や口が意図的に作られていない石像が見つかっているようです。これは人身御供の代替品として製造されたのではないと言われています。

また「ギョベクリテペ遺跡」から出土した石像の手の彫刻については、モアイなどの石像と共通する部分が発見されているのです。そのため、何らかの関係性があるのではないかと噂されていますが、未だに謎が多いとされています。


まとめ

「ギョベクリテペ遺跡」は、世界最古の建造物として認められ、トルコの観光地として高い人気があります。トルコ旅行の際には、ぜひ一度見て欲しいので、検討してみてください。

イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週水・土日発  全出発日催行決定 ♪

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

159,000円〜

『成田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン


Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.

ページ上部へ戻る