トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ基本観光情報

トルコの音楽


日本で有名なトルコを題材にした音楽

日本の歌謡曲にもトルコについて歌う有名な曲があります。
まず代表されるのは、50年代に美空ひばり、雪村いづみ、と共に三人娘として一世を風靡した江利チエミさんの「ウスクダラ」ではないでしょうか?

この歌は、トルクの古い町ユスキュダルへと旅していく女性とその秘書についての物語を歌ったトルコの民謡「キャーティビム (Kâtibim)」に基づいていて、アメリカ人の女性歌手アーサー・キットが1953年に録音しました。

その翌年1954年に江利チエミは「ウスクダラ」として、アーサー・キットと同様にトルコ語の歌唱や語りの部分を組み込んだ構成をとる音羽たかしの作詞により、シングルA面としてリリースし、同年の第5回紅白歌合戦でも披露されました。



その後、1978年にリリースされた庄野真夜さんの「飛んでイスタンブール」も累計60万枚を超える大ヒットとなりました。
この曲は、ブルー・ライト・ヨコハマや木綿のハンカチーフ等の超有名ナンバーを数多く残した作曲家・筒美京平氏が元々は俳優の野口五郎さんの為に作った曲でした。

野口さんの音域等を意識しながら完成した作品でしたが、仕上がり具合から「女性ヴォーカルの方が合っている」と判断し、ちあき哲也氏に作詞を依頼し発表に至りました。

ちなみに2015年には、トルコのフラッグ・キャリア ターキッシュエアラインズが日本向けの宣伝に「飛んでイスタンブール、そこから飛ぶのがルール」とこの曲を意識し、韻を踏んだキャッチコピーを採用しました。

石川さゆりさんや秋川雅史さん、平原綾香さん等、様々なジャンルの歌手がカバーされているので幅広い世代から認知される名曲となっています。

トルコ古典音楽

トルコ古典音楽
トルコ古典音楽は15世紀のオスマン宮廷で始まり、19世紀まで常に発展した。この分野の最も古い楽譜は17世紀のものである。トルコ音楽にみられる「コマ」という独特な微分音を使った音列により、多くの旋法(マカーム)が生み出された。

古典音楽に使われる楽器の主なものは、ネイ、タンブール、ウード、カーヌン、ケメンチェ、クデュム、デフ、ジル(ハリレ)などである。

1943年、トルコの伝統音楽体系のなかで独自な多声音楽を生み出すことができ、また、トルコのオーケストラで伝統的楽器も重要な役割を果たすことができると主張したフセイン・サーデッティン・アレルの指導のもと、イスタンブール市立音楽学校にトルコ音楽科が開設された。

さらに1950年代に入ると、アンカラとイスタンブールのラジオ局で様々な企画を担当したメスット・ジェミル・テルが「古典合唱団」を結成し、ウスキュダル音楽協会、東方音楽協会などの諸団体の活動とともに、トルコ古典音楽は復活の時代に入った。トルコ古典音楽における合唱団の指導を初めて専門的に行ったメスット・ジェミル・テルは、彼が結成した古典合唱団の活動をもって、それまで下火になっていたトルコ古典音楽の活動に現代的でしっかりとした音楽意識をもたらした。

1976年、イスタンブールで初めてトルコ音楽学校が設立され、ネヴザット・アトゥルーの指導により最初の国立トルコ古典音楽合唱団の活動が開始し、トルコ古典音楽の組織化における黄金期を迎えた。

この時期、文化省所属のアンカラ、イズミール、ブルサ、サムスン、ディヤルバクルおよびエラズー国立トルコ古典音楽合唱団、イスタンブール・トルコ歴史音楽団、コンヤ・トルコ神秘主義音楽団、エディルネとイスタンブールの国立トルコ音楽団などが結成された。1984年にイズミール、1988年にガジアンテップ、1994年にコンヤ、2001年にはアフィヨンで国立トルコ音楽学校が開校した。国立合唱団は今日、定期演奏会やテレビ・ラジオ出演、国内外の演奏旅行などでトルコ古典音楽の発展と普及において重要な役割を果たしている。

サーデッティン・カイナク、シェリフ・イチリ、セラハッティン・プナル、アヴニ・アヌルなどの作曲家や、サフィエ・アイラ、ハミエット・ユジェセス、ミュゼッエン・セナル、ゼキ・ミュレンなどの歌手は、より大衆的に積極的な活動を行った共和国期のトルコ音楽における著名な芸術家たちである。ミュニル・ヌーレッティン・セルチュク、アラエッディン・ヤワシュチャ、ベキル・ストゥク・セズギン、メラル・ウールル、インジ・チャユルルなどの歌手や、ニヤージ・サユン、アカ・ギュンドゥズ・クトゥバイ、ネジデット・ヤシャル、エロール・デラン、ジヌチェン・タンルコルル、イフサン・オズゲンなどの楽器奏者は、トルコ古典音楽における重要な音楽家である。

トルコ軍楽隊・メフテル

メフテル
メフテル(Mehter)とはオスマン帝国とトルコ共和国で行われてきた伝統的な軍楽です。
メフテルは古代から続く西アジアの音楽の伝統と中央アジアのテュルク民族の太鼓による軍楽を受け継ぎ、オスマン帝国の常備軍において独自の発展を遂げた音楽の体系です。
オスマン軍は士気の向上や威嚇のために軍楽隊を連れて戦争へ赴き、平時にも宮廷などの儀礼にも用いました。

軍楽隊はヨーロッパの遠征にも随行したことから、西欧の各宮廷でも知られることとなりました。
このような関係で当時の宮廷音楽家であったモーツァルトやベートーヴェンの「トルコ行進曲」は、メフテルの音楽を意識して作曲された曲なのです。

現在は参謀本部直属の軍事博物館司令部にメフテル隊がいて、イスタンブールの軍事博物館内で毎日開かれるコンサートやトルコの国家行事参加や海外のトルコ関係の仕事に出張しています。
その他に義務教育の音楽の授業でも基礎的なメフテル音楽が子供たちに教えられるなど、民族音楽として保存されています。

軍楽隊(メフテルハーネ)に使われる楽器はボルトと呼ばれるラッパ、オーボエに似たズルナという管楽器、ダブル(両面の太鼓)、ジル(シンバル)、ナッカーラ(鍋の形をした2つの小太鼓をつないだもの)、ティンパニに似たキョス、チャガーナ(鈴や三日月の飾りがついた杖)といったトルク特有の打楽器です。

このような楽器が「ドン、ドン、ドンドンドン」と勇ましく規則正しいリズムを刻み続けることで独特の雰囲気を生み出しています。
大きな特徴としてハーモニーがなく、歌が入るものと楽器だけのものがあり、一度聴いたら忘れられないような響きを持っている音楽です。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

ヨーロッパで流行した「トルコ風」の音楽

トルコの伝統軍楽・メフテルに影響されたのは前述の「トルコ行進曲」だけに限らず多岐に渡ります。

17世紀後半から18世紀にかけて西洋の音楽文化にメフテルがもたらした「異国」の音楽の影響が現れ始めます。

1720年代初頭にはポーランド王アウグスト2世にオスマン帝国皇帝アフメト3世からメフテルが送られ、オーストリアではオスマン式軍楽が取り入れられました。
クラシック音楽にもその影響は色濃く反映され、オペラやオーケストラ、器楽曲にも「トルコ風」が取り入れられます。

ドイツの詩人で音楽家のC.F.D.シューバルトはオスマン軍楽を評して、
「これほど確固とした、全てを圧倒するようなビートが要求される曲は他にない。各小節の最初のビートは新しく勇壮に刻まれる為、歩調を乱すことは実質的に不可能である」、
「好戦的で、臆病な者すら胸を張る」と述べています。

「トルコ行進曲」が有名なモーツァルトですが、実は他にもトルコを題材にした作品を作曲しています。
ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」では第3楽章に、オペラ「後宮からの誘惑」ではオペラ全体がトルコ風を意識して作られていて、トルコ風の音楽をかなり気に入っていたことがうかがえます。

有名な「トルコ行進曲」ですが、この作品は「ピアノソナタ第11番」の第3楽章のことを示します。
この第3楽章はロンドという音楽形式で書かれており、楽譜の冒頭には「Alla Turca(トルコ風に)」と書かれています。
左手の伴奏はまさにトルコの軍隊を表していて、力強いリズムになっています。

トルコ行進曲は一つじゃない!歴史が生んだ名曲の起源とトルコ音楽の魅力 | トルコ旅行・ツアー・観光なら、安心の『ターキッシュエア&トラベル』におまかせ!

ジルジャン シンバル

トルコ民俗音楽

民俗音楽の特徴は作者不詳にある。その旋律が「作者不詳」であるという特徴を持つということは、民衆の内部から涌き出る創造力が世代から世代へと伝えられることにより伝統が守られるという意味をもつ。民謡は、共和国期とともに実施された公の音楽政策によって「現代」トルコ音楽の基となった。このため全国で民謡調査が行われ、採譜と資料化作業が重視された。1936年に設立された国立アンカラ音楽学校に民俗音楽研究が一任され、1952年まで毎年行われた調査活動により1万曲が採譜され資料として保存された。

1937年に始まった国営ラジオ放送は、民俗音楽の活性化のきっかけとなった。サーディ・ヤーヴェル・アタマン、タムブラジュ・オスマン・ペフリヴァン、セルヴェット・ジョシュクンセス、ムザッフェル・サルソゼンら音楽家たちによる民俗音楽のラジオ番組は、非常な人気を博した。ラジオ以外で活動を続けたルーヒ・スは、1960年代から始まる民俗音楽の新解釈をリードした。1975年以降、ズリュフ・リヴァネリとアリフ・サーは、バーラマとその他の楽器を使って実現させたアレンジにより、民俗音楽の現代性の獲得に貢献した。

近年、トルコ民俗音楽は国内でよく聴かれる音楽ジャンルのひとつとなっている。これはラジオやテレビ放送における普及効果の他、文化観光省付属国立トルコ民俗音楽合唱団の活動によるところが大きい。合唱団は1986年にアンカラにでき、その後シヴァスとシャンルウルファにも設立され、作者不詳の伝統的スタイルをもつ民謡と作曲家による作品を、単旋律またはポリフォニーで見事に歌いあげている。

ネリマン・アルトゥンダー、ニダ・テュフェクチ、メフメット・ウズベキ、ミュケッレム・ケメルタシュ、ベディア・アカルチュルク、ハーレ・ギュル、ムーサ・エロール、ネシェット・エルタシュ、ベルクス・アッカレ、サバハト・アクキラズ、ギュレル・ドゥマン、ムフリス・アカルス、マフスーニ・シェリフらは、作曲や民謡採集、演奏活動を行っているトルコ民俗音楽の代表的な音楽家たちである。

民俗音楽で使用される主な楽器に、大小数種類のバーラマ(サズ)、カヴァル、タール、ケメンチェ、チフテ、メイ、ズルナ、ダヴル、トゥルムなどがある。

トルコ・ポリフォニー音楽

トルコの音楽
ポリフォニー音楽という言葉はご存知でしょうか?
ポリフォニーとは、複数の独立した声部(パート)からなる音楽のことで、一つの声部しかないモノフォニーの対義語として多声音楽を意味しています。

トルコにおけるポリフォニー音楽演奏は共和国になってから広まりました。
アタチュルクの指導により、音楽活動と公演において近代音楽とトルコ民俗音楽を基礎としながら、国際的な音楽技術と楽器が使われる西洋的音楽への傾倒化が進み、国外に留学した学生や国外から招聘されたジョセフ・マルクス、ポール・ヒンデミット、カール・エバート、ベラ・バルトークら専門家たちにより、基礎組織の構築が開始されました。

1936年、アンカラ国立音楽学校の創設とともに、民俗音楽の西洋の和声への組み込み活動が重視され始めた。共和国初期の作曲家、ジェマル・レシット・レイ、アフメッド・アドナン・サイグン、ウルヴィ・ジェマル・エルキン、フェリット・アルナル、ネジル・キャーズム・アクセスらは、西洋の様々な音楽学校で教育を受けました。

初期の作曲家指導者たちの後に続いた次の世代は、トルコ民俗音楽を取り入れつつ西洋的様式を用いたトルコ作曲学派を作り上げた。形式や理論における様々な違いがあるが、民俗音楽を参考にした点や、作品において郷土的モチーフと民族文化的な旋律を使った点において、初期作曲家たちとの共通点を見出すことができます。

トルコ民族文化に関する研究・調査を行ったアドナン・サイグンは印象主義から民族主義に変わり、外国での講演会やコンサートでトルコ音楽の紹介に尽力しました。
作品が多くの国で演奏されたアフメッド・アドナン・サイグンの、パリとニューヨークで公演された「ユヌス・エムレ聖譚曲」は、世界的にも有名です。

ナーズム・ヒクメット・ランの生誕105周年記念コンサートに出演したファズル・サイとズハル・オルジャイは、全く違った音楽体系の影響を受けたにもかかわらず、トルコでのポリフォニー音楽の普及と学校設立に尽力をつくしました。

トルコにおけるポリフォニー音楽の普及において、トルコで最も古い歴史をもつシンフォニーオーケストラである「大統領府交響楽団」の影響は大きいです。
国内における積極的なコンサート活動によってポリフォニー音楽の普及に関し率先的に尽力したこのオーケストラは、ドイツ、アメリカ、フランス、スペイン、イタリア、韓国など多くの国々で行った海外公演でそのアンサンブル能力の高さを披瀝し、トルコのポリフォニー音楽を世界に知らしめました。

この「大統領府交響楽団」は1826年に誕生し、トルコ革命の指導者でトルコ共和国の初代大統領、今でもトルコ国民の深い敬愛を受け続けているムスタファ・ケマル・アタチュルクにちなんで楽団名が名付けられました。

これはベートーヴェンが亡くなる前年で長い歴史と伝統を誇ります。
これまで、ルイ・フレモー、イルジ・ビェロフラーベク、ウラディーミル・フェドセイエフ、ミシェル・タバシュニクなどの名指揮者たちを客演に招き、演奏技術の向上に努めています。
その他にはイスタンブール国立交響楽団、イズミール国立交響楽団、アンタルヤ国立交響楽団、ブルサ国立交響楽団、チュクロヴァ国立交響楽団も、国内外におけるコンサート活動を精力的に続けています。

スイスのVDEGALLOは2005年に初めてのゴールデンCD賞を有名なフルート奏者シェフィカ・クトゥルエルに与えました。
国立交響楽団以外にも、ビルケント交響楽団、ボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー交響楽団やアクバンク室内管弦楽団などが、有名な民間オーケストラとして挙げることができます。

指揮者では、海外のオーケストラを指揮して数々のアルバムを発表し、受賞経験を持つヒクメット・シムシェキ、ギュレル・アイカル、レンギム・ギョクメン、ベティン・ギュネシらがいます。

また、才能ある子どもたちを支援する制度によって、海外で教育を受けた音楽家たちが育っている。イディル・ビレト(ピアニスト)、スナ・カン(バイオリニスト)、ギュヘル/スヘル・ペキネル姉妹(ピアニスト)、イスマイル・アシャン(バイオリニスト)、ファズル・サイ(ピアニスト)、ジハット・アシュクン(バイオリニスト)、アイラ・エルドゥラン(バイオリニスト)、ギュルシェン・タトゥ(フルート奏者)らは、国際コンクールで受賞経験を持ちアルバムを発表している有名なトルコ人音楽家たちです。

ポップス、ロック、ジャズ

イスタンブールジャズフェスティバル
年間に1億以上の国産・輸入ミュージックテープ、CDが販売されています。
ポップスではタルカン、バルシュ・マンチョ、セゼン・アクス、ニリュフェル、ケナン・ドール、セルタブ・エレネル、MFO、シェブネム・フェラー、テオマン、モル・ウェ・オェテシ、ジャズではケレム・ギョルセヴ、イルハン・エルシャーヒン、ニュクヘト・ルアジャン、ギュロル・アウルバシュ、オカイ・テミズらが代表的なミュージシャンです。

中でもタルカン(タルカン・テヴェットール)は「トルコの貴公子」と呼ばれる程ルックスも良く、1994年に発表したセカンドアルバム『A-Acayipsin』がトルコ国内で200万枚、欧州で75万枚のセールスを記録し、トップスターとしての位置を獲得しています。

また、2003年5月24日にレトニアの首都リガで開催された第48回ユーロビジョン・ソングコンテストに、『Every Way That I Can』という英語曲で参加したセルタブ・エレネルは、初めてトルコに1位をもたらし国際的成功を収めています。

ジャズではトルコ人ピアニスト、ファジル・サイのアルバム・ブラックアースが大ヒットし、収録されている「トルコ行進曲」が世界的に有名です。
誰でも耳にしたことのあるトルコ行進曲をジャズ風にカッコよくアレンジしていて、〝トルコ行進曲に基づく「トルコ風ジャズ」″という楽譜も出版しています。
また、「パガニーニ・ジャズ」などクラシックを題材にしたジャズも作曲しています。

女性ジャズシンガーのエリフ・チャーラルは、トルコ人としては初めて英語の歌詞から作曲やアレンジまで全ておこなったアルバム「M-U-S-I-C」を2010年に発表し大きな反響を与えました。
世界的に有名なジャズミュージシャン、アーロン・パークス(ピアニスト)、ハリッシュ・ラガヴァン(コントラバス奏者)、エリック・ハーランド(ドラマー)と共作のMisfitが2015年に発表され、2016年にディスクユニオンの依頼で日本でも好評販売されました。

また、イスタンブールでは7月にイスタンブールジャズフェスティバルを開催していて、毎年約5万人を動員しています。
これまでダイアナ・クラールやナタリー・コールといった大御所から、ノラ・ジョーンズといった若手にエルヴィス・コステロやエリック・クラプトンなど幅広いジャンルに渡ってビッグアーティストを招聘してきました。

その他にもアクバンク国際ジャズ・フェスティバルやトラキア・ジャズフェスティバルやボズジャアダ・ジャズフェスティバルもありジャズのイベントにも力を入れています。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.