トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコのお酒・飲み物|トルコワイン・トルココーヒー・トルコ紅茶

シェルベティ(ŞERBET)


宝石の様に綺麗な色の甘い優雅な飲み物「ŞERBET(シェルベティ)」を御存じでしょうか。蜂蜜、バラ、スパイスやフルーツ風味の薄いシロップの様な冷たい飲み物で、オスマン帝国時代の宮廷で愛飲されておりました。
オスマン帝国時代は、ザクロ、イチジク、スモモ、梨、桃、杏子、葡萄等の果汁、又はラベンダー、ジャスミン、蓮花、ユリ、すみれ、グミの木の花びらと砂糖や蜂蜜を混ぜて、そこにバラやジャコウや琥珀やアロエで香り付けしたりスパイスで効能を加えたりし、夏は氷や雪と一緒に冷たくして飲まれたとの事。その数は数百種とも。想像しただけで美味しそうですね!

シャーベット

シェルベティ
現在日本でもよく耳にするフルーツ味の氷菓である「シャーベット」や「ソルベ」も実はトルコ語のシェルベティが語源となっています。
トルコ語のŞERBET(シェルベティ)は元々アラビア語で「飲む」という意味の「シャリバ」が語源で、フランス語のSORBE(ソルベ)や英語のSHERBET(シャーベット)はトルコ語のŞERBET(シェルベティ)から派生したと言われております。
トルコの甘いお菓子に欠かせない砂糖水・シロップを意味するŞURUP(シュルプ)も「ŞERBET(シェルベティ)」と同様アラビア語の「シャリバ」が語源となっております。
また、「ŞERBET(シェルベティ)」は飲み物の意味だけではなく、ŞURUP(シュルプ)と同様に砂糖水・シロップの意味でも使われます。

ŞERBET(シェルベティ)の歴史

ŞERBET(シェルベティ)の歴史は古く、一番最初にペルシャ・現在のイランで飲まれ始め、アラビア圏内の特に暑い東の文明でシャルバトゥの名で数百年の間愛飲されていたらしく、『千夜一夜物語』でも記述があるとの事。
当初は消化を助けたり、体を冷やすなど医師からŞURUP(シュルプ)の名でちょっとした体調不良の為に薬の代わりに処方されたとか。その後時を経て冷たい飲み物として人々に定着して行ったとの事です。
またアラビア圏のシャルバトゥはシルクロードによって東アジアや中国までもたらされたと元の記録にあるらしく、元皇帝のクビライハンも果汁に砂糖を混ぜてバラの香りを付けた水等で風味付けし雪や氷で冷やした飲み物「舎里八」(シャルバトゥの漢字訳)を召していたとのことです。
その後オスマン帝国時代にシェルベティが広く愛飲されるようになり、人気のシェルベティはこの時代に西洋圏に伝わり、シャーベットやソルベとして広まり現代に至っております。

特別な時に振舞われる格式高い飲み物シェルベティ

シェルベティ
オスマン時代に皇帝に男の子が生まれると、色々な種類の材料で造られたシェルベティが金や銀やクリスタルでできた器に注がれお祝いに訪れた人たちに振舞われておりました。また、特に産後3日目には帝国の大宰相へシェルベティが送られる習慣があったと言われております。
その他には、婚約式の際に足付の特別な器(お金持ちは銀の器)でシェルベティが振舞われ、この習慣は一昔前までトルコで続いておりました。
現在では、地域によって婚約する二人が誓いの言葉を交わした際にシェルべティを飲む儀式が習わしとなっており、その翌日は婚約の報告の意味でシェルベットを振舞う為に嫁側は親せきや仲の良い近所の人を家に招待したりします。
また、現在のトルコの多くの地域では今でも伝統として、婚約式後、男の子の割礼式後、ラマダン等の特別な日にこのシェルベッティを振舞う習慣が続いています。

シェルベッティの作り方

シェルベティ
現在は直ぐにジュースや炭酸飲料など手軽に冷たい飲み物が手に入る為、通常あまり家庭では作ることはありませんが、ここで二つ代表的なシェルベティの作り方をご紹介します。

「Sirkencübîn şerbeti(スィルケジュブン・シェルベティ)」

歴史が古く、オスマン帝国時代の宮殿でも一番飲まれていたリンゴ酢のシェルベティ
★材料(5杯分)★
水1ℓ、リンゴ酢200㎖、蜂蜜 大さじ1.5杯
★作り方★
① 水は常温でリンゴ酢と蜂蜜を入れて、蜂蜜が溶けきるまで良くかき混ぜる。
② お好みで冷やしてお召し上がりください。
効能:滋養、血を綺麗にする、熱を下げると信じられている。

「Gül şerbeti(ギュル・シェルベティ)」

皇帝のお気に入りバラのシェルベティ。魚料理の後には必ずこれを振舞ったと言われます。
 ★材料(8杯分)★
1)シロップ:バラの花びら(赤かピンク) 250g、砂糖 1カップ
2)砂糖水:上記1)のシロップ 350ml、水 800ml、砂糖 大さじ1.5、レモン汁 レモン半分
★作り方★
1)シロップ作り
① バラの白い部分を切り取り良く洗い、水を切る。
② 良く乾かしたバラの花に砂糖をふりかけ、10~15分砂糖が溶けきるまでよく揉みこむ。手にバラの色が染みつかないように素手ではなく手袋をつけて行ってください。
③ 密封できる容器に入れて冷蔵庫で10~12時間寝かせる。
④ ガーゼの布等きめの細かい物の上に置き、木べらで濾してバラのシロップを抽出する。
2)砂糖水作り
① 鍋でシロップと水と砂糖を少し煮立て、沸騰したらレモン汁を入れ沸騰しすぎる前に火から下す。
② 覚ました後に冷蔵庫で冷やす。
効能:胸部・胃・胆のうを和らげると信じられている。

トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.