トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ料理

美味しくてヘルシーな野菜料理シャクシュカの簡単レシピ


トルコ料理の一つ「シャクシュカ」をご存知でしょうか?素揚げした野菜にトマトソースをかけた、トルコ風のラタトゥイユです。トルコの他にもイスラエルやエジプトなどでもシャクシュカという名前の料理は親しまれています。ここでは、美味しくてヘルシーな野菜料理シャクシュカをご紹介致します。

トルコのシャクシュカ

シャクシュカ
トルコのシャクシュカは、ナスやズッキーニ、ニンジンなどの野菜をダイス状に切って素揚げし、トマトソースをかけて食べるシンプルな料理です。ジャガイモを入れてボリュームアップさせたり、野菜を揚げずに炒めたり、トマトソースの上にヨーグルトをかけたりとアレンジのバリエーションも様々です。出来立ての温かい状態でも、冷やして冷製にしても美味しいです。その他の国のシャクシュカは、卵や挽き肉など野菜以外も入りますが、トルコ版は野菜だけです。油を吸った野菜がトマトソースによく絡んで、煮込み料理のラタトゥイユとは一味違う美味しさです。

トルコ版シャクシュカのレシピ

シャクシュカ
野菜たっぷりでヘルシーなトルコ版シャクシュカの簡単レシピをご紹介致します。

《材料・揚げ野菜》
ナス…1本、ズッキーニ…2分の1本、じゃがいも…1個、ニンジン…2分の1本
サラダ油…適量

《材料・トマトソース》
にんにく(みじん切り)…1片、玉ねぎ(みじん切り)…4分の1個、粗ごしトマト…100ml
トマト(湯剥きしてざく切り)…1個、甘長唐辛子(粗みじん切り)…1本
乾燥バジル・チリペッパー…適量、塩・胡椒…適量、オリーブオイル…適量

① 野菜を1㎝大のダイス切りにして、サラダ油で素揚げします。
② オリーブオイルでニンニクを炒め、香りが出てきたら玉ねぎを追加してさらに炒めます。
③ 玉ねぎが透明になったら、トマト、粗ごしトマトを加えて煮詰めます。塩・胡椒とスパイスで味を調えて最後に甘長唐辛子を加えます。
④ 器に素揚げした野菜を盛り付けて、トマトソースをかけたら出来上がりです。

お酒にピッタリ!トルコの前菜「メゼ(Meze)」:フムス、アジュル・エズメなど | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

シャクシュカの起源

シャクシュカは、北アフリカのチュニジアを起源に中東地域に広まったとされ、今ではイスラエルやエジプトなどの国で家庭料理として親しまれています。一部の料理史家によると、オスマントルコ時代に作られたもので、そこから広まったという説もあります。

イスラエルのシャクシュカ

シャクシュカ
イスラエルのシャクシュカは、卵が入っているイスラエル版の目玉焼きです。オリーブオイルで炒めたニンニク、玉ねぎ、トマトなどの野菜をスパイスで味付けして、真ん中に卵を落として焼いた料理です。パンを卵とトマトソースに浸して食べると、とっても美味しいです。フライパン一つで簡単に出来る料理なので、忙しい朝にもお勧めです。卵入りのシャクシュカはチュニジアが発祥とされていて、イスラエルの他に北アフリカや中東の各国でも朝食の定番料理です。ベーコンやソーセージを加えてアレンジすると食べ応えがアップします。スパイスの効いたトマトソースは、ビールやワインとも相性が良いです。

イスラエル版シャクシュカのレシピ

簡単に出来て忙しい朝にピッタリの、イスラエル版シャクシュカのレシピをご紹介致します。

《材料》
卵…1個、トマト缶(ダイスカット)…2分の1缶、玉ねぎ…4分の1個、ニンジン…20g
ピーマン…2分の1個、クミンパウダー・ナツメグパウダー・カルダモンパウダー・黒胡椒・塩…適量、おろしニンニク…小匙2分の1、オリーブオイル…小匙1

① 玉ねぎ、ニンジン、ピーマンをみじん切りにします。
② スキレットでオリーブオイルを熱し、野菜を炒めます。
③ トマト缶と塩・胡椒を加えて野菜が柔らかくなるまで3分程煮込みます。
④ スパイスを加えて味を調えたら、真ん中に少しくぼみをつけて卵を割り落とします。
⑤ 卵が半熟になったら、出来上がりです。

 
イスタンブール
 
人気ランキング【第1位】
 
特別無料キャンセル補償付きだから安心
 
日本帰国の際に必要なPCR検査付!
 

「ついに!トルコツアー再開」

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

339,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から19名限定・バスは1人2席

クリックボタン

チュニジアのシャクシュカ(オジャ)

オジャ
発祥の地とされているチュニジアで、シャクシュカは「オジャ」と呼ばれています。オジャは、トマトと卵の他にお肉や海鮮類も入っていて、チュニジア料理によく用いられるハリッサという唐辛子ペーストが使われているのが特徴です。オジャはオムレツという意味で、移民がオジャをイスラエルに持ち込み、シャクシュカとして知られるようになったそうです。

チュニジア版シャクシュカ(オジャ)のレシピ

お肉や海鮮類入りが特徴のチュニジア版シャクシュカ(オジャ)の中から、エビ入りのレシピをご紹介致します。

《材料》
トマト…3個、玉ねぎ…2個、赤パプリカ…2個、エビ…8~12匹、卵…2個
砂糖・塩…適量、オリーブオイル…大匙1.5、ハリッサ…適量、刻みパセリ…適量

① 玉ねぎとパプリカを半分に切って薄切り、トマトはざく切りにします。エビは殻を剥き、背ワタと尻尾を取ります。
② フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、玉ねぎを炒めます。透き通ってきたらパプリカを加え、くたっとなるまで焦がさないように炒めます。
③ ざく切りにしたトマトも入れて炒め、トマトの水分がなくなったら砂糖を少々加えます。
④ フライパンにエビを加え、火が通るまで炒めて塩とハリッサで味を調えます。
⑤ 卵をほぐし入れ、半熟のスクランブルエッグ状になるまで火を通します。器に盛りつけて、みじん切りパセリをちらして出来上がりです。

エジプトのシャクシュカ

シャクシュカ
エジプトのシャクシュカは挽き肉を入れて作ることが多いようです。挽き肉が入ることでボリュームアップし、食べ応え十分なので朝食だけでなく昼食や夕食のメイン料理にもなります。ワインとの相性も抜群です。

エジプト版シャクシュカのレシピ

挽き肉入りで食べ応え抜群のエジプト版シャクシュカのレシピをご紹介致します。

《材料・炒める具材》
合い挽き肉…100g、ニンニク(みじん切り)…1片、玉ねぎ(みじん切り)…2分の1個
卵(常温)…2個、塩・胡椒…適量、オリーブオイル…大匙1、刻みパセリ…大匙1

《材料・トマトソース》
トマト缶(ダイスカット)…2分の1缶、トマトペースト…大匙1
ナツメグ・チリパウダー…少々、クミンパウダー・パプリカパウダー…小匙2分の1

① フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、ニンニク、玉ねぎ、合い挽き肉を入れて火が通るまで弱火~中火で炒めます。
② トマトソースの材料を全て入れて10分程煮込み、塩・胡椒で味を調えます。
③ 真ん中にくぼみをつくって卵を割り入れ、半熟になったらパセリを散らして完成です。

メネメンは卵入りのシャクシュカ!?

メネメン
イスラエルやエジプトのシャクシュカは卵入りであることをご紹介しましたが、トルコにも卵とトマトを使った「メネメン」という料理があり、朝食の定番です。卵、トマト、青唐辛子に黒胡椒やチリパウダーなどの香辛料を加えて炒めた料理です。トルコのイズミル県メネメン地区に起源を持つと考えられていますが、今はトルコ全域で広く食べられています。パンと一緒に食べる朝食の定番料理です。

メネメンのレシピ

トルコの朝食で定番のトルコ風スクランブルエッグ「メネメン」のレシピをご紹介致します。

《材料》
トマト…2個、甘長唐辛子…2~3本、卵…3個、オリーブオイル・塩・胡椒…適量

① トマトは半分に切り、すり下ろします。
② 甘長唐辛子はみじん切りにします。
③ 甘長唐辛子をオリーブオイルで炒め、トマトを入れて蓋をして弱火で煮込みます。
④ 少し煮詰めたら溶き卵を入れて混ぜ、塩・胡椒で味を調えます。
⑤ 半熟のスクランブルエッグ状になったら出来上がりです。

世界のシャクシュカに似た料理

シャクシュカは、北アフリカや中近東の国を中心に様々なバリエーションで親しまれていますが、その他の国々にもトマトとその他の野菜、卵を使ったシャクシュカに似た料理が存在します。ここで、代表的な料理をご紹介致します。

トルコ料理おすすめランキングBEST20!ケバブだけじゃない絶品グルメを紹介 | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

メキシコのウェボスランチェロス

ウェボスランチェロス
ウェボスランチェロスは、トルティーヤにトマトで作ったサルサソースと卵をのせて焼いた、メキシコの代表的な朝食メニューです。スペイン語でウェボスは卵、ランチェロスは牧場という意味で、「牧場風の目玉焼き」です。トルティーヤが手に入らない場合は、トーストで代用しても美味しいです。チーズやアボカドをトッピングすると食べ応えアップします。

ウェボスランチェロスのレシピ

メキシコの朝食の定番ウェボスランチェロスのレシピをご紹介致します。少し非日常を感じたい週末のゆったりした朝食にピッタリです。

《材料》
ニンニク(みじん切り)…1片、玉ねぎ(みじん切り)…4分の1個、青唐辛子…少々(みじん切り)、トマト…2個(5ミリ角にカット)、コリアンダー…5本(みじん切り)、塩…小匙1
チリパウダー…少々、オリーブオイル…大匙3~4、卵…4個、トルティーヤ…4枚

① オリーブオイル大匙1でニンニクと玉ねぎを炒め、さらに青唐辛子とトマトも加えて塩・チリパウダーで味を調え、コリアンダーを加えます。
② 別のフライパンでオリーブオイル大匙2を入れて熱し、トルティーヤを焼いてお皿に重ねて置きます。
③ 目玉焼きを焼いてトルティーヤの上に置き、トマトソースをかけてみじん切りにしたコリアンダーをトッピングして完成です。

スペインのピストマンチェゴ

ピストマンチェゴ
ピストマンチェゴはスペイン料理の一つで、スペインのムルシア州、カスティーリャ・ラ・マンチャ州、エストレマドゥーラ州が発祥です。お肉は使わず、トマト、玉ねぎ、ナス、ズッキーニ、パプリカをオリーブオイルで炒めた後に煮込んだ料理です。フランスのラタトゥイユに似ていますが、トマトは少な目でパプリカパウダーで香りを効かせるのがスペイン流です。目玉焼きやパン、生ハムを添えて提供されることが多いです。

ピストマンチェゴのレシピ

スペイン風のラタトゥイユ・ピストマンチェゴのレシピをご紹介致します。

《材料》
ナス…3本、玉ねぎ…1個、赤・黄パプリカ…各2分の1個、ベーコン…2枚
ニンニク…1欠、オリーブオイル…大匙3、カットトマト缶…100g
パプリカパウダー…小匙2分の1、塩…小匙2分の1、卵…1個

① オリーブオイルと包丁の平面で潰したニンニクを弱火でじっくり加熱します。
② ニンニクが色づいたら取り出して、1㎝角に切った玉ねぎとベーコンを炒めます。
③ 2㎝角に切ったナスを加えて炒め合わせます。
④ パプリカ、カットトマト缶、パプリカパウダーを加え塩で味を調えて、蓋をして弱火で15~20分煮ます。
⑤ お湯に酢を少量加えて沸騰させ、卵をそっと沈めます。
⑥ 1分は触らないで卵をそのままにします。ある程度白身が色づいてきたら、菜箸でお湯をゆっくり旋回させながら2~3分待ちます。白身全体を丸くまとめたら、茶こしなどで取り上げて水気を切ります。
⑦ 器に野菜を盛り付け、卵をのせたら完成です。

詳しいレシピはこちら(Nadia)

フランスのピペラード

ピペラード
フランスのピペラードは、ピレネー山脈のバスク地方に見られる伝統的な家庭料理です。トマトやピーマン、ニンニク、玉ねぎをオリーブオイルで炒めて唐辛子を加えて煮た料理です。ピペラードはバスク語で「唐辛子」という意味で、赤唐辛子は必要不可欠な材料です。伝統的な食べ方として溶き卵を入れて半熟になるまで火を通して、焼いた生ハムを添えることがあります。また、オムレツ状にして食べることもあります。

ピペラードのレシピ

ちょっとピリ辛なペピラードのレシピをご紹介致します。

《材料》
ししとう…12個(縦半分に切って種をとる)、玉ねぎ…1個、トマト…6個(湯剥きして種をとり乱切り)、ナス…2個(1㎝角に切る)、ズッキーニ…1本(1㎝角に切る)
ニンニク…2片(みじん切り)、赤パプリカ(1㎝角に切る)、オリーブオイル…大匙4
タイム・オレガノ…各小匙1、みじん切りパセリ…大匙1、ローリエ1枚、卵…4個
塩・胡椒・チリパウダー…適量

① オリーブオイルとニンニクを鍋に入れて炒め、香りが立ったら玉ねぎを入れて焦げないように炒めます。パプリカ・ズッキーニ・ナス・ししとうを入れて5分程炒めたら、トマト、タイム、オレガノ、ローリエ、チリペッパー、塩、胡椒を加えて味を調えます。30分程煮込み、一度火からおろします。
② 鍋に溶いた卵を流し入れ混ぜたら、再び火にかけ混ぜながら5分程煮ます。全体的に半熟状になったら出来上がりです。

詳しいレシピはこちら(NHK みんなのきょうの料理)

イタリア・煉獄の卵

煉獄の卵
サイゼリヤのメニューで話題の「煉獄の卵」は、イタリアの家庭でよく食べられている卵料理です。イタリア語では、Uovo in purgatorioと呼ばれ、Uovoは卵、purgatorioは煉獄という意味です。煉獄は、カトリックの教えで天国と地獄の間にある場所で、魂が天国にいく前にそこの炎によって浄化されるといわれています。その煉獄を真っ赤なトマトソースに見立てた事が料理名の由来で、トマトソースは炎、卵は魂を表現しているそうです。トマトソースに卵を入れて焼くだけのシンプルな料理ですが、トマトの甘味と酸味に卵が絡み合いとても美味しいです。パンにつけて食べるのはもちろん、パスタやマカロニのソースにするのもお勧めです。

煉獄の卵のレシピ

少ない材料で簡単に作れて、パンにもワインにも相性抜群な「煉獄の卵」のレシピをご紹介致します。

《材料》
トマト缶…1缶(400g)、ベーコン…50g、卵…2個、ニンニク…1片、塩…適量
オリーブオイル…大匙1

① フライパンにみじん切りにしたニンニクとオリーブオイルを入れて加熱します。
② ニンニクの香りが出てきたら、1㎝幅に切ったベーコンを入れてカリッとなるまで炒めます。
③ トマト缶を入れてグツグツになるまで煮込み、トマトソースが濃くなってきたら塩で味を調えます。
④ 卵を割り入れ、蓋をして弱火で2~3分加熱します。
⑤ 仕上げにお好みで粉チーズやパセリ、バジルをのせて出来上がりです。

 
イスタンブール
 
人気ランキング【第1位】
 
特別無料キャンセル補償付きだから安心
 
日本帰国の際に必要なPCR検査付!
 

「ついに!トルコツアー再開」

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

339,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から19名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー

トルコトキャンペーンツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』, All rights reserved.