トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ料理

トルコのスープとサラダ:メルジメッキ・チョルバス、チョバン・サラタスなど


味の濃いトルコ野菜の美味しさをダイレクトに味わうスープとサラダ。トルコ野菜は日本より大きく味が濃いものが多いです。野菜や豆をふんだんに使い、野菜のおいしさを味わうことが出来るのがスープとサラダです。

スープ

トルコの食卓になくてはならない定番料理のスープ。
スープはトルコ語で「çorba(チョルバ)」といいます。家庭料理でも、レストランでもスープは欠かせない存在で、メイン料理が出てくるまで食べて待ちます。
レストランでは、テーブルに様々な香辛料や調味料が置いてあり、自分好みの味付けが出来ます。少しずつ加えて、お好みの味を探ってみても楽しいですね!
朝からパンとスープを食べられるロカンタや、スープだけを専門に扱うおレストランもあります。二日酔いの胃には優しく、寒い朝には温かく、大変人気があります。

チョルバ
多国籍・他民族を抱えたオスマン帝国から続く、多様なチョルバの歴史
トルコ料理の中でも、特にスープは種類豊かです。
オスマン帝国時代のトルコは多国籍、多民族からなる巨大帝国であり、宮殿のシェフらが研究を深めたことにより、現在までに数多くのスープが残っています。
1718~30年の間の戦乱がなく平和であった「チューリップ時代」には、西洋化の影響を受けるようになり、豪華な晩餐やお祝いの席では、食事の最初を彩る最も大事な料理となりました。かつて遊牧民であったトルコの食文化に加え、定住後に使われるようになった果物や野菜も加わり、チョルバ文化の発展に影響しています。
今や、スープはトルコ料理の代表と言えます。スープの出来が、その後の料理の評価を左右するほど大事な存在となりました。また、アナトリア地方ではスープ作りは冬支度の重要な一部であり、長い歴史をもって今も作られ続けています。

面白いネーミングのチョルバとその由来
トルコ料理には、愉快なネーミングの料理が多いです!例えばエゾゲリン・チョルバス(Ezogelin Corbasi)。レンズ豆のスープにトマトやブルグル(=デュラム小麦100%の挽き割り小麦)を加えたスープです。
「花嫁のスープ」とも呼ばれており、トルコの南東部にあるガジアンテプ地方に生きたとされている「エゾ・ゲリン」という名の花嫁が、嫁ぎ先の体の悪いお義父さんのために作ったことに由来しているといわれています。とろみがあり、雑炊感覚の身体に優しいスープです。
他にもたくさん!人気のスープはこちら

♢メルジメッキ・チョルバス(Mercimek Corbasi)

メルジメッキ・チョルバス
レンズ豆と玉ねぎを裏ごした、とろみのあるポタージュスープ。レモンを絞って食べるのもおすすめ。日本のお味噌汁のような存在の定番メニューです。身体にしみこむような優しいレンズ豆の味が特徴で、ほっこりと身体を温めてくれます。日本人の口にも合う非常においしいスープです。

♢イシュケンベ・チョルバス(Iskembe Corbasi)
羊の胃袋を使ったとても濃厚なスープです。酢やレモン果汁で味付けされたり、ニンニクや唐辛子が入っていることもあります。トルコではお酒を飲んだ後のシメとして食されることが多く、その味は日本の本場豚骨ラーメンのスープによく似ていると言われます。こってり感はトルコ人の中でも好き嫌いが分かれますが、豚骨ラーメン好きな方には、ぜひトライしてほしいスープです。

♢タウック・スユ(Tavuk Suyu)

チキンスープ
鶏肉をコトコト煮込んで、塩で味付けをしたチキンスープです。米状のパスタが入っていることもあります。日本人の口にもよく馴染み、シンプルながら鶏肉のだしを存分に味わうことのできるとても味わい深いスープです。

♢ケッレ・パチャ(Kelle Paca)
羊などの頭蓋骨部分のお肉と、足の軟骨などを使ってつくる濃厚スープ。南東部や東部でよく食べられています。豚骨スープのような濃厚さで、匂いや味に少し癖があり、溶かしバターやにんにく汁、酢などを入れ、味を調整して食べることも。
コラーゲンがふんだんに含まれているので、美容にとてもいいスープです。
  
♢ヤイラ・チョルパス(Yayla Corbasi)
ミント風味のヨーグルトのスープで、高原のスープとも呼ばれます。お米が入っていることも多く、塩で味付けをします。ヨーグルトとお米が入っているスープと聞くと、日本人には馴染みにくく感じますが、まろやかでさっぱりした優しい味のスープであるため、トルコでは子供にもよく食べられています。
日本人の口にもあう味なので、ぜひ召し上がってみてください!

♢ドマテス・チョルバス(Domates Corbasi)

ドマテス・チョルバス
裏ごししたトマトやトマトペーストを使ったスープです。トマトの旨味がギュッと凝縮されていて、酸味がありさっぱりとしているので暑いときにもおすすめです。レモン汁やチーズが入っていることもあります。

♢タルハナ・チョルバス(Tarhana Corbasi)
地方や作る人によって若干中身が違いますが、タルハナとは豆、小麦、赤ピーマン、トマト、玉ねぎ、赤唐辛子、にんにく、ミントなどを挽いて煮たものにヨーグルトを加えて発酵させ、できあがったものを乾燥させた一種の調味料です。水、ひき肉を加えてスープにします。

♢ウスパナック・チョルバス(Ispanak Corbasi)
ウスパナック=ほうれん草ですが、ほうれん草をたっぷり使ったクリーミーなスープです。ほかに、ジャガイモや生クリームなどを入れ、とても濃厚な仕上がりとなっています。オリーブオイルを回しかければ、豊かな香りも楽しめます。

サラダ

トルコサラダはメインの料理を待つ間に食べたり、メインとともに付いてくることも。シンプルに塩とレモンで味付けをするだけでもとてもおいしいです。定番サラダ以外にも、マヨネーズやシシトウなどを使って味付けされたサラダなど、種類が多いのも特徴です。ぜひ、トルコ野菜の美味しさをご堪能下さい!ここで種類豊富なトルコのサラダを紹介します。

♢チョバン・サラタス(Coban Salatasi)

チョバン・サラタス
チョバンとは羊飼いの事で、「羊飼いのサラダ」と呼ばれています。
トマトやきゅうり、唐辛子、チーズなどをサイコロ状に切ってオリーブオイル、レモン汁(または酢など)、塩で和えた簡単で美味しい、トルコの定番サラダです。人によっては、イタリアンパセリ、ミント、タイム、オレガノ、スマックなどのハーブやスパイスを加えることも。
とてもシンプルでさっぱりとした味わいなので、お肉や脂の多い料理の中では箸休め的な存在としておいしさは倍増します。野菜から出る水分をパンにつけて食べるのもおすすめです。

♢ゼイティン・サラタス(Zeytin Salatasi)
グリーンオリーブを刻み、トマトとピーマンを加えたサラダです。オリーブオイルとレモンで味付けされ、とてもさっぱりしています。


イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週火・木・土曜発

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

♢ルス・サタラス(Rus Salatasi)
ルスはロシアの意味。マヨネーズがたっぷりのポテトサラダを「ロシアサラダ」と呼んでいます。別名でアメリカン・サラタス(アメリカ・サラダ)とも呼びます。茹でジャガイモの薄切りにタマネギやレモン、ニンジン、唐辛子などを加えて、オリーブオイルと胡椒をかけます。本当にマヨネーズたっぷりなため、扱うお店は限られますが、家庭では割とよく作られます。

♢エズメ・サラタス(Ezme Salatasi)
トマト、玉ねぎ、シシトウなどの野菜を、とにかく細かく刻んだピリ辛サラダです。オリーブオイルと塩、レモンで味付けをします。食欲のなくなる暑い時期にも食が進みやすいサラダで、パンなどにつけて食べるのもおすすめです。

エズメ・サラタス
♢ボスタナ・サラタス(Bostan Salatasi)
トマトを細かく潰し、ピーマンや玉ねぎなどを入れたサラダです。甘酸っぱい味付けで、スープのように汁気が多いのが特徴で、パンなどにつけて食べることもできます。

♢ピヤズ(Piyaz)
トルコ南部アンタルヤ地方の郷土料理で、主に「キョフテ」の付け合わせや前菜として食べられることが多いサラダです。柔らかく煮た白いんげん豆を薄切り玉ねぎ、トマト、ゆで卵、にんじん、イタリアンパセリなどと一緒に食べます。レモン、オリーブオイル、塩、酢などで味付けをし、さっぱりとしています。
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.