トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ料理

トルコ風ピザ「ピデ(Pide)」


ピデとはトルコのピザとして親しまれている料理で、船に似た細長い形をしています。もちもちとした弾力がある厚手の生地に、様々なトッピングを乗せて焼き上げるのが特徴です。ピデの生地には砂糖が使われており、ほのかに甘く懐かしい味がします。
特に人気が高い具材はひき肉や卵で、ほうれん草もよく使われています。また、サラミや角切りにした肉、羊などの乳から作ったチーズもポピュラーな具材です。チキンのピデやチーズのピデなど、シンプルな味わいのものもあれば、ひき肉と卵のピデや、トマトやピーマンなどの野菜をトッピングしたピデや一度に様々な味を楽しめるピデなど、バリエーションが豊富です。

ピザの起源?ピデの歴史

ピデ
ピデの歴史は古く、ピザ発祥の地として有名なイタリアのピザの原型ではないかとも言われています。 ほとんどのピデは小舟型に成形して作られます。具材を乗せる場合には端の部分を数センチあけて、具材をのせてから内側に織り込む事によって綺麗な形で具材を囲う事が出来、それを石窯で焼きます。インドのナンにも似た食感で、もっちりとした中身に外側はパリパリとしています。ピデはピザと同じようにトッピングによって様々な味が生まれます。
また、イスタンブールのピデは生地が厚めだったり、コンヤのピデは生地が薄めだったりと、同じピデでも地方によって少しづつ違いがあったりもします。各地方のピデを食べ比べ!なんていうのも旅の楽しみのひとつかもしれませんね♪
ここではバリエーション豊富なピデの中でも代表的なピデをご紹介します!

ピデの種類


・クイマル・ペイニルリ・ピデ(Kıymalı Peynirli Pide)
トルコ語でクイマルは「ひき肉」、ペイニルリは「チーズ」を意味し、その名の通りひき肉とチーズが乗った定番ピデです。ピデ屋さんでは一番人気です。

・クイマル・ユムルタル・ピデ(Kıymalı Yumurtalı Pide)
トルコ語でクイマルは「ひき肉」、ユムルタは「卵」を意味し、こちらはひき肉と卵が乗ったピデです。

・スジュクル・ユムルタル・ピデ(Sucuklu Yumurtalı Pide)
トルコ語でスジュクルは「サラミ」で、サラミと卵が乗ったピデです。

・クシュバシュル・ピデ(Kuşbaşılı Pide)
トルコ語でクシュバシュルは「角切り肉」を意味します。こちらは羊肉のサイコロステーキが乗ったピデです。

・タウックル・ピデ(Tavuklu Pide)
トルコ語でタウックルは「チキン」で、チキンが乗ったピデです。

エトリ・エキメッキ(Etli・Ekmek)


エトリ・エキメッキ
エトリ・エキメッキは古都「コンヤ」名物の薄い生地のピデです。
トルコ語でエトリは「お肉」エキメッキは「パン」を意味し、直訳するとお肉のパンになりますが、立派なピデの仲間です。

サフランボル・ピデ(Safranbolu・Pide)


サフランボル・ピデ
サフランボル名物のピデで、炒めた牛ひき肉、ほうれん草と玉ねぎ、パセリを入れて、くるりと巻いてから焼くタイプです。外はこんがり、中はほうれん草のみずみずしさが味わえます。ほうれん草が主役で、ひき肉は引き立て役。意外とあっさりした味わいです。

ラフマジュン(Lahmacun)


ラフマジュン
ラフマジュンとは、トルコ風のピザのような料理です。パン生地を円形に薄く伸ばし、牛肉や羊肉のひき肉と玉ねぎ、トマト、ピーマン、イタリアンパセリなどを混ぜた具材を乗せて焼き上げます。イタリア風のピザと異なるのは、チーズを使わない点です。味付けは塩こしょうとスパイスで仕上げ、食べるときにレモンを絞ります。
生のレタスやトマトなどの野菜を巻いて食べることも多いです。生地が薄いので、小さく丸めればそのままかぶり付くことができます。ラフマジュンはトルコのファストフードとして親しまれており、軽食やおやつとしてはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりの料理です。
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.