トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ料理

トルコの魚料理は絶品!タラマ、ハムスィ・タワ、サバサンドなど


トルコは肉料理がメインだと思っていませんか!?黒海、地中海、エーゲ海に囲まれたトルコは、実はシーフードも豊富に獲れ、非常に美味しいのです!日本と緯度が近いため、馴染みのある食材を多く目にすることが出来るでしょう。
塩コショウで味をつけて、グリルしたりフライするのが主流の食べ方となっており、レモンやオリーブオイルをかけるのが好まれています。また、それ以外にもサラダ、おつまみ、グリルや煮込み、B級グルメのストリートフードにまで幅広いメニューが広がっており、地域で獲れる食材を余すところなく楽しむことが出来ます。
海辺地域を中心に発展した魚料理を解説していきたいと思います!

魚料理

エーゲ海・地中海周辺で出会えるシーフード

エーゲ海・地中海エリアではイカやえび、たこ、ムール貝などがよく食されています。メイン料理だけでなく、前菜・サラダからご飯料理まで、バリエーションさまざまなメニューが揃っており、フルコースを楽しむことが可能です。
リゾート地も多いこのエリアではシーフードレストランも豊富で、味もさることながら、雰囲気を楽しんだり、高級シーフード料理に出会うことも可能です。地元の人だけではなく、トルコ中、そして世界中から人の集まるエリアです。

タラマ
日本人に最も馴染み深いメニューはタラマ(Tarama)です。日本では「タラモサラダ」と呼ばれ、誰もが一度は食べたことがあるのではないでしょうか?地中海地方で良く出会うことができます。タラマはトルコ語で「魚卵」の意味で、地中海地方ではタラコではなく、塩漬けにしたコイやボラの卵を使用します。
タラマとニンニクをパンまたはジャガイモに練り合わせたメゼ(前菜)です。生クリーム、またはサワークリームなどを加えることもあります。「タラモサラダ」という日本語の語感から「タラコとジャガイモのサラダ」の略と誤解されがちですが、実は「タラマ」が由来です!

たこ料理で人気の高いのはゆでだこのサラダ(Ahtapot Salatasi)。Ahtapotは「たこ」、Salatasiは「サラダ」を意味しています。トルコではタコをゆでて食べるのが一般的で、たっぷりのゆでだこをカットして、オリーブ、ピクルス、玉ねぎやハーブなどを加え、オリーブオイルとレモン、塩などで味付けをして和えます。
とてもさっぱりとした味わいが特徴で、タコの歯ごたえを楽しみながら、ハーブのさわやかさが口一杯に広がるとても爽快なサラダです。

ラケルダ
おつまみとして人気なのがラケルダ(Lakerda)です。カツオやマグロを主に使用します。塩漬けにして熟成させ、スライス玉ねぎを添えて、オリーブオイルと共に食べます。塩辛さと、熟成した発酵感がお酒に本当によく合うので、お酒好きにはたまらない一品です! 

カリデス ギュベック(Karides Guvec)はエビのオーブン料理です。Karidesは「えび」、Guvecは「シチュー」「煮込み料理」を意味します。キノコ、ピーマン、トマト、ニンニクなどを小さくカットしてオリーブオイルで炒めたり煮込んだものにエビを加えます。
オーブン皿に移して、上にチェダーチーズやバターをかけ、オーブンでチーズがとろけて焦げ目がつくまで焼いた料理です。チーズの香りが食欲をそそる一品です。スープをパンに浸して食べるのもおすすめ♪日本人には大人から子供にまでも好まれる味付けです。

カリデス ギュベック

黒海周辺で出会えるシーフード

黒海周辺地域では地中海やエーゲ海沿岸とは、異なった種類のシーフードが見られます。多く獲れる食材は、イワシやカレイです。中でもイワシは好まれ、日本よりも小さく、骨も気にならないカタクチイワシであるため、頭から丸々すべてを食べることが出来ます。たくさんのメニューが存在しており、サラダやメイン、そしてなんとデザートにも使われているのです!
その中でも人気のイワシメニューはハムスィ・タワ(Hamsi Tava)です。Hamsiはカタクチイワシ、Tavaはフライを指しています。塩胡椒をしたカタクチイワシに、小麦粉やトウモロコシ粉の衣を付けて油で揚げます。秋~冬にかけての黒海地方の名物料理となっています。
味付けはとてもシンプルで、レモンを絞って食べるのがおすすめ!きれいに形を作って両面を揚げ、手づかみで食べるのがなんとも美味しい料理です。大人数が集まったらまずはこれ、という定番メニュー!。ワイワイと楽しみながら食べましょう。

もう一つの人気食材はカレイ(Kalkan)で、主に冬に獲れて市場に並びます。砂が何層にも重なる黒海で獲れる黒海カレイは、とてもしっかりとした白身の食感が人気です。焼いたりグリルをしたり、フライにして食べるのが好まれます。特に旬の冬は身がギュッとしまって、しっかりした素材の味わいと歯ごたえがあり、絶品の食材だと人気なのです。

Kalkan
まだまだ頻繁にはお目にかかれないこの黒海カレイの供給を増やすために、日本のJICAは1997年以来、トルコのアンタルヤを中心に養殖技術を確立するための協力を提供しているそうです。日本でも流通が増える日が来るかもしれませんが、ぜひトルコで食してほしい、お勧めの食材です。

なお、内陸部の川沿いの地域では川魚がよく食べられています。マスやスズキが多くみられる食材です。中でも川マスをフライにしたアラバルック・タワ(Alabalik Tava)は人気メニューです。Alabalikがサバですね。カッパドキアなど川沿いを中心によく見られるメニューです。
塩で味付けされたシンプルな味わいが特徴で、オリーブオイルやレモンをかけて食べます。白身がとってもさっぱりしているため、ペロリと食べられてしまいます!日本の塩焼きに近く、食べやすいのではないでしょうか?地形上肉料理が多い内陸部では、このさっぱりとした味わいが箸休めの役割も果たし、とても貴重なメニューとなっています。

イスタンブールで出会えるシーフード

イスタンブールには、トルコ中の食材が集まります。忙しいビジネスマンや、観光やショッピングで歩き回る人々を満たすために、イスタンブールでいわゆるB級グルメと呼ばれるストリートフード文化が発展しました。屋台でパッと買って、おいしく気軽に食べられるストリートフードは、シーフード食材においても人気メニューが存在します。

サバサンド
イスタンブールのB級グルメ、ストリートフードの屋台メニューの代表ともいえるのが、バルック・エキメッキ(Balik Ekmek)=サバサンドです!Balikは「シーフード」、Ekmekは「パン」を意味しています。焼く、もしくは揚げた塩鯖を、タマネギ・レタス・トマト・青唐辛子などと一緒にパンにはさみ、レモン汁と塩で仕上げます。
イスタンブールではガラタ橋やエミノニュの屋台で売られているものが特に有名です。もちろん、レストランメニューとして食べることもできます。トルコのパンは品質や値段が国で管理されているので、ハズれることなくおいしく、ファーストフードとして高い人気を得ています。

もう一つ、忘れてはならないのはムール貝です!ミディエ・タワ(Midye Tava)やミディエ・ドルマス(Midye Dolma)が特に人気で、こちらもレストランだけではなく屋台でも食べられるB級グルメ、ストリートフードとして好まれています。
Midyeは「ムール貝」、Tavaは「フライ」の意味です。ミディエ・タワ(Midye Tava)はムール貝をフリッターにしたもので、屋台では串刺しにされて出てきます。ビールのお供として、レモンやニンニクヨーグルトソースを付けて食べるのが絶品♪

ミディエ・ドルマス(Midye Dolma)はムール貝の殻に松の実、干しぶどうなどを加えたピラフを詰め、ムール貝の実を載せて、貝殻を閉めて水かスープで煮て作ります。冷やして、レモンを絞れば白ワインによく合う味わいです。Dolmaは「つめる」の意味しています。いずれも衛生面の心配もあるため、信頼できるところでどうぞ。
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.