トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ旅行・ツアーブログ・トルコツアー旅行記

【トルコサッカーリーグ】スュペル・リグ


トルコではサッカーの人気が非常に高く、国内にはプロサッカーリーグがあります。トルコサッカー連盟が1959年から主催をしているスュペル・リグ(トルコ語:Süper Lig)が国内最上位リーグとなり、1962年より欧州サッカー連盟(UEFA)に加盟をしています。

スュペル・リグには18クラブが所属し、全クラブによるホーム・アンド・アウェー方式の総当たりで試合が組まれ、各クラブは1シーズン34試合を行う。
リーグは8月から開始し、12月から1月の約1カ月のウィンターブレイクを挟んで、5月に終了をします。

スュペル・リグ
リーグの優勝クラブには翌年のUEFAチャンピオンズリーグ本大会の出場権が与えられ、2位のクラブには予選3回戦の出場権が与えられる。3位のクラブにはUEFAヨーロッパリーグの予選3回戦の出場権が与えられ、4位クラブには予選会2回戦の出場権が与えられる。2000年にはガラタサライSKがUEFAヨーロッパリーグの優勝をしている。シーズン終了時の下位3クラブは自動的に下部リーグであるTFF1.リグに降格となり、TFF1.リグから3クラブが昇格となる。

スュペル・リグは少数のチームが長期間強さを維持しており、優勝はガラタサライSK(22回)、フェネルバフチェSK(19回)、ベシクタシュJK(15回)、トラブゾンスポル(6回)、ブルサスポル(1回)、イスタンブール・バシャクシェヒルFK(1回)の6クラブのみである。そのうち4チームがイスタンブールに本拠地を置くチームです。
リーグの過去の優勝実績により、チームのエンブレムやユニフォームに金の星を付けることが公式に認められています。現在、黄金の星を掲げることが出来るチームは、ガラタサライSK(星4つ)、フェネルバフチェSK(星3つ)、ベシクタシュJK(星3つ)、トラブゾンスポル(星1つ)の4チームのみです。

2019~2020年シーズンのUEFAリーグランキングは、加盟国55ヶ国の中でスュペル・リグは11位となる。UEFAリーグランキングは過去5シーズンのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの試合結果などを元に算出をされ、同シーズンの1位はスペインのプリメーラ・ディビシオンとなる。

2019~2020年シーズンのスュペル・リグ観客動員数は約312万人となり、1試合平均約1万4千人です。ただし、ガラタサライSK、フェネルバフチェSK、ベシクタシュJK、トラブゾンスポルのBIG4の人気が非常に高く、この4チーム合計の観客動員数は約166万人となり、全体の半分以上となります。また、特にガラタサライSKはサポーターが熱狂的であることが知られており、欧州5大リーグの人気チームのサポーター以上の熱気があると言われています。イスタンブールに本拠地を置くチーム同士のダービー戦では、スタジアムの1キロ以上前から警官が両チームのサポーターのトラブルを避けるために配置をされており、スタジアム内は熱気と緊張感が漂う独自の雰囲気となります。

スュペル・リグでは1チームにつき28名の登録選手の中で14名の外国人枠があったが、2020~2021年の後半シーズンより16名に増やすことが決定となりました。そのためトルコ国籍の選手の割合が半分以下になるチームがほとんどです。世界中の有名選手がリーグでプレーをし、2000年以降は日本人選手も5名がプレーをしています。

テュルキエ・クパス(カップ戦)

テュルキエ・クパス
カップ戦は1962年より行われガラタサライSKが最多の18回の優勝を誇る。
優勝チームはUSドル1,400,000を得ることが出来る。英語名はTurkish Cup。

カップ戦は総勢156チームが参加して行われる。1回戦はTFF3.リグとアマチュアリーグの86チームで行われ、2回戦は1回戦の勝利チーム43チームに加え、スュペル・リグとTFF1.リグとTFF2.リグの65チームが参加し、108チームで行われる。
3回戦は2回戦の勝利チーム54チームで行われ、4回戦は3回戦の勝利チーム27チームに前年度にUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグに出場をした5チームが加えられ32チームで行われる。
5回戦で16チームが8チームとなり、そのあとに2グループに分けられ、1グループ4チームごとのグループステージが行われる。各グループ上位2チームが準決勝で戦い、最後に残った2チームで決勝が行われる。

優勝チームにはUEFAヨーロッパリーグの本大会の出場権が与えられる。優勝クラブが既にチャンピオンズリーグまたはヨーロッパリーグの出場権を獲得している場合は準優勝クラブに出場権がまわされ、もし準優勝クラブも出場権を獲得している場合、スュペル・リグで出場権を獲得できなかった最上位のクラブにまわされる。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

TFF1.リグ

2部リーグに相当する。18クラブによるホーム・アンド・アウェー方式の総当たりで試合が組まれ、各クラブは1シーズン34試合を行う。シーズン最終順位の上位2チームは1部のスュペル・リグに自動昇格する。3位から6位までのチームで昇格を賭けたプレーオフを行う。プレーオフは3位と6位、4位と5位のチームが戦い、勝者同士が決定戦を行
って昇格チームが決定となる。
TFF1.リグの下にはTFF2.リグ(3部)、TFF3.リグ(4部)、アマチュアの地域リーグがある。

トルコ代表

トルコサッカー連盟
トルコサッカー連盟(TFF)によって編成をされるナショナルチーム。チームの名称は国旗から、「月星軍団」と呼ばれる。1923年に国際サッカー連盟(FIFA)に加入をし、1962年にヨーロッパサッカー連盟(UEFA)に加入をした。

UEFA加盟後はヨーロッパの強豪国に後れを取っていたが、1996年の欧州選手権の本大会に初出場をする。結果はグループリーグ敗退だったが、2000年の欧州選手権にも連続で出場をし、ベスト8の結果を残す。2002年のFIFAワールドカップでは本大会に出場をし、グループリーグを2位で通過する。決勝トーナメントでは、日本とセネガルに勝ち、準決勝ではブラジルに敗れたが、3位決定戦で韓国に勝ち3位となった。その後はワールドカップの予選で敗退をし、本大会出場は出来ていない。欧州選手権では2008年のベスト4、2016年の本大会出場など、強豪国が多いヨーロッパの中で着実に力をつけている。

2020年時点での代表戦の出場記録はゴールキーパーのリュシュテュ・レチベルの120試合。
最多得点はハカン・シュキュルの51得点となっている。

強豪チームBIG3の紹介

ガラタサライSK ☆☆☆☆

ガラタサライ
イスタンブールに本拠地を置き、1905年に創立をされたチーム。トルコで最も成功をしたチームで、リーグ戦とカップ戦の最多優勝回数を誇る。2000年には無敗でUEFAカップを制し、UEFAスーパーカップも勝ち、トルコのクラブで初めてヨーロッパの優勝杯を掲げたチームとなった。トルコで最も人気のあるチームで、国内外に多くのサポーターがいる。最大のライバルは同じイスタンブールに本拠地を置くフェネルバフチェSKで、フェネルバフチェとの試合はボスポラス海峡を隔てた大陸間ダービーとして知られ、世界最大級のダービーマッチである。
チームのホームスタジアムのテュルク・テレコム・アレナはトルコのクラブが所有をするスタジアムでは最大級の大きさとなり、スタジアムには熱狂的ファンのアンセムと応援の声が響き、歓声の大きさの世界記録を保持している。それ故スタジアムは「地獄」と呼ばれ、他のチームからは試合を行うことを嫌われている。
長友佑都選手が2018年~2020年に所属をした。

公式サイト:https://www.galatasaray.org/en/Homepage

フェネルバフチェSK ☆☆☆

フェネルバフチ
ガラタサライに次いで人気のあるチーム。1907年に創立をされ、創立以来イスタンブールのカドゥキョイ地区にあるシュクリュ・サラジオウルがホームスタジアムである。
2007-2008シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではトルコ史上2度目の準々決勝に進出をしたが、グループ最下位で敗退となった。
2010-2011シーズンに国内の試合で八百長を行った疑惑が出たためUEFAチャンピオンズリーグの2013-2014シーズンの参加が禁止となり、同シーズンを含む3シーズンのUEFA主催大会の参加が認められなくなった。
元日本代表監督のジーコ氏が2006年~2008年に監督を務めた。

公式サイト:https://www.fenerbahce.org/home

ベシクタシュJK ☆☆☆

ベシクタシュ
ガラタサライSK、フェネルバフチェSKと並ぶトルコを代表するクラブ。1903年に創立をされ、スュペル・リグ優勝15回を誇る古豪。ホームスタジアムはベシクタシュ地区にあるボーダフォン・パーク。上記2チームと100年以上のライバル関係にあり、ダービー戦は満員の観客と大音量で熱狂的に盛り上がるが、近年はサポーター間の暴力行為は減少傾向にある。
2007-2008シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでは決勝トーナメントに進出をしたが、敗れベスト16の成績に終わった。
フェネルバフチェと同様に八百長疑惑があり、UEFAヨーロッパリーグの2013-2014シーズンの出場権を剥奪された。
香川真司選手が2019年1月31日より3か月の期限付き移籍で所属をした。

公式サイト:https://bjk.com.tr/en/

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

国際試合の開催

チャンピオンズリーグ UEFAチャンピオンズリーグ2019-2020の決勝戦が、イスタンブールのアタチュルク・オリンピヤト・スタドゥで開催されることが決定をしていたが、新型コロナウィルスの影響によりポルトガルの首都リスボンにあるエスタディオ・ダ・ルスに変更をされた。

翌年のUEFAチャンピオンズリーグ2020-2021の決勝戦は2021年の5月29日にイスタンブールのアタチュルク・オリンピヤト・スタドゥで開催予定。無事に開催をされればチャンピオンズリーグ決勝が2度目の開催地となる。

2004-2005シーズン決勝では、ACミランとリヴァプールFCがこのスタジアムで対戦し、70,024人の観客がスタジアムで見守る中、歴史的な試合となった。
イタリアのACミランに前半で3点奪われて負けていたイングランドのリヴァプールFCは、後半に巻き返しを図り、3対3に追いついた。そのまま90分の試合時間が終わり、そして、30分の延長戦でも決着がつかず、PK戦となり、2本連続で失敗したACミランを逆転し、優勝カップを手にした。リヴァプールサポーターからは「イスタンブールの奇跡」と呼ばれており、ACミランサポーターからは「イスタンブールの悲劇」と呼ばれている。

2019年のUEFAスーパーカップの決勝戦がベシクタシュのホームスタジアムであるボーダフォン・パークで開催をされた。このスタジアムは2016年4月11日に完成し、収容人数は約4万1千人である。リヴァプールFCとチェルシーFCのイングランドのチームでの決勝となり、PK戦の結果、リヴァプールFCが優勝をした。

イルハン・マンスズ(İlhan Mansız)

イルハンは1975年生まれのトルコ系ドイツ人。プロサッカー選手として活躍をし、サッカー選手引退後はフィギュアスケートのペアの選手となった。サッカーのポジションはフォワードで、2001-2002のシーズンに強豪のベシクタシュJKでプレーをし、21ゴールを挙げ得点王となった。活躍が認められ、2001年10月のワールドカップ予選よりトルコ代表に入り、2002年のワールドカップ日本-韓国大会に出場をした。この大会では3得点を決め、トルコ初の3位という順位に貢献をした。

トルコ国内でもスタートして人気があったが、大会での活躍が多く日本人に知れ渡ると、デビット・ベッカムと同様にイケメンとして話題になり、「イルハン王子」の愛称で女性ファンが急増をした。女性週刊誌やワイドショーで取り上げられ、写真集やDVD発売などの日本でのイルハンブームを巻き起こした。

その人気のまま2004年2月に日本のJリーグ ヴィッセル神戸に移籍をしたが、右膝のけがなどにより3試合しか出場が出来ず、8月に退団をした。その後、ドイツやトルコリーグのチームに移籍をしたが、2007年に引退をした。その後、2010年よりペアのフィギュアスケート選手として活動をした。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.