トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

トルコ旅行・ツアー
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコのお酒・飲み物|トルコワイン・トルココーヒー・トルコ紅茶

トルコビール


トルコにビールなんてあるの?ビール好きだけど旅行中に飲めるのかな?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。トルコはイスラム色が強いですが政教分離の国ですので、トルコ全土どこでも簡単にお酒が手に入り飲むことができます。男性だけでなく、女性も同等にビールをたしなみます。
因みにトルコ語でビールは「BİRA(ビラ)」と言います。
トルコのビールは癖がなく、さっぱりとしてビックリする程飲みやすく、普段ビールが苦手な方でも軽く飲めるので、現地で是非味わってみてください。

《トルコビールの歴史》

ビールは紀元前5000年頃、メソポタミア地方のシュメール人の女性が濡れたパンの欠片を放置し、それが自然発酵したのを見てビールを発明したとの事です。尚、当時のビールは家で作られていた為、ビール造りは女性の仕事の一つだった様です。
アナトリアでは、紀元前1800年頃のヒッタイト時代、国民にとってパンと同等にビールが最も大事な食糧・栄養素でした。当時はワインも飲まれていましたがワインよりもビールの方が一般的だった様です。宗教行事でも使われ、神々にも献上されたとの記録があります。当時はヒッタイト帝国首都のハットゥシャ(現BOĞAZKALE)周辺のÇORUM(チョルム)、AMASYA(アマスヤ)、YOZGAT(ヨズガット)、KAYSERI(カイセリ)の地域でビールが製造・消費されたとの記録があります。

トルコビールの歴史
ヒッタイトの後もアナトリアでビールの製造・消費は続けられ、紀元前700年頃アナトリア西方のフリギア王国のミダス王の葬儀の際もワインと蜂蜜とビールを混ぜた特別なお酒が飲まれたことや、発掘された門からフリギア人の間でビールが飲まれていたことが解ります。
紀元後キリスト教と共にヨーロッパの教会や修道院で主に作られるようになったビールは中世ヨーロッパで近代化され、1839年にオスマン帝国が西洋に開国し始めた頃、オスマン帝国内のイスタンブール、イズミール、テッサロニキ(現ギリシャ領)、ベイルート(現レバノン首都)に持ち込まれました。その後、オスマン帝国内でも製造されるようになりイスタンブールとイズミールで小さなビール販売店が出来た後、1840年代BIRAHANE(ビール酒場)ができ始めました。
トルコで初めて出来た現代的ビール製造工場は、1890年スイス人のBOMONTI(ボモンティ)兄弟がイスタンブールのFERIKÖY(フェリキョイ)に作った工場です。この工場は1938年にTEKEL、その後EFES PILSENへと経営者が変わりながら1991年までビール工場として運営されていました。

ボモンティ
歴史的建物でもあるBOMONTIビール工場は2015年に内部を大改装し、現在はレストランやクラフトビールのお店、ライブハウスが入るエンターテインメント施設となっています。尚、BOMONTIビールはトルコ最大ビールメーカーANADOLU・EFES社のブランドとして、今も創業時と同じ味を引き継いで提供しています。
因みに、オスマン帝国末期のビール製造量は1896年に120万リットルから、急速に上がり1913-1914年には990万リットルに達したと事です。

《ビラハーネ (ビール酒場)》

「BIRAHANE(ビラハーネ)」は直訳するとビールの家、いわゆる「ビール酒場」の事を意味します。
トルコでビラハーネが出来たのは、オスマン帝国末期の1840年代とのことで、今では地元のおじさん達が飲みに行く小さなビール酒場の事を言います。料理もメニューすら無く、本当に簡単なフライドポテトやピーナッツ程度の物があるくらいで、男性同士でサッカーや競馬を観ながら飲んで話して楽しむ場所になっています。ここには女性も観光客もまずいません。足を踏み入れると場違いな目で見られてしまいますので、お気を付けください。

ビラハーネ

《トルコ産定番ビール (トルコ3大ビール)》

EFES(エフェス)

世界遺産の古代エフェソス遺跡から名付けられたトルコを代表するビール。
1966年の創業よりずっと親しまれているのが青いラベルでおなじみのEFES PILSEN。
ピルスナーらしい綺麗な黄金色で、辛すぎずすっきりとキレがあり全く癖のない万人受けする味です。
爽やかな味わいで、どの料理にも合います。
EFESシリーズはピルスナーの他に、高アルコール、モルト、生タイプビールもあります。

トルコビール

BOMONTI(ボモンティ)

1890年トルコで一番最初の現代的ビール工場で誕生した最も歴史のあるビール。
1991年以降は、「EFESビール」で有名なトルコ最大ビールメーカーのANADOLU・EFES社のブランドとなり、「EFES PILSEN」と並んだ人気ビールとなりました。
BOMONTIビールは現在まで何度か経営者や名前が変わりましたが、創業当初から変わらない味とのこと。
麦の旨味とほんのり甘みを感じるのどごし。癖のない味でどの料理にも合います。
缶ビールよりも瓶ビールがオススメです。
BOMONTIシリーズはオリジナルの他にノンフィルター、レッドエール・黒ビール等もあり、これらもそれぞれ癖がなくコクがあり飲み易い味わいです。

TUBORG(トゥボルグ)

御存じの通りTUBORGはデンマークのビールですが、1967年よりTürk Tuborg(トルコ・トゥボルグ)社がライセンスを持ちイズミールの工場で製造しているトルコで親しまれている人気のビールです。
最近人気上昇のTUBORG GOLDは、程よいホップの香りと苦みとコクがあるが、のどごしが良く飲み易いので料理の味の邪魔をせず、どの料理にも合います。

《トルコのクラフトビール》

最近は大手メーカー以外にも地元産のクラフトビールが続々と出て人気を集めています。
ビールが多く置いてあるバーで飲むことも出来ますし、大きな外資系スーパーや市内のTEKEL(テケル)=酒屋さんに置いていることもあるので、ビール好きな方は是非お試しください。

トルコビール
・GARA GUZU (ガラグズ):
KARA KUZU(カラ・クズ)=黒い羊ラベルが可愛いエーゲ海地方ムーラ産のビール。
SAISON、IPA、Black Malt Ale、Red Ale、Blonde Ale等の香り豊かなエール系ビールが揃っています。

・PABLO (パブロ):
犬のラベルが目印のこちらもエーゲ海地方ムーラ産のビールで、ムーラ県ボドルムで2017年に始まった新しいブランド。ノーマル、ピルスナー、アンバー、IPA、アメリカンIPA、ヴァイツェンの6種を出しています。

・RED TOWER (レッドタワー):
 トルコ地中海地方のアランヤのBreweryと言うレストランで作られ、その後全国展開されたブランド。
IPA、Pale Ale、Red Aleの3種を出しています。

・ZIKKIM (ズックム):
その名もZIKKIM(ズックム)=毒。ヘルメットを被ったドクロのラベルが目印。
IPA、Wiss、Dark等を出しており、どちらも苦みが少なく飲み易い。

《カバー?》
トルコの缶ビールの上にはカバーがついています。
これは飲み口に誰も触らず清潔に保ち安心して飲めるようにと、2015年からTUBORG GOLD缶が最初に始めました。今では全部の缶ビールにこのカバーが付いているので、飲む前に飲み口を拭いたり洗う必要がありません。

トルコビール
《ビールの値段》
2020年7月現在の値段 (500ml)
・トルコ産の普通のビール:スーパー等販売店11~12TL、バーやレストラン20TL~28TL。
・高アルコール、エール系、黒ビール:スーパー等販売店13~15TL、バーやレストラン25~35TL。
・外国産ビール:スーパー等販売店13TL以上、バーやレストランで28TL以上。
※トルコは酒税が高い上に頻繁に税率が上げられている為、残念ながら年に一回はアルコールの値上げがあります。

尚、法律で22:00~翌朝06:00の間はスーパーや酒屋等の販売店でのアルコールの販売は禁止されていますので(守らない場合罰金刑)、夜にお酒を楽しみたい場合は22:00までにご購入下さい。バーやレストランでの飲酒は22:00以降でも問題ありません。

世界三大料理のトルコ料理!ケバブからスイーツまでトルコで食べた絶品グルメ、厳選100品!おすすめトルコ料理を徹底解説


イスタンブール人気ランキング【第1位】

毎週火・木・土曜発 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン


トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー

トルコ航空・関西空港就航記念バーゲントルコツアー


トルコツアーランキング


トルコツアーのこだわり


所属団体
JATAボンド保証会員

etbt

旅行業公正取引協議会
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.