トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | アンタルヤ

JATA
観光庁長官登録旅行業第1997号
日本旅行業協会 正会員
東京商工会議所 会員
トルコ旅行ガイド

アンタルヤ


トルコ観光業を担う最も重要な都市アンタルア.北西のカライン洞窟からは石器時代の品々が出土している。B.C.1900~1400年の間はヒッタイト帝国の領地であり、後にパンフィリア、リキア、キリキアの各州に分裂独立した。一時アレキサンダー大王に征服ざれたが、王の死後はその武将に引き渡された。
アンタルヤ旅行・アンタルヤツアー

トルコ観光業を担う最も重要な都市アンタルア.北西のカライン洞窟からは石器時代の品々が出土している。
B.C.1900~1400年の間はヒッタイト帝国の領地であり、後にパンフィリア、リキア、キリキアの各州に分裂独立した。 B.C.1100~800年にはフリギアとリディア人の、後にはペルシアの支配下におかれ、一時アレキサンダー大王に征服ざれたが、王の死後はその武将に引き渡された。その名を設立者であるベルガマ王アッタロス2世(B.C.2世後半)に因んだアンタルアは、B.C.67年にローマの属州となっている。
13世紀の初期にセルジューグトルコ人に征服されヽ短期間ビザンチン帝国の支配下に入った後、1426年にはオスマン・トルコの領土に組み入れられた。

1919年、イタリアに占領されて、これは1921年の撤退まで続いた。十字軍はパレスチナに向かう為に広大な小アジアの大地を横断するより、アンタルアから海路をとる方法を採用した。イヴリ・ミナーレ、ハドリアヌスの門、カレイチ、考古学博物館等が見所である。


◆イヴリ・ミナーレ◆
 町の象徴とされ、セルジューク時代からのこるイヴリ・ミナーレは、四角い土台の上に煉瓦を用いて造られた尖塔である。青い石をモザイクの様に埋め込み、装飾用にタイルも用いられている。高さ45m。隣接するビサンチンの教会をセルジュークの皇帝アラエッディン・ケイクバトがモスクに改築した際に造られたもので、取り壊された後、14世紀後半(セルジユーク時)に建築されたのが、現在残るモスクである。

◆アンタルア考古学博物館
 美しく、人々の興味を引き付ける展示物にあふれている。先史時代からヘレニズム、ローマ、ビザンチン、セルジューク、そしてオスマン帝国に属する品々を年代順に見学できる。

テルメッソス(ギュッルク山)
 アンタルアの北西30Km、二つの山の間に広がる平地、海抜1050mの地点に設けられたこの古代都市は、アレキサンダー大王が征服できなかった唯一の町として史上に名を残している。ヘレニズム時代に迎えた第一期繁栄期の後、ローマの支配下での第二黄金期になるとテルメッソスは自らの法を自ら制定できる権利を得たが、この後5世紀頃になって町は完全に過疎化した。
テルメッソス入は碑文に自らをパンフィリアの原住民であるソリムヤ人であると記している。
都市には北と南の谷から入ることができる。ジムナズィウムをオデオンから劇場へと、ストアを小路を通って見学することができ、その大部分が2世紀に道られた道路の下や端には、水路の設備が見られる。
都市の南では七つの神殿が発見されている。此れらのうちゼウス・ソリメラスの神殿は高さ4m。小規模ではあるが保存状態の良いアルテミスの神殿の門の上には、アウレリア・アルマスタという名の女性がこれを建造する為に出資した事や、彫像を夫の援助でつくらせた等、詳細にわたる内容が刻まれている。また、ローマ時代の後期に造られたコリント様式の神殿も見ることができる。この他、4,200入を収容できたヘレニズムの劇場、岩に彫られた貯水槽とオリーブオイルの瓶、そしてテルメッソスで最も良好な状態を保ち、石造りの傑作品に挙げられる演武場などがある。

    ページの先頭へ トップページへ