トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ旅行・ツアーブログ・トルコツアー旅行記

広大なアジア大陸。アジアという言葉はどのように誕生したのか、その起源をたどってみます。


古代世界でトルコを指す言葉「アジア」

日本はアジアの東の端に位置していますね。トルコは逆に西の端、一部はヨーロッパにまたがっています。広大なアジアには多くの国があり、世界の6割強の人口が住んでいます。多くの民族が共存しており、それぞれの固有の歴史が存在しています。
では、アジアという言葉はどのように誕生したのでしょうか?アジアの起源をここでたどってみましょう。

アジアの語源にかんする以下のように二つの説があります。

アッスーワ

1. アッシリア語「アス」が語源の説

紀元前18世紀ごろに勃興(ぼっこう)したアッシリアのことは、歴史で学びますね。ティグリス川上流の地に栄えたアッシリアは、古代オリエント世界最初の帝国とされています。アッシリアは前612年に滅びてしまうのですが、その1000年以上前から、エーゲ海の東側を「アス(asu)=「東」「日の出」の意味」、西側を「エレブ(ereb)=「西」「日没」の意味」と呼称していて、いつしかエーゲ海の東部地域を、転じてASSUWA(アッスーワ)と呼ぶようになっていました。

アッシリア語でASSUWA(アッスーワ)とは、「太陽が生まれる国」の意味です。「太陽が生まれる国」とは、アジアを指す言葉として今でも広く知られています。地図をご覧いただければお分かりいただけるように、アッスーワ=エーゲ海の東側は、現在のトルコを中心とした地域を指していました。

2. ヒッタイト時代のアナトリアの小国「アッスーワ」が語源の説

紀元前14世紀頃、アナトリア北西部のトロイの南ら辺に「ASSUWA(アッスーワ/アッスワ)」と言う都市がありました。このアッスーワはトルコの北西端、エーゲ海の東にあった地で、後の古代ギリシャ時代にASSUWAが転じてアジアになったと言う説があります。

ハットゥシャ:ヒッタイトの首都(文化遺産・1986年)| トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

古代ギリシャから見た東の地トルコの地がアジアに!

ヒッタイト
上述した二つの説ですが、後に古代ギリシャ時代、一つ目の説のアッシリア語で“東、日の出”を意味する「アス(asu)」にラテン語の“~の国”を意味する接尾辞「イア(ia)」 がつき、「アジア(Asia)」=“日が昇る(東)+の国”となったとも言われています。
また、二つ目の説のヒッタイト時代アナトリア北西部にあった国「ASSUWA(アッスーワ」がAssuya、そして古代ギリシャ時代にAsiaとなり、この地域、いわゆる北西アナトリア一帯をアジアと呼び始めたと言います。

古代ギリシャおよび古代ローマでは、彼らから見て東であるエーゲ海東の地である現在のトルコの地を「Asia(アジア)」と呼んでいました。つまり、古代世界ではアジアとはトルコのことだったのです!

トルコの地は、ギリシャやローマにとって「太陽が生まれる国」でもあったのです。
「太陽が生まれる国」とは、アジアを指す言葉として今でも広く知られています。

ローマの英雄シーザーが凶刃に倒れて以後、ローマ帝国の東半分は、アントニウスが支配します。その頃トルコの大半を含む支配地は、エフェソスを首都に「アジア・プロビンス(アジア地方)」と呼ばれていました。

ところで、トルコの古代名の「アナトリア」もギリシャ語で「太陽の生まれる国」の意味をもっており、アジアと全く同じ意味を持っているのです。ここでもトルコ=アジアだったことがわかると思います!

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

「アジア」を指す地がアナトリアから東方の広範囲へ

初めは「アジア」が指す地域はアナトリア半島のみであり、それより東側の地域はフェニキア、ペルシア、インディア…など、その時に力を持っていた勢力や地域に基づいて、様々な呼ばれ方をしていました。

ところが、ヘレニズム時代に入ると、アレクサンドロス大王を皮切りに、ギリシア人が東側の地域に進出して、どんどんと領土を広げていくようになります。そうした中でアジアと呼ばれる地名の指す地域も拡大していくようになり、最終的にはヨーロッパから見た東側の地域全体を「アジア」と呼ぶようになったのです。

もともと「アジア」と呼ばれていたアナトリアはどうなったかというと…広いアジアの一部の地域となり、言葉が混同してしまわないように、「小アジア(Asia Minor)」と呼ばれるようになりました。

アナトリアとは?文明の発祥地である小アジアの歴史や遺跡 | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

「アジア」の両端の国トルコと日本



ユーラシア大陸の広範囲を占めるアジアには現在48ヵ国が存在し、その西端がトルコ、東端が日本。因みトルコと日本の距離は約8,527km、ほぼ同じ緯度に位置しています。

トルコの公用語のテュルク語族トルコ語は、日本語と同様にアルタイ語族で語順はSOV型で接尾辞を付属させる膠着語なのです。そんな共通点もことから、トルコ人の中には「私たちの祖先で大昔に中央アジアから東へ行ったのが日本人で西へ行ったのがトルコ人。だからトルコ人と日本人は兄弟だ!」とまじめに言ってくる人もいるくらい、トルコ人は日本人に親しみを持っている人が沢山います。

遠い国ですがなぜか昔から知っている様な身近に感じる不思議なトルコ。是非皆さんもアジアの東の日本からアジアの西端トルコへ訪れてみてください。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

その頃のアジアと対を成していたヨーロッパ。語源には諸説あります。

ヨーロッパ
アジア大陸とともに、現在のトルコ共和国の国土のもう一角を成すのがヨーロッパ大陸です。アジアとともに古い歴史を持つヨーロッパですが、ヨーロッパという言葉の語源も気になりますよね。こちらも同じく、起源を解説していきましょう!


ヨーロッパの語源に対する説は、実はいくつか存在しています。その中でも特に有力な説は、フェニキアの王女エウロペ (Europe) から来ているとされている、ギリシャ神話に由来するものです。

エウロペはフェニキア王、アゲノールの娘として生まれ、とても美しい王女として育ちました。ある日、天空から地上の様子を眺めていたギリシャ神話の全知全能の神ゼウスは、海岸のそばで侍女達と花を摘んでいたエウロペを見つけ、あまりの美しさに恋に落ちてしまったのです。

ゼウスにはとても嫉妬深い正妻のヘラがいるのですが、どうしてもエウロペに逢いたいがために、ある作戦を立てました!それは、自身の姿を白い牡牛に変えて下界に降り、彼女に近づくというものでした。白い牡牛は神々しい輝きで美しく、そしてとてもおとなしい様子だったために、エウロペは近づいて、ついにはその背中にまたがります。その途端に白い牡牛は彼女を乗せたまま走り出し、海をも超えてクレタ島まで連れ去ってしまいました。

クレタ島で本当の姿を現したゼウスは、その後、エウロペとの間に3人の子供(ミノス、ラダマンテュス、サルペードーン)をもうけたということです。そして、クレタ島の存在する大陸を、エウロペの名前にちなんでヨーロッパ(Europe)と呼ぶことにしたといわれています。

エウロペ
もう一つ有力な説があります。先ほどアジアの語源を解説した際にも登場したアッシリア語が、ヨーロッパの語源にもなったという説です。

先ほどの説明のとおり、アッシリアの碑文ではエーゲ海の東側を「アス(asu)=「東」「日の出」の意味」、西側を「エレブ(ereb)=「西」「日没」の意味」と呼称していることがわかっています。これがそれぞれギリシャに伝わって、AsiaとEuropa(エウローペ)というギリシャ語に転じたといわれています。

紀元前5世紀には、Europaという言葉はほぼ定着し、5世紀にはアレキサンドリアの文献学者ヘシュキオスがEuropaを日が沈む場所(土地)という意味で記述しているそうです。ヨーロッパの各言語はギリシャ語がもとになっているため、この2つの言葉も伝播していくことになりました。

この頃のアジアとヨーロッパは、それぞれ「日が昇る土地」と「日が没する土地」として、対になる存在でした。世界の全てがまだ明らかではなかったその時代においては、世界はアジアとヨーロッパを中心としていたのです。そして、それが交わる場所が今のイスタンブールであり、アジアとヨーロッパにまたがって世界を掌握する中心地でした。

地理的には「アジア」+「ヨーロッパ」=「ユーラシア大陸」

日本の社会科の授業では、世界には六大陸と三大洋が存在すると勉強してきましたね。世界で一番大きな大陸となるのが、アジアとヨーロッパを併せた「ユーラシア大陸」です。アジアとヨーロッパは、地理的にはひとくくりの地続きの大陸として分類されています。この 「ユーラシア」は造語で、EuropeとAsiaから作られた言葉です。

実は日本は、このユーラシア大陸に属してはいません。日本は島国で地続きではないため、大陸の中には含まれないのです。イギリスやアイスランドなどの、他の島国も同じで、いずれもユーラシアには含まれますが、ユーラシア大陸には含まれていません。地理的な理由によるものですね。

トルコはアジア?ヨーロッパ?



さて、アジアとヨーロッパにまたがっている現在のトルコですが、アジアなのかヨーロッパなのかと疑問に思う方も多いかと思います。大手旅行会社さんでも、会社によってトルコをヨーロッパに含めたり、中近東アジアに含めたりと色々ですよね。

通常、イスタンブールの真ん中で北の黒海と南のマルマラ海を繋ぐボスポラス海峡によって西側がヨーロッパ、東側がアジアとされています。

地図をご覧になると解りますが、そうするとトルコの国土の殆どがアジアでヨーロッパ部分はほんの一部でしかないのです。そのため地理的にみるとやはり“トルコはアジア”と言う見方が一般的と言われています。

また、キリスト教徒圏のヨーロッパからするとイスラム教徒の多いトルコ人はヨーロッパと一線を画し、元々中央アジア出身のトルコ人は文化的にもアジアと言えるかと思います。

ただ、トルコはEU加盟を目指しており、NATOにも加盟し、トルコ人が熱狂するサッカーやオリンピックなどのスポーツ関係はヨーロッパの連盟に属すなど、政治的にはヨーロッパともいえるかもしれません。

ヨーロッパとアジアが混ざる良い所取りのトルコを、ヨーロッパかアジアか是非実際に訪れて自身の目で見て判断してみてはいかがでしょうか。

トルコ共和国の概要|トルコってどんな国? | トルコ旅行専門の人気ナンバーワン旅行会社『ターキッシュエア&トラベル』

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン
トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.