トルコ旅行に行くなら安心の『ターキッシュエア&トラベル』

ターキッシュエア&トラベル
日本旅行業協会

観光庁長官登録旅行業第1997号 
日本旅行業協会(JATA) 正会員
JATAボンド保証会員

電子旅行取引信頼マーク

電子旅行取引で一定の要件を
満たすウェブサイトに対し
JATAが認定するしるし取得

旅行業公正取引協議会マーク

旅行業
公正取引
協議会会員

トルコ出身・トルコで活躍!古代世界の知識人達

哲学者のタレス (土-英:Thales)


世界最初の哲学者、ミレトスのタレス

ミレトス
トルコのエーゲ海沿岸にあった古代ギリシア植民地の港都市ミレトスにて、紀元前624年頃フェニキア人の名門家族の元に生まれました。

タレスは、商業に携わっておりその為生涯エジプトやフェニキアやバビロニア等の地中海世界を訪れて学んだと言われています。数学、自然科学、測量術、天文学などに通じた「ソクラテス以前の哲学者」で“ミレトス三哲人”「ミレトス学派」の創始者。哲学と科学の先駆者で「ギリシャ七賢人」でもあります。

それまで世界の起源が神話的に考えられていたのが当たり前だった中で、タレスは初めて合理的に万物の根源・根源的原理“アルケー”の存在、“万物の根源は何か”を考え、それが“水”であると唱えました。全ての存在が何らかの形で“水”から生成し、この定義は世界・大地が水の上にある事に基づいているとしています。

バビロンで取得した天文学を使って紀元前585年5月28日の日食を予測したり、塔から海上の船までの距離を幾何学的計算により算出したり、ナイル川の氾濫の水面上昇が風邪と関係することを発見したり、エジプトのギザのピラミッドの高さを陰による比率を使って求めることが出来ました。

中学の算数の授業で習った“直径に対する円周角は直角である”という有名な「ターレスの定理」もこのターレスが約2500年前に説いたものなのです。

タレスは、紀元前546年頃、競技を観戦中に熱中症かかり老年衰弱も重なり78歳で生涯を終えました。

タレスの逸話

プラトンによる有名なタレスの逸話は、タレスが天体観測に夢中になって空を見上げていた際、うっかり溝(井戸)に落ちてしまい、近くにいた老婆が「空は見えても、足元は見えないのですね」と笑ったと言うお話です。

哲学を突き止め始めてから貧しい生活をしていたため無慈悲な市民からは蔑まされ、哲学は役に立たぬと言われた為、天体観察と天文知識からオリーブの一番良い収穫時期と翌年の豊作を予測します。そしてその時期までにオリーブの圧搾機を買い占めておき、収穫期になり圧搾機を貸し出すことで大金を稼ぐことが出来ました。

しかし自身はこれを良しとせず、彼は稼ぐ知識と術を持っていましたがそれを使って稼ぐことをしなかったと言います。

 
イスタンブール
 
 ✦人気ランキング【第1位】
 
 ✦毎週火・木・土曜発
 

✽ 先着限定! お得なバーゲン!

燃油サーチャージ込み!全観光・全食事付

179,800円〜

『羽田発・イスタンブール海峡クルーズと世界遺産歴訪トルコ9日間』
直行便トルコ航空指定!

4名から17名限定・バスは1人2席

クリックボタン

トルコトキャンペーンツアー
トルコ航空・羽田就航記念バーゲントルコツアー
Copyright © トルコ旅行(ツアー・観光)専門の人気ナンバーワン旅行会社
『ターキッシュエア&トラベル』 , All rights reserved.