トルコ旅行に行きたい・トルコツアーに参加したい・トルコ観光を満喫したいならターキッシュエア&トラベル | トルコ共和国・トルコ概要

トルコ旅行・トルコ観光基本情報

トルコ共和国・トルコ概要


 
国土
地理的・政治的位置 トルコは、アジア、ヨーロッパ、アフリカをひとつに結ぶ点に位置し、地政学的に全世界で戦略上もっとも重要な国のひとつとなっている。また、二つの大陸をつなぐ最短ルート上にあるため、東西文明やあらゆる宗教の唯一の架け橋といえる国である。
人の移動と交易路の重要な中心地であるトルコは、東はグルジア、アルメニア、ナヒチェヴァン、イラン、西はブルガリアとギリシャ、南はシリア、イラクと国境を接している。
トルコは、三方を黒海、地中海、エーゲ海が取り囲んでおり、世界の大洋へとつながっている。
黒海は、ポスポラス海峡とマルマラ海を通じて世界に開かれている。
国連、欧州評議会、北大西洋条約機構(NATO)、経済協力開発機構(OECD)、欧州安保協力機構(OSCE)、世界貿易機関(WTO)、イスラム諸国会議機構(OIC)、黒海経済協力機構(BSEC)、経済協力機構(ECO)などさまざまな組織のメンバーであるトルコはまた、欧州連合(EU)加盟候補国でもある。
国土面積と地形 北緯36~42度、東経26~45度に位置するトルコの国土面積は78万3,562km2で、近隣諸国(イランを除く)および全ヨーロッパ諸国(ロシア連邦を除く)のどの国よりも国土面積が大きい。国土の3%を占めるヨーロッパ側の地方はトラキヤ、残り97%を占めるアジア側の地方はアナトリアと呼ばれている。東西間で76分の時差がある。トルコの陸上国境の長さは2,875㎞、領海線の長さは8,333㎞である。

河川と湖 トルコは河川や湖が非常に豊かな国々の間に位置している。エネルギー生産発展の可能性が非常に高い河川が流れる水域のうち、もっとも広大なのは黒海流域でる。


気候 トルコの気候は温帯性気候で四季があり、異なる季節の風情を同時に楽しむことができる。


トルコは、この気候に加え、夏は乾燥する地中海気候の影響も受けている。しかし、東地中海地域にあり、起伏が大きいために降水量が多く、乾燥地帯や亜熱帯地帯と区別される。

海までの距離、海抜、山の有無などの理由によって、地方間の気候差は非常に大きい。
地中海地方、エーゲ海地方、マルマラ地方南部は夏は暑く乾燥しており、冬は温暖で雨量が多い地中海性気候である。黒海地方は、より温暖で雨の多い海洋性気候となっている。中部アナトリア地方は、夏は暑くて雨が少なく、冬は寒く雪の多いステップ気候である。東部アナトリア地方は夏涼しく、冬は寒さが厳しく雪が非常に多い。南東部アナトリア地方は、夏は暑く乾燥し、冬はあまり寒くならない。


 
人々
トルコでは今までに国勢調査が14回実施された。2006年に施行された5490号人口サービス法により、トルコの国勢調査の基礎を築く新しいシステムが導入された。このシステムにより、全戸が登録された「国民住所データベース」が作成され、トルコ在住のトルコ国民のトルコ共和国国民番号、外国人はパスポート番号が登録された。こうして「住所による住民登録システム(ADNKS)」に移行した。ADNKSによると2007年の人口は、外国人98,064人を含め計7,058万6,256人である。
ADNKSの資料によると、人口の最も多い県は17.8%のイスタンブール県(1,257万3,836人)、最も少ない県はバイブルト県(7万6,609人)である。81県の中で人口の多い県はイスタンブール県に次いでアンカラ県(6.3%)、イズミール県(5.3%)、ブルサ県(2.8%)である。全人口の70.5%が都市部に住んでいる。

全人口(女性3,520万人、男性3,530万人)のうち、0~14歳の人口は26.4%、15~64歳は66.5%、65歳以上は7.1%である。


言語
トルコの公用語はトルコ語であり、国民の90%がトルコ語を話している。ウラル・アルタイ語であるトルコ語は、移動の歴史とともに変化、発展してきた。アラビア語やペルシャ語の単語が多く使われているオスマン語が共和国建国後に発展してできたトルコ語は、アゼルバイジャン語やトルクメン語とともに11世紀から存在が知られているオウズ方言に属す。


2億人以上の人々によって話されているトルコ語は、全世界にある4,000言語の中で7番目に話者人口の多い言語である。


トルコ人は、8世紀から現在にいたるまでさまざまな文字を使用した。突厥文字、ウイグル文字、アラビア文字が長い間使われた後、ムスタファ・ケマル・アタチュルクは、近代文明の水準に到達することを目指して、1928年にアラビア文字に代わって、トルコ語の音声構造に適したラテン文字を取り入れた。
トルコ語からアラビア語やペルシャ語からの借用語をなくし、純粋なトルコ語だけにしたいと考えたアタチュルクの提唱により、1932年にトルコ語研究協会が設立された。その後トルコ言語協会に名称を改めたこの研究協会は、現代トルコ語の発展に重要な役割を果たした。トルコ言語協会は1983年にアタチュルク文化言語歴史高等協会に組み込まれた。アタチュルクの行った言語改革は国民に浸透し、書き言葉においてトルコ語が使用される割合が1932年以前には35~40%ほどだったのが、今日では75~80%に達している。

 
財政
一般行政経費 トルコの一般行政は、中央行政における公共管理、社会保障機関、地方行政から成り立っている。

トルコの一般行政経費は、国際生活機能分類により10部門に分けられる。これらは、一般公共サービス、防衛、公共秩序・安全、経済業務、環境保護、住宅・地域アメニティ、保健、娯楽、文化、宗教、教育、社会保障・社会福祉である。

一般行政収入の国内総生産(GDP)に対する割合は、2006年 35.1%、2007年33%、一般行政収支の国内総生産に対する割合は、2006年1.4%、2007年0.1%であった。

一般行政収入の国内総生産(GDP)に対する割合は、2006年 35.1%、2007年33%、一般行政収支の国内総生産に対する割合は、2006年1.4%、2007年0.1%であった。

国家財源と公務融資安定政策 今日、国家の基本的財源である税金は、歳入の最も大きな割合を占め、その比率は国や経済状況によって異なる。従って、税金は公務経費の基本財源となっている。

税収入を効率的に利用するには、一定の原理の実現が必要である。課税の単純化、税の公正化、及びそれに伴う税基盤の広範化、市場競争の平等化が重要である。この基本原理を実現させるため、近年トルコの税金制度が取り決められているほぼ全ての法令や重要な多くの機関に対して改正の手が加えられた。
中央行政の予算規模とその展開 中央行政予算歳出の対GDP比は、2002年に34.1%だったがその後減少し、2003年31.1%、2004年27.2%、2005年24.6%、2006年23.5%であった。そして2007年には23.8%になった。

利息を除く支出の対GDP比は、2002年19.4%、2003年18.2%、2004年17.1%、2005年17.6%、2006年17.4%、2007年18.1%となっている。

2002年の中央行政予算歳入の75.8%が税金で、2003年と2004年は81.6%、2005年78.3%、2006年79.3%で、2007年は80.6%に上昇した。2007年、中央行政予算歳入の16.6%は税金以外の収入であった。

中央行政予算歳入の対GDP比は、2002年22.7%、2003年22.2%、2004年22%、2005年23.5%、2006年22.9%、2007年 22.1%であった。

中央行政の財政赤字の対GDP比は、2000年7.9%、2001年11.9となった。2002年には11.5%に減少した。さらに減少傾向は続き、2006年0.6%、2007年1.6%となっている。

中央行政の予算において利息を除く予算黒字の対GDP 比は、2000年4.4%、2001年5.2%、2002年3.3%、2003年4%、2004年4.9%、2005年6%、2006年5.4%、2007年4.1%となっている。

公債 トルコの公債管理は、2002年に出された第4749号国家財政および公債管理計画に関する法令によっても法的に定着した。
対外負債は、外債と対外借款からなっている。国内負債は国庫が発行する債券によって行われる。

EUが認めるトルコの一般行政名目負債は、2001年1,863 億1,100万新トルコリラ、2006年3,494億8,100万新トルコリラ、2007年3,320億6,500万新トルコリラであった。負債ストックの対GDP比は、2001年77.6%、2006年46.1%、2007年38.8%である。

トルコの純公債は、2001年1,595億7,500万新トルコリラ、2006年2,595億2,700万新トルコリラ、2007年2,489億7,400万新トルコリラであった。この負債ストックの対GDP比は、2001年66.4%、2006年34.2%、2007年29.1%であった。

純国内負債の対GDP比は、2001年38.9%、2006年30.2%、2007年27.8%であった。
純対外負債の対GDP比は、2001年27.6%、2006年4.0%、2007年1.3%と減少し続けた。

トルコで公共部門借入所要額の対GDP比は、2001年に12.1%だったがその後減少し、2006年1.97%、2007年0.03%であった。

エネルギー 世界の石油と天然ガスの埋蔵量の約4分の3を有する地域の十字路に位置するトルコは、エネルギー市場における世界規模での最近の動向の影響を受け、国際的な課題のなかで最も重要なエネルギー問題に関心を持ち、積極的なエネルギー政策を展開している。

エネルギー資源国とエネルギー消費国間でエネルギーの回廊となっているトルコは、エネルギー戦略において東西と南北をつなぐ国、そしてエネルギー貿易の中心となることを目標としている。国内のエネルギー需要に応ずるため、エネルギー資源の種類を増やして国内の資源を有効に使うことで外国の資源への依存を減らすことは、エネルギー戦略のもうひとつの局面である。

東西エネルギー回廊の第1段階であるバクー・トビリシ・ジェイハン石油パイプライン(BTC)が操業開始した。最初の石油は2006年6月4日にジェイハンでタンカーに積まれた。2006年6月16日、カザフスタンもBTC石油パイプライン計画に公式に参加した。2008年2月1日までに計2億8,850万バレルの石油が、BTC石油パイプラインから363のタンカーに積み込まれた。

東西をつなぐ2番目の大計画であるバクー・トビリシ・エルズルム天然ガスパイプラインは、2007年7月3日に操業を開始した。

トルコ・ギリシャ・イタリアを結ぶ天然ガス接続ラインが、2007年11月18日に開通して、アゼルバイジャンの天然ガスのヨーロッパへの運搬が開始された。ギリシャ・イタリア間のパイプラインが2011年に完成すると、アゼルバイジャンの天然ガスはトルコを経由してイタリアまで運ばれる。ナブッコ天然ガスパイプライン計画に関する作業は継続中である。

ロシアとカスピ海周辺の石油を東地中海に運搬するサムスン・ジェイハン(トランス・アナトリア)石油パイプライン計画の実現は、トルコのエネルギー戦略における主要目標のひとつになっている。

トルクメニスタンの天然ガスを世界市場に別の路線により運搬する点で、カスピ海を通る天然ガスパイプライン計画は重要である。2007年、この計画に関する重要な進展が見られた。

トルコ、イラク、イランは、天然ガスの世界市場への供給に関する活動も行っている。また、2009年に開通が予定されているアラブ天然ガスパイプラインにより、エジプトの天然ガスがトルコ経由でヨーロッパに運搬されることになる。

トルコはこのプロジェクトにより、ロシア、ノルウェー、アルジェリアに次ぎヨーロッパ第4の主要幹線パイプラインとなることを目標に掲げている。トルコ・ギリシャ間の天然ガス接続ラインの開通によって、この目標への具体的な一歩が踏み出された。


ページの先頭へ トップページへ